メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

最新感染症情報

更新日:2018年8月15日

感染症発生動向(第32週:8月6日から8月12日までの報告状況)

富岡地域で多く報告があった感染症は以下のとおりです。

警報レベル★★★

定点把握

県で指定された医療機関(定点医療機関)は、対象となる感染症の患者の発生状況を届け出ることになっています。1医療機関当たりの患者報告数を「定点当たり報告数」といいます。定点当たり報告数が一定の基準値を超えた場合「警報・注意報」を発信します。

警報レベル
大きな流行が発生または継続しつつあると疑われることを示します。
注意報レベル
今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性が高い、または流行の発生後であれば流行が継続していることが疑われることを示します。

全数把握

医師は対象となる感染症の患者を診断したとき、最寄りの保健所に届け出ることになっています。富岡地域において、第32週(8月6日から8月12日まで)は、結核の報告が1件ありました。

県内の状況

  • 手足口病は警報レベル継続中です。また、ヘルパンギーナは報告数が増加しています。感染防止のため、手洗いを徹底し排泄物は適切に処理しましょう。

トピックス

腸管出血性大腸菌感染症

腸管出血性大腸菌感染症の報告が増えています。

  • 感染防止のため、
    (1)肉の生食は避け、中心が白くなるなど十分に加熱調理して食べましょう。
    (2)生肉を扱う箸と食事用の箸を使い分けましょう。
    (3)生野菜はよく洗って食べましょう。
    (4)調理器具の洗浄と消毒をしっかり行いましょう。
    (5)石けんと流水による手洗いを励行しましょう。

手足口病

県全体で手足口病が流行しています。症状等について紹介しますので、感染予防に努めましょう。

  1. 手足口病とは
    夏かぜの一種であり、手・足・下肢・口腔内・口唇にできる小さい水泡性の発しんと発熱が主な症状です。 
  2. 感染経路
    飛沫感染、接触感染、便に排出されたウイルスが口に入って感染する糞口感染です。
  3. 予防方法
  • 手指は、流水と石けんでよく洗いましょう。
  • 排泄物は適切に処理しましょう。
  • おむつを替えるときは、
    (1)使い捨て手袋をつけましょう。
    (2)使った手袋やおむつはすぐにビニル袋に入れてしっかり封をし、市町村の決まりに従って捨てましょう。
    (3)作業した後は流水と石けんでよく手を洗いましょう。
  • 症状があるときには、速やかに医療機関を受診し医師の指示に従ってください。

感染症予防啓発「手洗いは、感染予防の基本です」(群馬県ホームページ)

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969