本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > 市長所信表明 >市長所信表明
トップページ > 各課のご案内 > 市長公室 > 秘書課 > 市長の部屋 >市長所信表明

市長所信表明(平成26年6月市議会定例会)

登録日:2014年5月28日

  議長のお許しをいただきましたので、所信表明させていただきます。

  去る4月13日に執行された市長選挙におきまして、議員の皆様方を初め、市民の多くの方々からご支援をいただき、再度、市政を預かることとなりました。
  改めて、その責任の大きさを感じ、公約に掲げた「世界遺産にふさわしい日本一のまちづくり」の実現に向けて、全身全霊を傾けて取り組んでまいります。
 
  「富岡製糸場と絹産業遺産群」が念願の世界遺産に登録されることが確実となってまいりました。富岡市は今、国内はもとより、世界中から注目されている日本中で一番熱い自治体であり、まさに行政と市民とが一体となった事業展開をする「千載一遇」のチャンスであります。
  一方で、地方自治体を取り巻く厳しい財政状況の下、少子高齢化の急速な進行に対する対策や地域産業の振興等、さまざまな行政課題も山積しております。
  そこで、私は県議6期、市長1期という今までの経験を踏まえ、このたびの選挙戦におきまして、8項目を柱とした公約を掲げさせていただきました。
 
  1つ目は、 高齢化時代での社会福祉と医療への取り組みであります。
  私が現職の時に進めた、高齢者の健康維持のための「いきいき健康教室」も50ヶ所になりました。これからも、さらに裾野を広げ充実してまいります。
  また、高齢者の方々が、いつまでも住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括支援センターを順次設置し、地域包括ケアシステムの構築にも取り組んでまいります。
 
  2つ目は、「にぎわいのある街」富岡市における景気・雇用への取り組みであります。
  市内の商工業者の元気づくりを応援するため、小口融資の拡大と金利の見直しをおこないます。
  また、国が進める「三本目の矢・成長戦略」を積極的に取り入れ、富岡市で出来る規制緩和を進め、商・工・農の力を最大限に引き出し、賃金上昇や家計の潤いを生み出す支援を充実してまいります。
  更に、工業団地の造成・企業誘致をすすめ、Uターンをしても就労できる場を創出し、定住人口の維持を図ってまいります。
 
  3つ目は、 小・中学校の学校給食費無料化と子育て支援への取り組みであります。
  まずは、学校給食費無料化を今年の10月から実施すべく準備を進めてまいります。これにより、家庭環境による教育現場での不公平感をなくし、先生方にも教育に集中してもらえるものと考えております。また、子どもの学力向上、思いやりの心などを持たせるための道徳心強化のため、教員OBなどの協力をいただき、教育補助員の充実を図ってまいります。
  次に、「産後ケア」「母親ケア」「家族サポート」等の情報をパソコンやスマートフォンを利用して、分かりやすく行政サービスの情報提供が行えるよう、仮称「子育てナビ」を始めてまいります。更に、道徳教育、家庭教育、食育教育を推進し、地産・地消で明るく元気なあいさつのできる健全な子育て支援を充実してまいります。
  スポーツ面では、老若男女が活用できるスポーツグランドを、市民の要望を取り入れ計画的に整備してまいります。また、子どもの体力向上と「姿勢」に対する意識を高めるため、専門トレーナーや医師の指導を受けながら子どもや保護者を指導育成してまいります。
 
  4つ目は、世界遺産 富岡製糸場を生かせる街づくりへの取り組みであります。
  冒頭にも申し上げましたが、富岡製糸場の世界遺産登録を起爆剤とし、国・県と連携し、富岡製糸場を核として、県や近隣市町村や富岡製糸場を愛する会を中心とする各種団体とも協力し、見学コースの充実や体験・学習機会などのさらなる拡充を図ってまいります。
  観光、商業、農業を組み合わせた元気な街の拠点づくりとして、マルシェ(市・いち)を計画してまいります。
  また、富岡製糸場のフランスとの繋がりにちなんで、日仏関係の強化を図ってまいります。フランス革命記念日である7月14日は、富岡製糸場が国史跡に指定された日でもあり、フランスにまつわるイベントを開催してまいります。
  更に、子どもたちの発想を取り入れた「ふるさとプロジェクト」を設置し、子どもたちのアイデアを生かす行政の仕組みづくりを行います。
 
  5つ目は、エネルギー新時代に必要な自然エネルギー活用への取り組みであります。
  あらゆる再生可能なエネルギーを活用し、ハイブリット社会を実現し、自然環境を守り、再生可能エネルギーを利用した、エコ住宅の補助制度を充実してまいります。
  また、県下の市町で一番先に国から認められたバイオマスタウン構想の推進充実を図ります。
 
  6つ目は、 農業の第6次産業化と明日へつながる農業への取り組みであります。
  農家の生産する農産物を、無駄なく活用できるシステムを整備・構築し、地域ブランドを創出してまいります。
  また、6次産業化の推進、耕作できない農地を集約し、国・県が実施している農地再生利用緊急対策に取り組みます。更に、現在進めているTPP交渉の推移を見極め、関係する皆様と協力して対応してまいります。
 
  7つ目は、 富岡市役所新庁舎建設計画の見直しへの取り組みであります。
  市民が利用しやすく、建設・ランニングコストの安い、新庁舎建設に見直すため、関係者の意見を聞き進めてまいります。
 
  最後の8つ目は、 再生富岡市民会議による市民目線の市政への取り組みであります。
  直面する課題に対応するため、再生富岡市民会議を設置し、専門家や市民の目線での行政運営に取り組んでまいります。
 
  これらは、それぞれに展開されるものではなく、相互に連携されてこそ、相乗効果を発揮するものであります。
  少しずつでも着実に実現していけるよう、皆様の声をお聴きし、これまでの経験と人脈を生かし、しっかりと富岡市を見つめ直し、時間の許すかぎり市民の皆様との交流を図ってまいりたいと思っております。

  私の政治の基本理念は「額に汗する者が報われる社会の実現」であります。特に日の当たらない場所で努力し頑張る人を政治が支える。正に正直な方こそ徳を得る社会環境を創り、私自身も初心に帰り、職員、市民の皆様とともに、富岡市が世界遺産にふさわしい希望と期待の持てる、また、誰もが安心して暮らせる「日本一」の「まちづくり」に全力で取り組んでまいりたいと考えております。

  どうか議員各位、報道関係の皆さんにおかれましては、この私の姿勢をご理解いただきまして、ご指導、ご鞭撻、ご協力を賜りますよう伏してお願い申し上げまして所信表明とさせていただきます。

  御清聴ありがとうございました。

このページのお問い合わせ先

市長公室 秘書課 秘書係
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?