本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 人権・男女共同参画 >部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)が施行されました
トップページ > くらし > 人権・男女共同参画 > 人権問題 >部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)が施行されました
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 市民課 > 人権 >部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)が施行されました

部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)が施行されました

登録日:2017年11月1日

部落差別の問題(同和問題)は、日本社会の歴史的発展の過程で形づくられた身分階層構造に基づく差別により、特定の地域の出身であることなどから、今なお結婚を妨げられたり、就職で不公平に扱われたりするなどの日本固有の重大な人権問題です。

日本国憲法で保障する基本的人権を守るためにも、この問題について理解を深め、差別や偏見をなくすことが必要です。

平成28年12月16日には、「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。この法律は、「現在もなお部落差別は存在するとともに、許されないものである」との認識に基づき、これを解消し、「部落差別のない社会を実現する」ことを目的としています。

富岡市では、この法律の趣旨を踏まえ、国や県と連携を図り、部落差別解消に向けて、引き続き教育及び啓発を行ってまいります。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

市民生活部 市民課 市民生活係
電話番号:0274-62-8362
FAX番号:0274-70-2201

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?