本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 産業・ビジネス > 就労支援 > 補助金等 >育児休業支援事業補助金
トップページ > 各課のご案内 > 経済産業部 > 産業振興課 > 就労支援 > 補助金等 >育児休業支援事業補助金

育児休業支援事業補助金

更新日:2021年4月1日

事業概要

市内中小・小規模企業の労働環境及び子育て環境の充実を図るため、育児休業取得者がいる事業所に対し、育児休業期間中に事業所が要する経費の一部を補助します。

補助対象者

市内中小企業(子会社・グループ会社など、みなし大企業を除く)で、市税を滞納していないもの。その他、医療法人、介護施設等も同様。

育児休業を取得する従業員は、市内の事務所又は事業所に勤務する労働者を事業の対象とする

補助金額

1人につき1カ月当たり3万円(最大36万円)

補助対象期間終了後に補助金の交付を受けることができます。

提出書類

補助金の交付を受けるには、事前に補助金交付の決定を受ける必要があります。休業が明らかになった場合、すみやかに申請してください。

育児休業取得時

  • 補助金交付申請書(19KB)(Word文書) 注:1・2
  • 就業規則等の休業制度を規定していることが確認できる書類
  • 雇用保険被保険者証または雇用保険被保険者資格取得等確認通知書の写し
  • 育児休業取得者が休業取得にあたって、事前に事業所に提出した育児休業申出書等の写し
  • 育児休業対象労働者に対し育児休業の許可を通知した休業取扱通知書等の写し
  • 母子手帳の出生届出済証明の写し

注:1 休業期間が年度を跨ぐ場合は、新年度に再度提出が必要です。(下記の「休業期間が年度を跨ぐ例」をご覧ください。)
注:2 令和3年4月1日より、補助金交付申請書への押印は不要になりました。

参考  育児休業申出書等の様式例:厚生労働省ホームページ

補助対象期間終了後

注:3 休業期間が年度を跨ぐ場合は、新年度の補助対象期間終了後に再度提出が必要です。(下記の「休業期間が年度を跨ぐ例」をご覧ください。)
注:4 令和3年4月1日より、実績報告書への押印は不要になりました。

休業期間が年度を跨ぐ例

【育児休業期間が令和3年7月15日から令和4年5月18日の場合】

 1.令和3年度の補助対象期間……令和3年7月15日から令和4年3月14日まで(8カ月間)

  • 令和3年7月15日までに補助金交付申請書等を提出
  • 令和4年3月14日から3月31日までに実績報告書等を提出

 2.令和4年度の補助対象期間……令和4年3月15日から5月14日まで(2カ月間)

  • 新年度に補助金交付申請書を提出(添付書類は不要です。)
  • 令和4年5月14日から6月13日までに実績報告書等を提出(補助対象期間終了後1カ月以内)

このページのお問い合わせ先

経済産業部 産業振興課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?