本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 広報 > 広報とみおか >広報とみおか平成29年9月号(テキスト形式)
トップページ > 各課のご案内 > 市長公室 > 秘書課 > 広報とみおか >広報とみおか平成29年9月号(テキスト形式)

広報とみおか平成29年9月号(テキスト形式)

登録日:2017年9月1日

テキスト形式での表示が困難な記事(市民の文芸など)は掲載しておりません。
また、個人情報保護の観点から、一部記事内の氏名や問い合わせ先を掲載しておりません。

目次

1ページ(表紙)

横須賀から富岡 「友好襷リレー」

7月30日、友好都市の横須賀市から約180キロメートルの道のりをタスキでつないだ市民ランナー約50人が、ゴールの富岡製糸場に到着しました。藤岡市からは富岡走ろう会のメンバーが並走し、ゴールに花を添えました。
 リレーには、10月7日㈯から公開の映画「紅い襷」にちなんだ紅いタスキが用いられ、上地克明横須賀市長が揮毫した「愛」の文字が入れられていました。両市の友好の証しである紅いタスキは、親書とともにゴールで出迎えた岩井市長に贈られました。

ページトップに戻る

2ページ

日仏交流シンポジウム  富岡製糸場のルーツを探る

世界遺産登録3周年を記念し、「富岡製糸場のルーツを探る」と題してシンポジウムを開催します。

富岡製糸場のモデルとされているボネ絹工場(アン県ジュジュリュー市)、富岡製糸場創業時に繰糸鍋などを供給したセルドン銅工場(アン県セルドン村)、絹の都リヨンの絹産業の伝統と記憶を今に伝えるソワリー・ヴィヴァント協会、外務省在リヨン領事事務所からパネリストを招き、本市長を加えた5人でパネルディスカッションを行います。

およそ150年前からシルクでつながっている本市とフランスの歴史を顧みるとともに、シルクがあしらわれた市役所新庁舎で、今後の日仏交流について一緒に考えてみませんか。皆さんの参加をお待ちしています。

日時 10月8日(日曜日)、午後2時から4時(午後1時30分から受付開始)
会場 市役所
演題 「富岡製糸場のルーツを探る」
パネリスト

  • ナタリー・フォーロン=ドファンさん (アン県立博物館ボネ絹工場学術文化担当)
  • モーリス・ゴアさん(セルドン銅工場管理者)
  • ミシェル・ロダリーさん(ソワリー・ヴィヴァント協会副会長)
  • 江頭海咲さん(外務省在リヨン領事事務所副領事)
  • 岩井賢太郎(富岡市長)

参加費 無料
定員 100人(先着順・定員になり次第、締め切り)
申し込み方法 9月25日(月曜日)までに、郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数を明記の上、電話・ファクス・はがき・Eメールで富岡製糸場戦略課へ。
申し込み・問い合わせ 富岡製糸場戦略課「日仏交流シンポジウム」宛て(〒370‐2316富岡1‐1、電話番号64-0005、fax番号64-3181、Eメールworldheritage@city.tomioka.lg.jp

紅い襷 富岡製糸場物語

公開間近!10月7日(土曜日)から群馬県内先行ロードショー
イオンシネマ高崎 ユナイテッド・シネマ前橋

注:渋谷シネマパレス(東京)は、12月2日(土曜日)から公開

(岩井賢太郎 富岡市長)
子どもが見ても大人が見ても良い映画です。自信をもっておすすめします。
ぜひ、皆さんのお友達にも紹介してください。そして、高崎と前橋の映画館へ見に行ってください。

(家喜正男さん 映画「紅い襷」総合プロデューサー)
日本の「モノづくり」の土台となったのは、やはり富岡製糸場ではないかという感じがしました。
日本の近代化を大きくけん引したのは「絹」でした。当時、絹(生糸)は日本の輸出量の75パーセントといわれる日本経済の中心でした。その生産を支えていた富岡製糸場の繰糸所を再現するために、3台のフランス式繰糸器のレプリカをVFX(ビジュアルエフェクツ)という技術で増やしています。見事に再現された映像を、ぜひご覧ください。

ページトップに戻る

4ページ

市政懇談会を開催

市民の皆さんから生の声を伺い、平成30年度予算に反映させる取り組みとして、左表の日程で市政懇談会を開催します。積極的にご参加いただき、皆さんの意見・要望をお聞かせください。
注:表データのテキスト化が困難なため、日程を確認したい場合はお問い合わせください。

よりきめ細かく対応するため、区ごとに開催します

内容(1時間程度)

  • 市長あいさつ
  • 平成30年度の主な施策の説明
  • 意見交換

申し込み 不要。直接会場へお越しください。
問い合わせ 財政課 内線1232

ページトップに戻る

5ページ

丹生湖 9月30日(土曜日)で管理釣り場の営業を休止

問い合わせ 観光おもてなし課 電話番号62-5439

丹生湖の管理釣り場は、堰堤改修検討に向けた調査で水位が低下し、管理釣り場として営業できなくなるため、9月30日(土曜日)で営業を休止します。長らくご愛顧いただき、ありがとうございました。

丹生湖を愛する皆さんに感謝を込めて 10月1日(日曜日)無料開放

日時 10月1日(日曜日)、午前7時から午後3時
定員 桟橋100人、ボート100艘
注:桟橋・ボートとも先着順(受付:午前6時30分)
魚種 へら鮒、ワカサギ、ナマズ、コイなど

丹生湖メモリー
注:広報紙では丹生湖の写真を掲載

丹生湖は、昭和27年に農業用水のため池として竣工され、昭和30年頃から、ボート遊覧場やコイの養魚場など他目的に使用されてきました。昭和61年から、市が甘楽多野用水土地改良区との契約により管理釣り場として営業を開始。関東屈指のへら鮒・ワカサギ釣りのスポットとして多くの皆さんに愛されてきました。

市内の歴史的建造物(第7回)

韮塚直次郎製糸場跡 7

韮塚製糸場は富岡製糸場に倣って鉄製のフランス式製糸器械を導入したと記録に残っています。富岡製糸場の場合はポール・ブリュナがフランスに戻って日本の工女の体格に合わせて改良した製糸器械を導入したことは明らかですが、韮塚直次郎がフランスから導入したという記録は全く残っていません。したがって、1876(明治9)年頃には既に国内でフランス式の鉄製の製糸器械を製作しており、これを購入した可能性が高まります。

韮塚製糸場は既に触れたように、どうしたわけか数カ年で閉鎖しております。直次郎の子孫の方が言うのには、残った製糸器械は信州岡谷の、ある製糸場が買い求めていったと伝えられていると教えてくれました。このことは器械が堅牢で優れたものであったことを物語っています。当時、これだけの製糸器械を製造できたのは官営の赤羽工作分局だけかも知れません。そこで、同工場の目録を見ると写真のような器械でした。器械を作動させるシャフトが外部から地下に延び、これを傘型歯車でそれぞれ上方転回させて器械を作動させています。これは、富岡製糸場の器械の作動方式と完全に一致するものです。韮塚製糸場は、この富岡式の製糸器械を導入したものと推定するものです。

なお、北海道開拓使が設置した札幌製糸場の製糸器械は、赤羽工作分局製でした。
(富岡製糸場総合研究センター所長兼富岡製糸場名誉顧問 今井幹夫)

ページトップに戻る

6ページ

厚生労働大臣特別表彰を受賞

民生委員児童委員の舟根登志子さん(七日市)が、7月9日に厚生労働大臣から表彰を受けました。この表彰は、永年にわたり社会奉仕の精神をもって相談援助活動を行い、社会福祉の増進に努めている人に対して、民生委員制度創設100周年を記念して特別に行うものです。
舟根さんは、昭和60年から民生委員児童委員を務め(33年目)、地域福祉・在宅福祉の向上に取り組んでいます。また、民生委員児童委員協議会会長として組織発展に努め、民生委員児童委員の指導育成にも尽力されています。

募集 富岡市子ども・子育て会議委員

応募資格 次の要件を全て満たす人

  • 20歳(平成29年10月1 日現在)以上の市税などを滞納していない市内在住者(居住して6カ月以上)で、小学 6年生以下の子どもの保護者
  • 年3から4回の会議に出席できる人
  • 子育て支援に理解と関心のある人
  • 注:国や地方公共団体の議員や職員(非常勤・臨時職員含む)は応募できません。

任期 委嘱日から2年間(11月1日から平成31年10月31日)
報酬 日額7,400円 注:半日の場合は、3,700円
募集人員 2人
選考方法 書類選考 注:10月上旬に応募者全員へ結果を通知します。
応募方法 9月22日(金曜日)の午後5時15分(必着、郵送の場合は当日消印有効)までに、応募申込書をメール・郵送・直接持参により提出してください。
注:持参の場合は、午前8時30分から午後5時15分まで(土・日曜日、祝日は除く)
注:応募申込書は、こども課か子育てナビ(市ホームページ)からダウンロードできます。

委員の役割 市の子育て支援に対し、保護者としての視点で市の推進計画案などに対する意見を述べたり、施策への取り組み状況について審議したりします。

応募・問い合わせ こども課こども育成係(〒370-2392富岡1460-1、内線1162、Eメールkodomo@city.tomioka.lg.jp

市役所新庁舎 新庁舎見学会を開催

新庁舎の特色・機能・設備などを市民の皆さんにわかりやすく紹介します。

期日 9月17日(日曜日)から22日(金曜日)
時間 80分間

  • 午前の部 9時から、10時30分から
  • 午後の部 1時から、2時30分から

集合場所 富岡倉庫(富岡1450)
注:見学開始時間の5分前までに集合してください。
注:駐車場は、富岡駅東駐車場を利用してください。(おかって市場、あい愛プラザの駐車場には駐車しないでください)
対象 市民
費用 無料
定員 各回50人まで(グループでの申し込み可能)
申し込み方法 参加希望日の前日の午後5時(必着)までに、市ホームページか電話・ファクスで財政課へ。
注:ファクスの場合は、様式を市ホームページからダウンロードして使用してください。
申し込み・問い合わせ 財政課 内線1234、fax番号 (62)0357、Eメールsinchousha@city.tomioka.lg.jp

議会棟 市議会インターネット中継を開始

いつでも、どこからでも、議会映像が視聴できます

9月定例会から、議場での本会議のインターネット中継を始めます。ライブ映像だけでなく録画映像も配信されるため、お手持ちのスマートフォン・タブレット・パソコンで視聴できます。
注:録画映像の配信は、議会閉会後7日以内に配信予定
詳しくは、市ホームページか、右の2次元コードを読み込んだページをご覧ください。

問い合わせ 議会事務局 内線2205

ページトップに戻る

7ページ

世界遺産にふさわしい 日本一のまちづくり 市長室から

高齢者支援施策について

8月号では、子育て支援施策を説明しましたが、今月号では高齢者支援施策についてご説明いたします。

第2次総合計画の重点施策「少子高齢化や人口減少への対応」のうち、子育て支援施策ならびに高齢者支援施策は、大きなウエートを占めることになります。

本市の高齢化率(全人口に占める65歳以上の割合)は、本年度でおよそ31パーセントとなっており、2040年には人口が4万人前後、高齢化率は40パーセント程になると見込んでいます。このことを悲観するのではなく、高齢者の地域活動への積極的な参加により、その経験やスキルを生かして、地域の活性化につなげていただくことを期待しています。

そのためには、まずは健康が第一となることから、市では高齢者が健康で自立した生活が維持できるよう、健康づくりや介護予防の取り組みにより健康寿命の延伸につなげる事業を推進しています。

また、生きがいづくりや社会参加の推進、介護や医療制度の充実、また高齢になっても暮らしやすい環境の整備に努めてまいります。

7月の市長交際費(7月分合計 54,800円)

市長交際費は、市政を円滑に運営するため、市長が市を代表して個人または団体との交際に要する経費です。月ごとの市長交際費の支出状況を「広報とみおか」および市ホームページで公開しています。
問い合わせ 秘書課秘書係 内線1205

  • 3日 群馬県産業経済部との懇談会会費 5000円
  • 6日 富岡職業安定協会「新規就職者を励ます会」協賛金 3000円
  • 7日 非核平和行進賛助金  5000円
  • 10日 富岡・甘楽国際コミュニティー連絡会定期総会懇親会会費 5000円
  • 11日 原水爆禁止国民平和大行進賛助金 5000円
  • 12日 幼児健康診査等業務研修会会費 5000円
  • 20日 富岡議友会懇親会会費 6000円
  • 26日 全国史跡整備市町村協議会情報交換会会費 3000円
  • 7月分 香典(2件)13000円
  • 7月分 手土産代(3件)4800円

ページトップに戻る

8ページ

100歳以上 平成29年 富岡市長寿番付(敬称略)

市内の最高齢者は105歳の女性です。今年100歳を迎える11人を含め、100歳以上は34人(前年比+1)。そのうち女性が28人、男性が6人となっています。長く社会の発展に貢献してきた皆さん、ご長寿おめでとうございます。
注:本市では100歳以上の全ての皆さんの所在が確認されています。
注:100歳を迎えた人には、市から慶祝状と祝い金5万円および商品券5万円分が贈られます。

注:個人情報保護の観点から氏名など、テキスト形式での掲載は行いません。

ページトップに戻る

9ページ

これを機に、マイナンバーカードを作りましょう 証明書の便利なコンビニ交付が開始

9月29日(金曜日)から、コンビニエンスストアで住民票の写しなど各種証明書を取得できる「コンビニ交付サービス」を開始します。手続きには、利用者用電子証明書を格納したマイナンバーカードと登録した4ケタの暗証番号が必要です。

問い合わせ 市民課(内線1114) 税務課(内線1172)

交付できる証明書と料金

  • 住民票の写し(謄本・抄本)200円
  • 印鑑登録証明書 200円
  • 戸籍全部(個人)事項証明書 350円
  • 戸籍の附票の写し 200円
  • 課税(非課税)証明書・所得証明書 200円

注:料金は、市役所窓口よりも100円安くなります。
注:全国約5万3千店舗、午前6時30分から午後11時まで利用できます。(年末年始を除く)

利用できる店舗
次の店舗(マルチコピー機設置店舗に限る)と市役所に設置してあるキオスク端末で利用できます。

  • セブン‐イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • セーブオン
  • サークルK、サンクス など

次の証明書は、市役所市民課窓口で申請してください

  • 個人番号や住民票コードが記載された住民票
  • 転出者や死亡者などの住民票(除票)
  • 住所履歴の記載のある住民票

次のことに注意してください

  • 改ざん防止用紙は使用しておらず、ホチキス留めもしていませんが、通常通り使用できます。
  • 発行した証明書の交換や返金はできません。種類や通数に気をつけてください。
  • 合併前の印鑑登録証を持っている人は、現行の印鑑登録証への交換が必要です。

マイナンバーカードは、申請から取得まで1カ月ほど時間がかかります。手続きはお早めに。

11月24日(金曜日) 不動産合同公売を実施

税の公平性を保つために、滞納税の縮小への取り組みとして

富岡市では、高崎市、藤岡市、安中市、県高崎行政県税事務所と合同で、市税の滞納のために差し押さえた不動産を入札によって公売します。公売する本市の物件は下記のとおりで、面積などは登記上によるものです。詳しくは、市納税課にある物件詳細を記載した「公売広報」か、市ホームページをご覧ください。本市以外の物件は、各機関にお問い合わせください。
注:公売は直前に中止する場合もありますので、必ず事前に確認してから公売に参加してください。

問い合わせ 納税課(内線1188、1190)
入札日時 11月24日(金曜日)、午後2時から2時15分(受け付けは午後1時から)
公売会場 高崎市役所17階第171会議室(入札会場)・172会議室(受付)
持参する物 公売保証金、印鑑、委任状、買受適格証明など
売却決定日時 12月1日(金曜日)、午前10時
売却決定場所(本市分) 富岡市役所納税課(6番窓口)
不動産公売物(売却区分番号) 富岡市-1
所在地・面積・種類 下高瀬・641平方メートル・畑
最低入札金額 15,512,000円
公売保証金 1,560,000円   
買受適格証明 要(農業委員会が発行)
注:この物件の公売参加に必要となります。ご注意ください。

ご存じですか?法定相続情報証明制度

5月29日から、法定相続情報証明制度がスタートしました。この制度は、提出された戸籍などの書類をもとに、法定相続人が誰であるのかを法務局が確認して対外的に証明するものです。
この証明書は、相続登記はもちろんのこと、金融機関などで預金の払い戻し手続きなどにも利用することができ、金融機関ごとに行う相続手続きについて戸籍(除籍)謄本などを何度も出し直す必要がなくなり、便利です。

手続き場所 法務局
手続き方法 戸籍(除籍)謄本などと一緒に、相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を提出
費用 無料
注:登記官が、提出された一覧図に認証文を付した写しを交付します。
問い合わせ 前橋地方法務局富岡支局(電話番号62-0404)

ページトップに戻る

10ページ

国保年金課からのお知らせ

  • 国民健康保険の保険証を郵送 (内線1123)
  • 離職した人の国民健康保険税軽減(内線1123)
  • 福祉医療制度(内線1125)
  • 国民年金の付加保険料(内線1126)

国民健康保険の保険証を郵送します

国民健康保険の被保険者証(保険証)を、9月中旬に世帯主宛てに郵送します。10月1日からは、新しい保険証で受診してください。

保険証が届いたら、まず確認を
お手元に保険証が届いたら、次の3点を必ず確認してください。

  1. 国民健康保険に加入している家族全員分の保険証が送られているか。
  2. 現在、勤務先の社会保険に加入している人の保険証が送られていないか。
     注:送られている場合は、二重加入となっていることがあります。
  3. 記載内容(名前、生年月日、住所など)に誤りはないか。

保険証は正しく使いましょう

カード化により、保険証の保管に対する「自己責任」が増しました。皆さん一人一人の管理の徹底をお願いします。特に、紛失・盗難にあった場合は、カードを取得した人が「なりすまし受診(詐欺)」などの犯罪に利用する場合がありますので、速やかに警察などへ届け出てください。

次の注意事項を守ってください

  • 貸し借り厳禁
  • 医療機関では提示
  • 勝手に書き替えない
  • 期限切れに注意
  • コピーは使えません
  • 必ず手元に保管

有効期限は平成30年9月30日

ただし、次に該当する人の有効期限は、それぞれの誕生日により異なりますので、有効期限になる前に新しい保険証を郵送します。
有効期限までに75歳になる人
退職被保険者証が交付される人で、有効期限までに65歳になる人

倒産・解雇などで離職した人の国民健康保険税を軽減します

倒産・解雇などで離職した人の前年給与所得を100分の30とみなして、国民健康保険税を計算します。該当する人は手続きをしてください。

軽減期間 離職の翌日から翌年度末
手続き場所 次のいずれかの場所で手続きをしてください。

  • 国保年金課
  • 妙義中央公民館

対象者 次の1から3の全てに該当する人

  1. 国民健康保険に加入している人
  2. 離職日時点で65歳未満の人
  3. ハローワーク発行の雇用保険受給資格者証の離職理由欄に、下表の番号が記載されている人

持参する物 国保の保険証 雇用保険受給資格者証 世帯主の印章(朱肉を使う物)

福祉医療制度のお知らせ

次のいずれかに該当する人は、申請により福祉医療(保険診療に係る自己負担額を市が負担する制度)が適用され、受給者証が交付されます。国保年金課か妙義注:条件に該当していても、申請をしないと受給者証は交付できません。

子ども 中学校3年生まで

重度心身障害者

  • 特別児童扶養手当1級
  • 障害年金1級
  • 身体障害者手帳1級・2級
  • 療育手帳の判定AかBのうち、IQ50以下の障害

ひとり親家庭など(注:1旧所得税非課税世帯に限る)

  • ひとり親家庭の母か父と18歳未満 の子(満18歳に達する日以後の最 初の3月31日まで)
  • 両親のいない18歳未満の子

注:旧所得税とは、所得税法の一部を改正する法律(平成22年法律第6号)による年少扶養控除と特定扶養控除の上乗せ部分の廃止がなかったものとして計算された所得税           

受給者証を持っている人で、届け出が必要なとき

転職などで、加入する保険証が変わったとき
転居したとき
届け出に必要な物 保険証 受給者証 印章(朱肉を使う物)

他の医療助成制度もご利用ください

一定の要件を満たす人は、福祉医療制度のほかにも利用できる医療費助成制度があります。他の医療制度も利用できる人は、その申請を行い、受診の際は受給者証などを医療機関の窓口に提示してください。
他の医療費助成制度の一例

  • 自立支援医療(更生医療、育成医療、精神通院医療)
  • 指定難病
  • 小児慢性特定疾病
  • 日本スポーツ振興センター災害給付など

福祉医療制度は皆さんの税金で賄われています。将来にわたり維持していくために、適正な受診を心掛けてください。

国民年金のお知らせ

後納制度が平成30年9月で終了

後納制度は、時効で納めることができなかった国民年金保険料を過去5年分まで納められる制度です。この制度は、平成27年10月から平成30年9月までの3年間で終了します。後納制度の利用で年金額が増えたり、納付期間の不足を補ったりできます。詳しくは、年金加入ダイヤルか高崎年金事務所へお問い合わせください。

問い合わせ
年金加入ダイヤル(電話番号0570‐05‐1165 ※ナビダイヤル)
高崎年金事務所(電話番号027‐322‐4299)

付加保険料

将来、より高い年金を受けるために、第1号被保険者(自営業者など)や65歳になるまでの任意加入被保険者は、希望により定額保険料に加えて月額400円の付加保険料を納めることができます。付加保険料を納めると、将来老齢基礎年金に加えて給付を受けられます。付加年金の計算式は左のとおりです。

付加年金額=200円×付加保険料納付月数

(例)付加保険料を10年間(120月)納付した場合
付加保険料 400円×10年(120月)=48,000円
付加年金額 24,000円(年額)
 付加年金を2年間受給すると納付した付加保険料総額と 同額となります。
(上記の付加年金額は、65歳から受給した場合の年金額)
注:国民年金基金に加入している人や保険料の免除制度を利用している人は、付加保険料を納めることはできません。

ページトップに戻る

12ページ

ワクワクする地域づくりの担い手育成事業 「富岡をつくるプロジェクト」始動

市では、「地域の問題や課題を自分たちで考えよう・解決しよう」というさまざまな「市民力」が地域で芽生え、育まれつつあり、市民協働のまちづくりが少しずつ始まっています。

一方、少子高齢化と人口減少によって、活動体制の維持が難しくなることが心配されており、少子高齢化と人口減少への対応は市民協働のまちづくりを進める上で大きな課題となっています。そこで、中高生をはじめとする市民の皆さん、移住者、地域おこし協力隊が、共に未来の本市のあり方や今後の可能性について考え、「富岡市を盛り上げよう!」という意識を醸成するプロジェクトに取り組んでいきます。

参加者募集

  • 「高校生向け連続講座」
  • 「首都圏等在住者向けセミナー」
  • 「富岡市在住保護者向けセミナー」

日時・内容・会場 左ページのとおり
対象者
市内在住の中高校生 市内高校の在校生 首都圏などに在住する本市出身者 市内在住の保護者
注:「高校生向け連続講座」は、2回以上参加できる人
参加費 無料
注:交通費は自己負担
定員 各20人(先着順)
申し込み方法
各事業申込書(様式は地域づくり課または市のホームページからダウンロードできます)を直接持参、郵送、ファクス、メールのいずれかの方法で地域づくり課へ。
注:市ホームページからも申し込みできます。
申込締め切り 高校生向け連続講座=9月22日(金曜日) 首都圏等在住者向けセミナー=10月5日(木曜日) 富岡市在住保護者向けセミナー=10月13日(金曜日)
注:郵送は必着
申し込み・問い合わせ 地域づくり課(〒370-2392富岡1460-1、内線1253、fax番号62-0357、Eメールchiikidukuri@city.tomioka.lg.jp
注:参加者には、事業内容などの詳細を別途、ご連絡します。

「高校生向け連続講座」(全3回)TOMIOKA  MEDIA  LAB

問い合わせ 地域づくり課(内線1253)

教科学習を教科のみで学ぶのではなく、身の回りのことや地域課題と照らし合わせ、地域のことやその背景にある社会構造などを学びます。講座は高校生向けとなっておりますが、興味のある中学生も申し込みできます。

第1回 「イノベーターTalks&バリスタ体験」
日時 10月1日(日曜日)、午後1時30分から
内容 地域で活躍するイノベーター登壇者をゲストに呼び、さまざまな地域イノベーションの形を学びます。さらに「スタバのバリスタ体験」を実施。高崎市のスターバックススタッフを招き、地域とコミュニケーションの取り方や人と人とのつながりを体験します。

第2回 「ワークショップ」
日時 10月15日(日曜日)、午前10時30分から
内容 「富岡市ではどんな魅力(地域資源)があるのか」「富岡市で何ができるのか」「どうしたら富岡市でワクワクした暮らしが送れるか」などの、プロジェクトアイデアを実際に作り上げます。

第3回 「プレゼンテーション」
日時 11月26日(日曜日)、午後1時30分から
内容 市民に向けて、2回目のワークショップで学んだこと、考えたアイデアをプレゼンテーションします。

共通事項
会場 富岡倉庫 富岡製糸場
講師 谷中修吾さん(ビジネスプロデューサー)
その他 特別企画として、11月11日(土曜日)に渋谷ヒカリエで開催される地方イノベーターカンファレンス「INSPIRE2017」にて、連続講座参加中高生と市職員が本市のPRを行います。
注:市が手配するバスで送迎を行います。

「首都圏等在住者向けセミナー」(全2回)TURNSカフェとみおか

首都圏などに在住の20、30代や本市への移住などを検討している人を対象に、テーマごとにセミナーを2回開催。本市で活躍するゲストを呼び、市の紹介、トークセッション、交流会を開催し、Uターン・Iターンするきっかけづくりを行います。

第1回 「富岡市での働き方」
日時 10月12日(木曜日)、午後6時30分から
内容 「本市で『起業』することはできるのか」「受け入れ態勢は」「どういった地域資源があるか」「その他ライフスタイルも楽しめるような『働き方』はあるか」など

第2回 「富岡市での暮らし方」
日時 平成30年1月25日(木曜日)、午後6時30分から
内容 「本市の地域コミュニティーの盛り上がりについて」「地域への溶け込み方」「仕事はどのような可能性があるのか」「子育て事情は」など

共通事項
会場 有楽町TURNSコミュニティスペース

「富岡市在住保護者向けセミナー」(全2回)地元から日本を元気にする!TURNSセミナー「いま、地方がおもしろい!」

市内の保護者を対象に、セミナーを2回開催。メディアからの視点と、自分らしい働き方を実践している移住者や地域おこしに携わっている人たちのトークから、これからの本市での働き方や暮らしの可能性を探ります。

第1回
日時 10月26日(木曜日)、午後6時から
ゲスト 武田昌大さん(秋田シェアビレッジ村長)
 
第2回
日時 平成30年1月21日(日曜日)、午後2時から
ゲスト 興膳健太さん(猪鹿庁長官)

共通事項
テーマ 「いま、地方がおもしろい!」
会場 ホテルアミューズ富岡
司会 堀口正裕さん(移住専門誌「TURNS」プロデューサー)

「TURNS」とは
 20から40代をメーンターゲットとしたローカルライフマガジン。地方での暮らし・働き方の魅力を紹介。

ページトップに戻る

14ページ

とみおかリノベーションまちづくり(第2回)「豊かな生活は自分たちでつくる」

8月号では、「リノベーションとは何か」「どうしてリノベーションまちづくりが必要なのか」について掲載しました。今月号では、平成28年1月に実施した「リノベーションスクール」卒業生の現在の活動状況をお伝えします。

「リノベーションスクール」とは

まちに実在する空き家や空き地、公共空間を題材に、その建物の価値だけを考えるのではなく、エリアの価値を高め、まちを再生する事業をつくり、人とお金の循環をまちに生み出す手法と思想を学ぶ実践的な場です。

平成28年1月、県内初の「リノベーションスクール」が本市で開催されました。市内の遊休不動産2物件を対象に、リノベーション事業プランを作成。遊休不動産オーナーなどに提案を行いました。

事業化に向けた活動の紹介

スクール卒業生は、本業が終了した後に副業として、夜間にインターネットを利用した会議などを行い、事業化に向けた活動をしています。「リノベーションスクール」で対象となった2物件の事業化に向けた活動を紹介します。

物件1:スズラン通り長屋(富岡28-5)
今後の利活用を考える機会・リノベーションまちづくりの輪を広げる機会として、7月22日、「皆でお掃除ワークショップ&空き家BAR」を実施しました。掃除をして夜に集まった仲間と語り合うことで、まちなかの誘客拠点として生かせる事業イメージを固めました。

物件2:プロヴァンス2階(富岡1056)
事業化へ向けて進めていく足がかりとして、 「こんなまちだったら楽しく豊かに暮らせるのでは」という自分たちの「欲しい日常」を、まちに落とし込み、今後の利活用につなげていくイベント「みちくさパルク」を開催します。

今後の展望

リノベーションまちづくり事業では、若い人たちが自分たちの暮らしを豊かにするために活動し、まちの中にワクワクする場所を創り出そうとしています。この流れを止めずに、大きくしていくために、今後も県や富岡商工会議所と連携しながら、事業を進めていきます。 この事業では、不動産所有者のご理解ご協力をいただきながら、物件を「まちの宝」として磨き上げています。
 今後の活動も随時、「広報とみおか」や市ホームページ、フェイスブックなどを通じてお知らせします。
本事業の内容については、まちなか拠点整備室(電話番号62-5432)までお問い合わせください。

ページトップに戻る

15ページ

防災行政用無線についてお知らせ

定期点検について

防災行政用無線の定期点検を9月14日(木曜日)から10月11日(水曜日)まで行います。試験放送を行い、1日9から10カ所点検します。これに伴い、防災ラジオに雑音が入りますが、防災行政用無線を維持管理するために必要な点検です。
また、防災行政用無線に不具合が生じたときも、電波を使った無音の受信点検を行っています。このときも防災ラジオに雑音が入ります。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力をお願いします。

10月から夕方の定時放送の時間が5時に

防災行政用無線の時報放送時間が、例年のとおり10月1日(日曜日)から午後5時に変わります。子どもには、放送が聞こえたら帰宅するように、もう一度ご家族で話し合いましょう。

問い合わせ 危機管理課安全安心係(内線1246)

秋の全国交通安全運動 9月21日(木曜日)から30日(土曜日)

スローガン よくみよう 車のあとに またくるま

重点項目

  1. 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  2. 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  3. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  4. 飲酒運転の根絶

サブスローガン
夕暮れは ライトをつける サインだよ
これからの時期は、日没時間が早まります。夕暮れ時や夜間の外出時は、明るい服装を心掛けるとともに、反射材を着用しましょう。

問い合わせ 危機管理課安全安心係(内線1246)

空間放射線量率測定結果のお知らせ

市では、市内76地点で空間放射線量率の測定をしています。そのうち、小学校など市内の主要な17地点での空間放射線量率を掲載しています。その他の地点の測定結果については、環境課または市ホームページで確認できます。
問い合わせ 環境課(清掃センター内、電話番号(62)2823)

ページトップに戻る

16ページ

健康とみおか21通信 No.71 栄養・食生活3

「お富ちゃん食育カルタ大会」を開催しました

8月19日、小学生の親子に加え、本年度から大人を対象に開催しました。子どもはもちろん大人も真剣にカルタを取り、熱戦が繰り広げられました。来年も開催予定ですので、奮ってご参加ください。
お富ちゃん食育カルタは、「保健センター」「まちなか観光物産館(お富ちゃん家)」で販売中です。(1部1,000円(税込み))

食育講座「しいたけ丸分かり講座」を開催しました

7月29日、富岡名産のしいたけの栽培としいたけをおいしく食べるための教室を開催しました。教室では、しいたけを使った料理3品を作り、1週間でしいたけができる「しいたけ栽培キット」をお渡ししました。
今回は、教室で作った料理のうち、「しいたけピザ」をご紹介します。

材料

  • しいたけ 8枚(大きめ)
  • 玉ねぎ 25グラム
  • ピーマン 25グラム
  • サラミ 15グラム
  • ちりめんじゃこ 15グラム
  • ピザ用チーズ 40グラム
  • ピザ用ソース 40グラム
  • こしょう 少々

作り方

  1. しいたけは石づきを切り落とし、ぬれ布巾でふき、カサを上にして180度のオーブンで5分焼く。
  2. 玉ねぎとピーマン、サラミは千切りにする。
  3. しいたけのカサにピザ用ソースを塗り、玉ねぎ・ピーマン・サラミ・ちりめんじゃこをのせ、こしょうをしてオーブンで焼く。
  4. 野菜が柔らかくなったら、ピザ用チーズをのせ、チーズが溶けるまでオーブンで焼く。

食中毒にご用心!手洗いは 食中毒予防の第一歩

食中毒予防の3原則は、食中毒菌を「付けない」「増やさない」「やっつける」です。食中毒は、毎日食べている家庭の食事でも発生します。家庭での食事作りでの食中毒予防のポイントをチェックしましょう。

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

ポイント1 食品の購入
消費期限などの表示をチェック 肉・魚はそれぞれ分けて包む。できれば保冷剤(氷)などと一緒に 寄り道しないでまっすぐ帰る

ポイント2 家庭での保存
帰ったらすぐ冷蔵庫へ 肉・魚は、汁がもれないように包んで保存

ポイント3 料理の下準備
手洗いとごみ捨ては、こまめに 肉・魚は、生で食べる物から離す。肉・魚を切ったまな板と包丁は、洗って熱湯をかけておく 野菜はよく洗う 冷凍食品の解凍は、冷蔵庫で 包丁などの器具、布巾は洗って消毒。布巾やタオルはいつも清潔に

ポイント4 調理
作業前に手を洗う 加熱は十分に

ポイント5 食事
食事の前に手を洗う 清潔な器具、食器を使う
長時間室温に放置しない

ポイント6 残った食品
作業前に手を洗う 清潔な器具、容器で保存する。早く冷めるように小分けにする
温め直すときは、十分に加熱する(目安は75度以上)

厚生労働省「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」より。さらに詳しく知りたい場合は、食品安全委員会ホームページをご覧ください。

ページトップに戻る

17ページ

秋期胸部検診(結核・肺がん)・がんセット検診のお知らせ

注:詳しくは、4月に配布した「健康のしおり」をご覧ください。

共通事項
対象者 40歳以上の市民 

  • 胸部検診=本年度、胸部検診(結核・肺 がん)を受けていない人
  • がんセット検診=本年度、胸部(結核・ 肺がん)・大腸がん(個別・集団)・胃がん(バリウム・カメラ)検診を受けてい ない人

持参する物 受診シール(4月に郵送した黄色い封筒) 自己負担金(65歳以上の人、市民税非課税世帯は自己負担なし)
注:胸部検診のみ無料。喀たん、胃・大腸がん検査は一律500円
注:事前に手続きが必要

胸部検診(結核・肺がん)

日時・会場 表1のとおり
内容 問診・胸部レントゲン撮影(喀たん検査は対象者のみ ※喀たん容器回収日程は表2のとおり)
自己負担金 500円
注意事項 65歳以上の人は、結核健康診断の受診が法律で義務づけられています。年1回は必ず受診をしましょう。職場や施設、医療機関などで受診済み・受診予定の人は、市の検診は不要です。入院中・歩行困難などで会場まで来られない人、肺・気管支・心臓などの病気で受診中の人、半年以内に血の混じった「たん」があった人は医療機関での受診をおすすめします。

がんセット検診(予約制)

日時 9月24日(日曜日)・29日(金曜日)、午前8時30分から10時
会場 保健センター
内容 胸部・大腸がん・胃バリウム検診から選択
自己負担金 各500円
予約受付 電話で保健センターへ。

検体容器回収(大腸がん検診・喀たん検査実施者のみ)
日時 10月18日(水曜日)・11月9日(木曜日)、午前8時30分から午後2時
会場 保健センター

乳がん個別検診の予約について

本年度の乳がん検診はお済みですか?
個別検診の予約は8月31日で終了しましたが、医療機関の受け入れ状況によって、検診を受けられる場合もありますので、希望する人は検診実施医療機関へお問い合わせください。
問い合わせ 高井クリニック(電話番号60-1500)公立富岡総合病院(電話番号63-2111)

平成29年度高齢者用肺炎球菌ワクチン

対象者 昭和28年4月1日以前生まれで未接種の人
希望する場合は事前に保健センターで手続きが必要です。

ページトップに戻る

18ページ

トピックス

7月25日から27日 世界遺産を楽しく学ぶ「キッズプログラム」

富岡製糸場の価値を学び、次世代に継承することを目的に「世界遺産キッズプログラム」が3日間にわたり開催され、市内の小学5、6年生15人が受講しました。1日目は、世界遺産の基本的な知識習得や、クイズやカルタを通じて世界遺産に対する親しみや関心の向上を図りました。2・3日目は、富岡製糸場に関わる人にインタビューを行い富岡製糸場の魅力を発信する動画を作成し、鑑賞。世界遺産と富岡製糸場について楽しく学びました。

8月4日から27日 富岡製糸場でナイトツアー開催

富岡製糸場で解説員が同行するナイトツアーを開催しました。東置繭所はライトアップされ、西置繭所や繰糸所も室内照明が点灯。参加者は絹灯籠の柔らかい光に導かれ、幻想的な夜の富岡製糸場を堪能しました。
また、イベントの特典としてオリジナルフォトカードのプレゼントや紙芝居特別上演が行われ、参加者から好評を博していました。

8月18日 「全国3位」の快挙群馬ジュニアハンドボールクラブ

 富岡・甘楽地域の小学生が所属する「群馬ジュニアハンドボールクラブ」の女子チームが、8月3日から6日に京都で開催された「第30回全国小学生ハンドボール大会」において、全国3位に入賞しました。大会終了後の18日、市役所を訪れたメンバー一同は、市長に入賞の報告をするとともに、今後の抱負を力強く語りました。

7月22日から9月3日 文化人・芸能人の多才な美術展2017

「美しさと豊かさ」をテーマに、現代を代表する文化人や芸能人が制作した絵画・写真・書などの作品を一堂に展示する「文化人・芸能人の多才な美術展2017」が美術博物館で開催されています。本展はチャリティー活動の一環で平成11年から全国各地で開催され、本年で19年目を迎えます。また、平成23年度からは震災復興支援活動として被災地の文化財保護支援を目的に開催されています。生誕80周年を迎える歌手の美空ひばりさん、漫画家の松本零士さん、子役俳優の鈴木福さん、アーティストのスガノスケレイチェルさんら、総勢101人の絵画や立体作品が展示され、若者から高齢者まで大勢の人が来館しています。

7月23日 怖いけど楽しい夜おばけ大会

毎年恒例の「おばけ大会」が生涯学習センターで開催されました。おばけ屋敷になった館内をめぐり、怖くて楽しい夜を満喫していました。おばけ大会には、約40人の高校生をはじめとする計170人のボランティアスタッフが参加。会場設営やおばけになって参加者を驚かせ、おばけ大会を盛り上げていました。

7月29日 華やかな七夕飾りでいっぱい とみおか夏まつり

とみおか夏まつりが、宮本町市営駐車場をメーン会場に周辺地域で開催されました。宮本町通りは七夕飾りや吹き流しが掲げられ、辺りは七夕一色に。恒例のステージイベントでは、楽器演奏やダンスが披露され、また新企画の「浴衣なでしこコンテスト」では参加者も観客も華やぐ浴衣姿を楽しみました。当日はあいにくの雨模様でしたが、夜には花火も打ち上がり、会場は終日たくさんの人たちでにぎわっていました。

7月22日23日 身近な文化財に親しむ 夏休み郷土館まつり

文化財への興味と理解を深めてもらうため、「夏休み郷土館まつり」を郷土館と隣接する妙義中央公民館で開催しました。火おこし体験や網代編みコースターづくり、伝統的な竹細工の竹とんぼや竹の水でっぽうづくりなどが行われ、多くの親子連れが楽しんでいました。また郷土館では展示品の解説が行われ、大勢の人に身近な文化財に触れてもらう機会となりました。

8月16日 大島火まつり・花火大会 今年の火文字は「晴」

大島百八灯(大島火まつり)が今年も行われ「晴」の文字が大島にともされました。火文字は、当日に大島火まつりの準備に参加した地区の人たちが、全員でその年にちなんだ文字あるいは願いを込めた文字を協議して決めます。今夏の天候不順を受け、好天の日が続くよう願いを込め、「晴」の文字に決まりました。市観光協会が実施した火まつり文字当てクイズには23通、22種類の文字の応募があり、正解者はいませんでした。また、火まつりに合わせて和合運動公園から色鮮やかな花火1000発が次々と打ち上げられました。夜空を彩る鮮やかな色彩に、花火見物に集まった人たちからは歓声が上がっていました。

ページトップに戻る

20ページ

情報あれこれ

子育て

児童館のイベント

富岡児童館

親子ビクス
日時 9月13日(水曜日)、午前10時から
対象者 幼児親子
指導者 山田久子さん
参加費 無料
定員 20組(要予約)
持参する物 飲み物・タオル
申し込み・問い合わせ
富岡児童館((89)2024)

妙義児童館

藍染
日時 9月9日(土曜日)、午前10時から
対象者 どなたでも
指導者 児童館職員
参加費 1個100円から(染める物により金額が違います)
定員 15人(要予約)
持参する物 染める物(ハンカチ・Tシャツなど)・針金ハンガー・タオル・ゴム手袋
申し込み・問い合わせ
妙義児童館 電話番号73-3838

らくらく離乳食教室

離乳食の話や調理を通して、離乳食の不安や心配を解消する教室です。

日時 9月27日(水曜日)、午前9時45分から11時15分(受け付けは午前9時30分から)
会場 富岡公民館2階実技実習室ほか
内容 調理実習とミニ講話
対象者 市内在住で平成29年1月から4月生まれの赤ちゃんを持つ保護者
参加費 無料
定員 15人(先着順)
持参する物 筆記用具、エプロン、三角巾、布巾、手ふき
申し込み・問い合わせ 9月20日(水曜日)までに保健センター(電話番号(64)1901)へ。
注:託児もあります。お気軽にご参加ください。

図書館だより

会場 おはなし室   参加費 無料
申し込み 不要
問い合わせ 図書館(電話番号62-1737)

定例おはなし会
日時 9月2日(土曜日)・9日(土曜日)・16日(土曜日)・23日(土曜日)・ 30日(土曜日)、午後2時から2時30分

赤ちゃん向けの読み聞かせ
日時 9月14日(木曜日)、午前10時から10時30分
注:マタニティの人も大歓迎です。

0歳ペア・スクール(第6期)赤ちゃんの泣き声は言葉のかわり

赤ちゃんの心の発達過程や関わり方を学ぶスクールです。育児を通して親と子の深い絆づくりをしましょう。

日時・内容 午前10時から11時30分
1回目 10月17日(火曜日)
お母さんとあそぼう ベビーマッサージ(バスタオル持参)講師:山田久子さん
2回目 10月24日(火曜日)
手づくりおもちゃ(フェイスタオル持参)
3回目 10月31日(火曜日)
おいしいね、赤ちゃんの栄養 講師:北村礼子さん
4回目 11月7日(火曜日)
五感を学ぼう
5回目 11月14日(火曜日)
ジェスチャーゲーム

注:毎回、ふれあい遊び、絵本の読み聞かせがあります。

対象者 市内在住で平成28年12月から平成29年6月生まれの乳児とお母さん 
定員 15組(先着順)
持参する物 赤ちゃんの飲み物・おしぼり
受講料 無料
会場・申し込み・問い合わせ 9月6日(水曜日)、午前8時30分から電話で親と子のスマイルサロン(あい愛プラザ2階、電話番号89-3063)へ。
注:講座日は託児もあります。

催し

発明くふう展 未来の科学の夢絵画展

市内の小中学生から出品された作品を展示します。ぜひご覧ください。

日時 9月14日(木曜日)から16日(土曜日)、午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 美術博物館市民ギャラリー
入館料 無料
問い合わせ 産業振興課(内線1263)

サツマイモ収穫祭

子どもたちや障害のある人たちが、土に触れる楽しさや収穫する喜びを味わい、親睦を図ります。

日時 9月23日(土曜日)、午前10時からサツマイモがなくなり次第終了(雨天の場合10月1日(日曜日)に延期)
会場 丹生湖西側の丘陵地畑
注:丹生湖管理棟前の駐車場をご利用ください。
対象者 小学生以下の親子、協力団体関係者
内容 サツマイモの収穫体験
注:収穫したサツマイモは、当日配布する袋に入れて持ち帰れます。
参加費 無料
持参する物 軍手・移植ゴテ(小さいシャベル)
問い合わせ 市社会福祉協議会(電話番号(70)2232)

美味しい群馬再発見!道の駅キャラバン2017in 道の駅みょうぎ

県内の農産物加工品などがそろう物産展イベントです。

日時 10月1日(日曜日)、午前10時から午後4時
会場 道の駅みょうぎ
内容 県内の6次産業事業者、農産物加工業者、食品製造業者などが出店
注:6次産業=農林業、製造業、小売業を組み合わせた経営形態
問い合わせ 富岡市妙義商工会(電話番号(73)3723)

お母さん 幸せですか 一人で悩まないで「全国親の会」高崎大会

不登校・引きこもり・ニート・家庭内暴力・発達障害など、子どもの問題や子育ての悩みを一緒に考えませんか。

日時 10月1日(日曜日)、午前10時30分から午後4時15分
会場 高崎市総合福祉センター
内容 第一部:体験談と質疑応答 第二部:自律訓練法とグループディスカッション
注:第一部のみの参加も可
講師 金盛浦子さん(東京心理教育研究所所長)
定員 300人(申込制)
参加費 無料
その他 託児あり(第一部のみ、申し込みが必要)
申し込み・問い合わせ NPO法人SEPY倶楽部(電話番号03‐3942‐5006、03‐5940‐4030)

試験

危険物取扱者試験と準備講習会

試験
日時 11月19日(日曜日)、午前9時から(甲種、乙種、丙種とも)
会場 高崎工業高校ほか
書面申請 9月28日(木曜日)から10月11日(水曜日)(土・日曜日、祝日を除く)の午前8時30分から午後5時15分に広域消防本部か下仁田消防署へ。
電子申請 9月25日(月曜日)から10月8日(日曜日)(24時間対応)にインターネット(消防試験研究センターホームページ)から

準備講習会
日時 10月23日(月曜日)、午前9時から午後4時
会場 広域消防本部3階会議室
受講料 9,000円(テキスト・例題集代を含む)
申し込み 試験の書面申請と同じ
問い合わせ 広域消防本部予防課危険物係(電話番号62-4306)

教室・講座

「富岡学」第4期受講生募集

市の歴史だけではなくさまざまな分野の講座で構成されており、多面的な視点で富岡について学んだり受講生同士で学びを深めたりと、今後の人生や富岡の活性化につながる講座です。

注:第2期と第3期の講座一覧を市ホームページで見られます。
期日 11月から平成30年11月(月2回程度、全24回)、土・日曜日の昼間や平日の夜2時間程度
開講式 11月28日(火曜日)、午後7時(会場:生涯学習センター)
応募条件 18歳以上で、約1年間にわたる講座に継続して参加できる人 学んだことを活用し、富岡の活性化のために取り組む意欲のある人
受講料 無料(施設見学など、個人負担の場合もあります)
定員 25人(定員を超えた場合は志望動機などを参考に選考)
申し込み・問い合わせ
9月29日(金曜日)(必着)までに申込書を生涯学習センター(電話番号62-1531、 FAX番号64-4709)へ。市ホームページからも申し込みできます。
注:申込書は、生涯学習センター・各公民館に置いてあるほか、市ホームページからダウンロードできます。

知って得する健康教室第3弾 脳活のススメ

日時 10月29日(日曜日)、午前9時から正午
会場 公立富岡総合病院健診センター
内容 講座:1 脳活クイズ 2 脳を活性化する食事・運動・睡眠・歯みがき 3 希望者のみ保健師・看護師による健康相談
体験:1 体力測定 2 そしゃく力ガムチェック  3 おやつバイキング
参加費 無料
定員 30人(予約制)
申し込み・問い合わせ
公立富岡総合病院健診センター(電話番号63-2111、内線2810)

おもしろ科学教室

日時 10月14日(土曜日)、午前9時30分から正午
会場 生涯学習センター
対象者 小学生(3年生以下は保護者同伴)
内容 潜望鏡を作ろう!
講師 県生涯学習センターサイエンスインストラクター会員
参加費 500円程度(材料費・傷害保険料)注:当日集金
定員 30人(申し込み多数の場合は抽選)
持参する物 筆記用具・会員証(持っている人)
申し込み方法 9月13日(水曜日)から21日(木曜日)に、申込書を持参(午前9時から午後5時)かファクス(64-4709)で生涯学習センターへ。市ホームページからも申し込みできます。
問い合わせ 生涯学習センター(電話番号62-1531)

これから働きたい女性のためのキャリアプラン・マネープラン
出張ジョブカフェ・マザーズセミナー

専門家を講師に迎え、税金・保険・年金など、働く前に知っておきたい知識について学びます。

日時 10月17日(火曜日)、午前11時から午後0時30分
会場 ウイングプラザとみおか2階講習室
対象者 就職を希望する女性、子育てなどによる離職から再就職を考えている女性など
内容

  • 子どもの教育資金はどれくらい必要?
  • 社会保険に入ると損得どっち?
  • 扶養の範囲内の働き方って?
  • 年金ってこれからどうなるの?

講師 高橋瑞枝さん(ファイナンシャルプランナー)
参加費 無料   
定員 10人(託児あり)
持参する物 電卓、筆記用具。
注:託児を希望する場合は、おむつや飲み物など(詳しくは市ホームページを参照)。
申し込み・問い合わせ 
10月10日(火曜日)までに、市ホームページから申し込むか、電話で産業振興課(内線1263)へ。

ウイングプラザとみおか後期講座受講生募集

注:新講座「ヒップホップ」が始まります。

講座・開講日・料金・定員など 下表の13講座
時間 午後7時から9時
注「料理」・「茶道」は午後6時30分から8時30分
対象者 市内に在住・在勤の15歳以上の人
問い合わせ ウイングプラザとみおか (電番号64-1309)
定員を超えた場合は先着順。少数の場合は中止になります。
料金は全回数分の受講費です。講座開始時に集金します。
申し込み方法 9月15日(金曜日)までに次のいずれかの方法で申し込んでください。
直接窓口(土・日曜日を除く、午前9時から午後8時)
電話(64-1309)
ファクス(62-0357)
Eメール(kinro@city.tomioka.lg.jp
市ホームページ(ウイングプラザとみおか後期講座のページから)
注:申込書は、窓口に用意してあるほか、市ホームページからダウンロードできます。

とみおか市民大学校特別公開講座 ショウガ健康法パート2

昨年大好評を博したショウガ健康法の講演会第2弾を開催します。

日時 9月25日(月曜日)、午後6時30分から8時(開場は午後6時)
会場 生涯学習センター
内容 身近な食品ショウガの健康効果の紹介を最新情報とともに、生涯にわたり健康な生活を営むことの重要性について語っていただきます。
講師 平柳要さん(食品医学研究所所長)
定員 500人(先着順)入場料 無料
申し込み・問い合わせ 生涯学習センター(電話番号62-1531)へ。

その他

表彰に該当する従業員を推薦してください
商工優良従業員表彰

市と富岡商工会議所および富岡市妙義商工会では、市内事業所に永年勤務する従業員や特に優秀な人を、事業主の推薦によって表彰します。

日時 11月24日(金曜日)、午後4時から
会場 ホテルアミューズ富岡
表彰区分
永年=20年・30年・40年・50年以上勤務している人(定員なし)
優秀=35歳以上で同一事業所に15年以上勤務し、選定要領の基準に該当する従業員(各事業所1人のみで定員20人)
申し込み・問い合わせ
9月15日(金曜日)までに、富岡商工会議所(電話番号62-4151)か富岡市妙義商工会(電話番号73-3723)へ。
注:期限厳守。所定の用紙は、富岡商工会議所、富岡市妙義商工会にあります。

募集

障害者支援体験ボランティア

あなたの余暇を障害者の支援に利用してみませんか。地域活動支援センターつくし学園(障害者福祉作業所)では、9月の「知的障害者福祉月間」に合わせ、障害者支援体験ボランティアを募集します。障害者と一緒に軽作業や支援の体験を行うことで、障害者へのよりいっそうの理解と支援力の向上を図ります。

期間 次のいずれか

  1. 9月14日(木曜日)・15日(金曜日)
  2. 9月19日(火曜日)・20日(水曜日)
  3. 9月25日(月曜日)・26日(火曜日)
  4. 9月27日(水曜日)・28日(木曜日)

時間 午前9時から午後4時
内容 ホチキス針の箱詰め、繭の袋詰めなどの作業 障害者の身の回りの支援
募集要件 70歳未満の心身ともに健康な人
定員 各回2人(先着順)
その他 ボランティア保険に加入します。
作業工賃は支給できません。
昼食は各自持参。飲み物は提供します。
申し込み・問い合わせ
9月11日(月曜日)までに、つくし学園(電話番号64-1345)へ。

第12回産業祭 商業者の出店

店自慢の逸品セールや商品の値引き市など、お祭り気分で商売を楽しみ、地元商品のPRを行う業者の出店を募集します。

日時 11月19日(日曜日)、午前10時から午後2時
会場 もみじ平総合公園
申込資格 市内に店舗などがあり、注意事項などを順守・協力できる事業者や団体(業種としては小売業、サービス業、卸売業、製造業)
募集店数 約30店
出店費用
1区画=2,000円
注:電源を使用する場合、1,000円増し
申し込み・問い合わせ 9月29日(金曜日)までに、出店申請書(産業振興課または市ホームページからダウンロード)に必要事項を記入の上、郵送・ファクス・Eメールのいずれかの方法で産業振興課(〒370‐2392(住所不要)、内線1263、 fax番号(62)0357、Eメールshougyou@city.tomioka.lg.jp)へ。
注:電話での申し込みはできません。

9月納期の税 納期限は10月2日(月曜日)

固定資産税・都市計画税  3期
国民健康保険税      3期
後期高齢者医療保険料   3期
介護保険料        3期

夜間納税窓口

日時 9月29日(金曜日)、午後5時15分から7時
場所・問い合わせ 納税課(行政棟1階、内線1186・1188)

大規模な土地取引には届け出が必要です(国土利用計画法に基づく土地売買等届出書)

一定面積以上の土地取引を行った場合、買い主は市町村を経由して県知事宛てに届け出を行う必要があります。忘れずに届け出てください。
届け出が必要な面積 市街化区域内=2,000平方メートル以上 市街化区域以外の都市計画区域内=5,000平方メートル以上 都市計画区域外=10,000平方メートル以上
届け出期間 売買契約締結日から起算して14日以内
届け出先 売買した土地の所在する市役所・町村役場
問い合わせ 県地域政策課(電話番号027-226-2366) 市都市計画課(内線1312)

10月は土地月間です 地価評価等無料相談会

土地は、限られた貴重な資源であり、日常生活や経済活動に欠かせない基盤です。10月は、この土地について関心を高め、理解を深めていただくための土地月間です。月間にちなんで地価評価等無料相談会を開催します。

日時 10月5日(木曜日)、午前10時から午後3時
内容 不動産鑑定士が、土地・建物価格や地代、家賃などの相談に応じます。
会場 市役所(議会棟1階11会議室)
問い合わせ
県地域政策課(電話番号027-226-2366)
群馬県不動産鑑定士協会(電話番号027-243-3077)

もみじ会(富岡地域精神障がい者家族会)

もみじ会は、自分の子どもや兄弟姉妹、配偶者が「心の病である」と診断され、どうしたらいいかわからないと悩んでいる家族の人が、みんなで集まって悩みを話し合うことができる会です。
年間予定の中で、懇親会や学習会、施設見学なども行っています。
同会に参加して悩みを話し合うことで、学び合い、助け合いの中から何か解決の糸口が見つかるかもしれません。もみじ会では、ひとりでも多くの参加をお待ちしています。
問い合わせ 富岡地域精神障がい者家族会もみじ会(福祉課内、内線1137)

特別支援学校などを卒業される皆さんへ

特別支援学校などを卒業後、障害福祉サービス(通所・入所)の利用を希望する人は、申し込んでください。

対象者 平成30年3月に特別支援学校・その他の学校を卒業する人で、障害福祉サービス(生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援A型・B型、施設入所支援)の利用を希望する人
申し込み方法 11月10日(金曜日)までに、指定の申込書に必要事項を記入し、押印の上、福祉課へ。
注:申込書は、各学校、福祉課に用意してあるほか、市ホームページからもダウンロードできます。
注意事項 学校の担任や進路指導の先生と相談してください。
事前に事業所などの見学をしてください。
障害者手帳をお持ちでない人は福祉課に相談してください。
問い合わせ 福祉課(内線1138)

講演

救急医療講演会・救急実技講習会

9月9日の「救急の日」を含む一週間が「救急医療週間」です。不慮の事故や急病からたいせつな生命を守るには、適切な応急手当が必要です。AED(自動体外式除細動器)の使用方法を含む実技指導も行います。

日時 9月9日(土曜日)、午後1時30分から4時
会場 生涯学習センター内容  講演 演題1「乳がんから身を守るために」講師=高井良樹さん(高井クリニック院長)
演題2「脳血管障害について」講師=岡本一真さん(公立富岡総合病院健診センター主任医長)
寸劇「空前絶後のAED講習」富岡消防署員
実技指導 「おぼえよう応急手当」富岡消防署員
参加費 無料
その他 託児サービスあります。(9月8日(金曜日)までに保健センターへ予約)
問い合わせ 保健センター(電話番号(64)1901)

ご協力を

国土交通大学校 測量実習

国土交通大学校の研修員による測量の実習を実施します。測量業務に必要な基礎知識と基礎技術を修得、測量技術者としての資質の向上を図るために行います。ご協力をお願いします。

実習期間 9月25日(月曜日)から10月12日(木曜日)
実習場所 宮崎・田島・神農原・一ノ宮・大島地内やその周辺
問い合わせ 道路建設課(内線1302)

平成29年就業構造基本調査

総務省統計局では、日本の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的として、10月1日現在で就業構造基本調査を実施します。

目的 統計法に基づく基幹統計調査として国が実施する重要な調査です。
対象 統計理論に基づき無作為に選ばれた全国の約52万世帯で、その世帯にふだん住んでいる15歳以上の世帯員約108万人です。
調査方法 お願いする世帯には、9月下旬に調査員が伺い、調査書類をお配りします。
パソコンやスマートフォンを使って、簡単にインターネットで回答することができます。
調査票の記入内容は、統計法によって厳重に保護されており、インターネット回答における通信も、全て暗号化(SSL/TLS方式)され、不正なアクセスなどの監視も24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。
調査の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いします。

スポーツ

平成29年度 体力・運動能力調査

自分の体力・運動能力を確かめたい人は、ぜひこの機会に参加してみませんか。
日時 10月4日(水曜日)、午後7時から9時
会場 市民体育館
対象者 市内在住の20歳から79歳の人

種目
20歳から64歳
握力 上体起こし
長座体前屈 立ち幅とび 反復横とび
20メートルシャトルラン
65歳から79歳
ADL 握力 上体起こし 長座体前屈
開眼片足立ち 10メートル障害物歩行 6分間歩行
参加費 無料
定員(先着順)
20歳から64歳=50人
65歳から79歳=10人
持参する物 室内用運動靴・運動着・タオルなど
申し込み・問い合わせ
9月29日(金曜日)までにスポーツ振興課(電話番号(63)6392)へ。

カラダ元気塾  体幹を鍛えて、ココロもカラダもリフレッシュ
注:治療中の病気がある場合は、主治医の許可をもらってください。

持参する物 運動ができる服装 室内用運動靴 水分補給用飲み物  ヨガマット(なければバスタオル) 健康手帳(持っている人)
申し込み・問い合わせ 9月7日(木曜日)から22日(金曜日)に、希望のコースを選択し、保健センター(電話番号64-1901)へ。

第37回群馬サファリ富岡マラソン大会

期日 12月10日(日曜日)  会場 高瀬小校庭発着

参加者募集

走る楽しさとレースの緊張感を体験してみませんか。

時間 午前8時30分開会式
参加費 一般=3,000円 高校生=1,000円
市内中学生=200円 市外中学生=500円

コース

  • ハーフコース(定員500人)
  • 10キロメートルコース
  • 5キロメートルコース
  • 3キロメートルコース(中学生のみ)

その他 ハーフコースは、2時間20分以内で走れる人。12キロメートル地点で1時間15分以上、18キロメートル地点で1時間50分以上かかった人は、その時点で棄権していただきます。注:上記地点は、変更になる場合があります。
中学生・高校生は、保護者の同意が必要となります。
申し込み 10月20日(金曜日)までにランナーズのホームページ(ランネット)から申し込むか、パンフレット付属の申込用紙(振込取扱票)により郵便振替(当日消印有効)で申し込んでください。
注:詳しくは、群馬サファリ富岡マラソン大会事務局(スポーツ振興課内)に問い合わせるか、市ホームページをご覧ください。

ボランティアスタッフ募集

群馬サファリ富岡マラソン大会は、県内外から千人以上のランナーが参加します。このレースを円滑に進めるために、競技に従事するボランティアスタッフを募集します。
時間 午前8時から午後2時
対象者 高校生以上の人
内容 給水所係員、駐車場係員などの業務を事務局で配置します。
定員 50人
その他 昼食とスタッフ用の帽子を用意します。スポーツ傷害保険に加入します。ボランティアのため報酬はありません。大会オリジナルスポーツタオル(今治産)を差し上げます。
申し込み 10月20日(金曜日)までに群馬サファリ富岡マラソン大会事務局(スポーツ振興課内)へ。
問い合わせ 群馬サファリ富岡マラソン大会事務局(スポーツ振興課、〒370-2345上黒岩1377-1市民体育館内、電話番号63-6392、fax番号63-6214)

生涯スポーツ教室 七日市黒川地区

日時・種目・会場 下表のとおり
対象者 市内在住・在勤の人
講師 松本邦彦さん、松本富子さん(スポーツ推進委員)
参加費 無料
定員 各20人
持参する物 室内用運動靴・タオル・飲み物など
申し込み・問い合わせ
スポーツ振興課(電話番号(63)6392)
注:当日参加もできます。

准看護師から看護師へステップ UP!

平成30年度の入学募集から、准看護学校を卒業後2年未満の人も、富岡看護専門学校の推薦入学試験に出願できるようになりました(准看護師免許は必須)。
成績などの条件がありますので、詳しくは、当校ホームページをご覧になるか、電話でお問い合わせください。
問い合わせ 午後1時から8時(土・日曜日、祝日を除く)に、富岡看護専門学校(電話番号64-1684)へ。

ページトップに戻る

28ページ

第19回 妙義山写真コンテスト

申し込み・問い合わせ 妙義中央公民館(〒370-2411妙義町上高田1195-173、電話番号73-3053)

作品募集

募集作品 妙義山と周辺の風景・風俗・習慣・行事などを題材にしたカラー写真(サイズ=四つ切り)。デジタル写真は銀塩プリントに限り応募可。画像処理したものやインクジェットプリントは不可。応募された作品は全て展示しますので、簡単な額装をして、つり金具、ひもなどを付けてください。
出品規定 ▽出品者の年齢・出品点数に制限はありません。入賞作品や原画(ネガ・ポジ・デジタルデータ)の使用権は主催者に帰属します。
新聞などに掲載または写真コンテストなどに入賞・入選した作品、締め切り時において他に応募中の作品は応募できません(展示会に出品した程度は差し支えありません)。
出品料 1点につき500円 (応募(作品搬入)時に納入)
搬入(応募)方法 10月13日(金曜日)から15日(日曜日)、午前9時から午後4時30分に、妙義中央公民館へ。
注:詳しくは、第19回妙義山写真コンテスト開催要項(市ホームページからダウンロードできます)をご覧になるか、妙義中央公民館へ。
観覧期間 10月25日(水曜日)から11月5日(日曜日)
会場 妙義ふるさと美術館
入場料 無料

有料広告募集

妙義山写真コンテスト出品者名簿に掲載する広告を募集します。妙義山は日本三奇勝と上毛三山の一つに数えられ、奇岩奇勝の景勝地として多くの人に親しまれています。春の桜や初夏の新緑、秋の紅葉はまさに絶景です。日々刻々と変化する山容を多くの写真愛好者が豊かな感性で妙義山の自然の瞬間をとらえ、今まで多くの作品が出品されました。妙義山をモチーフとしたこの写真コンテストには県内外から多数の応募があり、鑑賞者も多く、写真愛好者のみならず大勢の人にPRできます。

広告の規格
縦60ミリ×横160ミリ(1枠)、連続した4枠(縦240ミリ×横160ミリ)まで掲載可
募集枠
16枠
広告枠の位置
出品者名簿の末尾に掲載
体裁掲載
A4判、約14ページ(表紙=1色、本文=白黒)
料金
1枠5,000円
発行部数
1,000部(作品の状況により増減有)
発行時期
10月下旬から11月上旬(写真展会期中)
申し込み方法
9月29日(金曜日)、午後5時までに、妙義中央公民館にある有料広告掲載申込書に広告原稿を添付して同館へ。

注:申込書は、市ホームページからダウンロードできます。

美博通信

9月9日(土曜日)から 「昭和の前衛 日本のシュルレアリスムと作家たち」

美術博物館では、福沢一郎の作品を最も多く収蔵していますが、戦前から戦後にかけて活躍し、シュルレアリスム傾向を示した作家の作品も本館の特徴的な収蔵品となっています。
そこで、常設展示室において、「昭和の前衛 日本のシュルレアリスムと作家たち」と題して、作家たちがシュルレアリスムをどのように消化し、表現していったのかを考えます。
秋のひとときを美術博物館で過ごしてみませんか。ご来館をお待ちしています。

会期 9月9日(土曜日)から11月30日(木曜日)

注:9月4日(月曜日)から8日(金曜日)は、展示替えのため休館となります。
主な展示予定の作家と作品
早瀬龍江「楽園」 瑛九「曲乗り」 杉全直「土塊」 白木正一「硫黄島」 古沢岩美「地表の生理」ほか
観覧料 一般210円 65歳以上、大学・高校生100円 中学生以下無料

会場・問い合わせ 美術博物館(黒川351-1、電話番号62-6200)

ページトップに戻る

29ページ

勤労者会館が利用しやすくなりました

駐車場の舗装工事、トイレの洋式化工事を終え、きれいで使いやすくなりました。会議やサークル活動など、この機会にぜひご利用ください。

申し込み・問い合わせ 勤労者会館(月から金曜日(祝日を除く)、午前9時から午後5時、富岡379、電話番号63-7996)
注:勤労者会館にある利用許可申請書で申し込んでください。利用日の6カ月前から受け付けています。

ページトップに戻る

30ページ

9月市民相談室

手話通訳者のご利用を

日時 9月6日(水曜日)・13日(水曜日)・20日(水曜日)・27日(水曜日) 午後3時から5時
問い合わせ 福祉課(内線1139、fax番号64-1294)

無料法律相談会

注:事前予約が必要です。

借金問題は必ず解決できます。一人で悩まず相談してください。

日時 9月22日(金曜日)、午後6時から7時30分
会場 消費生活センター(富岡1439-1 あい愛プラザ2階)
内容 弁護士または司法書士による債務整理相談、生活の建て直し相談・保健師によるこころの健康相談
申し込み・問い合わせ 消費生活センター(電話番号63-6066)
注:この相談会は個人の借金を対象にしたものです。事業用資金は対象となりません。

全国一斉「高齢者・障害者の人権あんしん相談」強化週間

法務省および全国人権擁護委員連合会では、強化週間中、高齢者・障害者の人権に関する相談や悩みごとについての電話相談窓口を開設します。
専用電話番号 電話番号0570-003-110   注:一部IP電話からは接続できません。
受付日時 9月4日(月曜日)から10日(日曜日)  月から金曜日、午前8時30分から午後7時 土・日曜日、午前10時から午後5時
注:対応は、法務局職員と人権擁護委員が当たり、秘密は固く守ります。
問い合わせ 前橋地方法務局人権擁護課(電話番号027-221-4466、fax番号027-220-4208)

とみおか健康ダイヤル24

フリーダイヤル 0120-012-190
24時間年中無休 相談料・通話料無料
市民専用の電話相談です。相談の分野ごとに医師や看護師などの専門スタッフが応対します。
受付内容 健康、医療、介護、看護、育児、栄養、心の健康についての相談、医療機関や相談機関の情報提供
問い合わせ 保健センター 電話番号64-1901

休日診療所 富岡市甘楽郡医師会

診療日時 日曜日、祝日、年末年始 午前9時から正午 午後1時から5時
診療場所・問い合わせ 休日診療所(公立富岡総合病院隣接、富岡2037番地1 電話番号64-1939)

公立富岡総合病院 休日の小児救急診療

富岡市甘楽郡医師会医師の協力で行っています。緊急時にご利用を。

9月3日(日曜日)宮崎誠さん(宮崎医院)
10月1日(日曜日)小柳由里子さん(青葉クリニック)
注:変更になる場合があります。

診療時間 午前9時から正午
診療場所・問い合わせ 公立富岡総合病院 救急室 電話番号63-2111

小児救急電話相談 #8000

子どもの急な病気などで対応に困ったら、プッシュ回線の電話、または携帯電話から#8000にお電話ください。経験豊富な看護師などが相談に応じます。

相談日時 月から土曜日=午後6時から翌朝午前8時 日曜日・祝日・年末年始=午前8時から翌朝午前8時
問い合わせ 群馬県医務課(電話番号027-226-2534)

健康テレホン9月 電話番号027-234-4970

約3分間の健康講話が聞けます

  • 月曜日 C型肝炎の新治療薬
  • 火曜日 高血圧と薬
  • 水曜日 肺炎と結核
  • 木曜日 ぐっすり眠るための工夫
  • 金曜日 皮膚科の軟こう処置について
  • 土曜日日曜日 顔のゆがみ

直接相談タイム 13日(水曜日)(歯科)午後7時30分から9時

Web健康相談 http://www.raijin.com/kenko/
問い合わせ 群馬県保険医協会 電話番号027-220-1125

ページトップに戻る

31ページ

子育てナビをご利用ください

保健ガイドや子育てに関する情報を掲載しているサイトです。子育てナビ内に、子どもの健診記録や予防接種記録を登録できるアプリを公開しています。

10月保健ガイド

会場・問い合わせ 保健センター 電話番号64-1901、FAX番号64-1969
注:毎回翌月分を掲載しています

10月の予防接種

受付時間 午後1時から1時30分
持参する物 母子健康手帳(忘れた場合は接種不可)・予診票・筆記用具
会場・問い合わせ 保健センター

対象者以外でも、予防接種法で定められている年齢であれば接種できます。希望する場合は必ず事前に連絡をお願いします。
四種混合とMR1期(1歳児)の予防接種は、個別接種(医療機関での接種)となります。
平成9年4月2日から平成19年4月1日生まれの人で、日本脳炎が済んでいない場合は、ご相談ください。

9月の健診

詳しくは「健康のしおり」(4月配布)などでご確認ください。

集団
胸部(結核・肺がん)・がんセット(胃がんバリウム・胸部(結核・肺がん)・大腸がん)・子宮頸がん・乳がん検診(予約制)・国保特定健診・健康診査(同時実施:前立腺がん・肝炎ウイルス・胃がんリスク(ABC)検診:9/21(木曜日) 妙義中央公民館)

個別
胃がん(胃カメラ:予約制)・子宮頸がん・乳がん(予約制)・大腸がん・前立腺がん・胃がんリスク(ABC)・肝炎ウイルス・歯周病検診(予約制)、国保特定健診・健康診査

精神保健福祉相談(予約制)

日時 10月10日(火曜日)、午後1時から3時
内容 こころの病気、こころの不調(不眠、不安など)のある人やその家族からの相談に精神科医師が応じます。

エイズ検査・相談(予約制)

日時
原則毎週月曜日、午後1時から2時
第4月曜日、午後5時30分から6時30分
注:祝日を除く
注:電話相談は、月から金曜日、午前9時から午後5時
内容 血液検査・尿検査・エイズ相談
注:無料・匿名で受けられます。
会場・予約・問い合わせ 富岡保健福祉事務所(富岡合同庁舎内)
電話番号62-1541 fax番号64-2397

地域がんサロン ぐんま 富岡

費用・ 予約  不要
日時 毎月第2日曜日、午後1時から3時
会場 ふれあいの居場所「よりみち」和田宅(富岡霊園から北へ約200メートル、上黒岩1879-1)
内容 がん患者やその家族が集まり、お互いの体験話や悩みの相談ができます。
問い合わせ ぴあサポぐんま土屋さん 電話番号090-6937-1857

ページトップに戻る

32ページ

広報紙アンケート

読んで答えて、すてきなプレゼントをもらおう

今月のプレゼント 「さくら珈琲店 商品券500円分」(10人)

お店からのコメント
まだまだ続く残暑に、北海道羊蹄山の湧き水で入れたおいしいと評判の「富岡アイスコーヒー」をいかがですか。自家焙煎珈琲豆も常時25種類くらい用意しております。好みに合った珈琲豆を探してみてください。

さくら珈琲店
富岡2746
電話番号64-2900
営業時間 午前9時から午後6時
定休日 日曜日・第3月曜日
http://akima-bairin.net/sakura/

プレゼント提供者を募集中。詳しくは、秘書課広報広聴係(内線1211)へ。

アンケート

  1. 今月号で良かった内容は
  2. 今後、取り上げてほしい内容は
  3. 改善してほしいところは

応募方法
はがきまたは市ホームページで、アンケートの答え、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、下記応募先から応募してください。(各月1人1通まで)締め切りは9月27日水曜日です。(必着)

はがき 〒370-2392 富岡市役所(住所不要)広報紙アンケート係

市ホームページ「募集情報」広報紙アンケート

当選者の発表は、プレゼント引換券の発送をもって代えさせていただきます。

富岡市の人口(8月1日現在)

男性 24,461人 前月比-8人
女性 25,114人 前月比-9人
合計 49,575人 前月比-17人
世帯数 19,957世帯 前月比+21世帯

7月分の人口動態内訳

出生 21人 死亡 42人 転入 111人 転出 107人

富岡製糸場見学者数(8月1日現在)

7月入場者数 53,171人 (1,715人/日)(前年同月比-22,473人)
累計(市へ管理移管後)5,427,096人
注:見学料収入は、半期ごとにまとめて報告します。


見やすく読みまちがえにくいユニバーサルデザインフォントを採用しています。

発行編集 富岡市市長公室秘書課 〒370-2392 群馬県富岡市富岡1460番地1
電話番号0274-62-1511 fax番号0274-62-0357
ホームページ  http://www.city.tomioka.lg.jp/
印刷 吉田印刷工業株式会社

ページトップに戻る

このページのお問い合わせ先

市長公室 秘書課 広報広聴係
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?