本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 広報 > 広報とみおか >広報とみおか平成30年1月号(テキスト形式)
トップページ > 各課のご案内 > 総務部 > 秘書課 > 広報とみおか >広報とみおか平成30年1月号(テキスト形式)

広報とみおか平成30年1月号(テキスト形式)

更新日:2018年4月10日

テキスト形式での表示が困難な記事(市民の文芸など)は掲載しておりません。
また、個人情報保護の観点から、一部記事内の氏名や問い合わせ先を掲載しておりません。

目次

1ページ(表紙)

信仰と祈願の社 妙義神社

妙義山の主峰・白雲山の中腹にある妙義神社は、日本武尊をはじめとする神々が祭られていて、古くから信仰と祈願の神社として知られています。境内にある建造物のほとんどが国・県・市の指定重要文化財で、建物の周囲を彫刻で埋められた豪華絢爛な「本社」や「唐門」は一見の価値あり。(表紙写真)また、高さ約10メートルの石垣の上にある「宮様御殿」の保存修理が2017年に行われ、1956(昭和31)年以来となる屋根の葺き替え工事が11月に完成しました。

ページトップに戻る

2ページ

新しい年を迎えて

世界遺産にふさわしい 日本一のまちづくり
富岡市長 岩井賢太郎

新年明けましておめでとうございます。市民の皆さまには、輝かしい新春をお迎えのことと、心からお慶びを申し上げます。
昨年1年間、本市にとりましてさまざまな出来事がありましたが、皆さまのご支援とご協力をいただきながら、順調に市政を運営することができました。ここにあらためて深く感謝を申し上げます。
今年も、これまでの施策をさらに推し進め、また新たな施策を加えながら、暮らしやすい富岡市の実現に努めてまいりますので、旧に倍しますお力添えをお願い申し上げます。

新庁舎の完成

昨年は、市政の新たな拠点として新庁舎が完成し、6月末には行政棟、8月末には議会棟での業務を開始しました。9月には新庁舎の見学会を開催し、特色・機能・設備などを紹介させていただきました。
 現在は、行政棟の正面玄関や庁舎前広場の整備を進めています。全体が完成いたしますと「世界遺産富岡製糸場への歓迎のシンボル」「市民が集えるにぎわいの場所」「防災拠点」としての機能を兼ね備えた広場になります。3月末には全ての工事が完了する見込みで、親しみやすくわかりやすい広場の名称を決定した上で、全面オープンのセレモニーを実施する予定です。地域や各種団体の皆さまには、この広場を多目的にご利用いただき、週末には何らかのイベントが開催され、市民が集う、にぎわいのある場所にしていきたいと考えています。

富岡倉庫の利活用と県道整備

富岡倉庫は、皆さまに親しまれる空間にするため、活用方法などの意見を募集するオープンハウスを昨年の1月に行いました。いただいたご意見を参考にしながら、市民や観光客が立ち寄れる、魅力あふれる新たな交流拠点として整備を進めてまいります。
レンガ倉庫には、県が世界遺産センター(仮称)を設置し、「富岡製糸場と絹産業遺産群」を構成する四つの資産を紹介するガイダンスや研究の施設として整備します。また、大谷石の倉庫は、レストランやカフェなどの商業施設として、南側の木造建物は、自動繰糸機の動態展示としての利活用を検討しています。さらに、市役所東側の県道は、歩道の設置や電線類の地中化など、歩行者にやさしい道路として県が整備を進めています。このように、上州富岡駅から市役所周辺は、ここ数年で大きく様変わりし、富岡製糸場と連携したにぎわい創出の場として生まれ変わります。

富岡製糸場保存修理

富岡製糸場の保存整備事業では、西置繭所と乾燥場の保存修理工事も順調に進捗しており、東京オリンピック・パラリンピック開催年の2020年には完成する予定です。また、東置繭所の北側にある木造平屋建ての社宅は、養蚕・座繰り・繭クラフトなどの体験施設として整備することが決まりました。今年の秋には修理が完了する見込みで、完成後には富岡製糸場を訪れる多くの観光客に利用していただきたいと思います。
富岡製糸場の建物全体の保存整備が完結するには、まだまだ長い歳月を要しますが、課題を一つ一つ解決しながら、着実に進めてまいります。今後も、見学場所や体験施設など、施設面での充実を図るとともに、訪れた観光客に喜んでいただけるよう、皆さまとともに、おもてなしの心を磨いてまいりたいと思います。

映画「紅い襷」の上映

世界遺産・国宝となった富岡製糸場の顕著で普遍的な価値を後世に伝えていくために、映画「紅い襷から富岡製糸場物語から」を製作し、昨年の10月7日から群馬県内の映画館で先行上映を行いました。かぶら文化ホールでの先行上映を含めた12月末までの劇場動員数は1万人を超え、大盛況といえます。映画をご覧いただいた方々からも大変好評で、渋谷区・名古屋市・仙台市などの大都市の映画館でも上映されました。また、昨年11月、市民訪問団がフランスを訪れた際には、リヨンでこの映画の試写会をさせていただきました。
今後も、国内各地域の劇場や文化ホールへと展開していく計画で、この映画を通じて、富岡製糸場の魅力を市内外へ広く情報発信し、さらなる誘客に結び付けていきたいと思います。

市政懇談会の開催

市民の皆さまから生の声を伺い、平成30年度予算に反映させるための取り組みとして、昨年9月から12月にかけて市内75カ所の集会所や公会堂で市政懇談会を開催し、約1,400人の参加をいただきました。参加者からは、有害鳥獣や道水路の整備など、市民生活に直結する身近な要望や市政に対する提言などが出され、大変有意義な懇談会になりました。いただいたご意見ご要望は、優先順位などの精査を行い、可能なものは新年度予算に反映させてまいります。区長さん、組長さんをはじめ、参加されました多くの皆さまに対しまして、心から厚くお礼を申し上げます。

今年は、富岡製糸場が世界遺産に登録され、節目の5年目を迎えます。また、第2次富岡市総合計画も3年目となります。「富岡製糸場を核としたまちづくり」「少子高齢化や人口減少への対応」の二つを柱とした各種施策を展開し、「世界遺産にふさわしいまち とみおか」の実現を着実に進めてまいりますので一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。
結びに、2018年が皆さまにとりまして、素晴らしい年になりますよう、心からご祈念申し上げまして、新年のあいさつとさせていただきます。

11月の市長交際費(11月分合計138,927円)

市長交際費は、市政を円滑に運営するため、市長が市を代表して個人または団体との交際に要する経費です。月ごとの市長交際費の支出状況を「広報とみおか」および市ホームページで公開しています。

問い合わせ 秘書課秘書係(内線1205)

ページトップに戻る

4ページ

2017年を振り返る

「市民と共に進化する安全安心な100年庁舎」をテーマにした新庁舎が完成。未来へ向かい、持続可能なまちづくりを行う富岡市の2017年を振り返ります。

主な出来事

  • 1月8日 成人式(平成8年度生まれの新成人513人誕生)
  • 1月23日 富岡倉庫オープンハウス(29日まで)
  • 2月3日 富岡製糸場資料展(26日まで)
  • 2月19日 まなびのつどい 生涯学習フェスティバル
  • 2月26日 富岡市文学祭
  • 3月13日 一之宮貫前神社 式年遷宮祭 4日に遷御、15日に奉祝例大祭、16日に奉祝大祭
  • 3月25日 ジュディ・オング淸玉木版画の世界展(5月7日まで)
  • 3月31日 市営ガス事業引き渡し式(市営ガス事業を堀川産業へ譲渡)
  • 4月1日 富岡製糸場で「風見章子展 女優の感性で描いたはがき絵」(25日まで)
  • 4月8日 富岡製糸場観桜会(9日まで)
  • 4月22日 花と緑のぐんまづくり2017in富岡・安中(5月21日まで)旧茂木家住宅祭り
  • 4月23日 予算説明会&地域づくり協議会活動報告会
  • 5月2日 上武大学絵手紙展 風見章子と小池邦夫の絵手紙交流展他(21日まで)
  • 5月14日 妙義山ビューライドin富岡2017
  • 5月16日 地区別予算説明会を各公民館で実施(全11回)
  • 5月20日 市民養蚕(春蚕)配蚕日(21日まで) 夏蚕(7月1日・2日)、晩秋蚕(9月11日・12日)に配蚕
  • 5月21日 市民体育大会オープニング大会
  • 5月27日 第2回春のとみおかフランス祭㋐群馬を開催
  • 5月28日 富岡市総合防災訓練(メーン会場:妙義中)
  • 5月30日 地域おこし協力隊(三宅さん)に委嘱状交付
  • 6月11日 かぶらの里童謡祭(「みんなのいのち」作曲を発表)
  • 6月24日 世界遺産記念コンサート(世武裕子さん)
  • 6月26日 新庁舎行政棟で業務開始(議会棟は8月28日から業務開始)
  • 7月1日 富岡製糸場で「紅い襷」展(10月22日まで)
  • 7月2日 映画「紅い襷 富岡製糸場物語」先行上映会(かぶら文化ホールで実施)
  • 7月2日 富岡シルクレディ認証式・退任式
  • 7月22日 文化人・芸能人の多才な美術展2017(9月3日まで)
  • 7月29日 とみおか夏まつり
  • 7月30日 横須賀から富岡「友好襷リレー」(ゴールの富岡製糸場に到着)
  • 8月16日 大島火まつり・花火大会(2017年の火文字は「晴」)
  • 9月3日 かぶらウォーターランド プール閉場式(本年度をもって閉鎖)
  • 9月4日 新議場で市議会定例会開始(すみれ太鼓でオープニングセレモニー)
  • 9月6日 国連合唱団富岡公演 平和の歌声を響かせて
  • 9月10日 市役所新庁舎見学会(22日まで)
  • 9月23日 映画「紅い襷」劇場公開記念トークショー&ミニコンサート
  • 9月24日 富岡市音楽祭2017
  • 9月28日 市政懇談会を区ごとに実施(全75回)
  • 9月30日 丹生湖管理釣り場の営業を休止
  • 10月1日 地域づくりの担い手育成事業「ワクワクする富岡をつくるプロジェクト」始動
  • 10月6日 ウズベキスタンの学生3人が市内でホームステイ(13日まで)
  • 10月7日 映画「紅い襷 富岡製糸場物語」県内先行ロードショー
  • 10月8日 日仏交流シンポジウム 富岡製糸場のルーツを探る
  • 10月13日 富岡市戦没者追悼式
  • 10月22日 衆議院議員総選挙
  • 10月25日 いきいき健康フェスティバル
  • 11月3日 市民文化祭(5日まで)
  • 11月3日 妙義山紅葉フェスティバル(妙義ふるさと祭り、妙義山周辺ウォーキング大会)
  • 11月4日 工女まつり&シャンソン・シルクコンサート
  • 11月6日 議会報告会(8日・10日)
  • 11月12日 近代化遺産全国一斉公開2017 注:解説ツアー実施
  • 11月12日 富岡製糸場のルーツを巡る旅(19日まで)(富岡市訪問団がフランスを訪問)
  • 11月19日 富岡市産業祭
  • 11月26日 富岡市一周駅伝競走大会(七日市黒川地区が優勝)
  • 11月29日 妙義神社御殿修理工事竣工式
  • 12月2日 富岡製糸場で「富士山と甲斐絹展」※富士吉田市と共催(1月8日まで)
  • 12月3日 世界遺産講演会(テーマ「富士山と甲斐絹から富士山が育んだ文化と産業から」)
  • 12月10日 群馬サファリ富岡マラソン大会

ページトップに戻る

6ページ

水谷龍雲さん(芸術文化)地域文化功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受賞

地域の芸術文化の振興に功績があった人に対して、文部科学大臣が表彰する「地域文化功労者表彰」を水谷龍雲さん(七日市)が受賞されました。
水谷さんは、1956(昭和31)年に黒沢春来に師事しました。60(昭和35)年、26歳で県書道展の審査員に就任。その後、徳野大空に師事し、書家として優れた活動を行うとともに、県書道協会会長などの要職を務められました。また、富岡製糸場正門の看板や富岡どんとまつりの題字の揮毫を手掛けるなど、地域文化の振興に多大なる貢献をされたことが認められたものです。

富岡どんとまつり開催日

10月20日(土曜日)・21日(日曜日)開催決定!

ページトップに戻る

7ページ

まちなかボランティアガイド養成講座

富岡製糸場が世界遺産に登録されてから、たくさんの観光客が本市に訪れています。観光客に富岡製糸場だけではなく、その周辺の魅力も伝え、おもてなしをする「まちなかボランティアガイド」の養成講座を開催します。
受講後は、一緒にまちなか案内をしましょう。

日時 2月10日(土曜日)、午前10時から午後3時(午前9時30分受付開始)
会場 富岡公民館
内容 午前に講義、午後に実地研修を行います。

  • 富岡製糸場周辺におけるまちなかの歴史やその成り立ち、まちの変遷に関する学習
  • 昭和レトロなまち並みや歴史的な建物、工女さんとゆかりのある場所の見学
  • まちなかガイドに必要とされる基本的な知識やスキル についての学習

注:詳しくは、申込者に別途連絡します。

講師 徳江康さん(富岡まちなかガイドの会顧問)
参加費 無料
注:ただし、富岡まちなかガイドの会への入会が条件です。
募集人数 30人程度
申し込み・問い合わせ 2月2日(金曜日)までに、必要事項(住所・氏名・年齢・電話番号)を記入の上、郵送か直接持参のいずれかの方法で市観光協会(〒370‐2316富岡1151‐1、お富ちゃん家内、電話番号:62-6001)へ。

市内の歴史的建造物(第11回) 韮塚直次郎製糸場跡 11

韮塚製糸場は1876(明治9)年10月に操業を開始したことは既に触れたところですが、この前段階には建物の設立や製糸器械の導入、工女の募集などがなくてはならず、その準備には少なくとも数カ月を要したはずです。その頃、操業開始から75(明治8)年度までの富岡製糸場の経営は毎年赤字続きでした。このような状況下において、経済観念の強い韮塚直次郎が富岡製糸場の食堂の支配人(賄人)という大きな仕事を抱えていたのにも拘らず、なぜ富岡製糸場に倣った新しい製糸場を作ったのでしょうか。
これを明らかにする資料などは現在見つかっていませんが、一種の冒険であったように思われます。しかも、直次郎が師と仰いでいた尾高惇忠が韮塚製糸場の創業一カ月後には富岡製糸場の工場長の役職を離れ、渋沢栄一の手引きで岩手県の国立第一銀行に入り同地に赴いてしまったのです。直次郎にとっては予期しないことだったのではないでしょうか。
そのためでしょうか、77・78(明治10・11)年の韮塚製糸場の経営実績を示す資料はほとんどなく、滋賀県彦根から入場した工女の森山かねが77年10月に、また、同郷の工女・宮尾柳女が78年9月に死亡し、龍光寺に葬られたという記録がわずかに残っているだけです。これに信を置くと、78年度までは操業を続けていたことになります。
韮塚製糸場に替わって直次郎の名前が出てくる資料があります。それは、富岡から遠く離れた三重県四日市に設立されていた伊藤小左衛門という人が経営する製糸場の繭買付人として「韮塚直次郎」の名前が載ってきます。この最初が、78年12月からですので、富岡周辺の繭を買い集めて四日市に送っていたことになり、従って自分の製糸場はフル回転していなかったこともうかがえます。そして、80(明治13)年度版の『群馬県統計表(群馬県発行)』には県内すべての製糸場を記載していますが、この中には韮塚製糸場の名前は載っていませんので、遅くとも79(明治12)年度には製糸場を閉鎖してしまったことが考えられます。これが事実とすれば、韮塚製糸場は3年余りの運命だったことになります。
(富岡製糸場総合研究センター所長兼富岡製糸場名誉顧問 今井幹夫)

ページトップに戻る

8ページ

真綿のドレス展 白く清らかな真綿のあたたかさ

市内の養蚕農家が生産した繭の中で、選除繭 注1を使って制作した真綿作品を展示します。養蚕農家が愛情を込めて育てた蚕が作った繭を無駄なく活用し、真綿に加工して、ドレスや小物に生まれ変わらせます。繭倉庫(東置繭所)に浮かび上がる、温かみのある真綿作品をお楽しみください。

注1 選除繭とは、穴が空いていたり汚れがあったりする繭や玉繭(2頭以上の蚕が作った1個の繭)など、糸をとるには適さないとして選繭の際に取り除かれた繭のこと。

日時 1月18日(木曜日)から2月4日(日曜日)午前9時から午後5時(最終入場は、午後4時30分)
会場 富岡製糸場東置繭所
内容 真綿で作ったドレス リース 小物など
費用 無料
注:市民以外は富岡製糸場見学料が別途必要
問い合わせ 富岡製糸場戦略課(電話番号:64-0005)
協力:真綿アーティスト糸遊

「富士山と甲斐絹展」開催中

富士吉田市と連携した企画展「富士山と甲斐絹展」を富岡製糸場で開催中です。世界遺産「富士山 信仰の対象と芸術の源泉」をわかりやすく説明したパネルや、現物や映像などを使った甲斐絹の関係展示など貴重な資料を展示しています。会期は1月8日(月曜日)まで。

世界遺産講演会を開催

12月3日、市役所で世界遺産講演会を開催しました。「富士山と甲斐絹 富士山が育んだ文化と産業」をテーマに、堀内眞さんが「富士山に集う心―御山参詣と山もとの生業―」、髙須賀活良さんが「幻の織物『甲斐絹』が生まれた山梨ハタオリ産地の歴史と今」と題して講演しました。

ページトップに戻る

9ページ

「紅い襷 富岡製糸場物語」上映会

3月15日(木曜日)・17日(土曜日)・18日(日曜日) 会場 生涯学習センター 注:全席自由

入場料 前売り券 大人1,000円(当日券1,500円)/ 前売り券 子ども500円(当日券800円)※中学生以下
注:以前に販売した、前売り券(全国団体鑑賞券)でも鑑賞できます。
前売り券販売場所 市役所(企画政策課)、生涯学習センター、かぶら文化ホール、各公民館、富岡製糸場、お富ちゃん家
注:販売は3月14日(水曜日)まで。当日券は開催日に会場で販売します。問い合わせ 企画政策課(市役所行政棟2階、内線1222)

続々と各地で劇場公開

全国に先駆けて高崎市・前橋市で劇場公開した映画「紅い襷 富岡製糸場物語」が、東京(渋谷区)、名古屋市、仙台市でも上映が始まりました。今後は、さいたま市、深谷市でも劇場公開予定です。
3月には生涯学習センターでも上映会(上記記事参照)を行いますので、家族や友人などとお誘い合わせの上、ぜひ鑑賞してください。

  • MOVIXさいたま(さいたま市大宮区吉敷町4‐267‐2 コクーンシティ コクーン12階)期間(予定) 1月6日(土曜日)から12日(金曜日)
  • 深谷シネマ (深谷市深谷町9‐12 七ツ梅酒造跡)期間(予定) 2月4日(日曜日)から10日(土曜日)

ページトップに戻る

10ページ

4月15日(日曜日)富岡市長選挙投票日

市選挙管理委員会では、任期満了による富岡市長選挙の日程を次のとおり決定しました。

告示日 4月8日(日曜日)(立候補の届け出日)
投票日 4月15日(日曜日)
問い合わせ 市選挙管理委員会(総務課内 内線1242、1243)

政治家の寄付行為などは禁止されています

政治家(候補者、立候補予定者、すでに公職にある者)は、次のことが禁止されています。

寄付(いかなる名義を問わない)

選挙区内の人や団体に対して行うお中元、お歳暮、せんべつ、入学祝いなどを贈ること、見舞金や花輪を出すこと、祭りや催し物などに金銭や酒などを提供すること、冠婚葬祭での祝儀・香典など。
注:親族に対するものは除かれます。
注:有権者が政治家に求めることも禁止されています。

あいさつ状

自筆の答礼状を除いて、選挙区内の人に年賀状や寒中見舞いなど、時候のあいさつ状を出すこと

有料広告

政治家やその後援会が、選挙区内の人へのあいさつを目的に新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどに有料広告を出すこと

問い合わせ 市選挙管理委員会(総務課内、内線1242、1243)

パブリックコメントを実施します ご意見をお寄せください

パブリックコメントとは、市の重要な政策を決定する前に、その案を市民の皆さんに公表し、寄せられた意見を反映しながら、決定する手続きです。

第7期富岡市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画(案)

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすことができる社会づくりのために、高齢者がいきいきと生活するための事業の充実や介護保険制度の安定的な運営を図るため策定するものです。計画期間は、 平成30年度から平成32年度(3カ年)です。

公表および意見の募集期間
1月4日(木曜日)から2月2日(金曜日) (郵送の場合は、消印有効)

公表方法および公表場所
市ホームページに掲載するほか、市役所行政棟1階ロビー、高齢介護課(行政棟1階)、生涯学習センター、各公民館で公表します。
注:各施設の開館(業務)時間に合わせ公表します。

意見を提出できる人

  • 市内に住所を有する人
  • 市内に在勤、在学している人
  • 市内に事務所、事業所を有する人
  • 今回の計画に利害関係を有する人

提出方法 所定の意見書に、住所、氏名、電話番号を記入の上、直接持参(業務時間内)・郵送・ファクス・Eメールのいずれかの方法で提出してください。
注:必要事項が記入されていれば任意の様式でも可。

提出上の注意 募集期間までに到着しなかった場合は、無効となります。▽電話や口答での意見は、受け付けできません。
意見書の様式は、公表場所で配布するほか、市ホームページからダウンロードできます。

回答方法 提出された意見などは概要を取りまとめ、2月28日(水曜日)までに公表場所および市ホームページで回答します。(氏名や住所などの個人情報は除く)
提出された意見などに対する個別回答は行いません。

提出場所・問い合わせ 高齢介護課(市役所行政棟1階 8番窓口、〒370‐2392(住所不要)、内線1142、FAX番号:64-1294、Eメールkaigo@city.tomioka.lg.jp

ページトップに戻る

11ページ

とみおかリノベーションまちづくり(第5回)「まちやど」について

これまで、「リノベーションとは何か」「なぜリノベーションまちづくりが必要なのか」「リノベーションスクール」について紹介しました。今月号では、地域の課題を解決する手法の一つである「まちやど」についてお伝えします。

問い合わせ まちなか拠点整備室(電話番号:62-5432)

本市の人口推移と将来人口の推計からみる課題

本市の人口や生産年齢人口は大幅に減少
   ↓
社会保障費の増加や税収の減少
   ↓
経済活動の減少
   ↓
既存店舗の維持が困難に
   ↓
地域課題を解決し、地域経済に波及効果のある新しい産業の創造が必要に

波及効果のある新しい産業の一例 「まちやど」

「まちやど」とは
「お風呂はまちなかの銭湯へ」「食事はまちなかの料理店で」といったように、まちを一つの宿と見立てることで新しい価値を見いだすことを目指し、宿泊施設と地域をつなぎ、地域全体として宿泊客をもてなすことで、地域価値を向上していく宿泊施設です。

リノベーションまちづくりとの関係
遊休不動産を活用し、新しい産業を創出することで、エリアの価値を向上させ、地域課題を解決する。これがリノベーションまちづくりの目標です。「まちやど」は、飲食店への新規顧客の誘客などの効果があります。

「まちやど」としての利活用を検討
本年度のリノベーションスクールでも不動産オーナーの協力により、「まちやど」として活用可能な物件を題材に、受講生が利活用案を検討しています。詳しくは、2月号でお知らせします。

ページトップに戻る

12ページ

平成29年分の確定申告 2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)

例年、問い合わせの多い内容を紹介します。確定申告の日程など、詳しくは、2月号でお知らせします。
問い合わせ 税務課市民税係(内線1175、1176)

Q.収入は年金のみで年収400万円以下なので、申告しなくてもいいか
A.申告の義務はありません。ただし、控除漏れを修正する場合や所得税の還付を受ける場合は申告の必要があります。控除漏れで多いのは、社会保険庁(年金支給者)からの扶養調査に回答しなかったことによる配偶者や家族の扶養控除漏れです。また、国民健康保険や介護保険料の普通徴収分(納付書か口座引き落とし分)は申告しないと控除になりません。

Q.給与・年金などの源泉徴収票を紛失してしまった
A.確定申告には源泉徴収票の原本の添付が必要です。会社や社会保険庁に再発行を依頼してください。

Q.医療費控除の申告をして還付を受けたい
A.平成29年中の支払いで10万円を超えた部分の医療費、または所得の5%を超えた部分の医療費が控除となります。還付や減額となるのは払っていた所得税や平成30年度の市民税ですので、非課税だった場合、還付する所得税や減額する市民税はありませんのでご注意ください。

医療費控除相談会・事業所得相談会

注:確定申告、市・県民税の申告はできません。
問い合わせ 税務課市民税係(内線1175、1176)

  • 妙義会場(妙義中央公民館2階学習室)日時 1月16日(火曜日)・17日(水曜日)、午前9時から正午
  • 富岡会場(市役所行政棟2階21会議室)日時 1月18日(木曜日)・19日(金曜日)、午前9時から午後4時

医療費控除相談会

確定申告、市・県民税申告で医療費控除を受けようとする人の相談会
持参する物
平成29年中に支払った医療費の領収書(医療を受けた人ごとに金額を計算しておいてください)
支払った医療費に対して、健康保険や生命保険、高額療養費などで補てんされた金額がわかる物
平成29年分の源泉徴収票(準備のできる人だけ)

事業所得相談会

白色事業者(農業、営業、不動産)の所得申告に関する相談会
持参する物 平成29年中の収入と必要経費が確認できる物(帳簿、領収書など。領収書などは、経費の種類ごとに金額を計算しておいてください)
印章(朱肉を使う物)

「確定申告書等作成コーナー」をご利用ください

 国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」を利用すると、自宅などのパソコンとプリンターで確定申告書が作成できます。
 作成した確定申告書は、郵送で税務署へ提出してください。また、電子申告(e‐Tax、要事前準備)により申告を行うこともできます。

問い合わせ

  • 国税庁ホームページ「作成コーナー」の操作などに関すること
  • e‐Tax・作成コーナーヘルプデスク (電話番号:0570‐01‐5901 注:祝日、年末年始を除く月から金曜日)
  • 確定申告などに関すること 富岡税務署(電話番号:63-2235 注:自動音声案内)

所得税・個人消費税・贈与税の確定申告会場を開設
 

日時 2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)、午前9時から午後5時(土・日曜日を除く) 注:申告書作成に時間がかかるため、午後4時までにお越しください。
会場 富岡税務署2階会議室
問い合わせ 富岡税務署(電話番号:63-2235 注:自動音声案内)
注:申告会場は大変混雑するため、長時間お待ちいただくことがあります。

ページトップに戻る

13ページ

マイナンバー制度の「情報連携」

マイナンバーで各種手続きに必要な提出書類を省略できます

 「情報連携」とは、マイナンバー法に基づき、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間で情報をやり取りすることです。
 各種手続きの際にマイナンバーを申請書などに記入することで、住民が行政機関などに提出する必要があった書類を省略できるようになります。(平成29年11月から順次開始)
 マイナンバーを提供する際は、マイナンバーカードなどの本人確認書類(マイナンバー確認書類と身元確認書類)をご用意ください。
注:手続きの内容によっては、引き続き、添付書類の提出をお願いする場合があります。
注:手続きごとに省略できる書類が異なります。詳しくは、各担当課へご確認ください。

問い合わせ 企画政策課(内線1226)

Q.どのような手続きで添付書類が省略されるのか
A.税や社会保障に関する一部の手続きで添付書類が省略されます。具体的な内容については、各担当課へお問い合わせください。また、内閣府や市のホームページにも省略できる書類の代表例を記載しています。

Q.情報連携の記録を確認することはできるか
A. ウェブサービス「マイナポータル」の機能「やりとり履歴」で確認することができます。マイナポータルへのログインには、マイナンバーカードが必要です。

Q.情報連携でマイナンバーが漏れることはないか
A.情報連携ではマイナンバーを直接用いず、情報保有機関ごとに振り出された符号を使用し、芋づる式に情報が漏えいすることを防止するなどさまざまな対策を講じています。

証明書のコンビニ交付実施中

コンビニにあるキオスク端末でマイナンバーカードを使用すると、市役所窓口よりも100円安く住民票などが取得できます。ぜひご利用ください。
問い合わせ 市民課(内線1115)

公的年金等の源泉徴収票が送られます

老齢を支給事由とする年金を受給している人には、1月下旬に日本年金機構から「公的年金等の源泉徴収票」が送られます。この源泉徴収票には、平成29年1月から12月までの1年間に支払われた年金額、源泉徴収された税額、控除の内容が記載されています。
注:年金から介護保険料などが特別徴収されている場合は、支払われた年金から介護保険料額などを控除した後の金額で計算されています。
年金のほかに収入があり確定申告をする人は、申告をするときにこの源泉徴収票が必要になります。
源泉徴収票を紛失してしまった場合は、高崎年金事務所で再発行の手続きができますので、ねんきんダイヤルへお問い合わせください。
注:遺族年金、障害年金には税金がかかりませんので、これらを受給している人には、源泉徴収票は送られません。

問い合わせ
日本年金機構ねんきんダイヤル(電話番号:0570-05-1165)
注:050で始まる電話からかけるときは(電話番号:03-6700-1165)へ。
高崎年金事務所(電話番号:027-322-4299)

ページトップに戻る

14ページ

スポーツニュース

一周駅伝競走大会結果 七日市黒川地区が優勝

11月26日、市内外から29チームが参加し、第12回富岡市一周駅伝競走大会が行われました。8区間、42・195kmの市内一周コースを選手たちが駆け抜けました。

成績(オープンの部を除く)は次のとおりです。
総合優勝 七日市黒川(2時間34分15秒)
地区対抗の部 1位 七日市黒川 2位 一ノ宮 3位 東富岡
一般の部 1位 しののめ信用金庫駅伝部 2位 新 富岡高校 3位 富岡市役所A

注:個人成績は表形式のため、掲載不可。

第37回群馬サファリ富岡マラソン大会結果

12月10日、群馬サファリ富岡マラソン大会が行われました。県内外から1,710人がエントリーし、3・5・10km・ハーフマラソンの各クラスで健脚を競い合いました。

注:個人成績は表形式のため、掲載不可。

第12回市民体育大会地区対抗結果 総合優勝は一ノ宮地区

第12回市民体育大会は、5月のオープニング大会を皮切りに、8月から10月にかけて行われた秋季大会、11月の一周駅伝競走大会で、地区対抗種目の日程を全て終了しました。その結果、一ノ宮地区が総合優勝に輝きました。

注:総合成績は表形式のため、掲載不可。

市体育施設年間利用申し込み

平成30年度中の公式大会や地区・学校・社内行事など(練習は除く)で、市の体育施設の利用を予定している団体は、利用申込書を提出してください。申込用紙はスポーツ振興課に用意してあります。

提出期限 1月5日(金曜日) 提出先 スポーツ振興課(市民体育館内)
調整会議 日時=2月8日(木曜日)、午後7時 会場=市民体育館
対象となる施設  市民体育館 市民球場 陸上競技場 一ノ宮体育館 一ノ宮グラウンド
一ノ宮テニスコート 和合グラウンド 和合テニスコート 桐淵テニスコート 富岡小体育館 妙義総合体育館 妙義総合運動公園運動場 市民プール 東富岡体育館
注:富岡小体育館と市民プールを除き、月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)は休館(休場)です。

ページトップに戻る

16ページ

トピックス

11月19日 産業祭がにぎやかに開催

第12回産業祭が、もみじ平総合公園で行われました。恒例の農畜産物大即売会や店自慢の逸品セールなどが盛大に行われ、会場内では地元商品を目当てに訪れた人たちが買い物を楽しみました。また、木工教室、繭クラフト、富岡実業高による電気自動車試乗なども行われ、たくさんの人でにぎわい、盛り上がりました。

11月19日 生活に役立つ工夫を紹介くらしフェスティバル

富岡公民館で富岡くらしフェスティバル(消費生活展)が開かれました。消費生活に関する身近な問題や疑問、くらしに役立つ工夫などを体験や展示を通じて、わかりやすく紹介しました。

11月19日 家庭教育啓発事業作品展の表彰と講演会

生涯学習センターで、市PTA連合会が家庭教育啓発事業を行いました。「子どもたちの作品展」の絵画の部で小学生11人、作文の部で中学生6人が優秀賞として表彰されました。表彰式の後、人材教育講師の桑原寛二さんを迎え、「わかろう家族 よりよきパートナーへ」と題し、講演会を行いました。

11月22日 県大会3連覇を市長に報告

10月15日から前橋市民球場、上毛新聞敷島球場を会場に開催された「群馬県町内対抗軟式野球大会」に富岡地区のチームが参加し、見事、同大会3連覇を果たしました。11月22日、市役所を訪れたメンバーは、市長に優勝の報告を行いました。

11月23日 郷土の歴史探訪を楽しむふるさと歴史ウォーク

七日市・富岡地区の文化財や名所・旧跡などを訪ね歩く「ふるさと歴史ウォーク」を開催しました。参加者39人は、七日市藩邸・黒門、蛇宮神社、龍光寺、富岡市講堂など約6キロメートルの道のりを歩き、文化財などの管理者や市職員の解説を聞いて地域の歴史への理解を深めました。

11月26日 小学生クロスカントリー競走大会を開催

もみじ平総合公園内に設けられた特設コースで、市内および甘楽郡内の小学3から6年生49人が参加したクロスカントリー競走大会が行われました。市内小学校の上位入賞者は次のとおりです。

  • 3・4年男子の部 2位 佐藤凌空(富岡小)3位 齋藤友希(高瀬小)
  • 3・4年女子の部 2位 大塚香葉(丹生小)3位 磯貝紅深子(一ノ宮小)
  • 5・6年男子の部 1位 瀬間颯(吉田小)3位 飯野天太(丹生小)
  • 5・6年女子の部 1位 萩原紗菜(高瀬小)2位 鈴木笑香(西小)3位 加藤愛叶(高瀬小)

11月28日 上州富岡駅に「繭時計」富岡かぶらロータリークラブ

富岡かぶらロータリークラブが創立15周年の記念事業として、富岡製糸場にちなんだ繭の形の時計を市に寄付しました。繭時計は、上州富岡駅の駅舎外壁に設置。11月28日の贈呈式には、市長や富岡かぶらロータリークラブの会長(倉持純晃さん)・会員のほか、富岡ひばりこども園の園児らも一緒に除幕を行い、繭時計が披露されました。

12月1日 冬の県民交通安全運動 街頭で交通安全を呼び掛け

12月1日から10日まで冬の県民交通安全運動が実施され、初日に街頭指導を行いました。市長、副市長、教育長、企業管理者、市議会議員、富岡警察署長、交通安全協会員など40人が、信号で止まった車へ駆け寄り、チラシなどを手渡し交通安全を呼び掛けました。

12月10日 整備改修工事を特別公開社会教育館

整備改修工事中の社会教育館で現場説明会を行いました。普段は見られない有形文化財の改修や耐震補強工事の工事現場を解説員が説明しながら、案内しました。
 社会教育館は、県民の浄財によって1936(昭和11)年に「東國敬神道場」として建設。築後80年が経過し、建物の老朽化が進んでいることから、改修や耐震補強工事を行っています。(工期は3月末まで)

ページトップに戻る

18ページ

富岡市主催婚活支援事業 恋するボウリング

日時 1月27日(土曜日)、午後1時30分
会場 パークレーン高崎(高崎市歌川町8)
対象者 25歳から40歳までの独身男女 注:男性のみ市内在住・在勤の人
内容 4人一組で3ゲームします。1ゲームごとに男性メンバーが入れ替わりますので、楽しいゲーム&トークをお楽しみください。個人スコアで順位を決定し、豪華富岡名産品をゲットしましょう!もちろんハンデはありますが、くじ引きで決めるので誰が優勝するかは運次第!?
参加費 1,000円
定員 各8人(先着順)
注:最少催行人数:各4人
注:結果はEメールで連絡
申し込み 1月18日(木曜日)までに、Eメールで必要事項(住所・氏名・性別・生年月日・勤務先・メールアドレス・携帯電話番号)を記載し、こども課(Eメール kodomo@city.tomioka.lg.jp)へ。
問い合わせ こども課(内線1162)

当日の予定(変更になる場合があります)
午後1時30分
パークレーン高崎集合
イベント受け付け
プロフィルカード記入
午後2時 ゲームスタート
午後3時50分 順位発表&カップリング
午後4時30分 イベント終了 協力 パークレーン高崎

地域づくりトピックス

富岡市地域づくり担い手育成事業
市では、富岡市総合戦略の基本施策に基づき、市民一人一人が本市に対して、愛着と誇りを育み、人財の育成や人を呼び込む仕組みづくりを推進しています。皆さんの参加をお待ちしています。

富岡市在住保護者向けセミナー(TURNSセミナー)『いま、地方がおもしろい!』

 「将来、自分の子どもに本市へ戻ってきてほしい」と考えている人を対象に、セミナーを開催します。岐阜県郡上市で里山保全組織「猪鹿庁」を立ち上げた興膳健太さんが、これまでの活動と地方での暮らしについて講演します。
日時 1月21日(日曜日)、午後2時から4時30分
会場 ホテルアミューズ富岡
ゲスト 興膳健太さん(郡上里山株式会社(猪鹿庁))

首都圏等在住者向けセミナー(TURNSカフェとみおか)

本市へのUターン・Iターンに関心がある人を対象に、セミナーを開催します。本市で活躍するゲストを呼び、本市での仕事や暮らしについて体験談を聞き、Uターン・Iターンのきっかけづくりを行います。
日時 1月25日(木曜日)、午後6時30分から9時
会場 東京交通会館ビル9階
参加費 500円(軽食付き)
ゲスト 富岡市地域おこし協力隊

注:前回の様子や各セミナーへの申し込みは、 市ホームページをご覧ください。
注:本事業の内容は、地域づくり課地域づくり係(内線1253)までお問い合わせください。

ページトップに戻る

19ページ

健康とみおか21通信 No.75 生活習慣病予防のための9カ条

11月7日に開催した「血糖コントロール教室」では、大竹雄二さん(大竹外科胃腸科院長)が、「糖尿病を中心とした生活習慣病予防」について講演しました。
 糖尿病予防対策は、全ての生活習慣病予防につながります。講演の一部を抜粋しますので、ご自分の生活習慣を振り返ってみましょう。

  1. 腹八分目で肥満を防ぎましょう
    バランスのとれた食事を3食摂ること、できれば間食はしない。
  2. 野菜や海草、豆・大豆製品をたっぷりと
    食事の際、野菜から先に食べる。血糖値の急上昇を抑えます。
  3. タンパク質(赤身肉や魚料理)を摂りましょう
  4. 植物性の脂質と動物性の脂質の比は「2:1」で!
  5. 塩分は控えめに!
    1日3グラムあれば生きていくには十分ですが、群馬県民は1日平均10グラム摂取しています。
  6. こまめに歩く習慣を!
    適度な運動は寝たきり予防になります。(現在の運動量+10分の運動を心掛けましょう)
  7. とにかく禁煙
  8. 過度の飲酒は要注意!週に2日は休肝日を!
  9. ストレスをためない

治療中の病気がある人は当てはまらないこともありますので、主治医に相談しましょう。

前立腺がん・肝炎ウイルス・胃がんリスク (ABC)集団検診

 「前立腺がん検診」「肝炎ウイルス検診」「胃がんリスク(ABC)検診」の集団検診を実施します。本年度、検診を受けていない人は、自分と家族のためにぜひ検診を受けましょう。
注:前立腺、肝臓、胃の病気で治療中または経過観察中の人は、対象になりません。

検診日 2月2日(金曜日)・22日(木曜日)
受付時間 午前9時から9時30分
会場 生涯学習センター
持参する物 自己負担金(市民税非課税世帯はなし。注:事前の手続きが必要です)
受診シール 健康手帳(持っている人)
注:受診票は、会場で記入します。
申し込み・問い合わせ 1月4日(木曜日)から、電話で保健センターへ。

前立腺がん検診

対象者:50歳以上の男性市民 内容:問診、PSA検査(血液検査) 自己負担金:500円

肝炎ウイルス検診

対象者:40歳以上の市民で、今までに「市の肝炎ウイルス検診」を受けた事のない人 内容:問診、C型・B型肝炎ウイルス検査(血液検査) 自己負担金:なし

胃がんリスク(ABC)検診

対象者:40・45・50・55・60・65・70歳の市民 内容:問診、ピロリ菌抗体検査、ペプシノゲン検査(血液検査) 自己負担金:500円

対象者は、本年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日)、上記の年齢になる市民です。
受診シール(4月送付)に、受診可能な検診名が印字されていますのでご確認ください。

平成29年度高齢者用肺炎球菌ワクチン

対象者 昭和28年4月1日以前生まれで未接種の人 希望する場合は事前に保健センターで手続きが必要です。

ページトップに戻る

20ページ

情報あれこれ

子育て

児童館のイベント

親子ビクス
日時 1月17日(水曜日)、午前10時から
対象者 幼児親子
指導者 山田久子さん
参加費 無料
定員 20組(要予約)
持参する物 タオル、飲み物
申し込み・問い合わせ 富岡児童館(電話番号:89-2024)

まゆ玉作りとどんど焼き
日時 1月14日(日曜日)、午後2時
対象者 幼児親子・小学生
指導者 サークル59・児童館職員
参加費 100円
定員 15人(要予約)
申し込み・問い合わせ 妙義児童館(電話番号:73-3838)

らくらく離乳食教室

離乳食の話や調理を通して、離乳食の不安や心配を解消する教室です。

日時 1月24日(水曜日)、午前9時45分から11時15分(受け付けは午前9時30分から)
会場 富岡公民館2階実技実習室ほか
内容 調理実習 ミニ講話
対象者 市内在住で平成29年5月から8月生まれの赤ちゃんを持つ保護者
注:託児あります。
参加費 無料
定員 15人(先着順)
持参する物 筆記用具、エプロン、三角巾、布巾、手ふき
申し込み・問い合わせ 1月17日(水曜日)までに保健センター(電話番号(64)1901)へ。

募集

富岡准看護学校学生

平成30年4月入学生を募集します。

受験資格
中学卒業以上(見込みを含む)
試験日 1月27日(土曜日)
試験科目 国語、作文、面接
注:詳しくは、当校ホームページをご覧ください。
申し込み・問い合わせ 1月9日(火曜日)から23日(火曜日)に、所定の用紙に必要書類を添えて富岡准看護学校(電話番号:62-0284)へ。
注:所定の用紙は、当校で配布します。

0歳 ペア・スクール(第9期) 赤ちゃんの泣き声は言葉のかわり

赤ちゃんの心の発達過程や関わり方を学ぶスクールです。育児を通して親と子の深い絆づくりをしましょう。

日時・内容 全5回、午前10時から11時30分
注:毎回、ふれあい遊び、絵本の読み聞かせがあります。
注:講座日託児あります。
対象者 市内在住で平成29年4月から10月生まれの乳児とお母さん    
受講料 無料
定員 15組(先着順)  
持参する物 赤ちゃんの飲み物・おしぼり
会場・申し込み・問い合わせ
1月10日(水曜日)、午前8時30分から電話で親と子のスマイルサロン(あい愛プラザ2階、電話番号89-3063)へ。

県営住宅入居者

申込期限 1月4日(木曜日)から18日(木曜日)
入居可能日 4月1日(日曜日)
募集団地・申し込み方法県住宅供給公社(前橋市紅雲町と市役所内)、県土木事務所にある募集案内をご覧ください。申し込みは所定の申込用紙で郵送となります。
その他 入居者は公開抽選で選定。観音前・田篠・桐淵・酢の瀬・上中島団地については、随時申し込みを受け付け。
入居資格 現在、住宅に困っていて、親族と入居する予定の人 単身の高齢者や障害のある人
注:収入制限があります。詳しくは、募集案内か、県住宅供給公社ホームページをご覧ください。
問い合わせ 県住宅供給公社富岡支所(行政棟3階、電話番号:64-9801、FAX番号:64-9802)

教室・講座

親子スキー教室

親子でスキーの技術講習を受け楽しく滑ります。

期日 2月12日(月曜日)
会場 水上宝台樹スキー場
乗車場所 ららん藤岡・高崎駅東口ほか
対象者 県内在住の母(父)子家庭の母(父)と子(高校生以下)および寡婦
参加費 (バス代・昼食代・保険料・受講料含む)
大人(非会員)=6,000円 母(父)子会員=5,000円 子(高校生以下)=3,000円 3歳未満の乳幼児=1,000円
注:用具などのレンタル料は自己負担となります。
定員 親子合わせて80人(応募多数の場合は抽選)申し込み・問い合わせ 1月12日(金曜日)(必着)までに、往復はがきに住所・参加者全員の氏名・年齢(学年)・電話番号・希望乗車地・親子スキー教室参加希望と記入し、群馬県母子寡婦福祉協議会(〒371‐0843前橋市新前橋町13‐12社会福祉総合センター内5階、電話番号:027‐255‐6636)へ。

春の行事食を作ろう

春の新入学やお祝いシーズンに向けて、子どもも大人も楽しく食べられる料理を作ります。

日時 1月26日(金曜日)、午前10時から午後1時(受け付けは午前9時45分から)
会場 生涯学習センター2階実技実習室
調理メニュー
デコレーション寿司
かぼちゃのポタージュ
サラダクレープ
フルーツゼリー
対象者 市民
講師 富岡生活研究グループ連絡協議会会員
参加費 1人300円
定員 20人(先着順)
持参する物 エプロン、三角巾、布巾、手ふき
その他 託児あり
申し込み・問い合わせ 1月4日(木曜日)から19日(金曜日)に、電話で保健センター(電話番号:64-1901)へ。

図書館だより

会場 おはなし室 参加費 無料
申し込み 不要 問い合わせ 図書館(電話番号62-1737)
1月の定例おはなし会
日時 1月6日(土曜日)・13日(土曜日)・20日(土曜日)・27日(土曜日) 午後2時から2時30分
赤ちゃん向けの読み聞かせ
日時 1月11日(木曜日)、午前10時から10時30分
注:マタニティの人も大歓迎。気軽にお出掛けください。
年末年始休館のお知らせ
休館日 平成29年12月29日(金曜日)から1月4日(木曜日)
注:返却ボックスは、休館中も利用できます。ビデオ、DVD、CDは開館中にカウンターへ。

食品衛生責任者養成講習会

日時 3月8日(木曜日)、午前8時50分から午後4時40分
会場 富岡合同庁舎
対象者 食品の製造・販売などに従事する人
食品衛生知識を高めたい人
内容 講習受講で食品衛生責任者の公的資格を取得することができます。
注:食品の営業(許可業種)には、施設ごとに1人以上の食品衛生責任者が必要です。
受講料(講習料・テキスト代など) 9,000円
定員 70人
申し込み日時・場所
1月17日(水曜日)、午前10時から午後4時 富岡合同庁舎3階中会議室1
1月18日(木曜日)・19日(金曜日)、午前8時30分から午後5時 富岡合同庁舎1階保健福祉事務所
注:代理人の場合は、受講者の住所・氏名・生年月日・電話番号が必要です。
注:申込日に都合がつかない場合は、ご連絡ください。
問い合わせ 甘楽富岡食品衛生協会(富岡保健福祉事務所内電話番号:64-4141)

就労支援

福祉分野の就職支援「夕方からの就職面接会inたかさき」

福祉分野への就職を支援します。幅広い人が参加しやすいよう夕方から開催します。

日時 2月7日(水曜日)、午後5時から7時
会場 高崎市労使会館3階ホール(高崎市東町80‐1)
対象者 福祉分野に関心がある人や就職希望の人内容 事業所と求職者の個別面談(ブース形式) 求人の資料コーナー  福祉資格取得などの相談コーナー
参加費 無料
問い合わせ 高崎市社会福祉協議会高崎市福祉人材バンク(高崎市労使会館内、電話番号:027‐324‐2761)

催し

自然史博物館特別展「ぐんまの自然のいま」

期間 1月13日(土曜日)から2月18日(日曜日)、午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
注:休館日は毎週月曜日(2月12日(月曜日)は開館、13日(火曜日)は休館)
内容 県内の自然保護や保全に携わる団体、学校などが行っている調査研究や活動の成果をポスター、パネルなどで紹介 当館収蔵実物標本の展示
観覧料 無料
注:常設展は有料(一般510円 大学・高校生300円 中学生以下無料)
会場・問い合わせ 自然史博物館(電話番号:60-1200)

年始の観光行事

北向観音例祭(大島)日時 1月14日(日曜日)、午前0時から午後6時
虚空蔵例祭(星田)日時 1月21日(日曜日)、午前8時から午後4時
貫前神社節分祭 注:豆まき 日時 2月3日(土曜日)、午後2時・3時

消防隊出初式

市消防隊では、新年を迎え消防隊員の士気の高揚を図るため、出初式を行います。見学できますので、お出掛けください。

日時 1月7日(日曜日)、午前9時45分
会場 生涯学習センター
内容 消防隊部隊観閲 火災協力者や消防団員の表彰
問い合わせ 消防本部警防課(電話番号:62-4333)

シルククラブ連合会「作品展・芸能発表会」

日時
作品展 2月9日(金曜日)、午後2時から4時
2月10日(土曜日)、午前9時30分から午後2時
芸能発表会 2月10日(土曜日)、午前9時30分から
会場 生涯学習センター 作品展は3階第1・2会議室 芸能発表会はホール
内容 クラブ会員が制作した書画、手芸品、写真などの作品展示や舞踏、合唱など、日頃の活動発表
入場料 無料
問い合わせ 市シルククラブ連合会事務局(高齢介護課内、内線1143)

第14回富岡甘楽「芸能発表会」

富岡甘楽広域圏内の芸能発表会を開催します。

日時 1月28日(日曜日)、午後1時
会場 かぶら文化ホール
内容 富岡甘楽広域圏内で文化活動をしている団体・個人の芸能発表会
入場料 無料
問い合わせ 富岡甘楽文化振興協議会事務局(市文化協会妙義支部、妙義中央公民館内、電話番号:73-3053)

甘楽・富岡市民探鳥会

日時 2月4日(日曜日)、午前10時から昼ごろ(雨天中止)
場所 大塩湖(堤防西側の野鳥看板前に集合)
内容 大塩湖の周りを歩いてカモたちを中心に観察します。
案内 日本野鳥の会会員
参加費 無料
問い合わせ 日本野鳥の会群馬(電話番号027‐325‐5211)

スポーツ

ネオホッケー大会

日時 2月18日(日曜日)、午前9時開会式(午前8時30分受け付け)
会場 富岡小体育館
競技種目 小学生低学年(1から4年生)
小学生高学年(4から6年生)
一般女子(中学生以上) 一般男子(中学生以上。女子が入ってもよい)
一般混成(女子が3人以上)
参加資格 市内在住・在勤・在学および市内のクラブに所属する小学生以上の人  市外のチームで当協会が認めたチーム
選手登録 各種目とも監督1人、選手10人以内
競技方法 各種目ともリーグ戦方式(参加チーム数によりトーナメント方式に変更する場合あり)試合時間、その他試合の進め方については、代表者会議で決定
表彰 各種目1位から3位
参加費 2,000円(1チーム)
申し込み・問い合わせ
1月31日(水曜日)までに、所定の申込用紙に必要事項を記入し、参加費を添えて富岡市フロアボール協会会長の石井充夫さん(下高尾9‐1、電話番号・FAX番号:63-2067)へ。

障害のある人のための「週末活動支援事業」

週末に軽スポーツやレクリエーションなどの活動を行います。ご参加ください。

共通事項
対象者 市内・甘楽郡在住で、障害(身体・知的・精神など)がある18歳以上の人(高校3年生を含む)
参加費 無料(実費がかかることがあります)
申し込み・問い合わせ
電話 月から金曜日、午前8時30分から午後5時30分に障害者就業・生活支援センター「トータス」(電話番号:0274‐25‐8335)へ。
Eメールk-fujisaku@xp.wind.jp、住所、氏名、生年月日、電話番号、障害者手帳の種類、等級、当日の会場までの交通手段を書いてください。
注:詳しくは、トータスのホームページをご覧ください。

第7回目
日時 2月10日(土曜日)、午前10時から正午
会場 一ノ宮体育館
内容 軽スポーツ(ティーボール)
申込期限 2月7日(水曜日)
第8回目
日時 3月10日(土曜日)、午前10時から正午
会場 一ノ宮体育館
内容 軽スポーツ(フットサル)
申込期限 3月7日(水曜日)

高齢者のための「筋力トレーニング教室」

初級コースを開講します。指導員と一緒に行いますので、初めての人でも簡単にできます。

日時 2月8日(木曜日)から毎週木曜日(祝日・年末年始を除く)、午後1時30分から2時40分
注:2月15日(木曜日)は休講
会場 勤労者会館2階大ホール
対象者 65歳以上の市民で運動に支障のない人(医師からの運動制限のない人)
内容 高齢者のための筋力アップトレーニングを、音楽に合わせて行います。
参加費 無料
定員 約50人(先着順・筋力トレーニング教室に初めて参加される人が優先)
持参する物 運動のできる服装、室内用運動靴、水分補給用の飲み物、タオル
申し込み・問い合わせ
1月9日(火曜日)、午前9時から電話で保健センター(電話番号:64-1901)へ。

ご協力ください 「住宅・土地統計調査」現地確認を実施します

10月1日(月曜日)に実施する「住宅・土地統計調査」の調査区を決定(単位区設定)するため、現地確認を行います。皆さんのご理解ご協力をお願いします。
基準日 2月1日(木曜日)
調査期間 1月下旬から2月中旬
調査内容 住宅・土地統計指導員が、住宅などの建物の位置や戸数、道路や河川などの調査区境界となる目標物を確認します。
対象 市内のうち、指定された187調査区
調査結果 「住宅・土地統計調査」に使用され、国や地方公共団体の住生活関連施策の立案に活用されます。
問い合わせ 企画政策課 統計担当(内線1224)

その他

若者人材確保支援奨励金

中小企業の人材確保を支援するため、市内の中小企業で継続して頑張る若者を対象に、奨励金を交付します。

対象者 次の全てに該当する人
市内の中小企業に正社員として勤務
同一企業の就業期間が9カ月を経過
就職の時点で30歳以下
申請の時点で市民
世帯員全員に滞納がないこと
奨励金 1年目と6年目に各5万円
申請期間 就職1年目の9カ月間を経過後、3カ月間
注:例えば、平成29年4月1日就職の場合、平成30年1月1日から3月31日までが申請期間です。
注:6年目の奨励金については、平成33年度以降の申請受け付けです。
申請方法 市ホームページから書式をダウンロードし、郵送か産業振興課窓口(市役所行政棟2階)へ。
問い合わせ 産業振興課(内線1263)

1月納期の税 納期限は1月31日(水曜日)

市県民税        4期
国民健康保険税     7期
後期高齢者医療保険料  7期
介護保険料       7期

夜間納税窓口
日時 1月31日(水曜日)午後5時15分から7時
場所・問い合わせ 納税課(行政棟1階、内線1186・1188)

搬入された「可燃ごみ」の中身を検査します

平成27年中、本市の生活系のごみ排出量は、県内12市でワースト2位でした。この要因として、事業系のごみが混ざっていたり、市外からのごみや産業廃棄物などが搬入されていたりする可能性があります。
ごみの減量化・資源化と廃棄物の適正処理のため、清掃センターに搬入された可燃ごみの中身を検査します。排出経緯などの聞き取りも行うため、待機時間が必要となります。皆さんのご協力をお願いします。

期間 1月から3月は不定期 4月からは毎日
実施方法 搬入された可燃ごみの中身を検査します。
注:分別が不十分なごみや市外ごみ、産業廃棄物は、持ち帰りの措置や排出した事業所への個別指導を行います。

ごみを持ち込むときの注意点

  1. 搬入できるごみは、市内の家庭から排出される一般廃棄物と事業活動に伴い排出される事業系一般廃棄物に限ります。
  2. 事業活動に伴い排出されるごみのうち「産業廃棄物」は搬入できません。また、事業系のごみを「家庭ごみ」として搬入してはいけません。
  3. 分別されていないごみや、市で扱わない不適正ごみは搬入で きません。

1月22日(月曜日)から2月23日(金曜日)ごみ焼却施設の整備工事を行います

工事期間は、生ごみなどの生活ごみの焼却処分を優先するため、ふとんや家具などの粗大ごみや、枝木、落ち葉など、急を要しないごみの自己搬入はお控えください。

ページトップに戻る

26ページ

美博通信

美術博物館をご利用ください

美術博物館では、絵画や彫刻、民俗資料などを常設展示し、市民や来館者の皆さんに鑑賞していただいています。また、作品や資料を収集・保存管理するとともに、教育普及活動や調査研究なども行っています。魅力ある美術博物館をめざして、さまざまな催しを企画しますので、ぜひご来館ください。

市民ギャラリー

あなたの作品を展示してみませんか

市民ギャラリーは、市民の皆さんが利用することができるスペースです。市民文化祭での展示もその一つです。毎年、「絵画」「水墨画」「切り絵」「押し花」「書」「写真」などの展示が行われています。また、このスペースでは作品や資料の展示だけでなく、さまざまな催しが企画されています。

施設利用料
市民ギャラリー 1日:6,290(18,870)円
視聴覚室、創作室(それぞれ別途かかります)
午前:420(1,260)円、午後:620(1,860)円
注:( )内は市外利用者(個人・団体)の料金です。※視聴覚室や創作室は、会議室としても使用できます。

2階ロビー

癒やしのひとときを過ごしませんか

2階ロビーには、ゆっくりとくつろげる広い空間があり、「挽きたてのコーヒー」(セルフ1杯150円)が楽しめます。また、昨年の市民文化祭では、この空間を利用して「ハーモニカ」「オカリナ」「ギターとフルート」などのミニコンサートが行われ、来館者は魅力的で多彩な演奏に酔いしれました。

臨時休館のお知らせ

空調設備工事のため、全面休館となります。ご迷惑をお掛けしますが、ご協力をお願いします。
期間 1月31日(水曜日)まで 問い合わせ 美術博物館(黒川351-1、電話番号:62-6200)

ページトップに戻る

27ページ

市民の文芸 投稿者募集

あなたの心をことばにしてみませんか

市民の文芸の掲載作品を募集しています。次の応募要項に沿って作品を投稿してください。選者によって選ばれた作品を掲載します。漢詩と詩は隔月掲載となります。

投稿できる作品の数

  • 俳句の部=5句以内
  • 川柳の部=5句以内
  • 短歌の部=3首以内
  • 漢詩の部=1編
  • 詩(童謡歌詞も可)の部=1編

投稿方法
毎月1日(必着)までに、投稿する部門名、氏名、住所、電話番号を明記の上、はがき、封書、ファクス、Eメールまたは直接、秘書課「市民の文芸係」へ。
注意事項
ペンネームでの応募もできますが、本名や住所などの記載がない場合は掲載できません。
掲載作品は、選者により添削されている場合があります。
応募作品は返却できません。
応募・問い合わせ 秘書課広報広聴係(市役所行政棟2階、〒370‐2392 富岡市役所(住所不要)市民の文芸係、内線1210、FAX番号:62-0357、Eメールkouhou@city.tomioka.lg.jp

ページトップに戻る

30ページ

1月市民相談室

とみおか健康ダイヤル24

フリーダイヤル 0120-012-190
24時間年中無休 相談料・通話料無料

市民専用の電話相談です。相談の分野ごとに医師や看護師などの専門スタッフが応対します。
受付内容 健康、医療、介護、看護、育児、栄養、心の健康についての相談、医療機関や相談機関の情報提供
問い合わせ 保健センター 電話番号:64-1901

休日診療所 富岡市甘楽郡医師会

診療日時 日曜日、祝日、年末年始 午前9時から正午 午後1時から5時
診療場所・問い合わせ 休日診療所(公立富岡総合病院隣接、富岡2037番地1 電話番号:64-1939)

公立富岡総合病院 休日の小児救急診療

富岡市甘楽郡医師会医師の協力で行っています。緊急時にご利用を。

1月21日(日曜日)小柳由里子さん(青葉クリニック)
2月4日(日曜日)菊池修さん(もみの木こどもクリニック)
注:変更になる場合があります。
診療時間 午前9時から正午
診療場所・問い合わせ 公立富岡総合病院 救急室 電話番号:63-2111

小児救急電話相談 #8000

子どもの急な病気などで対応に困ったら、プッシュ回線の電話、または携帯電話から#8000にお電話ください。経験豊富な看護師などが相談に応じます。
相談日時 月から土曜日=午後6時から翌朝午前8時 日曜日・祝日・年末年始=午前8時から翌朝午前8時
問い合わせ 群馬県医務課(電話番号:027-226-2534)

健康テレホン1月 電話番号027-234-4970

約3分間の健康講話が聞けます

  • 月曜日 心身症の種類
  • 火曜日 心臓弁膜症の種類
  • 水曜日 丈夫な骨を作ろう
  • 木曜日 マウスピースによる歯科矯正
  • 金曜日 歯のホワイトスポット(歯の白濁)
  • 土曜日・日曜日 歯が割れた!

手話通訳者のご利用を

日時 1月10日(水曜日)・17日(水曜日)・24日(水曜日)・31日(水曜日) 午後3時から5時
問い合わせ 福祉課障害福祉係(内線1139、FAX番号:64-1294)

消費生活Q&A 訴訟の偽はがきを悪用した架空請求詐欺

相談日時 月から金曜日、午前 8時30分から午後5時
問い合わせ 消費生活センター(あい愛プラザ2階、電話番号:63-6066)

ページトップに戻る

31ページ

子育てナビをご利用ください

保健ガイドや子育てに関する情報を掲載しているサイトです。
子育てナビ内に、子どもの健診記録や予防接種記録を登録できるアプリを公開しています。

2月保健ガイド

会場・問い合わせ 保健センター 電話番号64-1901、FAX番号64-1969
注:毎回翌月分を掲載しています
注:表形式のため、掲載不可。詳しくは保健センターへお問い合わせください。

2月の予防接種

受付時間 午後1時から1時30分
持参する物 母子健康手帳(忘れた場合は接種不可)・予診票・筆記用具
会場・問い合わせ 保健センター

対象者以外でも、予防接種法で定められている年齢であれば接種できます。希望する場合は必ず事前に連絡をお願いします。
四種混合とMR1期(1歳児)の予防接種は、個別接種(医療機関での接種)となります。
平成9年4月2日から平成19年4月1日生まれの人で、日本脳炎が済んでいない場合は、ご相談ください。

1月の健診

詳しくは「健康のしおり」(4月配布)などでご確認ください。

集団

子宮頸がん・乳がん検診(今年度未受診者のみ:1月22日㈪ 予約制 生涯学習センター)

個別

大腸がん・前立腺がん・胃がんリスク(ABC)・肝炎ウイルス検診・国保特定健診・健康診査 ※1月で終了します。早めに受診をしましょう。

精神保健福祉相談(予約制)

日時 2月13日(火曜日)、午後1時から3時
内容 こころの病気、こころの不調(不眠、不安など)のある人やその家族からの相談に精神科医師が応じます。

エイズ検査・相談(予約制)

日時 原則 毎週月曜日、午後1時から2時 第4月曜日、午後5時30分から6時30分 注:祝日を除く
注:電話相談は、月から金曜日、午前9時から午後5時
内容 血液検査・尿検査・エイズ相談
注:無料・匿名で受けられます。
会場・予約・問い合わせ 富岡保健福祉事務所(富岡合同庁舎内)電話番号:62-1541、FAX番号:64-2397

地域がんサロン ぐんま 富岡

費用・ 予約  不要
日時 毎月第2日曜日、午後1時から3時
会場 ふれあいの居場所「よりみち」和田宅(富岡霊園から北へ約200メートル、上黒岩1879-1)
内容 がん患者やその家族が集まり、お互いの体験話や悩みの相談ができます。
問い合わせ ぴあサポぐんま土屋さん

ページトップに戻る

32ページ

広報紙アンケート 読んで答えて、すてきなプレゼントをもらおう

今月のプレゼント「カブキ缶」か「42グラム袋詰め」(10人)

お店からのコメント
創業明治29年。以来、今日まで味と香りにこだわりつづけた吉田屋の七味とうがらし。
そばやうどんはもちろん、みそ汁や漬物、温かいごはんにかけても最高の風味をお楽しみいただけます。

吉田七味店
富岡1071-5 電話番号62-4088
営業時間 午前9時から午後6時
定休日 水曜日

プレゼント提供者を募集中。詳しくは、秘書課広報広聴係(内線1211)へ。

アンケート

  1. 今月号で良かった内容は
  2. 今後、取り上げてほしい内容は
  3. 改善してほしいところは

応募方法 はがきまたは市ホームページで、アンケートの答え、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、下記応募先から応募してください。(各月1人1通まで)締め切りは1月31日(水曜日)です。(必着)

  • はがき 〒370-2392 富岡市役所(住所不要)広報紙アンケート係
  • 市ホームページ「募集情報」広報紙アンケート

当選者の発表は、プレゼント引換券の発送をもって代えさせていただきます。

富岡市の人口(12月1日現在)

男性 24,392人 前月比-13人
女性 25,090人 前月比-9人
合計 49,482人 前月比-22人
世帯数 19,973世帯 前月比-2世帯

11月分の人口動態内訳

出生 30人 死亡 49人 転入 74人 転出 77人

富岡製糸場見学者数(12月1日現在)

11月入場者数 69,778人 (2,326人/日)(前年同月比-16,882人)
累計(市へ管理移管後)5,725,660人


見やすく読みまちがえにくいユニバーサルデザインフォントを採用しています。

発行編集 富岡市市長公室秘書課 〒370-2392 群馬県富岡市富岡1460番地1
電話番号0274-62-1511 FAX番号0274-62-0357
ホームページ  http://www.city.tomioka.lg.jp/
印刷 吉田印刷工業株式会社

ページトップに戻る

このページのお問い合わせ先

総務部 秘書課 広聴広報係
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?