本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > ごみ・環境 > 環境 >特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」にご注意ください
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 環境課 > お知らせ >特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」にご注意ください
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 環境課 > 環境 >特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」にご注意ください

特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」にご注意ください

更新日:2021年5月19日

クビアカツヤカミキリとは、幼虫がサクラ、ウメ、モモなどの樹木に寄生して内部を食い荒らす外来昆虫です。被害が進行すると木が枯れてしまうため、倒木などの恐れもあり、観光や農業に深刻な影響を及ぼします。市内ではまだ確認されておりませんが、平成27年以降、主に県内東部地域で被害が拡大しています。

クビアカツヤカミキリの成虫の写真 カミキリムシの幼虫によるフラス(木くずなど)の写真

      成虫(植物防疫所原図)          枝にたまったフラス(植物防疫所原図)

寄生する樹木

サクラ、ウメ、モモ、ハナモモ、スモモ(プラム、プルーン含む)など

クビアカツヤカミキリの特徴

  • 体長は2センチメートルから4センチメートル(触覚を含まない)
  • 胸部(クビの部分)が赤く、全体的にツヤのある黒色
  • 成虫は6月から8月にかけて発生
  • 幼虫は樹木の中で2年から3年かけて成長し、さなぎになる
  • 幼虫が寄生した樹木には木くずやフンからなる「フラス」が大量に排出される
  • 「フラス」は棒状(かりんとう状)で、幼虫の侵入孔から排出され、木の枝や根元に落ちる

成虫やフラスを発見した場合

  • 成虫を見つけた場合は足で踏みつぶすなどしてその場で駆除し、下記までご連絡ください(注:特定外来生物は、生きたままの運搬、飼育、販売、野に放つことなどは禁止されており、違反すると懲役や罰金が科せられます)
  • フラスを発見した場合は、下記まで連絡してください
  • フラスは他の昆虫のフラスと似ていますので、見分け方の資料を参考にしてください。
    (参考:クビアカツヤカミキリの見分け方(971KB)(PDF文書)

   連絡先 市民生活部環境課 電話番号:0274-62-2823(清掃センター内) 

県内の発生状況等について

群馬県環境森林部自然環境課  電話番号:027-226-2872

このページのお問い合わせ先

市民生活部 環境課(清掃センター内)
電話番号:0274-62-2823
FAX番号:0274-62-2339

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?