本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 防災 > 防災・災害 >大雨や台風による災害から身を守るために
トップページ > 各課のご案内 > 総務部 > 危機管理課 > お知らせ >大雨や台風による災害から身を守るために

大雨や台風による災害から身を守るために

更新日:2016年8月30日

 これから、本格的な台風シーズンを迎えます。例年、台風は、大きな災害をもたらし、温帯低気圧に変わった後も、大雨が降ることがあるため注意が必要です。台風が近づいているときは、土砂災害、河川の増水、はん濫、低い土地への浸水などに、十分警戒してください。

 また、災害から身を守り、被害を防止・軽減するためには、気象情報を確認し、早めの避難行動を心がけることが重要です。特に、土砂災害危険箇所の近くにお住まいの方は、注意してください。

 大雨が降る前、風が強くなる前に、災害への備えを、もう一度確認しておきましょう。

災害に備えてすべきこと 

  • テレビやラジオでの気象情報の収集
  • 避難場所への経路の確認
  • 携帯用ラジオなど非常用品の確認
  • 飲料水、生活用水の確保
  • 側溝や排水溝は掃除して水はけを良くしておく
  • ベランダの鉢植えは室内に入れる
  • 窓や雨戸の鍵をかけ、カーテンやブラインドを下ろす
  • 必要に応じて窓や雨戸を板などで補強

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

総務部 危機管理課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?