本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 相談 > 育児・児童・教育相談 >若者・青少年相談室「ぷらすゆう」

若者・青少年相談室「ぷらすゆう」

更新日:2024年4月24日

sdgsロゴ

こんな時は一人で抱えず、お話しください      

  • 学校に行けない、行きたくない
  • もしかしてヤングケアラーではないか
  • 人間関係がうまくいかず、社会に出るのが怖い
  • 職場の人間関係に困っている
  • 嫌なことがあり、誰かに聴いてもらいたい など

悩んでいること、困っていることなど、誰かに聴いてもらいたいことがありましたら、「ぷらすゆう」をご利用ください。相談員がじっくりとあなたの話をお聴きします。必要に応じて、若者サポートステーションなどの支援機関を紹介・連携しながら、その悩みが軽減できるよう問題解決のお手伝いをします。
ちょっとしたことだからとか、小さなことだからと一人で抱えずに、ぜひお話ください。話をすることで気が楽になったり、話をしている中で解決のヒントが見つかることもあります。

対象は、原則、市内在住・在学・在勤の、おおむね15歳から39歳までの人とその家族です。

  • 子どもが仕事をしないでずっと家にいる
  • 子どものインターネット利用が心配
  • 孫の非行が心配

など、家族の方も悩んでいることがありましたら、一人で抱えずお話しください。

相談は無料で、次の3つの方法があります。秘密は守ります。

  • 電話で話す
  • 来所して話す
  • メールで伝える

電話で話す

「まずは誰かに話を聴いてほしい。」
そんな時は、ぜひお電話ください。話を聴きながら、来所をおすすめすることもあります。

  • 専用電話番号:0274-62-1532
  • 相談日時:来所相談と同じ(予約が入っている時間はかけ直していただくこともあります)
    注:上記の日時に電話ができない方も、相談員以外のぷらすゆう担当職員が話をお聴きしますので、まずはお電話ください(土・日曜日、祝日を除く、午前8時30分から午後5時15分まで)。秘密は守ります。

来所して話す

相談員と顔を合わせて話すことで、継続した関係を築きやすくなったり、出かけることで考えを整理するきっかけとなったりするため、基本的には来所をおすすめしています。

来所までの流れ

  1. 事前に予約の電話(0274-62-1532)をかける(土・日曜日、祝日を除く、午前8時30分から午後5時まで
  2. 希望日時と相談内容、氏名などを伝える
  3. 日時を決め予約する(1回50分程度です)
  4. 予約した日時に「ぷらすゆう」に行く

相談日

原則、水・木曜日(祝日、年末年始を除く)
注:都合により、変更する場合があります。

4月の予定

3日(水曜日)、4日(木曜日)、10日(水曜日)、11日(木曜日)、17日(水曜日)、18日(木曜日)、24日(水曜日)、25日(木曜日)

5月の予定

1日(水曜日)、2日(木曜日)、8日(水曜日)、10日(金曜日)、15日(水曜日)、16日(木曜日)、22日(水曜日)、23日(木曜日)、27日(月曜日)、29日(水曜日)

6月の予定

5日(水曜日)、6日(木曜日)、12日(水曜日)、13日(木曜日)、19日(水曜日)、20日(木曜日)、26日(水曜日)、27日(木曜日)

相談時間

午後1時から5時まで(1回50分程度)

住所

富岡市七日市400-1(生涯学習センター1階)
地図(施設情報ページ)

相談室3 相談室1

メールで伝える

自分の思いを文字にして見直すことができるため、新しいことに気付いたり、問題を客観的にとらえることができるかもしれません。24時間受け付けています。返信に1週間程度かかるため、急いでいる場合は電話での相談をおすすめします。

  • 本文には、名前(匿名可)と相談内容を記入してください。
  • 専用アドレス plusyou@city.tomioka.lg.jp
    注:返信メールが届くよう、受信設定をご確認ください。届かない場合は電話でご連絡ください。いたずらや嫌がらせと思われるメールには返信しません。

このページのお問い合わせ先

教育部 生涯学習課
電話番号:0274-62-1531
FAX番号:0274-64-4709

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
AIチャットボットに質問する
AIチャットボットを閉じる