メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

子ども・子育て支援新制度に関するQ&A

更新日:2021年4月1日

Q1.新しい制度はいつからスタートするのですか?

平成27年4月から、新制度に基づくサービスを本格的にスタートしました。
なお、新制度には消費税率引き上げ(10%)による増収分の一部が財源に充てられることになっています。
 

Q2.入所・入園などの手続きはどう変わるのですか?

幼稚園や保育園などで、幼児教育・保育を受けることを希望される場合は、富岡市に申請して「保育の必要性(注1)」の認定を受けていただき、富岡市からは認定結果に応じた「認定証」を発行します。
 具体的な手続きについては、現在検討中ですので、決定しだい広報やホームページなどでお知らせする予定ですが、これまでと手続きの時期や流れが大幅に変わることはない見込みです。
(注1)新制度では、客観的な基準により、以下の3区分で保育の必要性の有無や必要量を認定します。
(1)3歳から5歳  保育の必要性なし(教育のみ)
(2)3歳から5歳  保育の必要性あり
(3)0歳から2歳  保育の必要性あり
 また、(2)(3)については、保育の必要量に応じて、「保育標準時間利用(長時間)」と「保育短時間利用」の2種類に区分されます。

Q3.利用料金はどうなりますか?

新制度では、利用料金(保育料等)は、現在の利用者負担の水準や、利用者の負担能力(所得等)に応じて設定されます。国の基準をもとに市が定めます。保育所保育料(1号認定・3号認定)は次のとおりです。
 

Q4.今ある「幼稚園」や「保育所(園)」はどうなるのですか?

これまでどおり「幼稚園」や「保育所(園)」として運営する場合もあれば、幼稚園と保育所(園)の機能を併せ持つ「認定こども園」へ移行する場合もあります。
幼稚園や保育所(園)から「認定こども園」への移行は任意とされています。

Q5.「認定こども園」とはどういう施設ですか?

「認定こども園」とは、幼稚園と保育所(園)の機能を併せ持つ施設で、新制度では、「質の高い幼児期の教育・保育の総合的な提供」を目的としており、国では特に「幼保連携型認定こども園」の整備を促進していく方針です。

Q6.保育所(園)や幼稚園などを利用しない家庭へのサービスはどうなるのですか?

家庭での子育てを中心にされている方への支援も継続していきます。
具体的には、地域の子育て支援拠点事業やファミリーサポート事業、お子さんの一時預かり、病後児保育など多様なサービスを今後も提供していきます。
また、小学生が利用する放課後児童クラブ(学童クラブ)も、今後も継続していきます。

子ども・子育て支援新制度 なるほどBOOK 平成28年4月改訂版 (内閣府)

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 こども課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357