メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

大人の風しん予防接種費用を一部助成します

更新日:2024年4月1日

妊娠初期の女性が風しんにかかると、お腹の赤ちゃんが風疹ウイルスに感染し、難聴・心疾患・白内障・発達の遅れなどの障害をもって産まれる可能性があります。
市では、妊婦の感染を予防するために、風しん予防接種の費用助成を行います。希望する人は、以下を確認し、手続きしてください。

注:助成の該当にならない人でも、周囲に妊婦の人がいる場合は、予防接種をご検討ください。

MRワクチンの供給不足について

令和6年3月頃から発生している麻しん(はしか)の影響で、MRワクチンの需要が高まり、全国的なワクチン供給不足が発生しています。

現在、医療機関では、小児への接種を優先しているため、すぐに接種ができない場合があります。

対象者

平成2年4月1日以前に生まれた市民で、次に該当する人

  • 妊娠を予定または希望している女性およびその夫(パートナー)
  • 現在妊娠をしている女性の夫(パートナー)

以下の人は「対象外」です

  • 明らかに風しんにかかった人
  • 風しん(混合ワクチンを含む)の予防接種を2回以上受けた人
  • 妊娠中の人または妊娠の可能性のある人
  • 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(風しんの追加的対策の対象です)

助成額 

  • 風しんワクチン:3,000円
  • 麻しん風しん混合ワクチン(MR):5,000円

方法

  1. 保健センターに、身分証明書(運転免許証など)を持参し、申請する。
    注:予診票を渡します。
  2. 医療機関に予約し、予診票(あらかじめ記入)・自己負担金(医療機関により異なります)・健康保険証を持参し、受診する。
  3. ワクチンを接種する。
    注:指定医療機関以外で接種する場合は、一部方法が異なります。

注意事項

  • 接種後、2カ月は避妊が必要です。また、妊婦は予防接種を受けられません。
  • 医療機関により接種金額(自己負担額)が異なります。
  • 麻しんワクチンを2回受けたことがない人は、MRワクチンをお勧めします。

関連リンク

群馬県ホームページ(風しん)

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969