本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 観光・イベント > 富岡製糸場の劇場映画制作 >映画「紅い襷」第26回金鶏百花映画祭 金鶏国際影展に正式招待決定
トップページ > 各課のご案内 > 市長公室 > 企画政策課 > お知らせ >映画「紅い襷」第26回金鶏百花映画祭 金鶏国際影展に正式招待決定

映画「紅い襷」第26回金鶏百花映画祭 金鶏国際影展に正式招待決

登録日:2017年9月1日

映画「紅い襷~富岡製糸場物語~」が、中国にて開催される第26回金鶏百花映画祭国際影展への正式招待が決定しました。

金鶏百花映画祭とは

1992年から始まった国のアカデミー賞にあたる中国国内最大の映画の祭典です。今回『紅い襷~富岡製糸場物語~』が招待上映されるのは外国映画が対象の「金鶏国際影展」。これまでに日本からは08年『おくりびと』、10年『孤高のメス』、11年『エクレール・お菓子放浪記』、13年『おしん』、『ツレがうつになりまして。』などの映画が招待され、『おくりびと』が国際映画部門作品賞・監督賞・男優賞、『エクレール・お菓子放浪記』は国際映画部門最優秀男優賞、『おしん』は国際映画部門最優秀作品賞を受賞しています。今年で26回目を迎え、毎年映画祭の開催地が異なり、今年は中国・内モンゴル自治区のフフホト市で開催されます。

開催日

平成29年9月13日(水曜日)から16日(土曜日)まで

国際映画部門の授賞式は9月15日(金曜日)に行われます。 

関係者コメント

主演・水島優

この度「第26回金鶏百花映画祭」招待の知らせを受け、この映画に主演が決まった時と同じかそれ以上の驚きと喜びを感じています。新人の私ではありますが、スタッフ全員の想いを背負って作品をしっかりとアピールしてきたいと思います。

富岡製糸場の工女達が紡いだ絹が世界に認められたように、この映画が世界の人たちにどのように映るか、大きな期待を持って参加したいと思います。

製作総指揮・富岡市長 岩井賢太郎

富岡製糸場が、日本の近代化のために果たした役割、その価値を伝える映画が、「第26回金鶏百花映画祭」に招待していただけたことは、大変光栄で、うれしく思うとともに、感謝を申し上げます。より多くの方々に鑑賞していただき、富岡製糸場の理解が深まることを期待しております。

このページのお問い合わせ先

市長公室 企画政策課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?