メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

こどもの予防接種(乳・幼児予防接種日程など)

更新日:2022年4月1日

予防接種を受けましょう

赤ちゃんは、お母さんから「病気に対する抵抗力(免疫)」をもらって生まれてきますが、時間がたつと、その免疫はだんだんなくなっていきます。そのため、赤ちゃん自身が免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。
子どもは発育とともに外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。病気や予防接種のことを正しく理解し、お子さんの健康に役立てましょう。

接種上の注意点

接種の前に、必ず「予防接種と子どもの健康」(出生時に配布した小冊子)をお読みください。
以下の場合は、なるべく主治医に相談し、無理をしないようにしましょう。

  • 体調が悪いとき
  • 感染症(かぜ、突発性発疹などを含む)にかかったとき
    予防接種は治ってから、なるべく1カ月以上経って受けるようにしましょう。
  • 周りに感染症(おたふくかぜ・水ぼうそう・手足口病など)が流行っているとき
    感染後、症状が出るまでの期間(潜伏期)があります。
    注:潜伏期は、病気により異なります。
  • 新型コロナワクチンを接種する場合は、前後2週間その他のワクチン接種はできません。

詳しい接種上の注意点(内部リンク)

定期予防接種(法律に基づいて本市が実施する予防接種)

本市の予防接種は、令和4年度から個別接種(医療機関での接種)のみとなりました。

予防接種の種類 接種
(個別・集団)
回数 対象者
ロタウイルス 個別 《ロタリックス》
2回
出生6週0日から14週0日
注:1回目は、出生14週6日まで(生後2カ月以降早めに接種)
《ロタテック》
3回
出生6週0日から32週0日
注:1回目は、出生14週6日まで(生後2カ月以降早めに接種)
ヒブ 個別 4回
(初回:3回)
(追加:1回)
注:接種開始月齢により接種回数が変わります
生後2カ月から5歳未満
【標準:初回接種開始は生後2カ月から生後7か月未満で接種開始】
小児の肺炎球菌 個別 4回
(初回:3回)
(追加:1回)
注:接種開始月齢により接種回数が変わります
生後2カ月から5歳未満
【標準:初回接種開始は生後2カ月から生後7カ月未満で接種開始】
B型肝炎 個別 3回 1歳未満
【標準:2カ月から9カ月未満】
四種混合
(ジフテリア)
(百日せき)
(破傷風)
(ポリオ)
1期初回 個別 1期初回:3回 生後3カ月から7歳6カ月未満
【標準:生後3カ月から1歳未】
1期追加 1期追加:1回 生後3カ月から7歳6カ月未満
【標準:1期初回(3回)終了後12カ月から18カ月までの間隔をおく】
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
個別 2期:1回 11歳から13歳未満
【標準:11歳から12歳未満】
注:本市では小学6年生に予診票を送付します。
BCG
(結核の予防接種)
個別 1回 1歳未満
【標準:生後5カ月から生後8カ月未満】
MR
(麻しん風疹)
1期 個別 1回 生後12カ月から24カ月未満
【1歳を過ぎたら早めに接種しましょう】
2期 個別 1回 年長児で小学校就学前の1年間
水痘
(みずぼうそう)
個別 2回 満1歳から3歳未満
【標準:1回目の接種は生後12カ月から15カ月未満。2回目は1回目接種後6カ月から12カ月の間隔をおく。】
日本脳炎
 
1期初回 個別 2回 生後6カ月から7歳6カ月未満
【標準:3歳から4歳未満】
1期追加 個別 1回 生後6カ月から7歳6カ月未満
【標準:4歳から5歳未満。1期終了後おおむね1年の間隔をおく。】
2期 個別 1回 9歳から13歳未満
【標準:9歳から10歳未満】
注:本市では小学4年生に予診票を送付します。
特例措置 個別 1期・2期の未接種分 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれで20歳未満
注:日本脳炎予防接種の積極的勧奨の差し控えにより、接種できなかった残りの回数が接種できます。
注:本市では高校3年生に予診票を送付します。
1期の未接種分 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれで、9歳以上13歳未満
注:1期未接種分を接種することができます。
ヒトパピローマウイルス
(子宮頸がん)
個別 3回

年度年齢が12歳から16歳の女子
【標準:年度年齢13歳】
注:本市では中学1年生、高校1年生年齢相当へ予診票を送付しています。

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女子
注:令和7年3月31日まで実施
案内以外の県内医療機関での接種を希望の場合は、医療機関へご相談ください。
県外の医療機関で接種を希望する場合は、事前手続きが必要です。早めに保健センターに連絡をお願いします。

個別接種の受け方:医療機関で接種

  1. 医療機関に予約
  2. 「予防接種予診票」「母子健康手帳」「健康保険証」を持って医療機関を受診
  3. 接種し、母子健康手帳に記録をしてもらう
    令和4年度個別接種医療機関一覧(372KB)(PDF文書)

任意予防接種(医師と相談して希望により受ける予防接種)

多くのお子さんがうけている任意の予防接種は、インフルエンザ、おたふくかぜなどです。
詳しくは、「予防接種と子どもの健康」などをご覧ください。
接種を希望する人は、かかりつけ医と相談しましょう。
以下の予防接種については、接種費用の助成があります。

ダウンロード

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969