本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 保険・年金 > 後期高齢者医療 >【後期高齢者医療】高額療養費の支給について
トップページ > くらし > 健康・医療 > 後期高齢者医療 >【後期高齢者医療】高額療養費の支給について
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 国保年金課 > 後期高齢者医療制度 >【後期高齢者医療】高額療養費の支給について

【後期高齢者医療】高額療養費の支給について

更新日:2021年4月1日

1か月に支払った医療費の自己負担額が定められた限度額を超えた場合は、限度額を超えた額が「高額療養費」として支給されます。
同一保険医療機関での医療費の支払いは、外来も入院もそれぞれの限度額までです。
ただし、所得区分が現役並み所得者【2】・【1】の方は「限度額適用認定証」、低所得者【2】・【1】の方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要になりますので、市役所国保年金課(2番窓口)で手続きしてください。

医療費の自己負担限度額(月額)について

同一月内に支払った医療費の自己負担額を合計して、次の額を超えると申請により払い戻されます。

平成30年8月診療分から

所得区分 外来の限度額
(個人ごとの限度額)
外来+入院の限度額
(世帯ごとの限度額)
現役並み所得者【3】 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
(多数回:140,100円注1
現役並み所得者【2】 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
(多数回:93,000円注1
現役並み所得者【1】 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(多数回:44,400円注1
一般 18,000円
(年間上限:144,000円注2
57,600円
(多数回:44,400円注1
低所得者【2】 8,000円 24,600円
低所得者【1】 8,000円 15,000円

所得区分については、【後期高齢者医療】一部負担金(本人の負担)についてをご覧ください。

注1:過去12か月の間に、外来+入院(世帯)の高額療養費の支給を4回以上受けている場合は4回目以降の限度額が減額されます。

注2:8月1日から翌年7月31日までの1年間の外来(個人)の自己負担額の年間上限額です。

高額療養費の計算のしかた

  1. 個人ごとに外来の自己負担額を計算
    複数の保険医療機関で「外来の限度額(個人ごとの限度額)」を超えた場合、申請によりあとから支給されます。
  2. 世帯の外来・入院の自己負担額を合算
    世帯に後期高齢者医療制度で医療を受ける人が複数いる場合は合算し、「外来+入院の限度額(世帯ごとの限度額)」を超えた場合、申請によりあとから支給されます。

支給申請手続きについて

該当する方には、その診療を受けた月の3か月後に群馬県後期高齢者医療広域連合から申請書をお送りします。申請書を提出した月以降の該当分については申請は不要で、診療月の3か月後の月末を目処にお支払いします。

申請場所

市役所国保年金課(2番窓口)
郵送により提出することもできます。

申請に必要なもの

  • 高額療養費支給申請書(該当する方に広域連合から送付されます。)
  • 後期高齢者医療被保険者証 
  • 預金通帳など(振込口座がわかるもの)

限度額適用認定証及び限度額適用・標準負担額減額認定証の交付申請について

所得区分が現役並み所得者【2】・【1】の方は「限度額適用認定証」、低所得者【2】・【1】の方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することにより、同一保険医療機関での医療費の支払いが限度額までとなります。
また、低所得者【2】・【1】の方は入院時食事代の標準負担額が減額されます。

申請場所

市役所国保年金課(2番窓口)

申請に必要なもの

  • 後期高齢者医療被保険者証

このページのお問い合わせ先

市民生活部 国保年金課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?