本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > まちづくり > 景観 >富岡市景観計画について
トップページ > 産業・ビジネス > 景観 > 景観形成 >富岡市景観計画について
トップページ > 市政情報 > 計画・施策 > 景観・まちづくり >富岡市景観計画について
トップページ > 各課のご案内 > 建設水道部 > 都市計画課 > 景観 >富岡市景観計画について

富岡市景観計画について

更新日:2019年4月25日

景観計画とは

 緑・山なみなどの自然や、道路・建物などの街なみを一体的にながめ、感じた様子を「景観」といいます。
 同じ景観を見ても、見る人によって、その印象や評価は異なるものですが、景観の良い・悪いは別として、その地域にふさわしい景観というものが存在するという考えから、「富岡市にふさわしい景観」について市民の皆さんの共通認識を築くため、富岡市景観計画を策定しました。

景観づくりに大事なポイントは

 皆さんの家は、その敷地を含めて、皆さんの財産ですが、道路などから見ることができる庭や外壁などは、公共性を持った空間ということができます。例えば、手入れの行き届いた庭と荒れた庭、落ち着いた色の外壁と真っ赤や真っ青な原色の外壁を比べて見ると、どちらが景観的によいと思いますか?
 このような、個人の財産であるものの他の人の目に見える部分について、どのように景観をつくっていくかが大事なポイントです。

景観計画の内容は

 景観計画では、市内全域を景観計画が効力を発する区域である『景観計画区域』として定めています。また、富岡製糸場の周辺には、さらに積極的な景観形成を進めていくため、『富岡製糸場周辺特定景観計画区域』として定めています。建物を建てるときなどは、その場所や大きさによって届出が必要になる場合があります。
 景観計画区域及び富岡製糸場特定景観計画区域では、色彩の基準を定めており、届出の内容が基準に当てはまらない原色などの派手な色を外壁に用いた場合は、勧告や変更命令などを出すことが可能となっています。
 また、建物などの高さについても、景観計画区域では20m以下、富岡製糸場周辺特定景観計画区域では12mまたは14m以下に制限されます。

 この制度は、平成21年10月1日から開始されました。建物を建てるときなどには、前述した届出が必要になる場合があり、基準に適合しなければなりません。評価の高い周辺の山なみや田園風景などを守っていくため、皆さんのご協力をお願いいたします。

 また、平成29年7月3日より、富岡製糸場周辺地区で地区計画が導入されています。詳細(範囲、法制度など)は、こちらをご確認ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

建設水道部 都市計画課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?