本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 予算・決算・財政状況 > 財政用語 >将来負担比率
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 財政課 > 財政用語 >将来負担比率

将来負担比率

登録日:2014年1月8日

一般会計等が将来的に負担すべき実質的な負債額の標準財政規模に対する割合が将来負担比率です。
負債額が標準財政規模の何年分かがわかります。

算出式は以下のとおりです。

将来負担比率 =(将来負担額-(充当可能基金+特定財源見込額+地方債現在高等に係る基準財政需要額算入見込額))÷(標準財政規模-(元利償還金・準元利償還金に係る基準財政需要額算入額))

注:将来負担額:一般会計の前年度末における地方債現在高や退職手当支給予定額等

このページのお問い合わせ先

企画財務部 財政課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?