本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 予算・決算・財政状況 > 財政用語 >資金不足比率
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 財政課 > 財政用語 >資金不足比率

資金不足比率

登録日:2014年1月10日

各公営企業ごとの「資金の不足額」の「事業の規模」に対する割合が資金不足比率です。

算出式は以下のとおりです。

資金不足比率 =資金の不足額÷事業の規模

注:資金の不足額(法適用企業)=(流動負債+建設改良費等以外の経費の財源に充てるために起こした(水道事業、ガス事業) 地方債の現在高)-流動資産)-解消可能資金不足額
注:資金の不足額(法非適用企業)=(繰上充用額+支払繰延額・事業繰越額+建設改良費等以外の経費の(下水道事業、簡易水道事業等)財源に充てるために起こした地方債の現在高)-解消可能資金不足額

このページのお問い合わせ先

企画財務部 財政課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?