本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 地域づくり > 地域づくり協議会 >地域づくりフォーラムを開催しました
トップページ > くらし > 市民活動 > 市民協働 >地域づくりフォーラムを開催しました
トップページ > 各課のご案内 > 総務部 > 地域づくり課 > 地域づくり協議会 >地域づくりフォーラムを開催しました

地域づくりフォーラムを開催しました

登録日:2018年2月13日

2月7日(火曜日)に、市役所議会棟3階の大会議室で、本市地域づくり協議会連絡会議が主催する、「地域づくりフォーラム」が開催されました。
平成27年度より開催している、各地区地域づくり協議会の活動報告会ですが、今回はその趣向を変え、第2部の高崎経済大学の櫻井常矢教授の講演会と併せて、「地域づくりフォーラム」と題し開催しました。

主催者である地域づくり協議会連絡会議の矢島委員長、そして岩井市長があいさつを述べ、フォーラムを開会しました。

第1部

第1部は地域づくり協議会による活動報告会形式です。
今回発表を行ったのは、小野・吉田・丹生・高田・妙義の5地区でした。
各地区の発表内容は以下の通りです。

  • 小野地区 自分たちで作ったはっぴを着て、地区防災マップ制作事業などの発表を行いました。
  • 吉田地区 名所である古代蓮の里や神成山を訪れる方や地域住民が道中休めるようにと設置したベンチなどの様子を紹介しました。
  • 丹生地区 「共に手を取り合い私たちがつくる・大好きなふるさと丹生」を地区の目標に掲げて、活動に取り組む様子を発表しました。
  • 高田地区 妙義山周辺の課題であるヤマビルの対策講習会などを紹介しました。
  • 妙義地区 高田地区と合同で開催したヤマビル講習会をはじめ、軽トラ市などの様子を紹介する活動報告でした。

5地区による発表後、岩井市長が地域づくり活動についての講評を述べました。
講評では、地区ごとの特色ある活動のすばらしさや、事業の担い手の継続性の課題について触れました。
また、第1部を締めくくる質疑応答では、「防災マップ制作にはどのくらいの時間や人員が必要だったのか」や「ヤマビルの被害はどのようなものなのか」など鋭い質問が飛び出し、互いの地区の状況について情報を交換しあいました。

第1部の様子1 第1部の様子2

第1部の様子3 第1部の様子4

第2部

第2部では、第1部での活動報告を受けて、櫻井教授が講演を行いました。
県外の地域づくり事例に触れながら、櫻井教授からはいくつかのアドバイスが示されました。

  • 地域づくりは、住民の生活を支えていくことである
  • 隣近所でできないことは行政区で、行政区で賄いきれないことは地域づくり協議会で、と補完しあう関係性が築ければ、地域づくりはうまくいく
  • 活動を前に進める前に、まず足元・課題を見てみよう
  • 協議会同士の連携も大事だが地域内連携も重要で、団体同士の横のつながりが地域の力になる

第1部、第2部ともに大いに盛り上がり、フォーラムは閉会しました。

 第2部の様子1 第2部の様子2

このページのお問い合わせ先

総務部 地域づくり課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?