本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > ごみ・環境 >搬入された「可燃ごみ」の中身を検査します
トップページ > くらし > ごみ・環境 > ごみについてお知らせ >搬入された「可燃ごみ」の中身を検査します
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 環境課 > お知らせ >搬入された「可燃ごみ」の中身を検査します
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 環境課 > ごみ >搬入された「可燃ごみ」の中身を検査します

搬入された「可燃ごみ」の中身を検査します

登録日:2017年12月27日

平成27年度中、清掃センターに搬入された生活系ごみの排出量は、県内12市でワースト2位でした。この要因として、事業系のごみが混ざっていたり、市外からのごみや産業廃棄物などが搬入されていたりする可能性があります。

ごみの減量化・資源化と廃棄物の適正処理のため、搬入された可燃ごみの中身を検査します。排出経緯などの聞き取りも行うため、待機時間が必要となりますが、皆さんのご協力をお願いいたします。

1 実施期間

  1. 平成30年1月~3月 不定期に実施(試行期間)
  2. 平成30年4月から  毎日実施

2 実施方法

搬入された可燃ごみの中身を開いて内容の検査をします。

ごみの分別が不十分であったり、市外ごみや産業廃棄物などの清掃センターへ持ち込めないごみの場合は、持ち帰りの措置や排出した事業所への個別指導を行います。

3 ごみを持ち込むときの注意点

  1. 搬入できるごみは、市内の家庭から排出される一般廃棄物と事業活動に伴い排出される事業系一般廃棄物に限ります。
  2. 事業活動に伴い排出されるごみのうち「産業廃棄物」は搬入できません。また、事業系ごみを「家庭ごみ」として搬入してはいけません。
  3. 分別されていないごみや市で扱わない不適正ごみは、搬入できません。

このページのお問い合わせ先

市民生活部 環境課(清掃センター内) 環境施設係
電話番号:0274-62-2823
FAX番号:0274-62-2339

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?