本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 住まい・生活 > 住宅 > 市営住宅 >収入月額の計算方法
トップページ > 各課のご案内 > 建設水道部 > 建築課 > 市営住宅 >収入月額の計算方法

収入月額の計算方法

更新日:2021年7月1日

収入月額=【世帯の所得金額(A)-給与所得者等控除(B)-扶養親族控除額(C)-特別控除額(D)】÷12か月

扶養親族控除額(C)・特別控除額(D)について

  • 世帯の所得金額(世帯で収入のある方全員の所得合計)から次の控除金額を差し引いてください。
  • 特別控除(D)は、世帯に老人扶養親族、特定扶養親族、障害者、特別障害者、ひとり親、寡婦の方がいる場合、一般控除(給与所得者等控除、扶養親族控除)とは別に控除することができます。

控除の種類一覧

給与所得者等控除(B)

  • 控除金額:1人につき10万円(所得の範囲内)
  • 控除を受けられる方:申込者及び同居者で給与所得又は公的年金等に係る雑所得を有する方

扶養親族控除(C)

  • 控除金額:1人につき38万円
  • 控除を受けられる方:申込者以外の同居予定親族と、所得税法上の別居扶養親族の方(収入の有無に関わらず控除されます)

特別控除(D)

老人扶養控除

  • 控除金額:1人につき10万円
  • 控除を受けられる方:申込者を除く、所得税法上の扶養親族又は同一生計配偶者で70歳以上の方

特定扶養控除

  • 控除金額:1人につき25万円
  • 控除を受けられる方:申込者及び配偶者を除く、所得税法上の扶養親族のうち、16歳以上23歳未満の方

障害者控除

  • 控除金額:1人につき27万円
  • 控除を受けられる方:申込者や扶養親族で、身体障害者手帳(3級から6級)、精神障害者保健福祉手帳(2級か3級)又は療育手帳(B級)を持っている方

特別障害者控除

  • 控除金額:1人につき40万円
  • 控除を受けられる方:申込者や扶養親族で、身体障害者手帳(1級から2級)、精神障害者保健福祉手帳(1級)又は療育手帳(A級)を持っている方

ひとり親控除

  • 控除金額:35万円まで(所得の範囲内)
  • 控除を受けられる方:申込者本人又は同居親族で、現在婚姻をしていない方、または配偶者の生死が明らかでない方のうち、以下の1から3全てに該当する方
  1. 生計を一にする子(年間所得金額48万円以下で他の人の扶養になっていない)がいること。
  2. 年間所得金額が500万円以下であること。
  3. 事実上婚姻関係と同様の事情がある人がいないこと。

寡婦控除

  • 控除金額:1人につき27万円まで (所得の範囲内)
  • 控除を受けられる方:申込者本人又は同居親族で、「ひとり親控除」に該当せず、事実上婚姻関係と同様の事情がある人がいない女性で以下の1、2いずれかに該当する方
  1. 夫と離婚した後、婚姻しておらず、扶養親族(年間所得金額48万円以下で他の人の扶養になっていない方)がいる人で、年間所得金額が500万円以下であること。
  2. 夫と死別した後、婚姻をしていない、又は夫の生死が明らかでない(船舶の沈没等の事故による生死不明や3年以上生死がわからない場合など)女性で、年間所得金額が500万円以下であること。

このページのお問い合わせ先

建設水道部 建築課 住宅係
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?