本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 観光・イベント > 文化・スポーツ > 美術館・博物館 > 富岡市立美術博物館 >現在の展示
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 文化振興課 > 美術博物館 >現在の展示

現在の展示

更新日:2017年8月11日

企画展示室

震災復興支援文化財救済活動チャリティー企画

文化人・芸能人の多才な美術展 2017

「富岡製糸場」世界遺産登録3周年特別記念展

美空ひばりの作品画像 LEIJI MATSUMOTOの作品画像《銀河鉄道999》 スガノスケレイチェルの作品画像

 左から 美空ひばり 生誕80周年特別出品《自画像(春秋千姫絵巻)》/©LEIJI MATSUMOTO 《銀河鉄道999》/スガノスケ レイチェル《脳内小学4年生》

大島司の作品画像《シュート》 鈴木福の作品画像《福の国》 元宿仁の作品画像《早春の谷川岳》  

 左から ©大島司 《シュート!》/鈴木福 《福の国》/元宿仁 《早春の谷川岳》 

「文化人・芸能人の多才な美術展」は、現代を代表する文化人や芸能人などが制作した絵画・写真・書等の作品を一堂に展示する展覧会です。全国各地において毎年開催されるチャリティー活動の一環であり、本年で19年目となります。

今年度の展示テーマは「美しさと豊かさ」です。「美しさ」とはうわべだけの綺麗さではなく、究極的にはときめきの感情をも湧き上がらせるいきいきとした価値観です。また、「豊かさ」も生きとし生けるものすべてを優しく包み込む生命感のある言葉として使われています。

本展は、そのような「美しさと豊かさ」を兼ね備えた文化人や芸能人たちが思い思いに制作した作品を通して、つくる・みる楽しさを知っていただける展覧会です。世界遺産「富岡製糸場」のある富岡市での開催ということからも、一人ひとりが文化の担い手であるというメッセージをお伝えできれば幸いです。

会期:平成29年9月3日(日曜日)まで

主催:特定非営利活動法人 日本国際文化遺産協会、「文化人・芸能人の多才な美術展」実行委員会、富岡市

後援:文化庁、公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団、公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟、公益財団法人 文化財建造物保存技術協会、朝日新聞前橋総局、読売新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、上毛新聞社、NHK前橋放送局、群馬テレビ、株式会社 エフエム群馬

協力:ハンプトンジャパン株式会社

企画:ラリス株式会社©http://www.laris.co.jp/

出展作家100名+特別サプライズ出品1名(敬称略)

【文化人・芸能人・アーティスト出展】

阿川泰子、秋川雅史、芦屋小雁、アジャコング、新井晴み、和泉雅子、市川九團次、宇崎竜童、内野雅弘(そのまんま美川)、海老原有紀、大島司、大和田伸也、宇都鬼(おさる)、押切もえ、鬼塚勝也、亀ひろし(ぴんから史郎)、川合伸旺、川﨑麻世、岸ユキ、キンタロー。、ケント・モリ、渡部又兵衛(ザ・ニュースペーパー)、松下アキラ(ザ・ニュースペーパー)、福本ヒデ(ザ・ニュースペーパー)、柴田あやな、清水圭、水前寺清子、ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ、スガノスケ レイチェル、鈴木勤、玉置孝匡、土屋アンナ、中山律子、根本りつ子、原田直之、原田伸郎、原田美紀、左時枝、弘中惇一郎、府川唯未、藤あや子、舞川あいく、マイク眞木、増田登、松井大輔、松村邦洋、三澤威、水島優、森ガキ侑大、森慎太郎(どぶろっく)、八代亜紀、山本富士子、結城アンナ、吉田照美、若原瞳

【ジュニア部門】

 鈴木福、五十嵐陽向、岩崎未来、鈴木夢、谷花音、二宮慶多

【生誕80周年特別出展】

美空ひばり

【特別賛助出展】

さいとう・たかを(劇画家)、松本零士(漫画家)、牧美也子(漫画家)

【特別報道写真出展】

高橋邦典(フォトグラファー)、宮嶋茂樹(報道カメラマン)、渡部陽一(戦場カメラマン)

【賛助出展】

逢沢一郎(衆議院議員)、秋葉賢也(衆議院議員)、麻生太郎(第92代内閣総理大臣)、安倍晋三(内閣総理大臣)、太田房江(参議院議員)、小渕優子(衆議院議員)、上川陽子(衆議院議員)、岸田文雄(外務大臣)、小泉俊明(前衆議院議員)、高村正彦(自由民主党副総裁)、下村博文(衆議院議員)、谷垣禎一(衆議院議員)、中川雅治(参議院議員)、中曽根弘文(参議院議員)、平沢勝栄(衆議院議員)、深谷隆司(元通商産業大臣)、福田康夫(第91代内閣総理大臣)、松原仁(衆議院議員)、元宿仁(自由民主党本部事務総長)、山谷えり子(参議院議員)、山本明彦(元衆議院議員)、山本一太(参議院議員)、山本有二(衆議院議員、農林水産大臣)

【特別ゲスト出展】

安倍洋子(内閣総理大臣安倍晋三 御尊母様)

【特別協力出展】

有馬頼底(相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)、髙田良信(法隆寺長老)、豊原大成(東門山西福寺住職・本願寺派元総長)、平井正修(臨済宗国泰寺派全生庵住職)、福山諦法(曹洞宗大本山永平寺第79世貫主)、山田法胤(法相宗管長・薬師寺管主)

【現代アーティスト】

小松美羽(現代美術)、桝本佳子(陶芸家)

【特別サプライズ出品】

ピコ太郎(シンガーソングライター)

関連イベント

「“つくる・みる”を楽しもう!」その1 学芸員によるギャラリートーク

作品を鑑賞しながら創作と鑑賞の楽しさについて、担当学芸員と語り合いましょう。

日時:平成29年8月5日(土曜日)、29日(火曜日) 各日とも午後2時から

会場:企画展示室

申し込み:不要(当日直接会場へお越しください。)

参加費:無料(ただし、観覧料が必要です。) 

「“つくる・みる”を楽しもう!」その2 スペシャルトーク

本展の出品者でもあるザ・ニュースペーパーの福本ヒデと松下アキラが、創作することの楽しさをお話します。

日時:平成29年8月20日(日曜日) 午後1時から

定員:100名

申し込み方法:7月22日(土曜日)午前9時30分から電話予約(富岡市立美術博物館:0274‐62‐6200)。定員になり次第終了します。

参加費:無料(ただし、観覧料が必要です。)

常設展示室

今どきアート2017 GIRLS! ―I氏コレクションに見る現代の少女たち―

大竹夏紀の作品《twinkle・みぃ#3》の画像

 大竹夏紀《twinkle・みぃ#3》2011年

I氏コレクションから、少女をモチーフにした作品を展示し、現代日本文化における特徴的なアイコンである「少女」の多彩な表現を紹介します。

会期:平成29年9月3日(日曜日)まで

福沢展示室

福沢一郎 物語を描く

福沢一郎の作品《天の磐戸》の作品画像

 福沢一郎《天の磐戸》1987年

福沢一郎は、およそ65年間の画業の中で古今東西の様々な物語を題材とした作品を制作しました。本展では、1970年代以降に描かれた作品から、『往生要集』『旧約聖書』『ギリシャ神話』『古事記』に取材した作品を紹介し、それぞれの物語を福沢がどのように捉え、表現したのかを考えます。

会期:平成29年11月30日(木曜日)まで(予定)

共通事項 ※平成29年7月22日(土曜日)から9月3日(日曜日)まで

開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

注:土・日曜日は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)

休館日:月曜日

観覧料当日 一般600円/65歳以上400円/大学・高校生300円/中学生以下無料
    団体(20名以上) 一般500円/65歳以上300円/大学・高校生200円/中学生以下無料 

  • 身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介助者1名は無料
  • 特別割引(チケット1枚につき1名まで。割引サービスの重複不可。)

(1)かぶら文化ホールで開催する「社会風刺コント集団 ザ・ニュースペーパーin富岡」(8月20日)のチケット提示で観覧料半額
(2)富岡製糸場の当日有料見学券提示で観覧料半額 

このページのお問い合わせ先

市民生活部 文化振興課 美術博物館係
電話番号:0274-62-6200
FAX番号:0274-62-6201

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?