本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 観光・イベント > 美術館・博物館 > 富岡市立美術博物館 >平成30年度展覧会のご案内
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 文化振興課 > 美術博物館 >平成30年度展覧会のご案内

平成30年度展覧会のご案内

更新日:2018年12月17日

企画展示室

黒沢春来・清水松雲・水谷龍雲と門人たち展 【終了しました】

 黒沢春来の書《窓》の画像 清水松雲の書《如天》の画像 水谷龍雲の書《いのり》の画像  

  左から 黒沢春来《窓》 /清水松雲《如天》/水谷龍雲《いのり》

富岡市の書の礎を築いた3人の書家と、その門人たちの作品を紹介します。

会期:平成30年4月7日(土曜日)から5月20日(日曜日)まで

会場:企画展示室 、市民ギャラリー

観覧料:一般300円/65歳以上200円/大学・高校生100円/中学生以下無料

井田淳一と生徒たち 【終了しました】

 井田淳一の作品画像《壊れた記憶箱1》

  井田淳一《壊れた記憶箱1》1987年

教師として美術教育に力を注ぎ多くの後進を育てながら、画家としても活躍した井田淳一と生徒たちの作品を紹介します。

会期:平成30年7月28日(土曜日)から9月2日(日曜日)まで

会場:企画展示室、常設展示室、福沢展示室1・3、市民ギャラリー 注:会期中福沢一郎作品の展示は通常より縮小して行います。

観覧料:一般300円/65歳以上200円/大学・高校生100円/中学生以下無料

福沢一郎生誕120年展 ‐富岡まるごとフクザワ‐ 【終了しました】

 福沢一郎の作品《悪のボルテージが上昇するか21世紀》の画像

  福沢一郎《悪のボルテージが上昇するか21世紀》1986年

富岡市出身の画家、福沢一郎の生誕120年を記念し、改めてその画業を振り返ります。また、市内各所でのパネル展示など様々な関連事業を開催します。

会期:平成30年9月15日(土曜日)から11月11日(日曜日)まで

会場:全館(郷土資料展示室を除く)

観覧料:一般600円/65歳以上・大学・高校生300円/中学生以下無料

日本画のきらめき

 石川響の作品画像《散華菩提樹》  

 石川響《散華菩提樹(ブッダガヤー)》1990年

近年新たに寄贈された作品をはじめ、当館の収蔵作品から多彩な日本画を紹介します。

会期:平成31年2月8日(金曜日)から3月31日(日曜日)まで

会場:企画展示室

観覧料:一般400円/65歳以上・大学・高校生200円/中学生以下無料

常設展示室

収蔵品展(美術) 深淵な「黒」 【終了しました】

 須田国太郎の作品画像《群鳥》

 須田国太郎《群鳥》1940年

当館の収蔵作品から、さまざまな「黒」の表現を見ていきます。

会期:平成30年4月3日(火曜日)から7月22日(日曜日)まで

会場:常設展示室

新収蔵品展(歴史・民俗) 蚕の神々‐阪本英一旧蔵資料展‐

 八幡山猫絵の画像

 八幡山猫絵

阪本英一さん旧蔵の養蚕習俗に関する資料を紹介します。

会期:平成30年11月16日(金曜日)から平成31年1月27日(日曜日)まで

会場:常設展示室

今どきアート2019 つなぐ・比べる

鈴木ヒラクの作品画像

 鈴木ヒラク《鍵穴(A)》2018年 I氏コレクション

平成27年以降、毎年恒例となった同展。今年も富岡市在住のI氏コレクションから現代若手作家の作品を紹介します。

会期:平成31年1月29日(火曜日)から3月31日(日曜日)まで

会場:常設展示室

福沢展示室

福沢一郎 反骨と諧謔 【終了しました】

 福沢一郎の作品画像《爬虫類はびこる》

 福沢一郎《爬虫類はびこる》1974年

福沢一郎の長い画業の根底を支えた「反骨」と「諧謔(かいぎゃく)」の精神。本展ではこの2つの言葉から福沢作品の本質に迫ります。

会期:平成30年7月22日(日曜日)まで

会場:福沢展示室1・2・3

松浦コレクション お気に入りの福沢一郎

 福沢一郎の作品画像《母子》 福沢一郎の作品画像《闘牛》

 福沢一郎《母子》1935年/《闘牛》1978年

個人コレクター松浦英夫さんが所有する福沢作品を前期・後期に分けて紹介します。

会期:【前期】平成30年11月16日(金曜日)から平成31年2月3日(日曜日)まで

【後期】平成31年2月8日(金曜日)から5月26日(日曜日)まで(予定)

会場:福沢展示室1・2・3(3の使用は後期のみ)

作品解説会

日時:毎月第4日曜日 午後2時から

申込:不要(直接会場へお越しください)

参加費:無料(ただし、観覧料が必要です)

注:都合により変更・中止する場合があります。

特別展示 平川恒太‐悪のボルテージが上昇するか22世紀

 平川恒太の作品画像

 平川恒太《ケイショウ ‐悪のボルテージが上昇するか22世紀》2018年

新進気鋭のアーティスト、平川恒太さんが福沢一郎の作品にインスピレーションを受けて制作した作品を展示します。

会期:平成30年11月23日(金曜日・祝日)から平成31年2月3日(日曜日)まで

会場:福沢展示室3

郷土資料展示室

富岡の歴史と文化

通年

途中展示替えがあります。 

利用案内

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

  • 月曜日(ただし祝日の場合は翌日)
  • 展示替え等に伴う休館 [平成31年2月4日(月曜日)から7日(木曜日)まで]
  • 年末年始[平成30年12月27日(木曜日)から平成31年1月4日(金曜日)まで] 
  • その他、都合により臨時休館する場合があります。

観覧料 注:企画展開催期間は特別料金になります。

一般210円/65歳以上・大学・高校生100円/中学生以下無料

  • 20名以上の団体は2割引き
  • 身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介助者1名は無料
  • ぐーちょきパスポート持参で当日の観覧料から2割引き

 

 注:予定は都合により変更される場合があります。

このページのお問い合わせ先

市民生活部 文化振興課 美術博物館係
電話番号:0274-62-6200
FAX番号:0274-62-6201

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?