本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 観光・イベント > 美術館・博物館 > 富岡市立美術博物館 >【予告】展覧会のご案内
トップページ > イベントカレンダー >【予告】展覧会のご案内
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 文化課 > 美術博物館 >【予告】展覧会のご案内

【予告】展覧会のお知らせ

登録日:2020年2月7日

常設展示室

郷土の画家 髙橋三兄弟展-明治生まれの澤三・五郎・重朗ー

髙橋澤三の作品画像 髙橋五郎の作品画像 髙橋重朗の作品画像

髙橋澤三《題不詳》1922年/髙橋五郎《月形村風景》1953年/髙橋重朗《猫》制作年不詳

髙橋澤三・五郎・重朗は、北甘楽郡額部村大字岩染(現在の富岡市岩染)の旧家に生まれました。父・伊蔵と母・カツはともに教育熱心であり、厳しい社会経済情勢にもかかわらず、3人を美術学校に進ませて画家・教育者に育てました。

本展では、富岡市の絵画の先駆的な存在であり、富岡市が輩出した郷土の画家として、髙橋家に育った6人のうち、絵を描くことに生涯を捧げた澤三・五郎・重朗三兄弟の作品を紹介します。澤三と五郎は油彩画を描き、重朗は日本画を描きました。思いを込めたていねいな筆致をたどりながら、時代の移り変わりを感じつつ、3人が描いた作品の世界をご堪能ください。


髙橋澤三 たくぞう (1901-1979) 髙橋家の長男。旧制富岡中学校(現・県立富岡高等学校)卒業後、東京美術学校(現・東京藝術大学)図画師範科を卒業。北海道庁立釧路高等女学校(現・北海道釧路江南高等学校)に勤める一方、春陽会に所属して活動した。また、弟の五郎を画家として立身できるよう指導・支援し続けた。

髙橋五郎 ごろう (1909-1954) 髙橋家の三男。旧制富岡中学校を卒業後、東京美術学校図画師範科を卒業。後に教職に就き美術の指導を行う。教え子の一人に前衛美術団体「具体」において活躍した白髪一雄がいる。また、勤務の傍ら全国各地へ写生旅行に出かけ、日展等で入選を重ねた。《ゆかた》で岡田賞受賞。

髙橋重朗 じゅうろう (1911-1994) 髙橋家の四男。旧制富岡中学校を卒業後、多摩帝国美術学校(現・多摩美術大学)本科日本画科卒業(1期生)。富岡中学校等で美術教師を務めた後、美術工芸技術者としてブラジル(サンパウロ)に移住。ブラジルや富岡市において、多くの展覧会を開催した。ブラジル共和国文化勲章受章。


会期:令和2年3月1日(日曜日)から4月19日(日曜日)まで

観覧料:【3月1日から3月13日まで】一般210円/大学・高校生100円/中学生以下無料 

【3月14日から4月19日まで】一般400円/大学・高校生200円/中学生以下無料 (企画展「郷土の画家 仁木和夫回顧展」とあわせてご覧いただけます。)

  • 20名以上の団体は当日の観覧料から2割引
  • 身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介助者1名は無料
  • ぐーちょきパスポート持参で当日の観覧料から2割引
  • 【3月14日から4月19日まで】会期中半券提示で2回目以降の観覧料半額(1枚につき1名)
  • 割引きサービスの重複はできません

主催:富岡市(富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館)

後援:上毛新聞社 朝日新聞前橋総局 毎日新聞前橋支局 読売新聞前橋支局 NHK前橋放送局 群馬テレビ FM GUNMA


関連事業 

共通:申込不要・参加無料(要観覧料)

ピアノコンサート「髙橋三兄弟展に寄せて」

日時:3月22日(日曜日) 午後1時30分

会場:2階ロビー

出演:中田元子 中田穂波

学芸員によるギャラリートーク

日時:3月22日(日曜日)・4月4日(土曜日) 各日とも午後2時30分

会場:常設展示室

富岡高校吹奏楽部によるロビーコンサート

日時:4月4日(土曜日) 午後1時30分

会場:2階ロビー

出演:富岡高校吹奏楽部

企画展示室

郷土の画家 仁木和夫回顧展 

仁木和夫の作品画像

仁木和夫《ハレオ》 油彩・カンヴァス 1996年

仁木(渡邉)和夫(1943-2012)は、勢多郡新里村(現・桐生市新里町)に生まれ、群馬大学を卒業後教職に就き、県立安中高校、富岡東高校、富岡高校、みやま養護学校で美術教師として教鞭を執りました。また、1967年から二紀展に出品を始め、亡くなる直前まで毎年欠かさず出品を続けて、田村賞をはじめとする数多くの入選・入賞を重ねます。そうした活躍の一方で、仁木は地域の文化活動にも積極的に加わり、没後7年が経過した現在でも、その寡黙で誠実な人柄と情熱のこもった作品は多くの人々の印象に深く刻まれています。本展では、二紀展に出品された油彩画の大作を中心に仁木の画業と地域への功績を改めて振り返ります。

会期:令和2年3月14日(土曜日)から4月19日(日曜日)まで

観覧料:一般400円/大学・高校生200円/中学生以下無料 

  • 20名以上の団体は当日の観覧料から2割引
  • 身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介助者1名は無料
  • ぐーちょきパスポート持参で当日の観覧料から2割引
  • 会期中半券提示で2回目以降の観覧料半額(1枚につき1名)
  • 割引きサービスの重複はできません

主催:富岡市(富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館)

後援:上毛新聞社 朝日新聞前橋総局 毎日新聞前橋支局 読売新聞前橋支局 NHK前橋放送局 群馬テレビ FM GUNMA


関連事業

共通:ワークショップ以外はすべて申込不要・参加無料(要観覧料)

座談会「仁木先生と富岡・安中の美術」

日時:3月28日(土曜日) 午後1時30分

会場:2階ロビー

出演:北村 真(二紀会参与・安中造形美術協会会長) 滝上くら(あじさいの会代表) 渡邉やよい(仁木和夫 妻) 久保庭光治(ギャラリーくぼにわ店主)

ギターコンサート「春の風に寄せて」

日時:4月11日(土曜日) 午後1時30分

会場:2階ロビー

出演:町田文善

学芸員によるギャラリートーク

日時:4月11日(土曜日) 午後2時30分

会場:企画展示室

美術博物館ワークショップ

会期中自由にご参加いただけます。

会場:1階エントランスホール

  • 当日当館受付にてお申し出ください。(受付は午後4時まで)
  • 参加費が必要です。
  • 詳細が決まり次第、富岡市HPやFacebookでお知らせします。

共通

開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日

このページのお問い合わせ先

市民生活部 文化課 美術博物館係
電話番号:0274-62-6200
FAX番号:0274-62-6201

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?