本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 広報 > 広報とみおか >広報とみおか平成29年11月号(テキスト形式)
トップページ > 各課のご案内 > 市長公室 > 秘書課 > 広報とみおか >広報とみおか平成29年11月号(テキスト形式)

広報とみおか平成29年11月号(テキスト形式)

登録日:2017年11月1日

テキスト形式での表示が困難な記事(市民の文芸など)は掲載しておりません。
また、個人情報保護の観点から、一部記事内の氏名や問い合わせ先を掲載しておりません。

目次

1ページ(表紙)

映画「紅い襷 富岡製糸場物語」

10月7日、映画「紅い襷 富岡製糸場物語」の群馬県先行上映がスタート。初日には、主演女優の水島優さんと総合プロデューサーの家喜正男さんがイオンシネマ高崎とユナイテッド・シネマ前橋に駆け付け、満席の観客に向けて舞台あいさつを行いました。

ページトップに戻る

2ページ

北原正昭さん 監査事務功労者総務大臣表彰を受賞

元市監査委員の北原正昭さん(富岡)が、8月24日に総務大臣から表彰を受けました。この表彰は、永年にわたり監査事務に精励し、地方自治の発展に貢献した人に対して、地方自治法70周年を記念して行うものです。
北原さんは、平成15年12月に旧市監査委員に就任し、平成18年3月に退任(新市新設のため旧市監査委員失職)。同年6月、新市監査委員就任と同時に代表監査委員にも就任し、高度な見識と中立公正な判断力で地方自治の振興や発展、監査業務に多大な貢献をされました。平成26年6月に任期満了で退任されるまで、市政進展に尽力されました。

民生委員・児童委員が交代しました

11月1日から、次の担当地区の民生委員・児童委員が交代しました。
担当地区  下丹生品川(丹生民協)
新委員氏名 田島美枝子さん(電話番号:67-3223)

ひとりで悩まずに相談してください

民生委員・児童委員は、民生委員法に基づき、厚生労働大臣から委嘱された無報酬のボランティアです。

  • 近所の家に何日分も新聞がたまっている子育てのことで相談できる人がいない
  • 生活費がない
  • 高齢者2人で、何かあったときに不安
  • 災害が起こったとき、避難を助けてほしい

などの悩みに対して必要な支援につなぎ、ネットワークで皆さんを支えます。
民生委員・児童委員には法による守秘義務があります。相談内容が他の人に伝わることはありません。安心して相談してください。

問い合わせ 福祉課(内線1132)社会福祉協議会(電話番号:70-2232)

ページトップに戻る

3ページ

10月6日から13日 ウズベキスタン共和国の学生3人が本市にホームステイ

昨年に続き、中央アジアのウズべキスタン共和国の学生(日本語学校「NORIKO学級」)3人が本市に滞在してさまざまな交流を行いました。滞在中は、市が募集したホストファミリー宅にホームステイし、日本家庭の日常生活や文化を体験。また、日本で介護の仕事を勉強したいという希望により、特別養護老人ホーム天の間園(上高瀬)で職場体験を行いました。

参加者募集 ウズベキスタン共和国国際交流親善ツアー

市国際交流協会では、絹産業を縁として本市と交流のあるウズベキスタン共和国を訪れる国際交流親善ツアーを実施します。市の交流事業としてウズベキスタン共和国を訪問し、現地で交流を行ってみませんか。
説明会を行います。ツアーに興味のある人はぜひご参加ください。

日時 11月15日(水曜日)、午後7時(事前申し込み不要)
会場 富岡公民館3階第3学習室

期日 平成30年2月23日(金曜日)から28日(水曜日)(5泊6日)
対象者 市内在住・在勤の人
ツアー内容(予定)
世界遺産都市サマルカンド、フェルガナ盆地、リシタンの陶器工房を訪問
注:サマルカンドへの移動は、中央アジアの新幹線「アフラシアブ」を利用します。
日本語学校「NORIKO学級」(リシタン市)で生徒たちとの交流会
費用 24万円程度(2人1室利用の料金、ツアー中の食事代含む)
注:空港諸税、燃料サーチャージ、ビザ取得料、保険料などが別途かかります。
定員 30人程度 注:最少催行人員15人
申し込み方法 11月30日(木曜日)までに、電話、Eメール、ファクスのいずれかの方法で申し込んでください。
申し込み・問い合わせ 市国際交流協会(〒370‐2316富岡1528‐1、電話番号:62-8232、Eメールtia@tomioka-ia.com

ページトップに戻る

4ページ

世界遺産講演会 富士山と甲斐絹 富士山が育んだ文化と産業

圏央道の開通により、さらに身近な存在となった世界遺産「富士山」。富士山の文化的価値とその周辺地域で盛んに生産された織物「甲斐絹」について、専門家を招いて講演会を行います。
他地域の世界遺産や絹産業との交流は、本市や富岡製糸場の価値を高めていくことにもつながります。皆さんの来場をお待ちしています。

日時 12月3日(日曜日)、午後1時30分から(受付開始は午後1時から)
会場 市役所議会棟3階32会議室
内容 基調講演
講演1「富士山に集う心 御山参詣と山もとの生業」
講師 堀内眞さん (山梨県立富士山世界遺産センター 調査研究スタッフ)
講演2「幻の織物『甲斐絹』が生まれた山梨ハタオリ産地の歴史と今」
講師 髙須賀活良さん(東京造形大学非常勤講師、武蔵野 美術大学講師、織物産地山梨県富 士吉田・西桂の総合ディレクター)
費用 無料
定員 100人(先着順)
申し込み方法 11月17日(金曜日)までに、1.郵便番号、2.住所、3.氏名、4.電話番号、5.参加人数を記入の上、電話、ファクス、はがき、Eメールで富岡製糸場戦略課へ。
注:締め切り日前でも定員に達した場合は受け付けを終了します。
申し込み・問い合わせ 富岡製糸場戦略課「世界遺産講演会」宛て(〒370-2316富岡1-1、電話番号:64-000564、FAX番号64-3181、Eメールworldheritage@city.tomioka.lg.jp
注:12月2日(土曜日)から平成30年1月8日(月曜日)に富士吉田市と共催で「富士山と甲斐絹展」を富岡製糸場東置繭所で開催します。詳しくは、12月号でお知らせします。

ページトップに戻る

5ページ

夜の妙義山を楽しみませんか

天空のイルミネーション

妙義ふるさと美術館の敷地内に、イルミネーションで装飾されたハート型の撮影スポットが出現!コスモスをライトアップ(開花期間のみ)したり、白雲山の「大」の字をサーチライトで照らしたり、夜の妙義山を彩る光のアートをお楽しみください。

点灯式 11月4日(土曜日)、午後7時
点灯期間 11月5日(日曜日)から平成30年2月18日(日曜日)の金・土・日曜日、2月14日(水曜日)
注:12月31日(日曜日)、午後5時から平成30年1月1日(月曜日)、午前5時は、「大」の字を照らすサーチライトのみ点灯
点灯時間 午後5時から7時
注:11月は午後8時まで(11月18日(土曜日)は、星空観察会のため午後7時で終了)
会場 妙義ふるさと美術館

星空観察会(予約が必要です)

最近、星空をご覧になりましたか。
妙義山パノラマパークは、街の明かりに邪魔されない天然の星空観測スポットです。冬の夜空に浮かび上がる満天の星を、専門家の解説とともに楽しんでみませんか。

日時 11月18日・12月16日・平成30年1月20日・2月17日のいずれも土曜日、午後7時から8時
会場 妙義ふるさと美術館
注:雨天・曇天時は、館内でプロジェクターを使って星の解説をします。
費用 無料
定員 各日50人(要予約・先着順)
持参する物 毛布などの防寒具
天体望遠鏡(持っている人)
申し込み方法 開催日の1週間前までに、1.郵便番号、2.住所、3.氏名、4.電話番号、5.参加希望日、6.参加人数を記入の上、ファクス、郵送、Eメールのいずれかの方法で市観光協会「妙義山星空観察会」へ。

申し込み・問い合わせ 市観光協会(〒370-2316富岡1151-1お富ちゃん家内、電話番号62-6001、fax番号67-7775、Eメールkankou@tomioka-ta.jp

ボランティア募集 妙義山「アジサイの植栽ボランティア」

 市観光協会の妙義山特別委員会では、妙義山にアジサイの植栽をするボランティアを募集します。植栽後には、妙義ふれあいプラザ「もみじの湯」で入浴と食事ができるお得なボランティア活動です。ぜひご応募ください。

日時 11月25日(土曜日)、午後1時 注:植栽作業は、2時間程度
集合場所 妙義ふるさと美術館 注:雨天決行、荒天中止
植栽場所 俳句の道付近
定員 50人
持参する物 スコップ
作業ができる服装
申し込み方法 11月10日(金曜日)までに、1.郵便番号、2.住所、3.氏名、4.電話番号、5.参加人数を記入の上、ファクス、郵送、Eメールのいずれかの方法で市観光協会「妙義山アジサイの植栽ボランティア募集受付」へ。

ページトップに戻る

6ページ

「パブリックコメント(意見公募)」ご意見をお寄せください

パブリックコメントとは
市民の生活にとって重要な行政計画、条例、審査や処分の基準(これらを政策などと言います)を定める際に、政策などの案や関連資料をあらかじめ公表して、市民の意見を募り、提出された意見を考慮して政策などを定める制度です。
この手続きは、政策などを定めるに当たって、その内容をより良いものとするために意見を募る制度ですので、各案件に対する意見をお寄せください。また、いただいた意見については、定めた政策などの公表に併せて、その内容と意見に対する市の検討結果を公表します。

自然環境、景観等と太陽光発電設備設置事業との調和に関する条例(案)

太陽光発電設備は、再生可能エネルギーとして新たな電源となる一方、自然環境、景観などとの調和が必要なケースが見受けられます。このため、太陽光発電設備の設置について、一定のルールの下、許可制とする制度を新設し、美しい自然環境および魅力ある景観の維持を図り、住民の生活環境の保全に寄与するために条例を制定するものです。
意見を提出できる人 市内に住所を有する人 市内に在勤、在学している人 パブリックコメントする事案に利害関係を有する人
提出場所・問い合わせ 都市計画課(市役所行政棟3階、〒370‐2392(住所不要)、内線1314、電話番号 (62)0357、Eメールkeikan@city.tomioka.lg.jp

富岡市手話言語条例(案)

手話への理解の促進および手話の普及に関して、市の責務および市民などの役割を明らかにし、全ての市民がともに生きることができる地域社会を実現するために条例を制定するものです。
意見を提出できる人 市内に住所を有する人 市内に在勤、在学している人 市内に事務所、事業所を有する人
提出場所・問い合わせ 福祉課(市役所行政棟1階、〒370‐2392(住所不要)、内線1137、電話番号 (64)1294、Eメールhukusi@city.tomioka.lg.jp

公表および意見の募集期間 11月30日(木曜日)まで(郵送の場合は、消印有効)
公表方法および公表場所  市ホームページに掲載するほか、市役所行政棟1階ロビー、各担当課、生涯学習センター、各公民館で公表します。
注:各施設の業務時間に合わせて公表します。
提出方法  所定の意見書(必要事項が明記されていれば任意様式でも可能)に、住所、氏名、電話番号を明記の上、直接持参(業務時間内)・郵送・ファクス・Eメールのいずれかの方法で提出してください。
注:意見書の様式は、公表場所で配布するほか、市ホームページからダウンロードできます。
提出上の注意

  • 募集期間までに到着しなかった場合は、無効となります。
  • 電話や口頭での意見は受け付けできません。

回答方法

  • 提出された意見などは、概要を取りまとめ、12月22日(金曜日)までに公表場所および市ホームページで回答します。(氏名・住所などの個人情報は除く)
  • 提出された意見などに対する個別回答は行いません。

ページトップに戻る

7ページ

世界遺産にふさわしい 日本一のまちづくり 市長室から

市民の安全安心な暮らしについて

これまでに、子育て支援、高齢者支援、雇用対策の施策を紹介してきましたが、今月号は、少子高齢化や人口減少への対応について、別の視点から本市の施策を紹介いたします。
平成26年度に実施した「市民満足度調査」の結果(下表)から、防犯、防災、医療、消防、救急などの項目は、全て満足度の高いものとなっています。
富岡製糸場の建物が140年以上もの間、建設当時の姿をそのまま残しているのは、先人たちの功績であることは周知の事実でありますが、これまで本市に、甚大な被害をもたらす災害が発生しなかったことも大きな要因となっています。
また、犯罪や交通事故、災害などの発生件数は、県内でも少ないものとなっており、救急搬送も地域の基幹病院である公立富岡総合病院が主な受け入れ先となっているため、たらい回しされる心配が無く、市民にとって安心を担保するものとなっています。
安全安心な暮らしは、豊かな暮らしを支える大前提となるもので、住民からすると当たり前のことなのかもしれませんが、それが当たり前にできることは、広い意味で地域への定住や移住につながる富岡の大きな魅力と言えます。

安全安心な暮らしを支える主な施策や事業

  • 市民の防災意識の高揚を図るため、地域防災計画を策定するとともに防災訓練を毎年実施しています。
  • 警察、消防などと連携・協力し、地域ぐるみの防災・ 防犯体制の強化に努めます。
  • 高齢者などの避難行動要支援者の把握に努めています。
  • 特殊詐欺などから市民を守る啓発活動や消費生活センターの充実を図ります。
  • 消防団活動の充実強化を図ります。
  • 医療機関、医師会、歯科医師会などの連携により、救急医療体制および感染症予防体制の充実や災害時の連携体制の強化を図ります。

9月の市長交際費 (9月分合計 56,740円)

市長交際費は、市政を円滑に運営するため、市長が市を代表して個人または団体との交際に要する経費です。月ごとの市長交際費の支出状況を「広報とみおか」および市ホームページで公開しています。

注:表形式のため、掲載不可。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ 秘書課秘書係(内線1205)

ページトップに戻る

8ページ

富岡市の財政状況

注:表形式のため掲載不可。詳しくは各担当へお問い合わせください。

  1. 一般会計決算状況
  2. 市税の収納状況
  3. 特別会計決算状況
  4. 月平均の家計簿(平成28年4月から平成29年3月)
  5. 公営企業決算状況
  6. 富岡甘楽衛生施設組合 平成28年度決算概要
  7. 平成29年度予算 上半期執行状況
  8. 職員給与の公表

問い合わせ

1~4 財政課財政係(内線1232)
5 管理課(内線1490)
6 富岡甘楽衛生施設組合(64-1241)
7 会計課(内線1196)
8 秘書課職員係(内線1207)

ページトップに戻る

14ページ

 婚活支援事業 独身男女のすてきな出会いを応援

「ゴルフde婚活」あなたの心にホールインワン

自然を感じながらゴルフをして、すてきな出会いをみつけましょう。

期日 11月25日(土曜日)小雨決行、荒天中止
対象者 25歳から39歳の独身男女(ただし、男性は市内在住・在勤の人)
注:ゴルフ初心者大歓迎ですが、最低限のマナーを知っている人が対象です。
内容 男女混合の組に分かれてラウンド 、施設内のレストランで軽食+フリータイム
参加費 10,000円(プレー費・昼食代込み)
定員 各8人(先着順)
注:最少催行人数は男女各4人
申し込み 11月16日(木曜日)までに、下記内容(1)から(8)をEメールでこども課(Eメール kodomo@city.tomioka.lg.jp)へ。
注:2人組でも申し込み可。(必ず同じ組になります)

当日の予定(変更になる場合があります)
妙義カントリークラブ(妙義町菅原2678)集合
午前9時00分 受付・チェックイン
午前9時47分 プレースタートお昼休憩(男性のみ組交代)
午後4時00分 ラウンド終了・入浴
午後4時45分 軽食をとりながらトークタイム・カップリング
午後5時45分 イベント終了
協力 妙義カントリークラブ

問い合わせ こども課(内線1162)

「スク婚 in 妙義青少年自然の家 あの頃の青春を再び」

昨年に引き続き第2弾を開催!懐かしの学校ですてきな時間を過ごしませんか。

期日 12月3日(日曜日)
対象者 20歳から40歳の独身男女
内容 学校生活をイメージした交流イベント
参加費 男性2,000円、女性1,000円
定員 各10人(先着順)
持参する物 上履き
注:服装は自由ですが、体を動かすレクリエーションや野外でのカレー作りを行う予定です。
申し込み 11月24日(金曜日)までに、下記内容(1)から(7)をEメールで社会福祉協議会(Eメール whole@tomioka-syakyo.bz-office.net)へ。
問い合わせ 社会福祉協議会(70-2232)

申し込みに必要な内容
1.件名「婚活イベント参加希望」 2.住所 3.氏名(ふりがな)4.性別 5.生年月日 6.メールアドレス 7.携帯電話番号
注「ゴルフde婚活」市内在勤の人のみ(8)勤務先

注:結果はEメールで連絡します。
注:迷惑メール対策をしている場合は、それぞれのアドレスかドメインからのメール受信を許可する設定をしてください。
注:イベント当日、受付で本人の確認をします。

ページトップに戻る

15ページ

入賞者を表彰(発明・考案優良従業員、発明くふう展&未来の科学の夢絵画展)

富岡発明協会(野口十九一会長)主催の「発明・考案優良従業員」「第53回富岡市発明くふう展」「第17回富岡市未来の科学の夢絵画展」の合同表彰式が、9月17日に美術博物館で行われました。発明くふう展には372点の応募(105点の展示)、未来の科学の夢絵画展には134点の応募(125点の展示)がありました。合同表彰式で、特別賞を受賞した皆さんを紹介します。(敬称略)

問い合わせ 産業振興課(内線1263)

発明・考案優良従業員

沖電気工業株式会社富岡工場 黛政和

発明くふう展

  • 発明協会奨励賞 横田竣哉(吉田小)
  • 日本弁理士会会長奨励賞 巌明斗夢(東中)
  • 県知事奨励賞 山口祐奈(東中)
  • 県発明協会会長奨励賞 今井怜菜(南中)
  • 市長賞 鶴田虎太郎(東中)
  • 市議会議長賞 田村ほのか(西中)
  • 市教育長賞 小西琴織(富小)
  • 富岡発明協会会長賞 下山りず(東中)
  • 富岡商工会議所会頭賞 髙田真衣(東中)
  • 富岡市妙義商工会会長賞 菅野恭一郎(東中)
  • 市小学校長会会長賞 高柳颯真(小野小)
  • 市中学校長会会長賞 佐々木侑花(南中)
  • 市小中学校PTA連合会会長賞 三田笑夢(南中)
  • 富岡市くらしの会会長賞 橋本唯李(東中)

防災ヘルメット(横田竣哉)
災害があったとき、すぐに避難できるように、必要なものをヘルメットにコンパクトに収容しました。ヘルメットに名前、連絡先を書くことで、周りの人に自分のことがわかるようにしました。

未来の科学の夢絵画展

  • 市長賞 相川宗一郎(吉田小)、細野悠貴(南中)
  • 市議会議長賞 神成愛百(一ノ宮小)、藤井稀虹(妙義中)市教育長賞 菊池彩花(高瀬小)、吉岡実優(妙義中)
  • 富岡発明協会会長賞 三木敏郁(一ノ宮小)、石井菜摘(西中)

市選挙管理委員会からのお知らせ 入選作品展示と模擬投票

明るい選挙啓発ポスターコンクール入選作品展示

日時 11月6日(月曜日)から10日(金曜日)、午前8時30分から午後5時15分(6日は午前9時から)
会場 市役所行政棟1階ロビー

選挙体験!模擬投票に行こう すきな「フルーツ」選挙

模擬投票を行います。投票には、今はまだ選挙権のない子どもも投票体験することができます。自分の好きなフルーツに投票して、かわいいプレゼントをもらおう(先着50人)。

日時 11月10日(金曜日)
投票=午前9時から午後3時
開票=午後3時30分から
会場 市役所議会棟1階ロビー
実際の選挙で使われている物と同じ素材の投票用紙、投票箱を使用します。
問い合わせ 市選挙管理委員会(総務課、内線1243) 

ページトップに戻る

16ページ

桐淵公園テニスコートの改修工事を行っています

昭和48年4月にバレーボール兼用コートとして整備され、たくさんの皆さんに利用されてきましたが、日当たりが悪く霜柱などの影響で冬期間の利用ができず、老朽化も進んだため、全面改修工事注1を行っています。

主な工事内容

  •  砂入り人工芝によるコートの全天候舗装化
  • 防球フェンスやネットポストなどの更新
  • 駐車場舗装改修やコート東側にある公園の整地などの周辺整備

工期 平成30年3月まで
工事完成後は、通年営業となる予定です。
工事完了までコートや駐車場などが利用できず、利用者の皆さんにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力をお願いします。
問い合わせ スポーツ振興課(電話番号63-6392)

富岡市一周駅伝競走大会 通行制限と応援のお願い

問い合わせ スポーツ振興課(電話番号63-6392)

第12回富岡市一周駅伝競走大会を11月26日㈰に開催します。このため、駅伝コースと周辺道路は通行制限などで混雑が予想されます。ご迷惑をお掛けしますが、皆さんのご理解とご協力をお願いします。選手を応援するときには、危険ですので車道に出ないよう注意してください。

開催時間 もみじ平総合公園陸上競技場を発着点として、午前9時にスタートし、正午ごろ全チームがゴールする予定。
通行制限 選手通過時間に合わせ、次の箇所で車両の通行を制限します。
貫前神社裏から旧妙義庁舎前までの間=午前9時10分ごろから
中沢高速道路高架下から宮崎公園入口方面=午前9時50分ごろから
内匠交差点から富岡小前信号までの間=午前10時20分ごろから
君川高成橋北から白岩公会堂までの間=午前10時40分ごろから
西毛自動車教習所前から深町信号までの間=午前11時10分ごろから

ページトップに戻る

17ページ

市内の企業・団体の皆さんとともに、子どもたちが笑顔になる遊具を届けたい!

黒川ふれあい公園 遊具設置に伴う寄付のお願い

問い合わせ 都市計画課(内線1315、Eメールtosisisetu@city.tomioka.lg.jp

21年間たくさんの子どもたちに親しまれてきた遊具ですが、木製のため劣化が激しく、やむなく撤去することになりました。
新しく遊具を設置するにあたり、市内の企業・団体の皆さんから寄付金を募ります。地域の子どもたちの笑顔のために、ご協力をお願いします。
詳しくは、都市計画課へお問い合わせください。
寄付金額 1口10,000円から(何口でも結構です)
募集期間 12月28日(木曜日)まで
特典 寄付した企業・団体には感謝状を贈呈 遊具にネームプレートを設置
注:法人税法上、寄付金額の全額を損金に算入できます。
遊具の設置は、平成30年3月を予定しています。

市内の歴史的建造物(第9回) 韮塚直次郎製糸場跡 9

韮塚直次郎が、なぜ富岡製糸場の工場長となった尾高惇忠から厚い信頼を得ていたのかについて探ってみましょう。
直次郎は、1832(文政6)年に尾高家の使用人として働いていた父・久保田熊次郎と、同じく使用人であった母・銀の長男として尾高家(惇忠の祖父・磯五郎の時代)の離れで生まれました。当時、尾高家は油屋と呼ばれ、農業のほかに菜種油、藍玉製造・販売、塩、雑貨などの商売をしており、使用人も雇っていました。

直次郎が7歳の頃、同じく搾油業を営んでいた韮塚仙之助に跡継ぎがいないことを知った磯五郎は、まじめに働く熊次郎親子を韮塚家に養子縁組することを薦めました。こうして熊次郎親子は韮塚家に入り、韮塚姓を名乗るようになりました。しかし、2年後には仙之介が亡くなり、翌年には熊次郎も亡くなったため、生活の糧を得るために銀は直次郎と共に再び尾高家の使用人として住み込みで働くようになりました。7年間働いた後に独立して韮塚家に戻った母子は、農業のほかに養蚕、藍玉作り、菜種油の製造・販売に力を注いだため、幕末には豪農としての地位を築いたのでした。

このようなたゆまぬ努力ができた背景には尾高家の物心両面の力添えがあったと思われますが、この直次郎のひたむきに努力をする姿を尾高惇忠が目の前で見ていたために、直次郎に対して深い信頼を寄せたと見ることができます。惇忠が直次郎に富岡製糸場の礎石の運搬や煉瓦製造などを任せたのは、このような背景がありました。
(富岡製糸場総合研究センター所長兼富岡製糸場名誉顧問 今井幹夫)

ページトップに戻る

18ページ

11月 は「ねんきん月間」

皆さんに公的年金制度について正しく知ってもらうため、11月を「ねんきん月間」としています。この機会に、あなたに身近で大切な国民年金について考えてみませんか。
申し込み・問い合わせ 高崎年金事務所(電話番号027‐322‐4299)

国民年金にはさまざまな保障があります。

年金は世代と世代の支え合い
公的年金制度は、皆が加入し支え合う制度です。「世代間扶養」という考えのもと、世代と世代が支え合っています。

国の負担があるので納めた保険料を上回る年金が保障されます
年金の給付に必要な費用の2分の1(平成20年度までは3分の1)が国の負担で賄われています。

長い老後を支える安心の終身保障
国民年金は、生涯にわたり受け取ることができます。

不測の事態にも備えます
病気やけがなどで障害が残った場合や、一家の支え手が亡くなったときに、あなたやあなたの家族を守ります。

「年金相談」を利用してください。

ねんきん月間に併せて「出張年金相談」を実施します。高崎年金事務所まで行かなければできなかった年金相談が受けられますので、この機会にぜひ利用してください。

日時 11月21日(火曜日)、午前10時から午後3時(正午から午後1時は除く)
会場 市役所議会棟1階11会議室
相談員 高崎年金事務所職員
予約申し込み・問い合わせ 高崎年金事務所(お客様相談室、音声ガイドに従い2番へお進みください)へ。
注:完全予約制となります。相談を希望する人は、必ず電話で予約をしてください。

「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が発行されます

年末調整・確定申告まで大切に保管してください

平成29年1月から12月の1年間に納めた国民年金保険料は、その全額が社会保険料控除の対象になります。
平成29年中の所得の申告について、国民年金保険料を社会保険料控除として申告するときには、1年間に納付した国民年金保険料を証明する書類を添付することが義務付けられています。
このため、国民年金保険料の納付額を証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が、日本年金機構から11月上旬に送られます。年末調整や確定申告の手続きのときには、この控除証明書または国民年金保険料の領収証書が必要になりますので、申告をするまで大切に保管してください。

注:10月1日から12月31日の間に、今年初めて国民年金保険料を納付した人には、平成30年2月上旬に送られる予定です。
家族の国民年金保険料を納付した場合も、本人の社会保険料控除に加えることができますので、家族宛てに送られた控除証明書を添付の上、申告してください。詳しくは、「ねんきん加入者ダイヤル」または高崎年金事務所へお問い合わせください。
日本年金機構「ねんきん加入者ダイヤル」電話番号0570-003-004
注:一般の固定電話は、市内通話料金で利用できます。
注:050から始まる電話は、電話番号03-6630-2525へ。

ページトップに戻る

19ページ

地域づくりトピックス

軽トラ市出展者を募集しています

「軽トラ市」は、平成27年度から市内12地区が趣向を凝らし開催しています。世界遺産・富岡製糸場を訪れた観光客に地域の魅力を発信するとともに、採れたて野菜などを販売し、観光客をはじめ富岡製糸場周辺の住民からも好評を得ています。
そこで、地域住民の皆さんにも気軽に参加してもらえるよう、軽トラ市の出展者を募集します。軽トラ市で「自分の作った野菜や作品(木工品など)を販売したい」という人は、ぜひお近くの地区公民館へご相談ください。

今月の軽トラ市(小野地区・吉田地区・一ノ宮地区・額部地区)

  • 11月5日(日曜日)小野地区地域づくり協議会 こまち汁、愛の多まんじゅうなど地元の物産販売
  • 11月18日(土曜日)吉田地区地域づくり協議会 野菜など地元の物産販売、吉田地区の見どころパネル展示
  • 11月19日(日曜日)一ノ宮地区地域づくり協議会 露地野菜・各種惣菜の販売、獅子舞・八木節の披露
  • 11月23日(木曜日) 額部地区地域づくり協議会 野菜・花卉(シクラメン)・かぶら汁の販売

時間 午前9時から午後2時(販売物がなくなり次第終了)
会場 城町通り北広場(富岡製糸場前通り)
軽トラ市について詳しくは、地域づくり課地域づくり係へお問い合わせください。

TOMIOKA MEDIA LAB(市内高校生向け連続講座)

市内の高校生が地域の魅力を発見&発信するプロジェクト。第3回は、高校生が考えた富岡を盛り上げるためのアイデアを市民の皆さんに向けて発表します。ぜひお越しください。

日時 11月5日(日曜日)、午後1時30分から5時
会場 富岡製糸場
内容 市民に向けたプレゼンテーション
注:一般公開のため申し込みは不要です。直接
会場へお越しください。
詳しい情報は、フェイスブック「富岡市地域づくり課」で随時発信しています。

第1回(富岡倉庫)10月1日「イノベーターTalks&バリスタ体験」
市内の高校生8人が参加。スターバックスコーヒージャパンのスタッフに教わりながら、来場者にコーヒーを振る舞いました。

ページトップに戻る

20ページ

トピックス

9月21日・9月22日 秋の全国交通安全運動 街頭指導に交通安全パレード

9月21日から30日、「秋の全国交通安全運動」が実施され、初日の21日に街頭指導を行いました。市長、市教育長、市議会議員、富岡警察署長ら関係者約30人が信号で止まった車へ駆け寄り、啓発物品を手渡しながら交通安全を呼びかけました。また、22日には富岡小校庭で交通事故防止大会が行われました。大会後、富岡小トランペット鼓笛隊を先頭に総勢約500人の関係機関団体がパレードし、上州富岡駅や富岡製糸場などを経由しながら市民や観光客らに交通安全運動の周知徹底と交通安全を呼びかけました。

9月23日 今年も大盛況 さつまいも収穫祭

丹生湖近くの畑で、社会福祉協議会による「さつまいも収穫祭」が行われました。市内の親子連れ約500人が参加し、土の中からさつまいもを収穫。苗を植え、畑の手入れをしてきたボランティア団体と一緒に、土に触れる楽しさや収穫の喜びを分かち合いました。

9月23日 女優が映画「紅い襷」の見どころをアピール

映画「紅い襷 富岡製糸場物語」に出演した女優の水島優さんと吉本実憂さんによる「トークショー&ミニコンサート」を富岡倉庫で行いました。水島さんと吉本さんは、司会者の質問に応えながら、演じた役への思いや制作秘話、映画「紅い襷」の見どころなどを語りました。トークショーの後には、水島さんが映画の主題歌「あの空へ」など3曲を披露しました。
また、午後には富岡製糸場で「サインプレゼント会」を行い、10月7日の劇場公開に向けて来場者に映画「紅い襷」の魅力をアピールしました。

9月24日 多彩な音楽が響きわたる 富岡市音楽祭2017

さまざまなジャンルと幅広い年齢層の音楽家が一堂に会して共演する「富岡市音楽祭2017」を、かぶら文化ホールで開催しました。和太鼓、ポップス、J-POP、ロック、民謡、ブラスバンドなどを市民や本市にゆかりのある音楽家が披露。多彩な音楽がホールに響きわたりました。また、10月に公開となった映画「紅い襷 富岡製糸場物語」の主演女優・水島優さんがゲスト出演し、映画の主題歌「あの空へ」などを披露しました。

9月28日から12月13日 市政懇談会を区ごとに開催中

市民の皆さんから生の声を伺い、平成30年度予算に反映する取り組みとして、市政懇談会を開催しています。参加した皆さんからは地元に密着した意見や質疑などが寄せられています。12月13日まで開催していますので、ぜひご参加ください。
申し込み不要です。開催日時など詳しくは、9月号をご覧ください。

9月29日から 市役所にもマルチコピー機を1台設置 各種証明書のコンビニ交付サービスが開始

マイナンバーカードを利用して、コンビニエンスストアのマルチコピー機で各種証明書が取得できる「コンビニ交付サービス」を開始しました。サービス開始と同時に、市長が市内のコンビニで印鑑登録証明書を取得し便利さをアピール。取得できる証明書は、住民票の写しや所得証明書などの6種類です。
この機会にマイナンバーカードを取得し、ぜひご利用ください。

10月4日 金沢市との連携講座「かなざわ講座」を開催

生涯学習センターで「かなざわ講座」を開催しました。この講座は、市と甘楽郡の町村が市町村連携事業として毎年実施している「かぶら文化講座(全5回)」の一つで、第3回の講座となります。前田家ゆかりの地であるという歴史的つながりから、金沢市との連携講座として、金沢市立玉川図書館近世史料館担当館長補佐の袖吉正樹さんが「七日市藩と加賀藩」と題して講演。約90人の受講生は、系図や史料などから両藩のつながりについて学びました。
また、本年4月から6月に金沢市立玉川図書館近世史料館で行われた春季展「七日市藩と加賀藩展」のパネル展示を、ホワイエで実施しました。

10月8日 絹を通じた日仏交流の歴史を紹介 日仏交流シンポジウム

「富岡製糸場のルーツを探る」をテーマに、日仏交流シンポジウムを市役所で行いました。富岡製糸場やシルクに縁のあるパネリスト注1を招き、市長を加えた5人でそれぞれの取り組みや課題、富岡製糸場への期待などを語り、今後の日仏交流について考えました。

注1 パネリスト ナタリー・フォーロン=ドファンさん(アン県立博物館ボネ絹工場学術文化担当)モーリス・ゴアさん(セルドン銅工場管理者)ミシェル・ロダリーさん(ソワリー・ヴィヴァント協会副会長)江頭海咲さん(外務省在リヨン領事事務所副領事)

また、シンポジウムに併せて来日したセルドン村のワイン生産者が作ったワインの試飲会を富岡倉庫で行いました。このワインは、富岡製糸場売店やお富ちゃん家で購入できます。(限定600本)

10月13日 哀悼の意と平和を祈念 富岡市戦没者追悼式

戦争の犠牲となった本市関係者の1,609柱の英霊を慰め、平和を祈念する富岡市戦没者追悼式が、かぶら文化ホールで開かれました。ステージにしつらえた戦没者の霊を前に、市長が式辞を述べ、議長らが追悼のことばを献じました。富岡高校2年の戸塚大響さんと富岡東高校2年の齋藤明日乃さんは、次の世代を担う若者代表として「平和への誓い」を行いました。

10月14日 体を動かす楽しさを体験 SOMPOボールゲームフェスタ

日本トップリーグ連携機構が主催する地域密着型のスポーツイベント「SOMPOボールゲームフェスタ」が市民体育館と陸上競技場で行われ、小学生と未就学児、その保護者など約300人が参加しました。
午前の部「ボールであそぼう」では、低学年を対象に親子でさまざまなボールを使った遊びを実践。午後の部「キッズチャレンジ」では、小学4から6年生の参加者が4班に分かれ、トップアスリートが指導するサッカー・バスケットボール・バレーボール・ハンドボールの4種目を体験しました。

10月22日 市民活動の輪を広げる ボランティアフェスティバル

生涯学習センターでボランティアフェスティバルを行いました。「広めよう 絆でつながる ボランティアの輪」をテーマに、市内で活動するNPO・ボランティア団体が集まり、「活動紹介・パネル展」「ホールイベント」「体験メニュー」などでそれぞれの活動を発表してボランティアの心を広めていました。また、スタンプラリーやバルーンパフォーマンスを行ったり、食べ物や手芸品などの模擬店を出店したりして、来場した人たちを楽しませていました。

ページトップに戻る

23ページ

健康とみおか21通信 No.73 身体活動・運動 高齢者のための運動 その4

自宅でできるサーキットトレーニング
運動は1日30分以上週2回以上することで、効果があります

年齢に関係なく、筋力トレーニングをすると、筋肉量を増やすことができます。今回は、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせた手軽にできる運動「自宅でできるサーキットトレーニング」をご紹介します。市内55会場のいきいき健康教室でも行っている運動です。
注:イラストで表現しているため、掲載不可。詳しくは保健センターへお問い合わせください。

高齢者のための「筋力トレーニング教室」を市内4会場で開催しています。
今回は、あい愛プラザで行われている初級コース1を紹介します。
日時 毎週月曜日 午前9時20分から
会場 あい愛プラザ
参加者の声

  • 「ゆっくり上げて、ゆっくり戻す。簡単に考えていましたが、体にすごく効く筋トレです」
  • 「腰やひざの痛みが少なくなり、友人もでき、心の交流もできて楽しい」
  • 「使わない筋肉を動かすので参加して良かった」

平成29年度高齢者用肺炎球菌ワクチン
対象者 昭和28年4月1日以前生まれで未接種の人
希望する場合は事前に保健センターで手続きが必要です。

ページトップに戻る

24ページ

情報あれこれ

子育て

らくらく離乳食教室

離乳食の話や調理を通して、離乳食の不安や心配を解消する教室です。

日時 11月29日(水曜日)、午前9時45分から11時15分(受け付けは午前9時30分から)
会場 富岡公民館2階実技実習室ほか
内容 調理実習とミニ講話
対象者 市内在住で平成29年3月から6月生まれの赤ちゃんを持つ保護者
注:託児あります
参加費 無料
定員 15人(先着順)
持参する物 筆記用具、エプロン、三角巾、ふきん、手ふき
申し込み・問い合わせ 11月22日(水曜日)までに保健センター(電話番号:64-1901)へ。

児童館のイベント

富岡児童館
親子ビクス
日時 11月22日(水曜日)、午前10時から
対象者 幼児親子
指導者 山田久子さん
参加費 無料
定員 20組(要予約)
持参する物 タオル、飲み物
申し込み・問い合わせ
富岡児童館(電話番号:89-2024)

妙義児童館
グランドゴルフ
日時 11月25日(土曜日)、午前10時から
対象者 幼児親子・小学生
指導者 金洞会の皆さん
参加費 無料
定員 15人(要予約)
持参する物 タオル、飲み物、帽子
申し込み・問い合わせ
妙義児童館(電話番号:73-3838)

地域の子育て支援拠点をご利用ください

子どもたちが健やかに成長できるよう、親が不安なく子育てができるよう、子育て中の親子を対象とした各種支援活動を行っています。親子で遊んだり、育児の相談や子育て親子同士の交流を図ったりしています。お気軽にご利用ください。

はじめてのパパ教室

日時 11月25日(土曜日)、午前9時から正午
会場 保健センター
対象者 はじめてお父さんになる人(夫婦でご参加ください。お父さんだけでも参加できます)
内容 赤ちゃんのお風呂の入れ方 先輩パパ
の体験談 妊娠シミュレーター体験
定員 15組
申し込み・問い合わせ
保健センター(電話番号:64-1901)

催し

子どもまつり
日時 11月11日(土曜日)、午前10時から午後2時
会場 生涯学習センター
対象者 中学生以下とその保護者
内容 昔の遊び体験 昔のおもちゃ作り ふるさと料理の試食 ふれあいコンサート クラフト作成など
入場料 無料
問い合わせ 生涯学習課(電話番号(62)1531)

図書館だより 
参加費 無料
問い合わせ 図書館(電話番号62-1737)

視聴覚室会場

人形劇
日時 11月23日(木曜日)、午後2時から3時
対象者 乳幼児・児童と保護者
演題 「赤ずきんちゃん」ほか
上演 オフィスやまいも
定員 90人(整理券が必要)
申し込み 11月4日(土曜日)から図書館で整理券を配布注:電話申し込みは不可

むかしがたり
日時 11月25日(土曜日)、午前10時30分から11時30分
対象者 小学生以上
演題 「3太郎のおはなし」(紙芝居)
語り 語り部かぶらの里
定員 30人(先着順、申し込み不要)

おはなし室会場
定例おはなし会 
日時 11月4日(土曜日)・11日(土曜日)・18日(土曜日)・25日(土曜日)、午後2時から2時30分
赤ちゃん向け読み聞かせ 
日時 11月9日(木曜日)、午前10時から10時30分

児童虐待かもと思ったらすぐにお電話を!
あなたの1本の電話で救われる子どもがいます。

注:一部のIP電話からはつながりません。
注:通話料がかかります。
相談は、こども課家庭児童相談室(内線1165)でも受け付けます。

催し

アール・ブリュットトミオカ2017(甘楽・富岡地域の障害のある人の作品展覧会)

好評につき3回目の開催です。お出掛けください。
アール・ブリュットとは 伝統や流行、教育などに左右されず、自身の内側から沸きあがる衝動のままに表現した芸術「加工されていない生の芸術」のことです。
さまざまな障害についての理解を深めていただき、創作活動の感動や喜びを実感してください。

芸術作品展覧会  
日時 11月18日(土曜日)から23日(木曜日)、午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
注:20日(月曜日)は休館日
会場 美術博物館市民ギャラリー
入場料  無料

絵画創作ワークショップ
日時 11月18日(土曜日)、午前10時から午後4時
会場 美術博物館創作室
内容 チョークアート
入場料 無料
問い合わせ 相談支援事業所・地域活動支援センター「みのり」(電話番号:89-2014)

「心に響く朗読&音楽」IN図書館

前橋朗読研究会「BREATH」は、県を代表する朗読団体です。朗読を通して日本語の美しさや響き、力強さを伝え続けています。深い読みと豊かな表現力で定評があるメンバーの朗読とフルート演奏です。ぜひご参加ください。
日時 12月9日(土曜日)、午後2時から3時30分
会場 図書館視聴覚室

朗読会
出演者 前橋朗読研究会「BREATH」演出・司会:遠藤敦司さん 朗読: 福島照和さん
演目 「ちいちゃんのかげおくり」ほか
フルート演奏 高崎玲梨さん
参加費 無料
定員 40人
申し込み・問い合わせ 図書館(電話番号:62-1737)

「ぐんまの景観がこんなにも素晴らしい5つの理由」

平野、段丘、火山、山脈、滝・・・。絶景を目の前にした私たちはつい言葉を失ってしまいます。この企画展では、5つの理由を道しるべとして、触れる展示や映像・画像でぐんまの美しい景観を紹介します。
理由1「つく」:ぐんまの根っこは海底でできた石たちでできています。
理由2「もる」:ぐんまは言わずと知れた火山県。活断層も地球の息吹です。
理由3「けずる」:地形の高まりは自然の彫刻家たちによって削られています。
理由4「たまる」:削られた大小の粒たちの旅路。なだらかな場所でたまります。
理由5「いろどる」:景観はさまざまな自然色によって彩られます。
期間 12月3日(日曜日)まで 注:月曜休館
時間 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 一般720円 大学・高校生410円 中学生以下無料
会場・問い合わせ 県立自然史博物館(電話番号60-1200)

鬼子母神

日時 11月12日(日曜日)、午前10時から午後9時
場所・問い合わせ 本城寺(電話番号62-0809)
交通規制
時間 正午から午後10時 場所 周辺道路

お十夜

日時 11月14日(火曜日)、正午から午後9時
場所・問い合わせ 龍光寺(電話番号62-0528)

講演

「地域みんなですすめる見守り活動」

高齢者や障害者が安心して暮らしていけるように、日々の生活を通して見守り活動を推進している高齢者等安心ネットワーク連絡協議会による講演会です。どなたでも参加できます。お気軽にご参加ください。
日時 11月25日(土曜日)、午後1時30分から3時30分
会場 生涯学習センターホール、ホワイエ
演題 「地域みんなですすめる見守り活動」
講師 金井敏さん(高崎健康福祉大学・大学院教授、同大学ボランティア・市民活動支援センター長)
参加費 無料
問い合わせ 富岡市高齢者等安心ネットワーク連絡協議会事務局(社会福祉協議会内、電話番号70-2232)

甘楽富岡在宅ケアの会「安心して老いを迎えられるまちづくり」

安心して住み続けられる地域づくりについて一緒に考えてみませんか。ぜひご参加ください。
日時 11月12日(日曜日)、午後2時から3時30分
会場 生涯学習センター3階第1・2会議室
演題 「安心して老いを迎えられるまちづくり」
講師 井益雄さん(認定NPO法人新田の風理事長、い内科クリニック医院長)
参加費 無料
問い合わせ 障害者支援施設みらいの石垣さん (電話番号60-2600)

教室・講座

「富岡学」公開講座

第4期受講生の募集は終了しましたが、第4期の開講を記念して第1回講座を公開します。まちのおこりについて学びませんか。
日時 11月28日(火曜日)、午後7時から8時40分
会場 生涯学習センター第1・2会議室
演題 「まちのおこりと富岡学」
講師 今井幹夫さん(富岡製糸場総合研究センター所長兼名誉顧問)
定員  50人(先着順)
受講料 無料
申し込み・問い合わせ 11月13日(月曜日)までに生涯学習センター(電話番号62-1531)へ。

おもしろ科学教室

日時 12月16日(土曜日)、午前9時30分から正午
会場 生涯学習センター
対象者 小学生(小学3年生以下は保護者同伴)
内容 まわして遊ぶキラキラボールを作ろう
講師 県生涯学習センターサイエンスインストラクター会員
参加費 500円程度(材料費・傷害保険料)注:当日集金
定員 30人(申し込み多数の場合は抽選)
持参する物 筆記用具、会員証(持っている人)
申し込み・問い合わせ
11月15日(水曜日)から23日(木曜日)、午前9時から午後5時に電話・ファクスで生涯学習センター(電話番号62-1531、FAX番号64-4709)へ。市ホームページ(募集のページ)からも申し込みできます。

あなたは、家族と上手に関係性を築けていますか?
富岡市小中学校PTA連合会 家庭教育啓発事業

子どもたちの作品展
 「わかろう」をテーマに小学生は絵画、中学生は作文を募集し、各校代表作品を展示します。
期間 11月12日(日曜日)から19日(日曜日) 注:13日(月曜日)は除く
時間 午前9時から閉館(19日(日曜日)は午後4時まで)
会場 生涯学習センターホワイエ

家庭教育講演会(入場無料)「わかろう家族」よりよきパートナーへ

気づいていない自分のことや家族のことを知ることができます。隠れていた才能や成長のためのヒント、素晴らしい家族への道を見つけ出すことができます。
日時 11月19日(日曜日)、午後3時(開場は午後2時)
注:午後2時30分から作品展の表彰式を行います。
会場 生涯学習センターホール
注:ホールが満席の場合は、入場をお断りすることがあります。
講師 桑原寛二さん(顧問活動、人材教育講師)
問い合わせ 生涯学習センター(市P連事務局、電話番号62-1531)

募集

ふるさと歴史ウォーク

七日市、富岡地区の文化財や名所・旧跡などを訪ね歩きます。
日時 11月23日(木曜日)、午前9時から午後3時50分(小雨決行)
集合場所 七日市公民館
見学場所 七日市藩邸・黒門・永心寺・龍光寺・ときわ荘・海源寺 など
歩行距離 約6キロメートル
参加費 無料
定員 50人(先着順)
持参する物 昼食、雨具
申し込み・問い合わせ 11月17日(金曜日)までに文化財保護課(内線2132)へ。

障害のある人のための「週末活動支援事業」

週末に軽スポーツやレクリエーションなどの活動を行います。ご参加ください。

共通事項
対象者 市内・甘楽郡在住で、障害(身体・知的・精神など)がある18歳以上の人(高校3年生を含む)
参加費 無料(実費がかかることがあります)
申し込み・問い合わせ
電話 月から金曜日、午前8時30分から午後5時30分に障害者就業・生活支援センター「トータス」(電話番号0274‐25‐8335)へ。
Eメールk-fujisaku@xp.wind.jp、住所、氏名、生年月日、電話番号、障害者手帳の種類、等級、当日の会場までの交通手段を書いてください。
注:詳しくは、トータスのホームページをご覧ください。

第4回目
日時 11月18日(土曜日)、午前10時から正午
会場 一ノ宮体育館
内容 軽スポーツ(スポーツ吹矢)
申込期限 11月15日(水曜日)

第5回目
日時 12月9日(土曜日)、午前10時から正午
会場 富岡特別支援学校(富岡中学校敷地内)
内容 音楽レクリエーション
申込期限 12月6日(水曜日)

第6回目
日時 平成30年1月20日(土曜日)、午前10時から正午
会場 一ノ宮体育館
内容 軽スポーツ(バドミントン・卓球)
申込期限 平成30年1月17日(水曜日)

試験

自衛官採用試験

自衛官候補生
資格 日本国籍を有する18歳以上27歳未満(採用予定月の1日現在の年齢)
受付期間 11月22日(水曜日)まで試験日・会場 次のいずれか1日を指定
11月27日(月曜日) 新町駐屯地(高崎市)
12月3日(日曜日) 相馬原駐屯地(榛東村)

防衛省自衛隊説明会
参加資格 受験種目の応募資格に該当する人と、その保護者
実施日時 11月6日(月曜日)、午後1時から4時
会場 富岡市役所
問い合わせ 自衛隊高崎地域事務所(電話番号027‐326‐1761)

分譲開始 東富岡駅前住宅団地3区画

上信電鉄東富岡駅前に土地開発公社が造成した住宅団地3区画を分譲します。駅はもちろん、スーパーやコンビニ、小中学校、病院が近く、生活に大変便利な環境に立地していますので、ぜひお申し込みください。

所在 上信電鉄東富岡駅北西すぐ(富岡市富岡)
区画面積 1区画317.95平方メートルから330.77平方メートル
申込期間 平成30年1月31日(水曜日)まで
申し込み方法 分譲案内をご確認の上、住宅団地買受申込書に必要事項を記入して市土地開発公社事務局(産業振興課内、市役所行政棟2階)へ提出してください。
注:分譲案内と申込書は、土地開発公社にあります。市ホームページからもダウンロードできます。
抽選 同一区画に、2人以上の申し込みがあった場合は抽選で決定します。抽選方法、日程などは、申込期間終了後、申込者に通知します。
問い合わせ 土地開発公社(産業振興課内、内線1262)

相談

空き家無料相談会

市では、空き家率が上昇しています。このまま放置すれば防災性・防犯性の低下や景観の悪化・衛生環境の悪化などが問題となる可能性があることから、専門家を招き空き家対策の相談会を開催します。空き家のことでお困りの人は、ぜひご相談ください。
日時 12月2日(土曜日)、午前10時から午後3時
会場 市役所議会棟3階会議室
相談員 司法書士 行政書士 建築士 土地家屋調査士 県宅建協会会員 全日本不動産協会会員 県建設業協会会員
その他 当日予約なしでの相談も可能ですが、内容によっては回答できないこともありますので、ご了承ください。
申し込み・問い合わせ 11月15日(水曜日)までに建築課(内線1324)へ。

身体障害者無料 巡回相談(予約制)

日時 12月6日(水曜日)、午前10時から正午
会場 ウイングプラザとみおか(勤労青少年ホーム)
相談科目 整形外科
相談内容 補装具の支給要否判定、身体障害者に関する各種相談
注:会場での相談が困難な人には、訪問診査でも対応します。
持参する物 身体障害者手帳、印章(朱肉を使う物)
申し込み・問い合わせ 11月22日(水曜日)までに福祉課(内線1138)へ。

11月13日から19日「女性の人権ホットライン」強化週間

夫・パートナーからの暴力やストーカーなど、女性の人権に関する相談・悩みごとについての電話相談窓口の時間延長と土日開設を行います。
日時 11月13日(月曜日)から17日(金曜日)、午前8時30分から午後7時 11月18日(土曜日)・19日(日曜日)、午前10時から午後5時 注:通常は、祝日を除く平日、午前8時30分から午後5時15分
専用電話番号(全国共通)0570‐070‐810
注:IP電話からは接続できません。
その他 対応は女性の人権問題に詳しい人権擁護委員と法務局職員があたり、秘密は厳守します。
問い合わせ 前橋地方法務局人権擁護課(電話番号027‐221‐4466)

11月納期の税 納期限は11月30日(木曜日)

固定資産税       4期
都市計画税       4期
国民健康保険税     5期
後期高齢者医療保険料  5期
介護保険料       5期

夜間納税窓口
日時 11月30日(木曜日)、午後5時15分から7時
場所・問い合わせ 納税課(行政棟1階、内線1186・1188)

11月12日から25日「女性に対する暴力をなくす運動」期間

 男女がお互いを認め合い、対等なパートナーとしてさまざまな分野で活躍できる男女共同参画社会の実現のためには、まずは一人一人の人権が尊重されることが大切です。

「暴力を認めない」「自分を大切にする」「相手のことも大切にする」
 暴力のない関係を築くために、これらのことは交際相手との関係だけでなく、自分を取り巻く全ての人との関係においても重要なことです。

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
 配偶者やパートナーなど親しい間柄で起こる身体的、精神的、性的、経済的などの暴力のことです。身近な間柄であっても、どんな場合であっても暴力は決して許されるものではありません。特に、夫、パートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為など女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものです。

ひとりで悩まないで相談してください
 パートナーからの暴力などで悩んでいたら、一人で抱え込まずに信頼できる人や相談機関に相談してください。また、暴力などで悩んでいる女性がいたら、相談窓口を教えてあげてください。早めの相談が問題解決への第一歩です。

女性に対する暴力相談窓口
県女性相談センター
(電話番号027‐261‐4466)
月から金曜日 午前9時から午後8時
土・日曜日、祝日 午後1時から5時

DV相談ナビ(電話番号0570‐0‐55210)注:24時間受付

その他

農地などの保全活動に多面的機能支払交付金を交付します

農地・水路・農道などの保全管理活動を行っている組織に交付金を交付します。現在、6組織が活動しています。農村環境を保全するための活動に必要な費用であれば、地域の創意工夫で幅広く使っていただくことができます。
対象となる活動
農地周りの草刈りや水路の泥上げなど、普段皆さんで行っている共同活動
水路や農道脇の花栽活動や遊休農地を活用した農業体験など
その他の対象となる活動や手続きの方法など、多面的機能支払交付金に興味をお持ちの人は、パンフレットもありますので、お気軽にお問い合わせください。
問い合わせ 土地改良課(内線1282)

富岡税務署による各種説明会を実施

共通事項
会場 生涯学習センター
問い合わせ 富岡税務署(電話番号(63)2235)注:自動音声案内で2番を選択

平成29年分 年末調整説明会
日時 11月20日(月曜日) 午前の部:午前10時から正午
午後の部:午後1時30分から3時30分
注:いずれか都合のよい時間に出席してください。対象者 源泉徴収義務者
持参する物 「年末調整のしかた」「給与所得の源泉徴収等の法定調書の作成と提出の手引」などのパンフレット

消費税軽減税率制度説明会
平成31年10月1日からの消費税率10パーセントへの引き上げと同時に消費税軽減税率制度が実施されます。
日時 11月14日(火曜日)、午前10時30分から11時30分
対象者 軽減対象品目の取り扱いがある消費税の課税事業者
会議費や交際費として飲食料品などを購入する事業者
消費税の免税事業者
内容 取扱商品の適用税率の確認や適用税率ごとの区分経理など、制度の実施に向けた準備について

決算説明会・消費税説明会
日時・対象者
決算説明会
営業所得者 11月28日(火曜日)、午前10時から正午
農業所得者 11月28日(火曜日)、午後2時から4時
不動産所得者 11月29日(水曜日)、午前10時から正午
消費税説明会
11月29日(水曜日)、午後2時から4時

事業所の皆さんへ 障害者の法定雇用率が引き上げになります

障害者が地域で普通に暮らし、地域の一員として共に生活できる「共生社会」実現の理念の下、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があります(障害者雇用率制度)。
この法定雇用率が、平成30年4月1日から次のとおり引き上げられます。
民間企業 2.0パーセント→2.2パーセント
国、地方公共団体 2.3パーセント→2.5パーセント
都道府県教育委員会 2.2パーセント→2.4パーセント
対象となる事業主の範囲が、これまでの従業員50人以上から従業員45.5人以上に変更されます。対象となる事業主には、引き続き次の義務もありますのでご注意ください。
毎年6月1日時点の障害者雇用状況をハローワークへ報告
障害者雇用の促進と継続を図るため「障害者雇用推進者」を選任するよう努める。
問い合わせ ハローワーク富岡(群馬富岡公共職業安定所)(電話番号62-8609)

群馬県最低賃金が改正されました
必ずチェック最低賃金  使用者も 労働者も

群馬県最低賃金は時間額 783円(平成29年10月7日から改正)
問い合わせ 群馬労働局労働基準部賃金室(電話番号027-896-4737)または県内の労働基準監督署
注:詳しくは、ホームページでご確認ください。

部落差別のない社会の実現を目指して

部落差別の問題(同和問題)とは
日本社会の歴史的発展の過程で形づくられた身分階層構造に基づく差別で、特定の地域の出身であることなどから、今なお結婚を妨げられたり、就職で不公平に扱われたりするなどの日本固有の重大な人権問題です。

差別や偏見をなくすために
日本国憲法で保障する基本的人権を守るためにも、この問題について理解を深め、差別や偏見をなくすことが必要です。
平成28年12月16日に施行された「部落差別の解消の推進に関する法律」は、現在もなお部落差別は存在するとともに、許されないものであるとの認識に基づき、これを解消し、部落差別のない社会を実現することを目的としています。
本市では、この法律の趣旨を踏まえ、国や県と連携を図り、部落差別解消に向けて、引き続き教育および啓発を行っていきます。
問い合わせ 市民課(あい愛プラザ2階、電話番号62-8362)

防災行政無線を用いた全国一斉の情報伝達訓練を実施

市では、地震や武力攻撃などの発生時に備え、情報伝達訓練を行います。この訓練は、全国瞬時警報システム(Jアラート注1)を用いた訓練で、富岡市以外の地域でも行われます。
訓練実施日時 11月14日(火曜日)、午前11時頃
内容 市内に設置してある防災行政無線から、次の内容が一斉に放送されます。

上りチャイム音
「これは、Jアラートのテストです」×3回
「こちらは、ぼうさいとみおかです」
下りチャイム音

注1 Jアラートとは、地震や武力攻撃などの緊急情報を、国から市民などへ、人工衛星などを通じて瞬時に伝えるシステムです。
問い合わせ 危機管理課(内線1246)

全国統一防火標語『火の用心 ことばを形に 習慣に』

平成28年中の全国火災統計によると、総出火件数は36,831件で、火災による損害額は約750億円でした。
秋から冬にかけて暖房器具などの使用で火災が発生する危険性が高まります。火災から尊い命と貴重な財産を守るため、火災予防の意識を持ちましょう。

住宅用火災警報器を設置しましょう
全国統計によると、住宅用火災警報器の設置義務化前の平成17年の住宅火災による死者数は1,220人。義務化から10年経過後の平成28年には885人となり、減少傾向がみられました。
住宅用火災警報器は、火災による煙や熱をいち早く感知し、火災の発生を警報音や音声で知らせてくれる警報器です。万が一火災が発生した場合でも、速やかに感知し、安全に避難することができます。まだ設置していないご家庭は設置しましょう。

10年経過した火災警報器は点検しましょう
住宅用火災警報器は、約10年経過すると電池切れや機能の低下で、正常に作動しない恐れがあります。適切な維持、管理をお願いします。
詳しくは、消防署に問い合わせるか、ホームページをご覧ください。
問い合わせ 富岡消防署予防課(電話番号62-4306)

ページトップに戻る

32ページ

美博通信

「収穫の道具」を展示中 郷土資料展示室 11月30日(木曜日)まで

美術博物館の郷土資料展示室は、本市の歴史や文化、暮らしなどを紹介する常設展示室です。
現在、この郷土資料展示室において、秋の稲刈りの季節に合わせて、稲刈りや脱穀などに用いられた農業用具を展示しています。
稲刈り鎌や足踏み脱穀機などの農具は、機械化が進んだ現在ではほとんど使われなくなりましたが、農具の変遷を知る上で貴重なものです。
会期 11月30日(木曜日)まで
展示資料 稲刈り鎌 足踏み脱穀機 万石 藁打ち用槌 俵編み用おもり 『農具便利論』(文政5年の農書)
観覧料 一般210円 大学・高校生100円 中学生以下無料

パステルでクリスマスカードをつくろう! 12月2日(土曜日)・3日(日曜日)

美術博物館では、パステルを使ったクリスマスカードの絵画講座を行います。
パステル画は、パステルという粉末の顔料を棒状に固めた画材で描いた絵画のことで、淡く優しい色合いが特徴です。パステルでクリスマスカードを作って、大切な人にプレゼントしてみませんか。ご家族・お友達とお出掛けください。お待ちしています。
日時 12月2日(土曜日)・3日(日曜日)、午後1時から3時30分
注:休館中ですが、この2日間に限り開館します。(ただし、2階展示室はご覧いただけません)
会場 美術博物館創作室
対象者 小学生以上
講師 二口孝絵さん(3色パステルアートインストラクター Atelierゆるりと色の粉代表)
参加費 1回につき500円(材料費込み)
定員 各日とも20人(先着順)
持参する物 エプロン
申し込み・問い合わせ 11月7日(火曜日)、午前9時30分から、電話で美術博物館へ。
注:複数名での申し込み可。
注:定員になり次第、受け付けを終了します。

臨時休館のお知らせ

美術博物館
老朽化している空調設備熱源機器入れ替えのため、全面休館となります。
期間 12月1日(金曜日)から平成30年1月31日(水曜日)

岡部温故館(上丹生2395)
資料保護を目的に館内の清掃・消毒を行うため、臨時休館となります。
期間 11月15日(水曜日)から17日(金曜日)

無料開放日のお知らせ

市民文化祭と産業祭開催日は、美術博物館の観覧料は無料です。ぜひお出掛けください。
市民文化祭 11月3日(金曜日)から5日(日曜日)
産業祭   11月19日(日曜日)(来館者特典プレゼント 先着100人)

会場・問い合わせ 美術博物館(黒川351-1、電話番号62-6200)

ページトップに戻る

33ページ

美術博物館 挽きたてのコーヒーを楽しみませんか

美術博物館では、来館者へのサービスの一環として、2階ロビーにおいて挽きたてのコーヒーの提供を始めました。中庭を眺めながら至福の時間を過ごしてみませんか。ご家族やお友達とお出掛けください。お待ちしています。
料金 1杯150円(セルフサービス)

ページトップに戻る

34ページ

11月市民相談室

手話通訳者のご利用を

日時 11月1日(水曜日)・8日(水曜日)・15日(水曜日)・22日(水曜日)・ 29日(水曜日)午後3時から5時
問い合わせ 福祉課障害福祉係(内線1139、fax番号64-1294)

とみおか健康ダイヤル24

フリーダイヤル 0120-012-190
24時間年中無休 相談料・通話料無料
市民専用の電話相談です。相談の分野ごとに医師や看護師などの専門スタッフが応対します。
受付内容 健康、医療、介護、看護、育児、栄養、心の健康についての相談、医療機関や相談機関の情報提供
問い合わせ 保健センター 電話番号64-1901

休日診療所 富岡市甘楽郡医師会

診療日時 日曜日、祝日、年末年始 午前9時から正午 午後1時から5時
診療場所・問い合わせ 休日診療所(公立富岡総合病院隣接、富岡2037番地1 電話番号64-1939)

公立富岡総合病院 休日の小児救急診療

富岡市甘楽郡医師会医師の協力で行っています。緊急時にご利用を。
11月19日 (日曜日)=小柳由里子さん(青葉クリニック)
12月3日 (日曜日)=菊池修さん(もみの木こどもクリニック)
注:変更になる場合があります。
診療時間 午前9時から正午
診療場所・問い合わせ 公立富岡総合病院 救急室 電話番号63-2111

群馬こども救急相談#8000

子どもの急な病気などで対応に困ったら、プッシュ回線の電話、または携帯電話から#8000にお電話ください。経験豊富な看護師などが相談に応じます。
相談日時 月曜日から土曜日=午後6時から翌朝午前8時 日曜日・祝日・年末年始=午前9時から翌朝午前8時

健康テレホン11月 電話番号027-234-4970

約3分間の健康講話が聞けます
月曜日 腰の痛み
火曜日 食道裂孔ヘルニア
水曜日 口内炎
木曜日 主婦湿疹
金曜日 妊娠と薬
土曜日 冬季におけるかぜの予防について

直接相談タイム 15日(水曜日)(歯科)午後7時30分から9時
Web健康相談 http://www.raijin.com/kenko/
問い合わせ 群馬県保険医協会 電話番号027-220-1125

富岡くらしフェスティバル「第20回富岡市消費生活展」 今こそ 見直そう知恵と工夫で

体験あり、展示ありの楽しいイベントです。ぜひお出掛けください。

日時 11月19日(日曜日)、午前10時から午後3時
会場 富岡公民館 駐車場:大成ポリマー跡地(市職員駐車場)
内容

  • エコバッグ(右の写真)がもらえるスタンプラリー
  • うどんの無料サービス(午前11時から)
  • バルーンアートを作ってみよう
  • ティッシュ入れ・巾着袋作り
  • ハギレで簡単くるみボタン
  • 薬剤師さん体験
  • プラ板ネームプレート作り
  • リフォームファッションショー
  • おとみちゃん劇団による寸劇
  • リフォーム作品の展示
  • 実践!ごみ減量
  • ガス器具・電気の安全な使い方
  • 住宅用火災警報器PR
  • 防災グッズの紹介 など

問い合わせ 消費生活センター(あい愛プラザ2階、電話番号63-6066)

ページトップに戻る

35ページ

子育てナビをご利用ください

保健ガイドや子育てに関する情報を掲載しているサイトです。子育てナビ内に、子どもの健診記録や予防接種記録を登録できるアプリを公開しています。

12月保健ガイド

会場・問い合わせ 保健センター 電話番号64-1901、FAX番号64-1969
注:毎回翌月分を掲載しています。
注:表形式のため、掲載不可。詳しくは保健センターへお問い合わせください。

12月の予防接種

受付時間 午後1時から1時30分
持参する物 母子健康手帳(忘れた場合は接種不可)・予診票・筆記用具
会場・問い合わせ 保健センター

対象者以外でも、予防接種法で定められている年齢であれば接種できます。希望する場合は必ず事前に連絡をお願いします。
四種混合とMR1期(1歳児)の予防接種は、個別接種(医療機関での接種)となります。
平成9年4月2日から平成19年4月1日生まれの人で、日本脳炎が済んでいない場合は、ご相談ください。

11月の健診

詳しくは「健康のしおり」(4月配布)などでご確認ください。

集団

若年者健診(11月27日(月曜日)・30日(木曜日):予約制 生涯学習センター)

個別

胃がん(胃カメラ:予約制)・子宮頸がん・乳がん(予約制)・大腸がん・前立腺がん・胃がんリスク(ABC)・肝炎ウイルス・歯周病検診(予約制)、国保特定健診・健康診査

精神保健福祉相談(予約制)

日時 12月12日(火曜日)、午後1時から3時
内容 こころの病気、こころの不調(不眠、不安など)のある人やその家族からの相談に精神科医師が応じます。

エイズ検査・相談(予約制)

日時 原則毎週月曜日、午後1時から2時
第3月曜日、午後5時30分から6時30分 注:祝日を除く
注:電話相談は、月曜日から金曜日、午前9時から午後5時
内容 血液検査・尿検査・エイズ相談
注:無料・匿名で受けられます。
会場・予約・問い合わせ 富岡保健福祉事務所(富岡合同庁舎内)電話番号62-154164、FAX番号64-2397

地域がんサロン ぐんま 富岡

費用・ 予約  不要
日時 毎月第2日曜日、午後1時から3時
会場 ふれあいの居場所「よりみち」和田宅(富岡霊園から北へ約200メートル、上黒岩1879-1)
内容 がん患者やその家族が集まり、お互いの体験話や悩みの相談ができます。
問い合わせ ぴあサポぐんま土屋さん 電話番号090-6937-1857

ページトップに戻る

36ページ

広報紙アンケート 読んで答えて、すてきなプレゼントをもらおう

今月のプレゼント「お菓子・ケーキ引換券500円分(10人)

お店からのコメント
常時、30種類以上のケーキと20種類以上の焼き菓子をご用意。地元のお客さまに喜ばれ、皆さまの笑顔を想像し、心を込めてお作りしております。季節折々のイベントや記念日、日々のおやつにぜひご利用ください。

手創菓子工房 木の実(富岡店)
富岡1926-1 電番号64-3003
営業時間 午前10時から午後7時30分 定休日 月曜日

プレゼント提供者を募集中。詳しくは、秘書課広報広聴係(内線1211)へ。

アンケート

  1. 今月号で良かった内容は
  2. 今後、取り上げてほしい内容は
  3. 改善してほしいところは

応募方法
はがきまたは市ホームページで、アンケートの答え、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、下記応募先から応募してください。(各月1人1通まで)締め切りは11月29日(水曜日)です。(必着)
はがき 〒370-2392 富岡市役所(住所不要)広報紙アンケート係
市ホームページ「募集情報」広報紙アンケート

当選者の発表は、プレゼント引換券の発送をもって代えさせていただきます。

富岡市の人口(10月1日現在)

男性 24,410人 前月比-7人
女性 25,123人 前月比0人
合計 49,533人 前月比-7人
世帯数 19,960世帯 前月比+7世帯

9月分の人口動態内訳

出生 29人 死亡 40人 転入 79人 転出 75人

富岡製糸場見学者数(10月1日現在)

9月入場者数 59,934人 (人/日)(前年同月比-11,746人)
累計(市へ管理移管後)5,581,345人
注:見学料収入は、半期ごとにまとめて報告します。


見やすく読みまちがえにくいユニバーサルデザインフォントを採用しています。

発行編集 富岡市市長公室秘書課 〒370-2392 群馬県富岡市富岡1460番地1
電話番号0274-62-1511 fax番号0274-62-0357
ホームページ  http://www.city.tomioka.lg.jp/
印刷 吉田印刷工業株式会社

ページトップに戻る

このページのお問い合わせ先

市長公室 秘書課 広報広聴係
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?