本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 観光・イベント > 美術館・博物館 > 富岡市立美術博物館 >開催中の展覧会
トップページ > イベントカレンダー >開催中の展覧会
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 文化課 > 美術博物館 >開催中の展覧会

開催中の展覧会

登録日:2019年11月23日

企画展示室

展覧会タイトル画像

新聞広告が減少しているいま、もういちど一枚紙の力を、クリエイティブの力を、新聞広告の価値をたしかめたい。と、私は思ったのです。(副田高行)

本展では、日本観光ポスターコンクールで最優秀賞を受賞した「世界遺産 富岡製糸場」や『世界遺産富岡製糸場brand book』、数々の新聞広告、テレビCMを手がけたアートディレクター・副田高行氏によるインパクトのある新聞広告を紹介します。

ご本人が“原点”と語る1980年の「サントリービール ナマ樽」から、2019年の「earth music & ecology」までの40年にわたる仕事、およそ100点をエピソードと併せて展示します。

 副田高行さんのポートレート

会期:令和元年11月23日(土曜日)から令和2年1月26日(日曜日)まで

主催:富岡市(富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館)

企画協力:副田デザイン制作所

協力:ニュースパーク(日本新聞博物館) 株式会社 第一製版

後援:日本グラフィックデザイナー協会 上毛新聞社 朝日新聞社前橋総局 共同通信社前橋支局 産経新聞前橋支局 時事通信社前橋支局 東京新聞前橋支局 日本経済新聞社前橋支局 毎日新聞前橋支局 読売新聞前橋支局 群馬テレビ FM GUNMA 

副田 高行 そえだ たかゆき

アートディレクター。1950年福岡県生まれ。74年朝日広告賞入選(コカコーラ)。75年スタンダード通信社入社後、76年に朝日広告賞グランプリ受賞(カゴメトマトジュース)。1980年サン・アドへ入社、「サントリー ナマ樽」を手がける。1985年仲畑広告制作所へ入社。東京ガス、サントリー、JR九州などを手がける。96年「副田デザイン制作所」を設立。主な仕事としてシャープ、TOYOTA、ANA サントリーなど。数多くの作品が受賞。著書に「副田高行の仕事と周辺」(六耀社)、「世界のグラフィックデザイン61 副田高行」(DNPトランスアート)。東京アートディレクターズクラブ会員、JAGDA会員。

 

サントリーナマ樽の新聞広告の画像東京ガスの新聞広告の画像ANAの新聞広告の画像

 

関連事業

開会式

日時:令和元年11月23日(土曜日)午後1時30分

会場:2階ロビー

申込:不要

参加費:無料(ただし観覧料が必要です)

一倉宏×副田高行 トークショー

日時:令和2年1月18日(土曜日)午後3時から5時まで一倉宏氏と副田高行氏のポートレート

定員:100名(先着順)

参加費:無料(ただし観覧料が必要です)

申込方法:下記受付フォームまたは往復はがき(必要事項を明記)にてお申込みください。

 【申込開始日】令和元年11月23日(土曜日)

 ●受付フォームからの申込み

 【受付フォーム】https://www.city.tomioka.lg.jp/uketsuke/dform.do?id=1568341311826

 ●往復はがきでの申込み

 【必要事項】〈件名〉トークショー申込み 〈本文〉氏名、住所、電話番号、参加人数(1件につき5名まで申込可)

 【宛先】〒370‐2344 群馬県富岡市黒川351‐1 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館

 一倉 宏 いちくら ひろし

コピーライター。1955年群馬県生まれ。77年サントリーへ入社し、コピーライターとして勤務。ビール「モルツ」の発売広告・CM等の主要企画などに携わった後、仲畑広告制作所へ移籍。90年「一倉広告制作所」を構えフリーのコピーライターとして活躍。松下電工、ユナイテッドアローズ、ANAなど様々な仕事を手がける。

美術博物館魅力発信ポスターコンテスト

夏休みを利用して市内在学・在中の小中学生から当館の魅力を発信するポスターを募集しました。ご応募いただいた作品は、展覧会会期中に館内へ展示します。

授賞式は展覧会開会式内にて行います。なお、「副田高行賞」受賞作品は、当館の令和2年度ミュージアムカレンダーの表紙として使用させていただきます。

応募作品の展示ポスターコンテスト審査の様子の画像

会期:「時代の空気。副田高行がつくった新聞広告100選。」会期中

副田高行賞、市長賞、教育長賞、福沢一郎記念賞、館長賞 (全ての参加者に参加賞があります)

授賞式

日時:令和元年11月23日(土曜日)午後1時30分 「時代の空気。副田高行がつくった新聞広告100選。」開会式内

会場:2階ロビー 

200円ワークショップ「HAPPY チュー YEAR!  ねずみをつくろう」

「時代の空気。副田高行がつくった新聞広告100選。」にちなみ、新聞紙で張子のねずみをつくるワークショップを行います。

開催期間:「時代の空気。副田高行がつくった新聞広告100選。」会期中自由にご参加いただけます。(休館日を除く)

受付時間:午前9時30分から午後4時まで作品の見本画像

会場:1階エントランスホール

対象:子供から大人まで(小学生以下は保護者同伴でお願いします。)

参加費:200円

所要時間:45分程度

その他:

  • 紙粘土を使いますので、汚れても良い服装でご参加ください。
  • 作った作品はすぐにお持ち帰りいただけますが、乾燥に1日程度かかります。
  • マニュアルを見ながら作っていただきます。必要に応じて職員が説明させていただきますので、お気軽にご参加ください。

常設展示室

いしぶみの丘展

大塩湖の画像

大塩湖

いしぶみの丘は、平成3年11月に「ふるさと創生事業」の一環として、風光明媚な大塩湖の湖畔に建設されました。このいしぶみの丘には富岡市の誇りであり、ゆかりの深い文人墨客の作品等を石に刻んだ碑が21基設置されています。これらの碑は、全国的にも珍しい石碑群です。

地域の方々に守られ、育てられてきたいしぶみの丘ですが、建設から28年が経過し、碑の存在を知り得ない世代が多くなっていることもあり、次第に風化し、忘れられつつあることは誠に残念なことです。

そこで、いしぶみの丘が昭和から平成へと移りゆく時に発意・建設されたことに鑑み、平成から令和へと時代が引継がれた本年、いしぶみの丘が建設されるに至った背景や趣旨に思いを馳せるとともに、富岡市の芸術文化の礎を築き、顕著な功績を残された方々の碑を改めて広く知っていただき、次代に引継ぐことの大切さを再認識していただくため、本展を開催します。

会期:令和元年11月16日(土曜日)から12月8日(日曜日)まで

福沢展示室

福沢一郎 語る絵/描く言葉

福沢一郎の作品画像

《世相群像》

福沢一朗の言葉を手がかりに、作品に込められた画家の意図に迫ります。

会期:令和元年11月16日(土曜日)から令和2年8月30日(日曜日)まで(予定)

関連事業

学芸員による作品解説会

日時:毎月第4日曜日 午後2時

会場:福沢展示室

申込:不要(直接会場へお越しください)

参加費:無料(要観覧料)

郷土資料展示室

富岡の歴史と文化

郷土資料展示室の画像

 会期:通年

共通

開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(休日の場合は翌日)。年末年始[12月27日(金曜日)から令和2年1月4日(土曜日)まで]

会場:企画展示室

観覧料:一般400円 大学・高校生200円 中学生以下無料 

  • 企画展「時代の空気。副田高行がつくった新聞広告100選。」開会中、半券提示で2回目以降の観覧料半額(観覧券1枚につき1名)
  • 20名以上の団体は観覧料2割引
  • ぐーちょきパスポートの提示で観覧料2割引
  • 身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介助者1名は無料 
  • 割引サービスの重複はできません

このページのお問い合わせ先

市民生活部 文化課 美術博物館係
電話番号:0274-62-6200
FAX番号:0274-62-6201

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?