本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 市政情報 > 広報 > 広報とみおか >広報とみおか平成30年5月号(テキスト形式)
トップページ > 各課のご案内 > 総務部 > 秘書課 > 広報とみおか >広報とみおか平成30年5月号(テキスト形式)

広報とみおか平成30年5月号(テキスト形式)

登録日:2018年5月7日

テキスト形式での表示が困難な記事(市民の文芸など)は掲載しておりません。
また、個人情報保護の観点から、一部記事内の氏名や問い合わせ先を掲載しておりません。

目次

1ページ

榎本市長初登庁

任期満了に伴う富岡市長選挙は、4月15日に投開票が行われ、榎本義法(えのもとよしのり)さんが当選しました。任期は平成30年4月23日から平成34年4月22日までの4年間です。

榎本義法 市長就任あいさつ

プロフィル
1969(昭和44)年1月7日生まれ

【学歴】

  • 法政大学大学院政治学研究科修了

【職歴】

  • 学校法人榎本学園理事長
  • なのかいちこども園園長
  • 金剛院僧侶
  • 元さくら銀行(現:三井住友銀行)

【役職歴】

  • 西小学校PTA会長
  • 富岡中学校PTA会長
  • 富岡市小中学校PTA連合会会長
  • 富岡ユネスコ協会理事
  • 富岡国際交流協会理事
  • 富岡青年会議所理事長
  • 日本青年会議所副会頭 など

このたびの市長選挙におきまして、多くの市民の皆さまの温かいご支援とご支持をいただき、富岡市政の舵(かじ)取り役を担わせていただくことになりました。

改めて、市政運営を担うこととなるその責任の重さに身の引き締まる思いであり、これからの4年間、皆さまからの付託にしっかりお応えできるよう全力で邁進(まいしん)していかなければならないと感じております。

さて、現在の富岡市は、急激な人口減少・超高齢社会が進行する中で、将来を見据え、時々の社会情勢を踏まえながら市政運営に取り組むことが必要であります。

市民の皆さまが感じている閉塞感を打開し、将来に責任が取れる市政にしていかなければならず、全ての市民が、この富岡に生まれ育ち、学び働いて、心から良かったと思える、「住みたいまちナンバーワン富岡」の実現を目指します。

その実現のために、取り組まなければならない六つの思いをかたちにし、重要施策の柱とした公約を掲げさせていただきました。

「すべての市民の目が輝く富岡づくり」を進め、健康で生き生きと暮らせる活力ある「ひときわ輝く街富岡」を目指すことが、私の使命であると考えております。

皆さまの期待に応えられるよう歩みを確実に前へ進め、市民の礎になれるよう、そして、未来を担う子どもたちが住み続けたいと思えるよう、若さと体力、リーダーシップを信条として、与えられた4年間を全力で走り続け、誠心誠意市政運営にあたってまいりますので、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

公約

  1. 市民の安全安心を守り抜く
    富岡総合病院・七日市病院を公立病院として堅持し、市民の生命を守ります。
  2. 道の駅整備の見直しと中心市街地整備の検証と活用
    富岡製糸場や妙義山といった資源を最大限に活かし、観光客の増加につなげる施策を推進します。
  3. 総合福祉センター(仮称)の早期設置
    子どもや高齢者が安心して集える施設として、総合福祉センター(仮称)の早期設置を目指します。
  4. 市政改革は情報公開から
    会議録を全面開示し、公共事業における契約の適正化を図ります。
  5. 富岡製糸場の運営管理コストを見直し
  6. 若者世代への支援充実
    保育料の軽減。多子世帯や新規居住者への強力なサポートで人口増を目指します。

3月の市長交際費

3月分合計110,000円

市長交際費は、市政を円滑に運営するため、市長が市を代表して個人や団体との交際に要する経費です。月ごとの市長交際費の支出状況を「広報とみおか」と市ホームページで公開しています。問い合わせ秘書課(電話番号:内線1205)

ページトップに戻る

4ぺージ

富岡どんとまつり

今年も熱い2日間10月20日(土曜日)・21日(日曜日)

28回目を迎える富岡どんとまつりが開催されます。今年もたくさんの市民の皆さんが参加して楽しみ、多くの観光客が富岡の魅力に触れられる、盛り上がるまつりにしましょう。

募集 おどり参加団体

富岡どんとまつりのメーン行事(予定)である「おどり流し」の参加団体を募集します。
期日 10月20日(土曜日)
注:雨天の場合は、21日(日曜日)
応募方法 事務局に直接連絡してください。(別途、事務局から参加確認書を送付します)

募集 キャッチフレーズ

富岡どんとまつりにふさわしい、キャッチフレーズを募集します。
注:採用された人には記念品を贈呈します。
資格市内に在住・在勤の人
内容

  • 15文字以内で表現。
  • 歴史と伝統を未来につなげ、演じる人々と観客が感動を分かち合える市民総参加の楽しいまつりにふさわしいもの。

前回「どんと魅せるぞ富岡まつり」
応募方法 5月31日(木曜日)までに、住所、氏名、年齢、電話番号、キャッチフレーズ(1人2作品まで)を記入の上、直接持参、郵送、ファクス、Eメールのいずれかの方法で事務局へ。
注意 ▷採用作品には、実行委員会で字句の加筆・修正をする場合があります。▷採用者の発表は、記念品の発送をもって代えさせていただきます。

応募・問い合わせ 第28回富岡どんとまつり実行委員会事務局(市観光協会)〒370-2316富岡1151-1(お富ちゃん家内)、電話番号:62-6001、FAX番号:67-7775、Eメールkankou@tomioka-ta.jp

ページトップに戻る

5ページ

市民養蚕2018 夏蚕

おかいこを育てて繭を作りませんか
3回参加してくれた人には記念品を贈呈します

お蚕を飼ってくれる人を募集しています。できあがった繭は回収し、富岡製糸場で行っている糸取りの実演などに活用します。養蚕を体験して世界遺産の富岡製糸場を支えてみませんか。
詳しくは、農政課へお問い合わせください。

申込期間 5月31日(木曜日)まで
受渡日時 7月1日(日曜日)・2日(月曜日)

  • 1日(日曜日)=午前11時、午後3時、午後6時
  • 2日(月曜日)=午前10時

受渡場所市役所議会棟1階ロビー
注:各公民館でも受け取れます。希望する人は申込時に申し出てください。
費用 無料
申し込み方法近隣の各公民館や市役所に設置してあるチラシに必要事項を記入して提出するか、Eメールかファクスで申し込んでください。
注:チラシは、市ホームページからダウンロードできます。
申し込み・問い合わせ 農政課(行政棟2階、370-2392(住所不要)、電話番号:内線1271、FAX番号:62-0357、Eメールsanshiengei@city.tomioka.lg.jp

飼育に必要な「飼育セット」は無料で提供します。
<飼育セット内容>

  • 蚕100頭
  • ボール蔟(まぶし)
  • 人工飼料
  • 飼育容器(60cm×40cm×8cm)


市内の歴史的建造物(第15回)

富岡倉庫2

富岡倉庫は甘楽社の繭を貯蔵する所ではないことを明らかにするため、改めて甘楽社の歴史について触れてみましょう。私たちは甘楽社という名称に慣れていますが、創業当初の名称は北甘楽精糸会社と呼び、前述のように1880(明治13)年に設立されました。その目的は養蚕農民が資本を出し合って組織を作り、生糸の共同販売をしようとする試みでした。周知のとおり、徳川幕府は米国をはじめとする欧米列国の圧力によって59(安政6)年に貿易を開始しました。輸出品の中で圧倒的な首座を占めたのが生糸と蚕種でした。フランスから始まった蚕の病気によって繭や蚕種が激減したために、その需要先がわが国に回ってきたのです。初めのうちは飛ぶように売れましたが、次第に好調さが消えてきました。最大の理由は原始的な座繰り器による生糸の品質の悪さと粗製濫造が起き、絹にならないような物まで現れたためです。この傾向は明治維新まで続き、政府は改善策を図るために近代的な富岡製糸場を設立したのです。ただ一カ所の器械製糸場だけでは日本全体に及ぼす効果は出ません。

このような中、富岡製糸場設立の3年後に富岡町の養蚕農民が生糸の新しい生産方法を試みます。富岡町のリーダー格の松浦水太郎と畑吉五郎が賛成者を募って出資し、佐藤国太郎が創建した水車を借り受け、自家の繭を座繰り器で製した生糸を揚げ返し、品等を整えて共同出荷したところ、外国人は質の良さに驚き高く買い取ってくれるようになりました。この組織が後の甘楽社光勢組になります。

この時、背後から応援したのが三井家でした。同家は江戸時代の中ごろから富岡町に生糸の買付所を設け、また、後には富岡製糸場の払い下げを受けてその経営を担当しました。

なお、水車を設立した場所は七日市用水が酢ノ瀬の地から鏑川に流れ落ちる末流でした。七日市用水は富岡製糸場でも利用した用水です。(富岡製糸場総合研究センター所長兼富岡製糸場名誉顧問今井幹夫)

ページトップに戻る

6ページ

世界遺産登録記念コンサート 川島ケイジ

川島ケイジさんを迎え、コンサートを開催します。世界遺産・国宝である東置繭所の大空間に響き渡る川島さんの美しい歌声をご堪能ください。

日時 6月23日(土曜日)、午後3時(午後2時30分開場)
会場 富岡製糸場東置繭所
費用 無料
注:市民以外は富岡製糸場入場料が必要
定員170人(応募多数の場合は抽選)
応募方法 6月1日(金曜日)(当日消印有効)までに、1.郵便番号2.住所3.氏名4.電話番号5.応募人数を記入の上、Eメール、ファクス、はがきのいずれかの方法で富岡製糸場戦略課へ。
注:応募は1人1回まで。
注:1回の応募で2人まで申し込めます。
応募・問い合わせ 富岡製糸場戦略課(〒370-2316富岡1-1、電話番号:64-0005、FAX番号:64-3181、Eメールworldheritage@city.tomioka.lg.jp)へ。

9月28日生まれ。和歌山県出身。身長181cm。シンガーソングライター。
類いまれなる声を持ち、魂から生まれる歌唱と抜群の存在感を兼ね備え、ロックを基調としながらも歌心を大切にしたボーカルスタイルは、幅広い世代から熱い支持を受けている。2016年、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューミニアルバム「KEIJI」をリリース。
サントリーホール・ブルーローズやブルースアレイ・ジャパンなどで積極的にコンサート・ライブ活動を行う他、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産・金剛峯寺でコンサートを行った実績を持つ。

第3期叡王戦

新しき頂点へ。
決勝七番勝負。
金井 恒太六段 VS 髙見 泰地六段

第4局を富岡製糸場で開催(対局は非公開)
日時 5月26日(土曜日)、午後2時
会場 富岡製糸場
●叡王戦(えいおうせん)とは、全棋士、女流棋士1人、アマチュア1人による、ドワンゴ・日本将棋連盟主催の将棋タイトル戦。詳しくは、叡王戦公式サイトでご確認ください。

5月26日(土曜日) 大盤解説会を市役所で実施(入場無料。混雑時は入場制限を行います)
会場 市役所議会棟3階会議室(大盤解説会開始時間の1時間前に開場)
注:大盤解説会の開始時間・解説・聞き手は未定。(後日、叡王戦公式サイトで公開します)
注:車でお越しの人は、市役所駐車場(有料)か富岡駅東駐車場(無料)をご利用ください。
問い合わせ 富岡製糸場戦略課(電話番号:64-0005)

注:対局・大盤解説会の模様は、ニコニコ生放送で生中継します。

富岡製糸場をライトアップ

レッドライトアッププロジェクト

 「世界赤十字デー(5月8日)」を含む3日間、富岡製糸場でレッドライトアップ運動を行います。これは、全国各地の歴史的建造物やランドマークなどを、赤を基調とした赤十字色にライトアップして「人道」の大切さを考える機会とする運動です。

日時 5月7日(月曜日)から9日(水曜日)、午後7時から9時
会場 富岡製糸場(東置繭所、煙突)
費用 入場無料(エリア規制あり)
問い合わせ 福祉課(電話番号:内線1132)

春のライトアップ

5月6日(日曜日)までライトアップ(午後6時から8時)を行い、併せてライブや紙芝居の上演も行っています。詳しくは3月号をご覧いただくか、富岡製糸場内総合案内所(電話番号:67-0075)へお問い合わせください。

世界遺産登録記念銘を設置しました

3月24日、富岡製糸場首長館(ブリュナ館)南に、世界遺産登録記念銘を設置しました。記念銘の設置は、世界遺産条約のガイドラインに規定されているもので、世界遺産としての価値を広く情報発信するためのものです。デザインは「富岡製糸場と絹産業遺産群」を構成する4資産共通で、ユネスコのデザインロゴと並んで世界遺産のエンブレムが刻まれています。

富岡製糸場観桜会が開催されました

4月7日、富岡製糸場で観桜会が開かれ、桜を眺めながら野だてや各種物産テントでの買い物を楽しむ人たちでにぎわいました。首長館のベランダを利用したステージでは、箏の演奏やフラダンス、「着物de花見ファッションショー」などが行われ、会場を盛り上げました。

ページトップに戻る

8ページ

5月27日(日曜日)総合防災訓練を実施

5月27日(日曜日)、丹生小をメーン会場に、総合防災訓練を実施します。
各地区の避難訓練では、安否確認を目的とした「小あつまり」による避難方法の充実を図ります。
地震・風水害などの自然災害は突然やってきます。防災意識を高め、自らの行動で災害から身を守ることが大事です。

メーン会場の主な展示・訓練
時間 午前9時から11時50分
会場 丹生小
内容

  • 防災ヘリによる救出救助訓練
  • 自衛隊と日赤奉仕団による炊き出し訓練
  • 富岡甘楽消防本部・富岡警察署・日赤群馬県支部・公立富岡総合病院による多重事故救出救助訓練など

防災訓練に参加するときは

  • 火気に十分注意しましょう。
  • 戸締まりに注意しましょう。
  • 交通事故に気をつけましょう。

家族そろって参加し、防災について話し合いましょう

備えておきたい非常持ち出し用品
一般的に、最低3日間の避難生活に必要な物資の蓄えが推奨されていますが、いざ災害が発生して緊急に避難する場合は、あまり多くの物は持ち出せません。最低限必要な物を非常持ち出し用品として用意し、避難場所まで無理なく持って歩ける重さかどうかを確認しておきましょう。

非常持ち出し用品には、最低これだけは必要です。
(総務省消防庁「わたしの防災サバイバル手帳」より)

  • 携帯用飲料水
  • 食品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
  • 貴重品(預金通帳、印鑑、現金など)
  • 救急用品(三角巾、包帯、消毒液、絆創膏、体温計、常備薬など)
  • ヘルメット、防災ずきん、軍手(厚手の手袋)
  • 懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、マッチ、ろうそく
  • 衣類(セーター、ジャンパー類)、下着、毛布
  • 使い捨てカイロ、ウエットティッシュ、筆記用具(ノート、鉛筆など)
  • (小さな子どものいる家庭は)ミルク、紙おむつ、哺乳瓶

問い合わせ危機管理課(電話番号:内線1246)

ご協力をお願いします 避難行動要支援者の登録

災害対策基本法の改正により、これまでの「災害時要援護者」は「避難行動要支援者」として定義づけられました。市避難支援プラン全体計画は、要介護者、障害者、高齢者のうち、直接的な援護が必要であり、在宅で家族による避難支援が困難な人を対象に事前に情報を登録し、支援体制を確立することを目的にしています。

登録者募集
市では、避難行動要支援者の登録希望者を募集しています。希望する人は、危機管理課か最寄りの民生委員に連絡してください。登録に当たっては、富岡市避難行動要支援者登録申請書兼台帳を使用します。この申請書は、災害時に「誰が」「誰を」「どのように」避難させるかを自らが記載するものです。自分の命を守るのは自分です。自ら行動を起こしてください。

お願い
大規模な災害のときは、多くの人が友人・隣人に救助されています。地域の助け合い(共助)が最も重要です。それには、日々の生活の中で信頼関係を築くことが大切です。

防災行政用無線を用いた全国一斉の情報伝達訓練

地震や武力攻撃などの発生時に備え、情報伝達訓練を行います。この訓練は、全国瞬時警報システム(Jアラート注:1)を用いた訓練で、富岡市以外の地域でも行われます。
注:1 Jアラートとは、地震や武力攻撃などの緊急情報を、国から市民などへ、人工衛星などを通じて瞬時に伝えるシステムです。

5月16日(水曜日)、午前11時ごろ

訓練で行う放送試験

情報伝達手段 防災行政用無線
内容
 市内に設置してある防災行政用無線から、次の内容が一斉に放送されます。
−放送内容−
 上りチャイム音
 「これは、テストです」×3回
 「こちらは、ぼうさいとみおかです」
 下りチャイム音

災害時における電力復旧等に関する協定を締結

3月29日、市と東京電力パワーグリッド(株)高崎支社との間で、次の事項について協定を締結しました。

  • 電力施設の応急復旧
  • 重要施設の優先復旧
  • 代替設備の活用
  • 電力関係機関の相互間の応援
  • 送電再開時の安全確認
  • 広報活動

ページトップに戻る

10ページ

有害鳥獣による被害が深刻化しています

有害鳥獣対策について詳しくは、農政課(電話番号:内線1270)へお問い合わせください。

近年、全国で野生の鳥獣による農作物や生態系への被害が増加しています。これらは、中山間地の人口減少、農地や森林の放棄、ペットの飼育放棄などが原因で起こっています。

例えば…

  • 山菜採りの人がクマに襲われる
  • イノシシやタヌキなどが田畑に侵入し、田畑を荒らす
  • シカが植林した木を食害し、木が枯れる
  • アライグマなどの外来生物が在来生物を捕食して生態系を破壊する など

県内の野生鳥獣による農作物などの被害は、イノシシ、ニホンジカによる被害が深刻化していて、ハクビシンやアライグマによる果樹被害も増えてきています。こうした鳥獣被害に対して、市は地域住民と協力して防除を行っていますが、鳥獣被害は増え続けています。
そこで、本年度から農政課内に有害鳥獣対策係を新設しました。予算も重点配分し、被害の抑制に取り組みます。

有害鳥獣とは
人畜、農作物などに被害を与える鳥獣のことです。クマ、シカ、イノシシ、タヌキなどが市街地や農地、河川などに入り込み、何らかの被害を及ぼした場合を「鳥獣被害」と言います。
例えば、こんな動物たち…

  • イノシシ
  • サル
  • ハクビシン
  • シカ
  • カワウ
  • アライグマ


本市の取り組み

  • 鳥獣被害対策実施隊を設置し、「箱わな」「くくりわな」による捕獲・駆除を実施しています。イノシシやニホンジカを捕獲した際の奨励金を増額して隊員の活動意欲を高めています。また、狩猟免許を持たない市民が、市が貸し出した「箱わな」により、自宅敷地内などでハクビシンやアライグマを捕獲した場合には、千円分の商品券を贈呈します。
  • 狩猟・鉄砲所持に必要な免許・許可証取得費用の2分の1を補助し、新規捕獲隊員の確保に努めています。
  • 電気柵の設置費用の2分の1以内を補助し、農作物被害の減少に努めています。補助要件は、受益者1戸以上で、隣接する数枚の農地を一体で囲う場合の電気柵の設置費用が対象となります。
  • 小野・黒岩・黒川の3地区をモデル地区に指定し、集落ぐるみで行う電気柵や金網柵の設置による被害防止対策を実施し、効果の検証を行います。

各公民館で箱わな(小型)を貸し出します

各公民館に貸し出し用の箱わなを用意しました。ハクビシンやアライグマ、タヌキを捕獲するためにご利用ください。

対象者 自宅の敷地内や農林業被害の防止を目的に、自らの事業地内に箱わなを設置しようとする人
期間 1年間(1人1個まで)
費用 無料
利用方法 各公民館で申請し、箱わなを借りてください。
注:申請書は各公民館にあります。
その他

  • ハクビシン、アライグマ、タヌキを捕獲したら、妙義中央公民館(妙義町上高田1195-1、電話番号:73-3053)へ利用者が搬入してください。
  • ハクビシンやアライグマを捕獲した場合は、「ふれあい商品券」1,000円分を贈呈します。

電気柵などの購入に対して補助金を交付します

野生鳥獣による農産物被害の軽減を図るため農地に設置する電気柵などの購入費用の一部を、予算の範囲内で補助します。

対象者 市内に住所と農地を有する人
補助対象 販売を目的とした作物を500平方メートル以上作付けした農地に設置する、電気柵や金網柵、防鳥ネットなどの購入費用(資材のみ)。
注:宅地内にある家庭菜園は対象外です。
補助金額 購入費用の2分の1以内(千円未満の端数は切り捨てます)
申請書類

  • 補助金交付申請書(記入・押印)
  • 見積書
  • 設置場所の位置図
  • 現況写真

注:申請書は農政課にあります。
 

申請受付

  • 申請者が直接、農政課へ書類を提出してください。
  • 郵送、ファクス、インターネットなどでの受け付けはできません。
  • 土・日曜日、祝日、年末年始は受け付けできません。

注意 購入前に申請をしてください。
(交付決定を受けてから購入となります)
申請・問い合わせ 農政課(行政棟2階)

ページトップに戻る

12ページ

協働まちづくり事業を募集します

地域活動の充実を進展させるために、「協働まちづくり事業」を募集し、さまざまな団体の活動を支援します。

募集期間 5月31日(木曜日)まで
補助限度額 事業に必要な経費に対して、一団体10万円を上限
応募の要件 次の全ての要件を満たす団体

  • NPO、団体、ボランティアグループなどが、公共の利益を実現するために市内で活動を行っていること
  • 1年以上の活動実績があり、5人以上の会員で組織している団体
  • 市内に活動の拠点があること
  • 組織の運営に関する定款、規約、会則などを定めていること

募集する提案 次のいずれかの事業

  1. 市民提案型協働事業
  2. 行政提案型協働事業

注:詳しくは、下記をご覧ください。
応募方法 5月31日(木曜日)(必着)までに、「協働まちづくり事業申込書」に必要事項を記入の上、直接持参、郵送のいずれかの方法で応募してください。
注:申込書は、地域づくり課で配布する他、市ホームページからダウンロードできます。
応募・問い合わせ 地域づくり課(行政棟2階、〒370‐2392(住所不要)、電話番号:内線1253、Eメールchiikidukuri@city.tomioka.lg.jp

1.市民提案型協働事業

市民の皆さんが抱えている課題を解決するための事業とし、公共的課題に対して市との協働により効果的に解決が図られる事業

提案として考えられる事業

きめ細かく柔軟なサービスを提供する事業
 行政は均一なサービスを公平に提供する必要がありますが、協働事業を実施することで、多様なニーズに対して、きめ細かく柔軟なサービスを提供することが期待できます。
(具体例=子育て支援、障害者支援、高齢者の生きがいづくりなど)

特定の分野に専門性を必要とする事業
 特定の分野で専門知識やネットワークを有する市民活動団体と協働することで、多彩な発想やノウハウによる事業効果が期待できます。
(具体例=市民活動やボランティア団体の事業支援など)

市民活動団体が先駆的に取り組んでいる事業
 市民活動団体が先駆的に取り組んでいる事業の場合、その積み重ねられたノウハウを生かすことによってさらなる事業効果が期待できます。
(具体例=子どもの虐待防止、DV防止事業など)

地域の実情に合わせながら進める事業
 地域に根ざした活動をしている市民団体と協働することで、地域の実情を踏まえた事業の実施が可能となります。
(具体例=防犯・防災講座、空き家対策、道路・河川清掃、注:1 道普請(みちぶしん)事業など)
注:1道普請…道路や水路などの修理・草刈りを行う作業

市民が主体的に活動する事業
 市民が当事者として、社会的な問題を身近なものと捉え、主体的に活動することにより、その活動が普及した展開が期待できます。(具体例=ゴミの減量、子どもへの読書普及活動など)

2.行政提案型協働事業

市が抱えている課題で、市民の皆さんと協働して進めたい事業テーマを、あらかじめ行政からの提案として提示する企画事業

市から提案する企画事業
注:事業テーマは、市ホームページで公開しています。

協働まちづくり事業や地域おこし協力隊活動の内容について詳しくは、地域づくり課(電話番号:内線1253)までお問い合わせください。


平成29年度実績
注:全て、1.市民提案型協働事業

  • 子育て支援「スマイル」〜次の世代を生み育てることができる地域づくり 環境づくり〜(子育てボランティアグループ「スマイル」)
  • ぬきさき元気会うだん家 居場所支援事業(ぬきさき元気会)
  • 七日市黒川地区ごみ減量化推進事業(七日市黒川地区社会教育振興会)

地域づくりトピックス

地域おこし協力隊活動発表を行いました

3月24日、市役所新庁舎のオープニングセレモニーで、本市地域おこし協力隊の活動紹介を行いました。本市では、個性的な4人が富岡市を盛り上げるべく日々活動しています。隊員は、今後、市民の皆さんが参加できるワークショップや作品の展示会などを開催する予定です。
また、養蚕シーズンには、髙橋隊員が暮らす大丸屋(養蚕体験施設)で養蚕の見学ができます。各隊員の活動情報は市ホームページやフェイスブックで発信していますので、ぜひチェックしてください。

ページトップに戻る

14ページ

財政事情の公表

市のお金(予算)が、どのように使われているかを市民の皆さんに知っていただくために、毎年2回、市の財政事情を公表しています。今回は、平成29年度の予算執行状況をお知らせします(金額などの数字は、平成30年3月31日現在のものです)。

一般会計
予算総額289億8,807万円

歳入
収入済額255億244万円
収入率 88.0%

歳出
支出済額234億2,572万円
支出率 80.8%

  • 一般会計:教育、福祉などの基本的な行政運営のための経費を計上した会計です。
  • 特別会計:国民健康保険や介護保険などのように特定の事業を行う場合、一般会計とは別に経理している会計です。
  • 市債:市が大きな事業を実施するときの国や金融機関などからの借入金のことです。
  • 基金:事業目的を達成するための原資として積み立てる資金のことです。

特別会計
予算総額152億6,667万円

国民健康保険事業
予算現額 62億4,132万円 収入済額 57億9,989万円(92.9%) 支出済額 54億5,266万円(87.4%)

後期高齢者医療
予算現額 6億955万円 収入済額 5億6,514万円(92.7%) 支出済額 5億4,062万円(88.7%)

介護保険
予算現額 44億3,248万円 収入済額 42億2,702万円(95.4%) 支出済額 38億4,416万円(86.7%)

公共下水道事業
予算現額 5億7,095万円 収入済額 5億1,506万円(90.2%) 支出済額 4億8,331万円(84.7%)

農業集落排水事業
予算現額 1億5,919万円 収入済額 1億351万円(65.0%) 支出済額 1億314万円(64.8%)

浄化槽整備推進事業
予算現額 2億4,847万円 収入済額 2億4,986 万円(100.6%) 支出済額 1億9,091 万円(76.8%)

ガス事業精算
予算現額 30億471万円 収入済額 30億77万円(99.9%) 支出済額 30億77万円(99.9%)

注: ( ) 内は予算額に対する収入と支出の各割合。
注:一般会計からの借入金を除く。
注:平成28年度からの繰越額を含む。

市有財産の状況
基金(現金・預金) 98億9,327万円(前年比  15億9,463万円)
証券その他の権利 99億3,715万円(前年比 400万円)

市債(長期借入金残高)の状況
平成28年度残高
一般会計  130億6,598万円(前年比 6億1,998万円)
特別会計   77億7,896万円(前年比 △4億6,924万円)
合計   208億4,494万円(前年比 1億5,074万円)
市民1人当たりに換算すると
約42万円
【参考】人口:49,274人(平成30年3月31日現在)
注:平成29年度の市債残高については、借入額が確定していないため掲載していません。

水道事業
市では、水道事業を公営企業が行っています。この運営は独立採算制で行われ、主な収入は水道の使用料となっています。

損益計算書
営業収益 12億 1,280万円
営業費用  9億 6,088万円
営業利益  2億 5,192万円
営業外収益  1億1,623万円
営業外費用  8,927万円
経常利益  2億 7,888万円

給水件数 21,379件
総配水量 7,365,599㎥
総有収水量 6,669,082㎥
家庭一件あたり月平均使用量 19.1㎥

ページトップに戻る

16ページ

軽自動車税・自動車税は、5月31日(木曜日)までに忘れずに

軽自動車税・自動車税は、毎年4月1日現在で自動車やバイクなどを持っている人に課税されます。

今年の納期限は、5月31日(木曜日)です。

軽自動車税・自動車税はコンビニエンスストアと郵便局(ゆうちょ銀行)窓口でも納められます。納税通知書が届いたら、早めにお近くの金融機関やコンビニエンスストアで納税してください。

軽自動車税を口座振替で納める人へ
口座振替で納税した人には、6月中旬に納税証明書と納付済通知書を郵送します。
6月上旬に納税証明書(車検用)を申請する人は、納税の確認が必要となるため、申請の際に軽自動車税の引き落とし額を記帳した「通帳」を持参してください。確認が取れない場合は、金融機関に照会してからの発行になりますので1時間程度の時間が必要になります。
注:車検の必要のない車両(250cc以下のバイク、農耕用トラクターなど)は、納税証明書と納付済通知書を郵送していません。納税の確認は「通帳」の記帳によりお願いします。

軽自動車税・自動車税の減免
障害者手帳などをお持ちの人で、一定の条件を満たしている場合には、軽自動車税・自動車税が減免になる場合があります。
該当する人は、軽自動車税は5月31日(木曜日)までに申請してください。自動車税は富岡行政県税事務所か県自動車税事務所へお問い合わせください。

軽自動車税減免に必要な書類
障害者減免

  • 運転者の免許証
  • 納税義務者のマイナンバーカード
  • 車検証
  • 印章(朱肉を使う物)
  • 納税通知書か口座振替通知書
  • 下記の該当する手帳

身体障害者
身体障害者手帳(各障害の等級で判断)

知的障害者
療育手帳(A判定者)

精神障害者
精神障害者保健福祉手帳(1級判定者)と自立支援医療受給者証

戦傷病者
戦傷病者手帳(各障害の等級で判断)

公益減免

  • 定款
  • 法人番号指定通知書
  • 車検証
  • 印章(朱肉を使う物)
  • 納税通知書か口座振替通知書

申請・問い合わせ

  • 軽自動車税=税務課(電話番号:内線1173)
  • 自動車税=富岡行政県税事務所(電話番号:63-2245)、県自動車税事務所(電話番号:027-263-4343)

タカタ製エアバッグ  国土交通省から重要なお知らせ

タカタ製エアバッグは、ガス発生装置が異常破裂し、金属片が飛散する不具合のため、2009年以降リコールを実施し改修を促進していますが、約320万台が未改修車となっています。そのまま乗車していると大変危険です。一刻も早い改修をお願いします。

緊急告知
2018年5月から、タカタ製エアバッグリコール未改修車は、車検が通らなくなります。早急にリコール作業を受けてください。

まずは、対象車両か確認をしてください

  • 国土交通省タカタ専用ダイヤル  電話番号:03-6747-9575
  • エアバッグリコール特設ホームページ  http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/recallinfo_000.html

税は、納期限内に納付しましょう

税は、私たちが快適な環境で、安心して子育てができ、健康で暮らせるために必要な財源であり、国民には納税する義務があります。
税は定められた期限までに必ず納付してください。もし、災害や病気などで一度に納付できない場合は、必ず市役所までご連絡ください。(下記を参照)
税の納期限を過ぎても納付がない場合は、延滞金が発生することもあります。また、再三の督促・催告にも応じず、納税相談もない人に対しては、納期内納税者との公平性を保つため、財産調査や差し押さえを行います。

納税相談(午前8時30分から午後5時15分) 開庁日

夜間納税窓口(午後5時15分から7時)

  • 5月31日(木曜日)
  • 6月29日(金曜日)
  • 7月31日(火曜日)
  • 8月31日(金曜日)
  • 9月28日(金曜日) 
  • 10月31日(水曜日)
  • 11月30日(金曜日)
  • 12月25日(火曜日)
  • 平成31年1月31日(木曜日)
  • 平成31年2月28日(木曜日) 
  • 平成31年3月29日(金曜日)

財産調査とは
国税徴収法の規定に基づき、市が税金を滞納している人に対して、勤務先や金融機関に協力をお願いし、全ての財産について調査します。

差し押さえとは
国税徴収法に基づき、市が、給与、不動産、自家用車などの財産を強制的に滞納税に充当するための手続きのことです。また、滞納者宅において、金庫の開錠や車の鍵の引き渡しなどを求めることもあります。
注:立ち入りの際は裁判所の令状は必要ありません。

5月納期の税
納期限は5月31日(木曜日)
固定資産税・都市計画税 1期
軽自動車税        全期

相談・問い合わせ 納税課(行政棟1階6番窓口、電話番号:内線1187)

国民年金  こんなときは必ず届け出をしましょう

国民年金の加入者(被保険者)が就職や退職をしたときには、届け出が必要です。
届け出を忘れると、将来、年金が受給できなくなる場合もありますので、忘れずに行いましょう。

問い合わせ 国保年金課(電話番号:内線1126)

第1号被保険者 (20歳から60歳までの)自営業者・学生、第2号・3号被保険者以外の人

  • 20歳になったとき:市役所
  • 会社などに就職したとき:勤務先
  • 会社員や公務員などに扶養される配偶者になったとき:配偶者の勤務先

第2号被保険者 会社員や公務員など

  • 会社などを退職したとき:市役所
  • 会社などを退職して、会社員や公務員などに扶養される配偶者になったとき:配偶者の勤務先

第3号被保険者 会社員や公務員に扶養されている配偶者

  • 会社などに就職したとき:勤務先
  • 第2号被保険者である配偶者が会社などを退職したとき:市役所
  • 収入が増えて扶養から外れたとき:市役所
  • 離婚したとき:市役所

ページトップに戻る

18ページ

4人と1団体が受賞 きれいなまちづくり環境美化顕彰

3月14日、地域の環境美化に貢献している個人・団体を顕彰する「富岡市きれいなまちづくり環境美化顕彰」の表彰式を市役所で行いました。表彰を受けたのは、いずれも長年にわたって道路や河川、公共用地の清掃・除草・花苗の植え付けなど地域の環境美化活動を実践してきた皆さんです。
表彰にあたり、市長から「皆さんの活動は、環境美化のみならず住民同士のコミュニケーションを深めることにも役立っている。これからも体に気をつけて活躍を」とエールが送られました。
その後、皆さんは、自身の活動についての苦労話や環境美化に向けた熱意などを語り合いました。

個人(敬称略)

  • 須賀きぬ(野上) 
  • 関美恵子(富岡)
  • 吉井伍男(下黒岩)
  • 横尾稔(下黒岩)

団体

  • しののめ信用金庫

猫の不妊・去勢 手術費補助金

市内の動物病院で受ける猫の不妊・去勢手術費用の一部を、予算の範囲内で補助します。

対象者 次の全ての条件を満たす人

  • 本年4月以降に、市内で開業する動物病院で猫の不妊・去勢手術を受けさせた人
  • 市内に住所を有し、居住している人
  • 飼育している猫の飼い主(営利目的を除く)や所有者不明の猫を責任を持って世話している人
  • 市税と国民健康保険税の滞納がない人

補助金額(1世帯につき3匹まで)
1匹につき

  • 不妊5,000円
  • 去勢3,000円

申請に必要な物

  • 申請者の氏名、猫の名前、手術名(不妊か去勢)の入った領収書
  • 印章(朱肉を使う物)
  • 本人確認ができる物(マイナンバーカードや運転免許証など)
  • 補助金の振込先の支店・口座番号が分かる物(振込口座は申請者本人名義に限る)

注:申請は、手術後3カ月以内にしてください。
注:申請者以外が申請する場合は、委任状と提出者の本人確認ができる物が必要です。

収集にご協力を 家庭の廃食油(使用済み食用油)

地球温暖化防止と環境にやさしい循環型社会を目指して、「廃食油の収集」を実施しています。収集した廃食油は、軽油代替燃料であるバイオディーゼル燃料(BDF)として利用されています。廃食油を資源として生かせるよう、収集にご協力をお願いします。

廃食油(食用油)の出し方
1.ペットボトル(2リットルまで)に入れ、しっかりとフタをします。
注:未開封の物は、そのまま出しても構いません。(開封した物は未使用であってもペットボトルに入れ替えて出してください)

2.不燃性資源の日(月2回)に収集します。ペットボトル(廃食油入り)を透明または半透明のビニール袋に入れて、ごみ集積場へ出してください。

3.収集できる油は、家庭で使用した植物油です。

  • 菜種油
  • 大豆油
  • コーン油
  • ゴマ油
  • ひまわり油
  • サフラワー油
  • オリーブ油など

注:植物油以外の油は収集しません。

申し込み・問い合わせ 環境課(清掃センター内、電話番号:62-2823)

「毎年好評」今年も実施します  ぼかし作り講習会

コンポスタ—を使用していて困るのが、嫌な臭いと虫の発生です。臭いや虫対策に効果がある、ぼかし作り講習会を行います。参加希望者は環境課までご連絡ください。

日時・会場 下表のとおり
参加費 無料
定員 各回15人(先着順)
持参する物

  • 動きやすい服装
  • エプロン
  • 持ち帰り用の袋

ぼかしとは 米ぬかに糖蜜や微生物を加え、発酵乾燥させたもの。生ごみ1キログラムに対して約15グラムを振りかけると臭いや虫の発生を抑えるとともに発酵を進める効果があります。

  • 6月6日(水曜日)、午後1時30分 あい愛プラザ
  • 6月7日(木曜日)、午前10時30分 あい愛プラザ
  • 6月19日(火曜日)、午後1時30分 妙義中央公民館
  • 6月29日(金曜日)、午後1時30分 清掃センター
  • 7月5日(木曜日)、午前10時30分 生涯学習センター

注:所要時間は2時間程度です。

生ごみ減量化器具(コンポスター)の貸与

 「生ごみ減量化器具(コンポスター)注:1」の貸与を行っています。清掃センターで処理している生ごみは、1日あたり約15トンです。一般家庭から排出される生ごみの減量化と資源化を図るため、ぜひご利用ください。

貸与数 1世帯2基まで(申請から5年を経過していれば再貸与可能)
対象者 市内に住所を有し、管理している土地に器具を設置することができる人
申請方法 申請に必要な物を持参し、環境課へ。
申請に必要な物

  • 印章(朱肉を使う物)
  • 住所が確認できる物(マイナンバーカードや運転免許証など)

注:1 コンポスターとは、生ごみを土に接触させて土の中の微生物やミミズなどの働きで発酵・分解し、たい肥にします。

家庭用生ごみ処理機など購入事業補助金

一般家庭から排出される生ごみの減量や清掃に対する意識の向上を図るため、生ごみを自家処理する「生ごみ処理機」「生ごみ処理容器」の購入者に補助を行っています。

対象者 市内に住所を有し、居住している人
注:過去5年以内にこの補助金の交付を受けていない世帯       
補助金額(1世帯につき1台まで)

  • 生ごみ処理機 補助対象経費の2分の1の額(限度額15,000円)
  • 生ごみ処理容器 補助対象経費の2分の1の額(限度額1,500円)

申請に必要な物

  • 申請者の氏名の入った領収書
  • 印章(朱肉を使う物)
  • 住所が確認できる物(マイナンバーカードや運転免許証など)
  • 補助金の振込先の支店・口座番号が分かる物(振込口座は申請者本人名義に限る)

申し込み・問い合わせ 環境課(清掃センター内、電話番号:62-2823)

単独処理浄化槽・くみ取り便槽からの切り替えに補助金

河川が汚れる、道路側溝から悪臭がする、これらの1番の原因は家庭から出る生活雑排水です。ご家庭のトイレが水洗でも、「単独処理浄化槽」や「くみ取り便槽」を利用している家庭がまだまだ多く、台所、洗面所、風呂場などから出る汚れた水は未処理のまま放流されているため、これが公共用水域(道路側溝、河川など)を汚しています。
皆さんの住みよい生活環境を整備するため、お住まいの地域に応じて「合併処理浄化槽」の設置や「公共下水道・農業集落排水」への接続にご協力ください。

「市町村設置型合併処理浄化槽」の設置

市が主体となって市民の皆さんの家庭や事業所に合併処理浄化槽を設置し、その後の維持管理も市が責任を持って行いますので、安心してお使いいただけます。
市が設置する合併処理浄化槽は「高度処理型浄化槽」と呼ばれるもので、優れた汚水処理能力を有しています。

分担金
人槽区分 都市計画区域内 都市計画区域外
5人槽 150,000円 250,000円
7人槽 210,000円 350,000円
10人槽 300,000円 500,000円
注:工事着手前に支払い

使用料
人槽区分 月額使用料(税込み)
5人槽 4,110円
7人槽 5,140円
10人槽 6,170円
注:保守点検・清掃・法定検査手数料・消耗品などを含む

「公共下水道・農業集落排水」への接続

浄化槽(合併・単独処理)や、くみ取り便槽から公共下水道・農業集落排水への接続工事を行った場合、宅地内排水設備(配管)工事に対し補助金を交付します。
 
注:接続工事をする場合は、必ず市の指定下水道工事店に依頼してください。


転換における支援制度
汚水処理の形態 項目 内容 対象

市町村設置型合併処理浄化槽 
分担金 上記分担金の全額免除
宅地内排水設備(配管)工事に対する補助金  工事費の2分の1以内最大20万円
既設単独処理浄化槽・くみ取り便槽の撤去 浄化槽設置工事に併せて市が実施しますので、個人負担はありません。
注:特殊な施工を実施した場合、費用負担をいただくことがあります。
単独処理浄化槽や、くみ取り便槽から市町村設置型合併処理浄化槽へ転換する場合で、10人槽以下の家庭
注:新築住宅(建て替えの新築を含む)の場合は、対象になりません。

公共下水道・農業集落排水 
宅地内排水設備(配管)工事に対する補助金
工事費の2分の1以内最大10万円
浄化槽(合併・単独処理)・くみ取り便槽から接続工事を行う家庭、店舗・事業所

【条件】

  • くみ取り便槽からの転換の場合は、トイレの水洗化費用が別途必要です。
  • 世帯の全員が水道料金、市税などを滞納していないこと。

合併処理浄化槽への転換に対する支援制度は、残り3年間です。申し込みはお早めに。

問い合わせ 水道局下水道課(電話番号:64-1151)

ページトップに戻る

21ページ

健康とみおか21通信 No.78

〜たばこについて考えてみよう〜 2.5月31日は「世界禁煙デー」

世界保健機関(WHO)は、たばこを吸わないことが一般的な社会習慣となるよう対策を進め、5月31日を「世界禁煙デー」と定めています。
日本では、世界禁煙デーに始まる1週間(5月31日から6月6日)を「禁煙週間」とし、たばこ対策を推進しています。
本年度の禁煙週間のテーマは「2020年、受動喫煙のない社会を目指して〜たばこの煙から子ども達をまもろう〜」です。2020年の「東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会」に向けて受動喫煙防止対策をさらに強化し、受動喫煙による健康への悪影響から人々を守るため、禁煙および受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行うこととしています。

おわびと訂正
4月配布の「平成30年度検・健診カレンダー」(「富岡市各種健・検診等受診シール(黄色い封筒)」同封)に誤りがありました。訂正しておわびします。
乳がん・子宮がん検診(個別)の予約
正:9月まで  誤:8月まで

がんセット検診

胸部(結核・肺がん)・大腸がん・胃がんバリウム検診を同時に受診できます
がんセット検診(胸部(結核・肺がん)・大腸がん・胃がんバリウム検診)を実施します。地区の指定はありませんので、都合のよい期日、会場をご利用ください。
注:市の大腸がん(個別)、胃がん(胃カメラ)検診と重複して受診はできません。
注:詳しくは、4月に配布した「健康のしおり」をご確認ください。
対象者 40歳以上の市民
自己負担金 各500円(市民税非課税世帯は自己負担なし。事前に保健センターで手続きが必要)
注:65歳以上の受診者は、胸部レントゲン撮影のみ自己負担なし

  • 持参する物
  • 受診シール
  • 自己負担金
  • 健康手帳(持っている人のみ)

期日、会場

  • 6月4日(月曜日) 保健センター
  • 6月5日(火曜日) 高瀬公民館
  • 6月6日(水曜日) 七日市公民館
  • 6月11日(月曜日) 一ノ宮公民館
  • 6月12日(火曜日) 保健センター
  • 6月13日(水曜日) 七日市公民館
  • 6月14日(木曜日) 一ノ宮公民館
  • 6月20日(水曜日) 高瀬公民館
  • 6月21日(木曜日) 妙義児童館
  • 6月24日(日曜日) 保健センター
  • 6月25日(月曜日) 妙義東部公民館
  • 6月26日(火曜日) 妙義中央公民館
  • 6月27日(水曜日) 保健センター
  • 6月28日(木曜日) 小野公民館
  • 7月4日(水曜日) 妙義中央公民館
  • 7月5日(木曜日) 東富岡公民館
  • 7月9日(月曜日) 黒岩公民館
  • 7月10日(火曜日) 額部公民館
  • 7月11日(水曜日) 小野公民館
  • 7月12日(木曜日) 東富岡公民館
  • 7月17日(火曜日) 吉田公民館
  • 7月18日(水曜日) 額部公民館
  • 7月19日(木曜日) 吉田公民館
  • 7月23日(月曜日) 丹生公民館
  • 7月24日(火曜日) 高瀬公民館
  • 7月25日(水曜日) 一ノ宮公民館
  • 8月6日(月曜日) 保健センター
  • 8月7日(火曜日) 七日市公民館
  • 8月8日(水曜日) 保健センター

受付時間 午前8時30分から10時

平成30年度高齢者用肺炎球菌ワクチン

対象者 昭和29年4月1日以前生まれで未接種の人
希望する場合は事前に保健センター(電話番号:64-1901)で手続きが必要です。

問い合わせ 保健センター(電話番号:64-1901)

ページトップに戻る

22ページ

Topics トピックス

3月24日 富岡市役所グランドオープン新庁舎落成式
平成28年2月に着工した新庁舎が晴れて落成し、多くの市民や来賓、関係者を迎えて新庁舎落成式を挙行しました。式典では、新庁舎を設計した隈研吾さんによる庁舎の概要説明や公募した庁舎前ひろばの名称発表(名称は「しるくるひろば」)、庁舎完成に貢献した個人・団体に感謝状を贈呈しました。また、落成のお祝いとして姉妹都市の長野県岡谷市からは、伝統芸能「木遣り」が披露された他、岡谷産繭と富岡産繭で作られた「シルクおんべ」が寄贈されました。
市庁舎内やしるくるひろば、駐車場などでは各種イベントを開催。終日、大勢の人でにぎわいました。
式典前に議会棟で隈研吾さんによる講演会を開催しました。同棟の1階ではライブ中継も実施。また、式典後には市民らと庁舎を歩きながら特色や機能、設備の他、建築上の工夫などを分かりやすく説明しました。
おきりこみの食べ比べをするイベント「おっきリンピック」を、しるくるひろばで開催。各種団体により10種類のおきりこみが披露され、大勢の人が地域や家庭の味の違いを楽しみました。

3月24日 いつもと違う趣でとみおか夜の図書館
図書館の新たな魅力を発見してもらうために、「とみおか夜の図書館」と題し、閉館後の図書館でイベントを開催しました。第1部では「大人のためのおはなし会」として、語りや紙芝居、読み聞かせを披露。第2部では吹奏楽団「ウインドアンサンブル・プロジェクト」による管楽アンサンブルコンサートが開かれました。参加者は、コーヒーやお茶を片手にいつもとは趣の違う図書館を楽しんでいました。

3月25日 桐淵公園テニスコート改修記念トーナメント開催
桐淵公園テニスコートの改修を記念し、「テニス&ソフトテニスオープントーナメント」を開催しました。44年ぶりの改修により、砂入り人工芝の全天候舗装に生まれ変わったテニスコートを舞台に、テニスは男子ダブルス16人と女子ダブルス14人、ソフトテニスは男女とも12組が参加し、さまざまな年代の選手が熱戦を繰り広げました。各部門の優勝者は、次のとおりです(敬称略)。

テニス男子

  • 佐俣浩一(つくし)
  • 田中良治(つくし)

テニス女子

  • 福田詩織(育英高)
  • 福田綾乃(西中)

ソフトテニス男子

  • 宮下剛史(富岡ST)
  • 井上和樹(富岡ST)

ソフトテニス女子

  • 治田 真穂(富岡ST)
  • 武内彩根(富岡ST)

3月26日 遊具で笑顔を黒川ふれあい公園
黒川ふれあい公園で遊具設置セレモニーを開催しました。21年の間親しまれていた木製遊具は、経年劣化によりやむなく撤去が決定。新しい遊具は、86の企業・団体から寄付を受けて設置しました。セレモニーには近隣の住民や関係者の他、かしの木保育園の園児も参加し、感謝の気持ちを込め、合唱を披露しました。

4月6日 春の全国交通安全運動ドライバーらに街頭指導
4月6日から15日、春の全国交通安全運動が実施され、初日の6日に街頭指導を行いました。市長、市教育長、市議会議長、富岡警察署長ら約30人が、信号で止まった車へ駆け寄り、交通安全を呼び掛けました。お富ちゃんやシルクレディの佐藤玲奈さんも参加し、ドライバーに笑顔で声を掛けていました。

ページトップに戻る

24ページ

情報あれこれ

子育て

児童館のイベント

富岡児童館
◎親子ビクス
日時 5月16日(水曜日)、午前10時
対象者 幼児親子
指導者 山田久子さん
参加費 無料
定員 20組(要予約)
持参する物 飲み物・タオル
申し込み・問い合わせ
富岡児童館(電話番号:89-2024)

妙義児童館
◎ヨガ
日時 5月20日(日曜日)、午後2時
対象者 どなたでも
指導者 千葉さくらさん
参加費 無料
持参する物 ヨガマットかバスタオル・飲み物
その他 動きやすい服装でご参加ください。
申し込み・問い合わせ
妙義児童館(電話番号:73-3838)

らくらく離乳食教室

離乳食の話や調理を通して、離乳食の不安や心配を解消する教室です。

日時 5月23日(水曜日)、午前9時45分から11時15分(受け付けは午前9時30分から)
会場 富岡公民館2階実技実習室 他
内容 調理実習とミニ講話
対象者 市内在住で平成29年9月から12月生まれの赤ちゃんを持つ保護者 注:託児あります。
参加費 無料
定員 15人(先着順)
持参する物 筆記用具、エプロン、三角巾、布巾、手ふき
申し込み・問い合わせ
5月16日(水曜日)までに保健センター(電話番号:64-1901)へ。

0歳 ペア・スクール(第3期)〜赤ちゃんの泣き声は言葉のかわり〜

赤ちゃんの心の発達過程や関わり方を学ぶスクールです。育児を通して親と子の深い絆づくりをしましょう。

日時・内容 表のとおり全5回、午前10時から11時30分

  1. 6月19日(火曜日) お母さんとあそぼう ベビーマッサージ(バスタオル持参) 講師:山田久子さん
  2. 6月26日(火曜日) 手づくりおもちゃ(フェイスタオル持参)
  3. 7月3日(火曜日) おいしいね、赤ちゃんの栄養 講師:北村礼子さん
  4. 7月10日(火曜日) 五感を学ぼう
  5. 7月17日(火曜日) ジェスチャーゲーム

注:毎回、ふれあい遊び、絵本の読み聞かせがあります。
対象者 市内在住で平成29年9月から平成30年3月生まれの乳児とお母さん 注:講座日託児あります。
受講料 無料   定員 15組(先着順)  
持参する物

  • 赤ちゃんの飲み物
  • おしぼり

会場・申し込み・問い合わせ 5月9日(水曜日)、午前8時30分から電話で親と子のスマイルサロン(電話番号:89-3063)へ。

子どもの里親になりませんか

県では、さまざまな事情から、家庭で生活することができない子どもを家族の一員として迎え入れ、愛情と誠意をもって養育してくださる里親を募集しています。
西部児童相談所(高崎市高松町)は、里親に関心のある人が相談や交流ができるサロンを開催します。希望により、里親制度の説明も行います。

日時 5月17日(木曜日)、午前10時から正午
会場 高崎市役所中2階ロビー
対象者 里親に関心のある人や養子縁組を検討している人
相談料 無料
申し込み 直接会場へお越しください。
問い合わせ 県西部児童相談所(電話番号:027-322-2498)

図書館だより

会場 おはなし室  (電話番号:62-1737)
注:申し込み不要。参加費無料。
★定例おはなし会★
日時 5月5日(土曜日)・12日(土曜日)・19日(土曜日)・26日(土曜日)、午後2時から2時30分
★赤ちゃん向けの読み聞かせ★
注:マタニティの人も大歓迎。
日時 5月10日(木曜日)、午前10時から10時30分

開館日
●ゴールデンウィーク期間
 開館日 5月2日(水曜日)から6日(日曜日)
 注:土・日曜日、祝日は午後5時で閉館。

催し

社会教育館事業

さまざまな催しを開催します。お気軽にお越しください。
会場・問い合わせ 社会教育館(貫前神社東隣、電話番号:62-2033)

◎裏千家淡交会茶会
県内裏千家淡交会による茶会を開催します。茶道の奥深さをご堪能ください。
日時 5月27日(日曜日)、午前10時
参加費 2席1,700円

◎抹茶おもてなし事業
日時 5月6日(日曜日)・6月3日(日曜日)、午前10時から午後3時(茶菓の終了まで)
参加費 無料
協力 退職校長会茶道部会・明瞳会茶道部
注:予約不要。

◎富岡市茶道会茶会
日時 5月13日(日曜日)、午前10時から午後3時(茶菓の終了まで)
参加費 3席1,200円
注:予約不要

◎朗読会‐近代の怪奇・恐怖・推理の先駆者‐
『江戸川乱歩の世界』
江戸川乱歩の妖艶な世界をピアノ・フルート・朗読者が一体となって表現します。深い読みと豊かな表現力で定評がある4人のメンバーの研ぎ澄まされた朗読の魅力をご堪能ください。
日時 5月20日(日曜日)、午後1時30分開演(午後1時開場)
入場料

  • 大人1,800円(当日2,000円)
  • 高校生以下(前売り・当日)1,000円

出演者

  • 音楽:ユリア・レブ(ピアノ)、高橋玲梨(フルート)
  • 朗読:前橋朗読研究会「BREATH」

演目

  • 第一部『夢遊病者の死』『算盤が恋を語る話』
  • 第二部『接吻』『人間椅子』

◎空高きアンデスの音色
遠くアンデスの地で生まれた伝承曲を生演奏でお届けします。素朴な音色に包まれたひとときを過ごしませんか。
日時 6月2日(土曜日)、午後2時(午後1時30分開場)
入場料 2,000円
出演者 セルヒオ・アウカ(ケーナ奏者)とトヨ草薙(チャランゴ・ギター奏者)
演奏曲 「コンドルは飛んでいく」など
問い合わせ アンデス音楽アウキアウキの会の田谷さんか社会教育館

連合群馬ふれあいフェスティバル

日時 5月20日(日曜日)、午前10時から午後3時
会場 富岡小校庭・体育館
内容 「HUGっとプリキュア!」ショー、エア遊具、ゲームコーナー、模擬店など
テーマ 「組織力・発信力が地域の活力」
問い合わせ 連合群馬西部地域協議会(電話番号:64-0557)

げんきと笑顔を持ちよりみんな集まれ!げんきフェスタ

アットホームな手づくりイベントです。お富ちゃん、ふっかちゃんもやってきます。

日時 5月19日(土曜日)、午前10時から午後3時30分
注:雨天決行
会場 しるくるひろば(市庁舎前ひろば)
内容 模擬店、体験コーナー(折り紙、手作りおもちゃなど)、ステージ発表など
問い合わせ 富岡げんき塾の入山さん(電話番号:62-0149)

一之宮貫前神社
古武術奉納演武祭
日時 5月27日(日曜日)、午前10時30分
会場 貫前神社境内
注:雨天時は神楽殿
内容 古武術奉納演武祭(国内20余りの古武術流派が演武を奉納)

◎宝物館企画展
 「江戸の補物道具」
日時 5月の毎週日曜日、午前10時から午後3時
内容 珍しい隠し武器の展示や簡単な鎧の試着体験など
問い合わせ 貫前神社(電話番号:62-2009)

歯と口の健康フェア2018 一生自分の歯で食べよう

富岡甘楽歯科医師会では、第33回「歯と口の健康フェア2018」を開催します。80歳以上で20本以上の使える歯がある人には、歯科健診後に「8020賞」として賞状と記念品を進呈します(過去に受賞経験のある人はご遠慮ください)。

日時 6月3日(日曜日)、午前10時から午後2時30分(受け付け)
会場 富岡甘楽口腔保健センター(公立七日市病院隣)
内容 歯科健診・相談、歯の磨き方指導、フッ素塗布(希望者)など。
注:来場者には歯ブラシなどを差し上げます。
問い合わせ 富岡甘楽歯科医師会(電話番号:62-1706)

フッ素洗口説明会

保育施設・認定こども園・幼稚園の協力のもと、年中児・年長児の希望者にフッ素洗口を実施し、むし歯予防に効果をあげています。多くの皆さんにフッ素洗口について理解を深めてもらうため、フッ素洗口説明会を開催します。ぜひご参加ください。

日時

  • 5月24日(木曜日)、午前10時から11時30分
  • 5月31日(木曜日)、午後1時30分から3時

注:どちらか都合のよい日に参加してください。
対象者 市民
内容

  • 講話「フッ素洗口について」
  • フッ素洗口体験

講師 富岡甘楽歯科医師会 歯科医師
会場・問い合わせ 保健センター(電話番号:64-1901)

妙義神社 緑陰コンサート

日時 5月13日(日曜日)

  • 第1部 午前11時から正午
  • 第2部 午後1時30分から2時30分

会場 妙義神社境内宮様御殿正面玄関前
演奏者 キム・シンさん(シンセサイザー奏者)
入場料 無料
問い合わせ 妙義神社社務所(電話番号:73-2119)

教室・講座

「富岡学」公開講座

第4期講座(全24回)の一部を公開します。

日時 6月2日(土曜日)、午後2時から3時30分
会場 県立自然史博物館学習室
内容 富岡周辺の地層と化石に関すること
講師 長谷川善和さん(県立自然史博物館名誉館長)
定員  30人(先着順)
受講料 無料
申し込み・問い合わせ
5月25日(金曜日)までに生涯学習センター(電話番号:62-1531)へ。市ホームページからも申し込みできます。

おもしろ科学教室

日時 6月23日(土曜日)、午前9時30分から正午
会場 生涯学習センター
対象者 小学生(3年生以下は保護者同伴)
内容 電動ぶるぶる飛行機を作ろう
講師 県生涯学習センターサイエンスインストラクター会員
参加費 500円程度(材料費・傷害保険料)注:当日集金
定員 30人(申し込み多数の場合は抽選)
持参する物 筆記用具・会員証(持っている人)
申し込み・問い合わせ 5月24日(木曜日)から30日(水曜日)、午前9時から午後5時に、電話・ファクスのいずれかで生涯学習センター(電話番号:62-1531、FAX番号:64-4709)へ。市ホームページからも申し込みできます。


若い世代に向けた相談窓口情報(自殺対策メッセージ動画)

若い世代の死因の第1位は「自殺」です。
県では、悩んでいる人やその周囲の人からの相談に応じる電話相談窓口の情報を若者にしっかり届け、自殺を未然に防ぐため、メッセージ動画を制作しました。皆さんの周囲で苦しんでいる人に、ぜひ情報を伝えてください。
メッセージ動画
◎「君が話したいこと、それだけでいいから」
 本県出身のラップ・アーティストNAIKA MCさんが悩んでいる人にメッセージを伝えています。
◎「違和感、それは気づきのはじまりです」
 悩んでいる人がSOSを発した時、周囲の人が見落とさないでほしいというメッセージを伝えています。
視聴方法 県公式YouTube チャンネル「ぐんまちゃんTV」(県政トピックス)
問い合わせ 県こころの健康センター
(電話番号:027-263-1166、FAX番号:027-261-9912)

電話相談
◎こころの健康相談統一ダイヤル
 (電話番号:0570-064-556)
 日時 月から金曜日
 (祝日、年末年始を除く)、
 午前9時から午後10時
◎24時間子供SOSダイヤル
 (電話番号:0120-0-78310)
日時 (祝日、年末年始を除く)

  • 月から金曜日、午前9時から午後7時
  • 第2・4土曜日、午前9時から午後3時

 注:上記時間外は「子どもホットライン24」につながります。

募集

おばけ大会スタッフ

子どもたちの夢と夏休みの思い出づくり、ふるさと意識を育てるとともに健全育成のために、おばけ大会を一緒に盛り上げませんか。

期日 7月21日(土曜日)・22日(日曜日)
会場 生涯学習センター
対象者 高校生以上の個人や団体
内容 会場準備、人員整理、おばけ役など
注:詳しくは、後日打ち合わせをします。
申し込み・問い合わせ
5月31日(木曜日)までに生涯学習センター(電話番号:62-1531、FAX番号:64-4709、Eメールseisyounenn@city.tomioka.lg.jp)へ。

少年少女発明クラブ員

活動期間 6月から12月、午後1時30分から4時30分
注:原則として土曜日、11回程度を予定
会場 勤労者会館 他
主な活動

  • プチロボットやペットボトルロケットの製作、電子工作でクリスマス飾りなど身近な物を使ってモノづくりの楽しさを体験
  • 見学会などの楽しい行事

対象者 小学4から6年生 受講料 3,000円(教材費・保険料込み)
定員 30人(申し込み多数の場合は抽選)
申し込み・問い合わせ
5月18日(金曜日)までに電話・ファクス・Eメールのいずれかの方法で産業振興課(電話番号:内線1263、FAX番号:62-0357、Eメールhatsumei@city.tomioka.lg.jp)へ。
注:申込書は、産業振興課に用意してあるほか、市ホームページからダウンロードできます。

富岡地域医療企業団職員 公立富岡総合病院・公立七日市病院

職種 理学療法士または作業療法士
採用予定人員 若干人
採用予定日 6月1日(金曜日)
受験資格 該当職種免許を有する人
試験日 5月26日(土曜日)
試験方法 適性検査・小論文試験・面接試験
申込期間 5月18日(金曜日)まで(土・日曜日を除く、午前8時30分から午後5時15分、郵送の場合は必着)
申込用紙の交付 所定の申込用紙は公立富岡総合病院で交付する他、病院ホームページからダウンロードできます。郵送希望者は、封筒に「採用試験応募書類希望(職種名)」と書き、120円切手を貼った送付先明記の返信用封筒(A4判)を同封し公立富岡総合病院へ。
申し込み・問い合わせ
公立富岡総合病院総務課職員係(〒370‐2393富岡2073‐1、電話番号:63-2111内線2217)

就労支援

事業所向け平成31年3月新規学卒者求人説明会

日時 5月24日(木曜日)、午後2時から3時30分
会場 生涯学習センター3階第1・2会議室
対象者 平成31年3月新規学校卒業者の採用を予定している事業所
注:個人・法人は問いません。
内容

  • 平成31年3月新規学卒者の求人から採用までの手続きについて
  • 本年度の状況について

その他

  • 高校生の場合、夏休みごろから校内選考が始まります。採用を予定している事業主はご参加の上、早めの計画をお願いします。
  • 求人提出予定の有無に関わらず、新卒者雇用に関心のある事業主もご参加ください。

注:学卒用求人申込書のみの配布も行っています。
申し込み・問い合わせ
ハローワーク富岡学卒担当(電話番号:62-8609)

~看護師といっしょに「1日看護体験」してみませんか~ふれあい看護体験

日時 7月24日(火曜日)、午前9時から午後4時
実施施設 公立富岡総合病院・公立七日市病院・下仁田厚生病院・西毛病院
対象者 高校生
内容

  • 病院見学
  • 白衣で記念撮影
  • 看護ケア体験(検温、清潔のケアなど)

定員 40から50人(多数の場合は調整)
持参する物

  • 筆記用具
  • 上履き(白)
  • 髪の長い人はゴム、ピン、バレッタなど

女子のみ

  • スリップなどの下着
  • 肌色のストッキング 

男子のみ

  • ベルト
  • 白のTシャツ
  • 白の靴下

その他 白衣と昼食は用意します。
申し込み・問い合わせ 6月8日(金曜日)までに、封書で住所・氏名・学校名・学年・電話番号・白衣のサイズ(S・M・L・LL・3L)・男子の場合は、身長・ウエストサイズを記入し、切手を貼った返信用封筒を同封して、下仁田厚生病院看護部の神戸優子さん(〒370-2601 下仁田町大字下仁田409、電話番号:82-3555)へ。

試験

危険物取扱者試験と準備講習会

◎共通事項
受付期間 5月8日(火曜日)からから21日(月曜日)(土・日曜日を除く)、午前8時30分から午後5時15分
受付場所 広域消防本部か下仁田消防署
問い合わせ 広域消防本部予防課(電話番号:62-4306)

◎試験(甲、乙、丙種)
日時 6月24日(日曜日)、午前9時
会場 高崎工業高校ほか
受け付け 5月5日(土曜日)(祝日)から18日(金曜日)にインターネットでも受験申請ができます。詳しくは消防試験研究センターホームページでご確認ください。

◎準備講習会
日時 5月28日(月曜日)、午前9時から午後4時
会場 広域消防本部3階会議室
受講料 9,000円(テキスト・例題集代を含む)

スズメバチ 駆除費用の一部を補助

住宅敷地内や管理している土地で営巣しているスズメバチを業者に依頼して駆除した人に、費用の一部を補助します。
注:スズメバチ以外のハチ(アシナガバチ・ミツバチ・クマバチなど)は、補助対象になりません。
注:所有者・管理者が不明な場所にスズメバチの巣があり、緊急に駆除が必要な場合は、環境課にご相談ください。

対象者 次の全ての条件に該当する人

  • 市内で土地・建物を所有か賃借している個人
  • スズメバチを業者に依頼し駆除した人
  • 市税や国民健康保険税の滞納がない人

補助金額 駆除費用の2分の1(限度額1万円)
申請方法 駆除費用支払いの日から30日以内に、申請に必要な物を持参し、環境課で申請してください。
申請に必要な物

  • 本人確認ができる物(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 駆除前と駆除後の状況写真
  • 印章(朱肉を使う物)
  • 駆除に要した費用の領収書(申請者の氏名が記載されている物)
  • 完納証明書など地方税の滞納がないことを証明する書類(市外居住者のみ)

注:申請者以外の人が提出する場合は、委任状と提出する人の本人確認のできる物が必要です。
問い合わせ 環境課(清掃センター内、電話番号:62-2823)

対象者と補助額を拡大 在宅寝たきり高齢者などの紙おむつ購入費

要介護4以上の在宅寝たきり高齢者などを対象に、紙おむつ購入費の2分の1を補助していますが、6月から対象者を要介護3以上に拡大し、補助額を4分の3に引き上げます。

対象となる人は申請してください。
対象者 市内在住の65歳以上の人で、要介護3以上の在宅の人か、認知症高齢者の日常生活自立度3以上の人
注:在宅が基本ですので、入院・入所中は除きます。
補助金額 紙おむつなど購入費の4分の3
注:補助金は口座振り込みとなります。
申請方法 対象者は、次の書類を持参し、高齢介護課(行政棟8番窓口)へ申請してください。
持参する物

  • 介護保険証
  • 紙おむつ(紙パンツ、パッド含む)を購入したレシート
  • 紙おむつ等購入証明書(市の指定用紙) 
  • 通帳(初回のみ)

その他 「紙おむつ等購入証明書」の用紙は、次の市内店頭で取り扱っています。その他の店舗で購入したい場合は、市役所で購入証明書を受領してから購入してください。

  • くすりのアオキ
  • マルエドラッグ
  • カワチ薬品
  • ベイシア
  • カインズホーム(富岡甘楽店)
  • セキチュー

問い合わせ 高齢介護課(電話番号:内線1143)

スポーツ

もみじ平ノルディックウォーキング体験会

日時 5月19日(土曜日)、午前9時から11時(集合は午前8時45分、受け付け後、ポールの調整をします)
会場 もみじ平総合運動公園北ゾーン
対象者 健康な成人男女
参加費 1,000円
注:ポールレンタルは別途300円(当日集金)
定員 15人(最少開催人数5人)
持参する物 手袋、帽子、飲み物、リュックサックかヒップバック
その他

  • 運動のできる服装(ジーパン不可)、運動靴でご参加ください。
  • 申込時に簡単な健康確認をします。

申し込み・問い合わせ
5月15日(火曜日)までに、県ノルディックウォーキング協会(電話番号・FAX番号: 027‐347‐8180、Eメールgunma.nordic@gmail.com)へ。

初心者弓道教室

日時 6月5日(火曜日)から28日(木曜日)の毎週火・木曜日(全8回) ▷昼の部=午前9時30分から11時 ▷夜の部=午後7時30分から9時
会場 市民弓道場(田篠)
対象者 市内在住・在勤・在学の人
指導 県弓道連盟富岡支部指導者
参加費 2,000円
定員 各20人
申し込み・問い合わせ
5月11日(金曜日)から22日(火曜日)の月から金曜日、午前9時30分から11時か、火・金曜日の午後7時30分から9時に市民弓道場(電話番号:63-3652)へ。


市民体育大会 ネオホッケー大会

期日 6月24日(日曜日)
会場 富小体育館
参加資格 市内に在住・在勤・在学する小学生以上の人と協会が認めたチーム
競技種目

  • 小学生低学年の部(1から4年生)
  • 小学生高学年の部(4から6年生)
  • 一般男子の部(中学生以上。女子が入ってもよい)
  • 一般女子の部(中学生以上)
  • 一般混成の部(必ず女子が3人以上入る)

チーム編成 監督1人、選手10人以内
申し込み・問い合わせ
6月1日(金曜日)までに指定の申込用紙に必要事項を記入し、市フロアボール協会長の石井充夫さん(電話番号・FAX番号: 63-2067)へ。

ドッジボール体験教室

日時 毎週土曜日、午後5時から8時30分
注:大会などで練習がない場合もあります。
会場 東富岡体育館
対象者 市内小学1から6年生の男女
講師 目黒和広さん、齋藤亮二さん
参加費 無料
持参する物 室内用運動靴・タオル・飲み物
申し込み・問い合わせ 富岡ウイングの斉藤東子さん

5月13日(日曜日)妙義山ビューライド 通行と応援にご協力を

妙義山ビューライドin富岡2018を開催します。参加者が近くを通過したら、温かい声援をお願いします。応援する時は、危険ですので車道に出ないように注意してください。
コースや周辺道路は渋滞が予想されます。ご迷惑をお掛けしますが、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

開催日 5月13日(日曜日)
コース 妙義総合運動公園(午前8時30分、スタート)→妙義神社下→中之嶽神社駐車場→杉ノ木峠→菅原→諸戸橋→平成橋→上丹生→丹生湖→宇田→宮崎→一ノ宮→貫前神社下→田島→上高瀬→額部公民館→浅香入→大塩湖→サファリ入口前→善慶寺→内匠→西小→七日市ヨコオ踏切→貫前神社西駐車場(折り返し)→宇田→下高田→妙義総合運動公園(ゴール)
注:距離61キロメートル、制限時間5時間
注:赤字はエイドステーション(休息所)
問い合わせ スポーツ振興課(電話番号:63-6392)
この活動は、スポーツ振興くじの助成金を受けて行います。

一人いちスポーツ教室(エアロビック教室)

日時 5月23日から7月25日の毎週水曜日(全10回)、午後7時から8時30分
会場 市民体育館内剣道場
内容 ストレッチ、コアトレーニング、エアロビックなどの有酸素運動で健康増進・体力向上・シェイプアップを図る。
講師 山田久琴さん(スポーツトレーナー・日本体育協会公認エアロビック指導員)
参加費 2,000円(保険代含む)
定員 35人(先着順)
持参する物 運動着、室内用運動靴(靴下を必ず着用)・飲み物・タオル・着替えなど
申し込み・問い合わせ
電話予約の上、参加費を添えてスポーツ振興課(市民体育館内、電話番号:63-6392)へ。

太極拳体験教室

日時 6月1日から22日の毎週金曜日(全4回)、午後1時30分から3時
会場 東富岡体育館
対象者 市内在住・在勤・在学の人
内容 ゆっくりとした動きで足腰を強化し、転倒防止に役立つ基本動作
指導者 堀米昭義さん(中国北京体育大学大学院卒)
参加費 500円(当日集金)
定員 20人
持参する物 運動のできる服装、室内用運動靴(薄底の物がよい)
申し込み・問い合わせ
市太極拳協会事務局の斉藤淳子さん(電話番号:090‐3240‐3287、FAX番号:63-6287)

障害のある人のための「週末活動支援事業」

週末に軽スポーツやレクリエーションなどの活動を行います。ご参加ください。

◎第1回目
日時 5月19日(土曜日)、午前10時から正午
内容 軽スポーツ(バドミントン・卓球)
申込締め切り 5月16日(水曜日)まで
◎第2回目
日時 6月9日(土曜日)、午前10時から正午
内容 軽スポーツ(ティーボール)
申込締め切り 6月6日(水曜日)まで
◎共通事項
会場 一ノ宮体育館
対象者 市内・甘楽郡在住で、障害(身体・知的・精神など)がある18歳以上の人(高校3年生含む)
参加費 無料(実費がかかることがあります)
注意事項

  • 必ず「室内用運動靴」を持参してください。
  • 事前に申し込みをしてください。
  • 体調不良などで欠席する場合は、連絡してください。

申し込み・問い合わせ

  • 電話:月から金曜日、午前8時30分から午後5時30分に障害者就業・生活支援センター「トータス」(電話番号:0274‐25‐8335)へ。
  • Eメール:k-fujisaku@xp.wind.jp

住所、氏名、生年月日、電話番号、障害者手帳の種類、等級、当日の会場までの交通手段を書いてください。
注:詳しくは、トータスのホームページをご覧ください。

ご協力を

市民献血にご協力ください

注:原則、400ミリリットル献血の受け付けとなります。
日時 5月11日(金曜日)、午前9時30分から正午、午後1時から3時30分
会場 上町駐車場(受付は議会棟1階エントランスホール)
問い合わせ 保健センター(電話番号:64-1901)

平成30年工業統計調査

国内の工業の実態を明らかにするため、工業統計調査を6月1日現在で全国一斉に実施します。工業統計調査は統計法に基づく報告義務がある重要な調査で、調査結果は中小企業施策や地域振興などの基礎資料に利活用されます。
対象の事業所には調査員が訪問しますので、調査へのご協力をお願いします。

対象 従業者4人以上の全ての製造事業所(4人以下の事業所も営業状態の確認で訪問する場合があります)
調査内容 1年間の生産活動に伴う製造品の出荷額、原材料使用額など
調査方法 5月9日(水曜日)以降、統計調査員が事業所へ訪問し、調査票を配布します。
問い合わせ 企画政策課(電話番号:内線1224)

ページトップに戻る

32ページ

美博通信

5月20日(日曜日)まで 黒沢春来・清水松雲・水谷龍雲と門人たち展 −書の世界をのぞいてみよう−

4月7日、本年度第1弾の企画展として、「黒沢春来・清水松雲・水谷龍雲と門人たち展」が、にぎやかに開会しました。
初日は、主催者のあいさつや来賓の祝辞、テープカットなどが行われた後、七日市在住のゆうこさんがオカリナの演奏(伴奏は岡庭萌子さん(前橋市))で華を添え、うどんの会が自慢のうどんを振る舞いました。
今回の企画展は、本市の書の礎を築くとともに、書の振興・発展に大きな力を注いだ三氏の書業を改めて顕彰し、多くの人に選りすぐりの作品を鑑賞してもらい、書の魅力や素晴らしさ、奥深さを堪能してもらうために企画しました。この展示に併せて、展覧会の輪をさらに広げるため、23人の門人の皆さんの作品も展示しています。
展示作品は、大小合わせて89点。展示方法も趣向を凝らし、床の間風のコーナーや毛筆・硯などの文房四宝の逸品も展示していますので、ぜひお出掛けください。
また、三浦俊行さん(下丹生)の漆喰彫刻も2階ロビーで展示していますので、併せてご覧ください。

観覧料 一般300円/65歳以上200円/大学・高校生100円/中学生以下無料 (注:5月22日(火曜日)以降は、通常料金)
福沢作品解説会 毎月第4日曜日、午後2時

関連事業 5月6日(日曜日)
会場 2階ロビー

  • 午後1時:富岡市民吹奏楽団によるロビーコンサート
  • 午後2時:門人3人による席上揮毫(書の実演)

注:参加自由です。(ただし、観覧料が必要)

福沢一郎作品を募集します

秋に開催する「福沢一郎生誕120年展—富岡まるごとフクザワ—」の関連事業として、市民の皆さんが所有する福沢作品を展示します。この機会に皆さんの秘蔵の福沢作品を美術博物館でお披露目しませんか。ご連絡をお待ちしています。
申し込み・問い合わせ
美術博物館(電話番号:62-6200、FAX番号:62-6201、Eメールbijyutu@city.tomioka.lg.jp

ページトップに戻る

33ページ

市ホームページバナー広告 募集

市ホームページのバナー広告は、トップページ下部のほか、画面右上に広告欄を設け、下部の広告エリアのバナーがランダムに切り替わって表示されます。ホームページを開いた最初の画面でバナー広告が表示されるため、目に留まりやすく効果的です。ぜひご利用ください。

広告の規格 縦50ピクセル×横175ピクセル8キロバイト以内のバナー。形式は、GIF形式、JPEG形式、PNG形式
注:アニメーションなどは不可
掲載料金(1枠)

  • 1カ月=10,000円
  • 6カ月=55,000円
  • 12カ月=100,000円

トップページアクセス数
月約37,000アクセス
申し込み・問い合わせ 秘書課(電話番号:内線1211、Eメールkouhou@city.tomioka.lg.jp
注:随時受け付けています。

ページトップに戻る

34ページ

5月市民相談室

相談・予約・問い合わせ/日時/会場

  • 行政相談 市民課市民生活係(電話番号:62-8362)/15日(火曜日) 午後1時30分から3時30分/12会議室(議会棟1階)
  • 無料法律相談(要予約) 市民課市民生活係(電話番号:62-8362)/11日(金曜日)・6月1日(金曜日) 午後1時から4時/12会議室(議会棟1階)
  • 人権相談 市民課市民生活係(電話番号:62-8362)/8日(火曜日)・6月1日(金曜日) 午前9時から正午/富岡公民館
  • 一日合同相談(予約不要)(行政相談・無料法律相談・人権相談) 市民課市民生活係(電話番号:62-8362)/30日(水曜日) 午後1時から3時30分/生涯学習センター
  • 消費生活相談 消費生活センター(電話番号:63-6066)/月から金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前8時30分から午後5時/消費生活センター(あい愛プラザ2階)
  • 労働相談 産業振興課(電話番号:内線1263)/9日(水曜日) 午後1時30分から4時/12会議室(議会棟1階)
  • 発明相談(要予約) 産業振興課(電話番号:内線1263)/24日(木曜日) 午後3時から5時/12会議室(議会棟1階)
  • 中高年「働き方」相談(要予約) 県シニア就業支援センター(電話番号:027-381-8872)/10日(木曜日) 午前9時30分から午後0時15分、午後1時15分から3時/12会議室(議会棟1階)
  • 若者就職活動相談(要予約) ぐんま若者サポートステーション(電話番号:027-233-2330)/8日(火曜日) 午後1時から4時/生涯学習センター
  • 障害者就業生活相談(要予約)障害者就業・生活支援センター「トータス」 相談室専用携帯(電話番号:080-6864-2875)/毎週水曜日(祝日、年末年始を除く)午前10時から午後4時/富岡合同庁舎1階相談室
  • 生活困窮自立支援相談 社会福祉協議会(電話番号:70-2232)/月から金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前8時30分から午後5時15分/あい愛プラザ1階
  • 心配ごと相談 社会福祉協議会(電話番号:70-2232)/通常:10日(木曜日)・24日(木曜日)午後1時30分から3時30分/あい愛プラザ1階
  •  巡回:17日(木曜日) 午前10時から正午 高瀬公民館
  • 認知症よろず相談 高齢介護課(電話番号:内線1146)/8日(火曜日)・22日(火曜日) 午後1時30分から3時30分/相談室3(行政棟1階、福祉課隣)
  • 家庭児童相談 児童虐待相談 こども課(電話番号:内線1165)/月から金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前9時30分から午後4時/家庭児童相談室(こども課内)
  • 子どもの教育相談 教育相談研修センター(電話番号:62-1897) 学校教育課(電話番号:内線2124)/月から金曜日(祝日、年末年始を除く) 午後1時30分から4時30分 注:水曜日は電話相談のみ 教育相談研修センター 注:いじめに関する電話相談にも応じます
  • 若者・青少年相談室「ぷらすゆう」(要予約) 生涯学習課(電話番号:62-1532)/毎週水曜日 午後1時から5時 注:祝日、年末年始を除く/生涯学習センター

注:電話番号:内線については、富岡市役所(電話番号:62-1511)へ電話し、その内線番号を伝えると、担当につながります。

手話通訳者のご利用を

日時 5月2日(水曜日)・9日(水曜日)・16日(水曜日)・23日(水曜日)・30日(水曜日) 午後3時から5時
問い合わせ 福祉課(電話番号:内線1139、FAX番号:64-1294)

消費生活Q&A <電話回線の修理オプションの勧誘電話に注意>

Q  大手電話会社の代理店を名乗る業者から「電話が故障した際に、24時間修理対応できるオプションサービスが無料で受けられる」と電話があり、話を聞いていたら資料を送るとのことだったので、名前と住所を伝えた。後日契約書が届き、オプションサービスには月々費用がかかり、1カ月分のキャッシュバックがあると書かれていた。そのような説明はなかったし、契約した覚えはない。どうすればよいか。

A 法人向けの光回線修理サービスやITサポートなど不必要な契約を、消費者や個人事業主に電話で勧誘する業者の相談が増えています。事例のように十分な説明がなかったり、誤解を招く説明により契約した認識がないにも関わらず手続きが進められた場合は解約の申し入れをすることができますので、消費生活センターに相談してください。電話勧誘では契約の内容をよく確認することができないので、「無料」と言われても承諾しないようにしましょう。

*センターからのアドバイス*
 電気通信サービスは、割引やキャッシュバックが多く契約時の消費者の費用負担が少ないため、すぐに契約しやすい側面があります。自分の利用環境や利用頻度を考慮し、今後継続的に支払う料金についても検討する必要があります。勧誘されてもすぐに返事をしないようにしましょう。
問い合わせ 消費生活センター(あい愛プラザ2階、電話番号:63-6066)

とみおか健康ダイヤル24

電話番号:0120-012-190
24時間年中無休 相談料・通話料無料
●市民専用の電話相談です。相談の分野ごとに医師や看護師などの専門スタッフが応対します。
受付内容 健康、医療、介護、看護、育児、栄養、心の健康についての相談、医療機関や相談機関の情報提供
問い合わせ 保健センター(電話番号:64-1901)

休日診療所 富岡市甘楽郡医師会

診療日時 日曜日、祝日、年末年始
午前9時から正午 午後1時から5時

診療場所・問い合わせ
休日診療所(公立富岡総合病院隣接、富岡2037-1電話番号:64-1939)

公立富岡総合病院 休日の小児救急診療

富岡市甘楽郡医師会医師の協力で行っています。緊急時にご利用を。

  • 5月20日(日曜日)=小栁由里子さん(青葉クリニック)
  • 6月3日(日曜日)=菊池修さん(もみの木こどもクリニック)

注:変更になる場合があります。
診療時間 午前9時から正午
診療場所・問い合わせ 公立富岡総合病院 救急室(電話番号:63-2111)

小児救急電話相談 #8000

子どもの急な病気などで対応に困ったら、プッシュ回線の電話、または携帯電話から#8000にお電話ください。経験豊富な看護師などが相談に応じます。
相談日時

  • 月から土曜日=午後6時から翌朝午前8時
  • 日曜日・祝日・年末年始=午前8時から翌朝午前8時

問い合わせ 群馬県医務課(電話番号:027-226-2534)

健康テレホン 5月

電話番号:027-234-4970
約3分間の健康講話が聞けます

月曜日:わが国における乳がんの現状
火曜日:歯が痛いときの応急処置
水曜日:セックスでうつる病気
木曜日:ブラッシングの習慣
金曜日:長生きの食生活
土・日曜日:学校の歯科検診

直接相談タイム
17日 (木曜日)(歯科)、午後7時30分から9時 
Web健康相談
http://www.raijin.com/kenko/
問い合わせ 群馬県保険医協会(電話番号:027-220-1125)

6月保健ガイド

子育てナビ をご利用ください

保健ガイドや子育てに関する情報を掲載しているサイトです。
子育てナビ内に、子どもの健診記録や予防接種記録を登録できるアプリを公開しています。

6月 保健ガイド

会場・問い合わせ 保健センター
電話番号:64-1901、FAX番号:64-1969
注:毎回翌月分を掲載しています 

健康診査

期日(祝日を除く)受付時間/対象者/持参する物
4カ月児 13日(水曜日)午後1時から1時30分/平成30年1月生まれ/母子健康手帳・テープおむつ・大きめのタオル
10カ月児 15日(金曜日)午後1時から1時30分/平成29年7月生まれ/母子健康手帳・小児用歯ブラシ・大きめのタオル
1歳6カ月児 14日(木曜日)午後1時から1時30分/平成28年11月生まれ/母子健康手帳・受診票(対象者には事前に配布)・歯ブラシ・大きめのタオル・尿(3歳児のみ対象、所定の容器に入れる)
3歳児 8日(金曜日)午後1時から1時30分 平成27年5月生まれ/母子健康手帳・受診票(対象者には事前に配布)・歯ブラシ・大きめのタオル・尿(3歳児のみ対象、所定の容器に入れる)
内容
身体計測・小児科医の診察・育児相談・むし歯予防(4カ月児は除く)など
注:1歳6カ月児と3歳児には歯科医の診察・歯科衛生士のむし歯予防指導(希望者にフッ素塗布)

にこにこ教室

  • 5日(火曜日)=3歳6カ月児(平成26年12月生まれ)
  • 12日(火曜日)=2歳6カ月児(平成27年12月生まれ)
  • 19日(火曜日)=2歳児(平成28年6月生まれ)

いずれも午後1時15分から1時45分

母子健康手帳・受診票(対象者には事前に配布)・歯ブラシ・大きめのタオル
歯科医の診察・歯科衛生士のむし歯予防指導(希望者にフッ素塗布)・育児相談など

先天性股関節脱臼検診

22日(金曜日)午後1時から1時30分/平成30年3月から4月生まれ/母子健康手帳・テープおむつ・大きめのタオル/整形外科医による股関節脱臼と斜頚の検診

母親学級ぺんぎんくらぶ

6月は実施しません(次回は8月に実施予定です)

妊婦健康相談・妊娠届出

毎週月から金曜日 午前8時30分から午後5時15分/妊婦/妊娠届出書、本人確認ができる物(運転免許証・マイナンバーカードなど)/ 母子健康手帳・妊婦健診受診票交付、健康相談

相談

乳幼児相談 26日(火曜日)午前9時から11時 午後1時から3時/1カ月から6歳の乳幼児/母子健康手帳・大きめのタオル 身体計測・母乳相談・栄養相談など

すこやか相談(予約制) 毎週木曜日 午前9時から11時/健康について相談したい人/健康手帳(持っていない人は相談時に発行します)/ 健康相談・栄養相談・血圧測定・体脂肪測定

こころの健康相談(予約制) 毎週月曜日 午前9時から11時/精神的不安や悩みのある人、心の病気について困っている人やその家族など/市の保健師が相談に応じます

精神保健福祉相談(予約制)

日時 6月12日(火曜日)、午後1時から3時
内容 こころの病気、こころの不調(不眠、不安など)のある人やその家族からの相談に精神科医師が応じます。

エイズ・性感染症検査(予約制)

日時 原則 毎週月曜日、午後1時から2時、第4月曜日、午後5時30分から6時30分 注:祝日を除く
注:電話相談は、月から金曜日、午前9時から午後5時
内容 血液検査・尿検査・エイズ相談
注:無料・匿名で受けられます。
会場・予約・問い合わせ 富岡保健福祉事務所(富岡合同庁舎内)電話番号:62-1541、FAX番号:64-2397

地域がんサロン ぐんま 富岡

費用  不要
予約  不要
日時 毎月第2日曜日、午後1時から3時
会場 ふれあいの居場所「よりみち」和田宅
(富岡霊園から北へ約200メートル、上黒岩1879-1)
内容 がん患者やその家族が集まり、お互いの体験話や悩みの相談ができます。
問い合わせ ぴあサポぐんま土屋さん

6月の予防接種

  • 対象者以外でも、予防接種法で定められている年齢であれば接種できます。希望する場合は必ず事前に連絡をお願いします。
  • 四種混合とMR1期(1歳児)の予防接種は、個別接種(医療機関での接種)となります。
  • 平成10年4月2日から平成19年4月1日生まれの人で、日本脳炎が済んでいない場合は、ご相談ください。

受付時間 午後1時から1時30分
持参する物

  • 母子健康手帳(忘れた場合は接種不可)
  • 予診票

会場・問い合わせ 保健センター

種類/期日/対象者

  • BCG/27日(水曜日)/平成29年12月生
  • MR2期麻しん・風しん混合/6日(水曜日)/平成25年2月から4月1日生
  • 日本脳炎/20日(水曜日)/平成27年4・5月生(1期1回目)

5月の健・検診

詳しくは「健康のしおり」(4月配布)などでご確認ください。

集団:胸部検診(結核・肺がん)

ページトップに戻る

36ページ

広報紙アンケート 読んで答えて、すてきなプレゼントをもらおう

今月のプレゼント 「たれだんご5本」(20人)

昭和6年創業のだんご店です。当時より変わらない味を提供しています。季節により、さくら餅、かしわ餅、おはぎもあります。

並木屋だんご店
富岡1611-7 電話番号:62-0512
営業時間 午前9時30分から売り切れ次第終了
定休日 水曜日

アンケート

  1. 今月号で参考になった内容は?
  2. 今後、取り上げてほしい内容は?
  3. 紙面で改善してほしいところは?

応募方法 はがきか市ホームページで、アンケートの答え、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、下記応募先から応募してください。(各月1人1通まで、市民のみ)
締め切りは5月30日(水曜日)です。(必着)

  • はがき 〒370-2392 富岡市役所(住所不要)広報紙アンケート係
  • 市ホームページ 「募集情報」広報紙アンケート

当選者の発表は、プレゼント引換券の発送をもって代えさせていただきます。(商品の発送はいたしません)引換券をお店に持参し、プレゼントと交換してください。

プレゼント提供者を募集中。詳しくは、秘書課(電話番号:内線1211)へ。

富岡市の人口(4月1日現在・カッコ内は前月比)

男性 24,274人(−40人)
女性 25,000人(−58人)
計 49,274人(−98人)
世帯数 20,038世帯(+44世帯)

3月分の人口動態内訳

出 生 23人
転 入 239人
死 亡 54人
転 出 306人

富岡製糸場見学者数(4月1日現在)

3月入場者数 38,312人 (1,236人/日)(前年同月比−16,965人)
累計(市へ管理移管後) 5,830,883人


見やすく読みまちがえにくいユニバーサルデザインフォントを採用しています。

発行編集 富岡市市長公室秘書課 〒370-2392 群馬県富岡市富岡1460番地1
電話番号0274-62-1511 FAX番号0274-62-0357
ホームページ  http://www.city.tomioka.lg.jp/
印刷 株式会社若草印刷

ページトップに戻る

このページのお問い合わせ先

総務部 秘書課 広聴広報係
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?