メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ジカ熱、デング熱を防ぐために蚊の対策をしましょう

登録日:2016年6月8日

ジカ熱やデング熱は蚊に刺されることで感染します

ジカウイルス感染症(ジカ熱)やデング熱の原因となるウイルスは、それらの感染症に感染した人の血を吸った蚊(日本ではヒトスジシマカ)の体内で増え、その蚊がまた他の人の血を吸うことで感染を広げていきます。

感染しても全ての人に症状が出るわけではありませんが、発熱や関節の痛み、発疹が出るといった症状が1週間ほど続きます。

ジカ熱は妊婦が感染すると小頭症などの先天性障害をもった子どもが生まれたり、デング熱では出血を伴うデング出血熱となり重症化する可能性があります。

やぶなどの蚊がいそうな場所に行くときは、肌を露出せず、虫よけスプレーを使用したり、いつでも蚊に刺されないように注意しましょう。

また、流行地に渡航する場合は、現地で蚊に刺されないように注意しましょう。

蚊の発生源をなくしましょう

ヒトスジシマカは、空き缶にたまった雨水など、小さな水たまりを好んで卵を産み付けます。お住まいの周りの水たまりをなくすことで、蚊を減らすことができます。

また、草刈や、雨水ます、排水ますの清掃を定期的にしていただくようお願いします。

関連サイト

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969