本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 健康・医療 > 健康・医療相談 >国保特定健康診査・健康診査
トップページ > くらし > 相談 > 健康・医療相談 >国保特定健康診査・健康診査
トップページ > 各課のご案内 > 健康福祉部 > 健康推進課 > 大人の健康 >国保特定健康診査・健康診査

国保特定健康診査・健康診査・特定保健指導

更新日:2020年6月23日

大切なあなたと家族のために年に1度健康チェックしましょう!

特定健康診査

主に高血圧や糖尿病などの『生活習慣病』は、自覚症状がほとんどないまま進行します。また、生活習慣病は、内臓脂肪の蓄積と関係があることがわかっています。

特定健康診査は、生活習慣病や内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の早期発見と予防を目的に、40歳から74歳までの人を対象に行っています。

注:メタボリックシンドロームとは、内臓肥満に高血圧、高血糖、脂質代謝異常が組み合わさることにより、心臓病や脳卒中などになりやすい病態です。

特定健康診査は、医療保険者がその加入者に対して行いますので、市は富岡市国民健康保険に加入している人を対象に実施します。富岡市国民健康保険以外に加入されている人は、加入している健康保険組合等にお問い合わせください。

健康診査

75歳以上の人については、疾病の早期発見および生活習慣病やフレイルの予防を目的に、健康診査を実施しています。

加齢や疾患などにより、筋力低下や栄養不足、意欲の低下などが起こると、生活にさまざまな影響が起こります。

令和2年度から、健康診査の質問票がフレイルをチェックする項目に変更となりました。
注:フレイルとは、加齢によって身体と心の活力が低下した状態のことです。多くの高齢者は、「健康な状態」と「介護が必要な状態」の中間的な段階「フレイル」を経て、徐々に介護が必要になります。フレイルは、早期に対処すれば、健康な状態に回復できる期間でもあります。
健診結果でフレイル予防(1,776KB)(PDF文書)

市が実施する特定健康診査・健康診査

対象者

特定健康診査

40歳から74歳までの富岡市国民健康保険に加入をしている人
(国保の資格がなくなった時は健診を受けられませんので、ご注意ください。)

健康診査

原則75歳以上の後期高齢者医療制度に加入している人

  • 受診券は、対象者に5月下旬郵送しました。
  • 定期通院中の人も対象となりますので、主治医とご相談のうえ、受診しましょう。
  • 年度途中で加入された場合で特定健康診査・健康診査を希望される人は、申請により受診券を発行します。詳しくは、保健センター(健康推進課)までお問い合わせください。

実施時期

令和2年6月から12月18日まで

実施場所・持ち物

実施医療機関一覧・持ち物(790KB)(PDF文書)

新型コロナウイルスの感染状況によっては変更になることがあります。事前にご確認ください。

健診内容

  • 基本項目(全員に実施)
    問診、診察、尿検査、身体計測(身長、体重、腹囲)、血圧測定、血液検査(脂質、肝機能、血糖) 、クレアチニン検査(詳細な検査含む)
  • 詳細項目(必要な人に実施)
    貧血検査、心電図検査、眼底検査

受診当日の注意

  1. 血液検査の結果に影響があるため、健診前は10時間以上、水以外の飲食物は摂らず、午前中に受診をしましょう。(脱水症状を予防するため、水は飲んできてください)
  2. 健診の前日は、アルコールの摂取や激しい運動は控えましょう。
  3. 尿検査がありますので、月経直前・直後の健診は避けましょう。
  4. 診察しやすい服装(ボディスーツなどは着用しない)で受診をしましょう。
  5. 体調が悪い場合は健診を避け、早めに医師に相談をしましょう。

詳しくは、同封の案内をご参照ください。

特定健康診査・健康診査案内(147KB)(PDF文書)

特定保健指導について

特定保健指導とは

特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる人に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直す支援をします。

特定健康診査のメタボリックシンドロームに着目した基準から、以下に区分し支援します。

積極的支援  メタボリックシンドロームの基準に当てはまる人

日常生活を振り返り、自分に合った目標を設定し、生活改善の実行を続けられるように保健師等が継続的に支援します。

動機づけ支援  メタボリックシンドロームの予備軍

日常生活を振り返り、自分に合った目標を設定し、生活改善の実行に移せるようなきっかけ作りをお手伝いします。

情報提供  

受診者全員に、生活習慣の見直しや改善に必要な情報を提供します。

  • 「積極的支援」と「動機づけ支援」の人には、富岡市から特定保健指導利用券と案内をお送りします。自己負担はありません。
  • 保健師・管理栄養士・健康運動指導士などの専門職が、生活習慣の改善のための支援を行います。

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?