本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 計画・施策 > 総合計画 >第2次富岡市総合計画
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 企画課 > 計画・方針 >第2次富岡市総合計画

第2次富岡市総合計画

更新日:2019年4月12日

計画の目的

本市は、2016年(平成28年)3月にまちづくりの最上位計画として策定した「第2次富岡市総合計画」に基づき、将来像(都市像)「世界遺産にふさわしいまち とみおか」の実現を目指して計画的なまちづくりを進めています。

計画の構成と期間                        

第2次富岡市総合計画は、基本構想、基本計画、実施計画の3つの層で構成されます。

計画期間は、2016年度から2026年度の11年間となります。

基本構想

2016年度から2026年度までの11年間

基本計画

  • 前期 2016年度から2018年度までの3年間
  • 中期 2019年度から2022年度までの4年間
  • 後期 2023年度から2026年度までの4年間

実施計画

基本計画に基づき、毎年度ローリング方式で策定

中期基本計画

「第2次富岡市総合計画 中期基本計画」は、前期基本計画の計画期間終了を受け、これまでの取組の検証と評価、見直しを行い、その結果を活かすとともに、さまざまな背景と変化を踏まえ、より現状に即したまちづくりの基本的な方向性を示す最上位計画として策定するものです。

本計画では、2つの重点施策を柱として、計画的なまちづくりを進めています。

重点施策1

少子化・高齢社会や人口減少への対応

-すべての市民が輝き、明日への夢や希望がもてるまちをつくる

重点施策2

新たな価値の創造

-まちの魅力・資源を活用した、ひときわ輝くまちをつくる

SDGs(エスディージーズ)の導入

2015年(平成27年)9月の国連サミットにおいて採択された2030年までの持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)と本計画の施策体系との対応を整理し、本計画をとりまとめました。SDGsと総合計画を連動させる取組みは県内初です。

策定年月

2019年3月

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

企画財務部 企画課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?