メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

熱中症に注意!! ~熱中症から身を守りましょう~

登録日:2018年7月24日

熱中症にご注意ください!!

特に乳幼児や高齢者は、体温調節がうまくいかないので、こまめな温度管理や水分補給をこころがけましょう! 
 
連日、気温が高い状態が続いており、今後も厳しい暑さが続くことが予想される中、熱中症にかかるリスクが高くなると見込まれます。乳幼児や高齢者は特に症状が進みやすく、意識を失ったり、生命を落としてしまうこともあります。また、気温の高い屋外だけでなく、室内でも「高温多湿(特に気温30℃以上/湿度70~80%以上)」で「無風」の環境では、誰にでも起こる危険性があります。

暑さ対策や水分補給、規則正しい生活をこころがけ、みんなで声をかけ合い、熱中症を予防しましょう!

熱中症とは?

原因

暑いところで大量の汗をかくことにより、体の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調整がうまくいかなくなることで起こります。

症状

めまい、頭痛、だるさ、吐き気、多量の発汗(重度になると汗をかかない)、皮膚が青白い、けいれん、意識障害など。高齢者は自覚症状がない場合もあります。

熱中症の対処方法

涼しい場所で横にして休ませる

木かげや冷房の効いた室内などの涼しい場所に移動し、衣服をゆるめ横にして休ませましょう。

からだを冷やす

保冷剤や冷たいタオルなどで、首のまわり、わきの下、脚のつけ根などを冷やしましょう。

水分と塩分を補給する

水分と同時に塩分も補給しましょう。ジュースなどは避け、スポーツ飲料や塩水(水500ccに対して塩小さじ1杯程度)などで補給しましょう。粗塩をなめたり、梅干しを食べたりするのも効果的です。

医療機関へ搬送

吐(は)き気で「飲み物が飲めない」場合や、「体温上昇」などが見られる場合は、すぐに医療機関を受診してください。
受診までの間も、体を冷やすこと、(飲めれば)水分と塩分を与えることを続けましょう。

このようなときは、救急車を!

「もうろうとしている」、「呼びかけても返事がない」などの「意識障害」が認められるときには、直ちに救急車を呼んで救急病院へ運ぶ必要があります。

予防対策  みんなで声をかけあいましょう

打ち水、すだれ、遮光カーテン、扇風機、エアコンなどを利用する

室内に直射日光が入らないよう、また、風通しを良くするよう工夫しましょう。高齢者などエアコンが苦手な方もいますが、風向きや温度設定を調整して上手に使いましょう。

また、涼しい場所や施設を活用して涼みましょう。(クールシェア)

日傘を使う、帽子をかぶる、通気性の良い服装にする

外出の際は、強い日差しが直接からだに当たらないようにしましょう。

水分と塩分を十分に補給する

のどの渇きを感じる前に水分を補給しましょう。まとめてたくさん飲むより、こまめに飲むほうが効果的です。

高齢者では夜間のトイレが面倒で飲みたくないという人もいますが、睡眠中も汗をかくので、寝る前だけでなく、トイレに起きたときにもまたそこで水分を補給しましょう。

適度に休息をとる

運動や作業時には、定期的に涼しい場所でからだを休めましょう。

無理をしない・させない

睡眠不足や疲れが溜まっているとき、体調のすぐれないときは、無理をしないことが大切です。また、食欲がなくても食事を抜かないようにしましょう。

*夏季のイベントにおける熱中症対策について*

夏季に開催させる人が多く集まるイベントなどにおいては、熱中症が発生するリスクがあります。熱中症による被害をできる限り軽減し、イベントを安全に実施するための対策について、「夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン2018」で解説しています。イベントを開催する際にはご確認ください。

関連情報

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969