本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > ごみ・環境 > 環境 >クビアカツヤカミキリにご注意ください
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 環境課 > お知らせ >クビアカツヤカミキリにご注意ください
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 環境課 > 環境 >クビアカツヤカミキリにご注意ください

クビアカツヤカミキリにご注意ください

登録日:2017年6月19日

クビアカツヤカミキリは、6月から8月頃にかけて発生する全体的に光沢のある黒色をし、胸部が赤いカミキリムシです。幼虫が生木に食入・加害することで樹木を衰弱させ、その際にフラス(木くずなど)を排出します。我が国の生態系に被害を及ぼす恐れのある外来種に指定されており、平成27年に群馬県内の公園などの桜において発生が確認されています。

クビアカツヤカミキリの成虫の写真 カミキリムシの幼虫によるフラス(木くずなど)の写真

      成虫(植物防疫所原図)          枝にたまったフラス(植物防疫所原図)

寄主植物

サクラ、カキ、オリーブ、ハコヤナギ、セイヨウスモモ、ウメ、モモ、ザクロ、コナラ、ヤナギなど

被害内容

  • 当該種による加害が進むと、落枝、倒木などによる人的被害が発生するおそれがあります。
  • 当該種により枯死した樹木を安易に移動させると、当該種が拡散し、被害の拡大につながるので注意が必要になります。

駆除方法

成虫を見つけた場合は捕殺します。また、幼虫の食入孔を見つけた場合は、針金を食入孔に差し込むことによる刺殺に努めるとともに、羽化した成虫の分散防止及び新たな産卵を防止するため、羽化期から成虫の産卵時期にあたる6~8月に、ネット(防鳥ネットとして利用されているもの、目開き4mm以下)などを樹幹に巻き付けます。

クビアカツヤカミキリの発生を確認した際には下記連絡先までご連絡をお願いします。 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

市民生活部 環境課(清掃センター内)
電話番号:0274-62-2823
FAX番号:0274-62-2339

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?