本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 予算・決算・財政状況 > 財政用語 >経常収支比率
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 財政課 > 財政用語 >経常収支比率

経常収支比率

登録日:2014年1月10日

経常収支比率とは、財政構造の弾力性、つまり自由に使えるお金が多いか少ないかを測定する指標です。
人件費や扶助費、公債費など縮減することが容易でない経費(義務的経費)に、市税や地方交付税などの一般財源がどの程度費やされているかを求めたものであり、80%を超える場合は、財政構造が弾力性を欠いているとされてきました。地方財政全体が悪化している今日では、大部分の市町村が80%を超えて要注意の状態です。
この比率が、100%を超えると、経常的に必要な経費が経常的な収入でまかなえていない状態になっていることを示します。

このページのお問い合わせ先

企画財務部 財政課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?