本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > ごみ・環境 > 環境 >落ち葉の利用自粛・代替技術について
トップページ > くらし > ごみ・環境 > 放射線 >落ち葉の利用自粛・代替技術について
トップページ > 各課のご案内 > 経済産業部 > 農林課 > 農業振興 >落ち葉の利用自粛・代替技術について

落ち葉の利用自粛・代替技術について

登録日:2014年1月10日

落ち葉の利用自粛について

落ち葉は、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の影響を受けているおそれがあります。

そこで国は、「群馬県および近県で収集した落ち葉や剪定枝を原料とする腐葉土、剪定枝堆肥を新たに生産・出荷又は施用はしないようにしてください。」と指導しています。

したがって、落ち葉の利用(堆肥や腐葉土の作成、ミョウガ等の敷料、ウドの軟白資材等)は自粛をお願いします。

ただし、平成23年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故前に収集され、屋内で保管しておいた落ち葉については、利用可能です。

なお、経営上のやむを得ない事情により落ち葉を使用したい方は、検査により使用が可能となることもありますので、詳細は県(下記PDFファイル参照)に相談してください。

PDFファイル:Adobe PDF(Portable Document Format)形式のファイルは下の「ダウンロード」からダウンロードしてください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

経済産業部 農林課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?