本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 住まい・生活 > 住まいに関する補助・助成 >移住促進奨励金
トップページ > 産業・ビジネス > 就労支援 > 補助金等 >移住促進奨励金
トップページ > 各課のご案内 > 経済産業部 > 産業振興課 > 就労支援 > 補助金等 >移住促進奨励金

移住促進奨励金

更新日:2021年4月14日

人口減少を抑制し、本市への移住促進・地域活性化を図るため、 定住を目的として住宅を取得する市外からの移住者に対し、最大150万円の奨励金を交付します。

予算の範囲内で交付しております。

予算に到達した時点でその年度の受付は終了しますので、あらかじめご了承ください。

内容

対象となる世帯

以下のどちらも満たす世帯

  • 富岡市内に住宅を取得後、その住宅に市外より転入した世帯
  • 転入日より前の過去5年間、富岡市に住民登録されていない世帯

その他要件がございます。申請を検討される方は、転入手続き前にご連絡ください。

対象となる住宅

以下のどちらも満たす住宅

  • 新築住宅または中古住宅または空き家住宅
  • 居住面積50平方メートル以上の専用住宅または併用住宅

奨励金額

(1)の基本額に(2)~(6)を加算し、奨励金額を算出します。交付限度額は150万円です。

奨励金のうち20万円は、市内商店街で使える商品券で交付します。(富岡市商店街サービス事業協同組合発行) 

区分 奨励金額
(1) 基本額 移住者一世帯あたり 住宅取得価格の3%(限度額:50万円) 
(2) 加算額 夫婦とも45歳以下の世帯 注1 30万円
(3) 中学生以下の子どもがいる世帯 注2

1人目20万円
2人目以降、1人につき30万円

(4) 市内事業所勤務 注3 10万円
(5) 市内建築業者施工 注4 20万円
(6) 新規転入者 注5 10万円

注1 申請日が属する年度の初日(4月1日)時点の年齢で加算します。対象となるのは、申請者とその配偶者です。同居する息子夫婦などは含まれません。

注2 申請者の子どものみ対象です。孫や弟妹などは含まれません。 

注3 申請者または配偶者が、市内の事業所に正規従業員(または自営業)として勤務している場合に限られます。なお夫婦ともに該当する場合、申請できるのはどちらか1名のみです。

注4 住宅建築の請負契約を市内業者と結んでいる場合に加算します。設備や外構工事業者、建売の仲介業者などは対象になりません。

注5 世帯員全員が、転入前の20年の間、富岡市に一度も住民登録されていなければ、加算の対象になります。

奨励金は所得税法上の一時所得となります。詳しくは、税務署または市役所税務課にお問い合わせください。

申請期限

不動産登記が完了した日から1年以内にご申請ください。受付時間は土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く午前8時30分から午後5時15分です。

令和3年度分 … 令和3年4月1日から令和4年3月31日まで(ただし、予算に到達した時点で受付を終了します)

注:令和4年度以降は予算の都合上、奨励金額が変更となる場合もございます。

必要書類

申請は、住宅の持ち分の2分の1以上を持つ人が行ってください。

必要書類一覧表【チェックリスト】 (94KB)(PDF文書)

フラット35のご案内

平成30年度以降に独立行政法人住宅金融支援機構による長期固定金利ローン「フラット35」をご利用希望で、移住奨励金の条件を満たす方は金利の優遇措置があります。

優遇措置

借入金利が当初5年の間、0.25%引き下げられます。

手続き

ご希望の方はフラット35を取り扱っている金融機関への借入申請とは別に、借入前に申請書など必要書類を市へ提出していただく必要があります。申請後、利用証明書を発行いたしますので、借入申請予定の金融機関へご提出ください。

必要書類

  1. 利用申請書(PDF文書) 
  2. 市税などの未納がないことがわかるもの(完納証明書や納税証明書)
  3. 戸籍の附票など(転入前の住所がわかるもの)
  4. 住宅の工事請負契約書、売買契約書など(転入後の住所がわかるもの)

 

このページのお問い合わせ先

総務部 地域づくり課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?