本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 企画課 > お知らせ >RPAを活用した実証実験の実施について

RPAを活用した実証実験の実施について

登録日:2019年5月28日

このたび、富岡市(富岡市長:榎本 義法、以下「富岡市」)と東日本電信電話株式会社群馬支店(群馬支店長:小林 誠、以下「NTT 東日本」)は、富岡市の業務においてRobotic Process Automation(以下、「RPA」)を活用した実証実験を実施いたします。

背景・目的

市の業務では、市民向けの窓口業務における書類処理や、複数にまたがるシステム間でのデータの転記・再入力などで、市職員による手作業が数多く発生しています。これまでも業務のシステム化により省力化を推進してきましたが、一方で職員による手作業の工程が避けられない面もありました。

今回の実証実験において、NTT東日本はRPAツール「WinActor®」のライセンス提供、富岡市の業務分析、WinActor®の運用支援及び効果検証までを実施し、富岡市は行政実務におけるRPAツールの有効性について検証を行います。

本検証結果が、行政における「働き方改革」の推進に有効か検証するとともに、単なる業務削減ではなく、定型作業の負荷軽減・効率化を行うことにより、職員の時間を従来以上に市民からの相談や窓口業務等に振り向けることで、市民サービスの向上に寄与するか検証を行います。

注:RPA:デスクワーク(主に定型作業)をパソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化するシステム
注:WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

概要 

富岡市及びNTT東日本においてRPAに適した業務(定型反復業務)を抽出し、当該業務にRPAツールを適用することで業務処理の自動化を行います。
また、効果検証を行うことによりRPAの本格導入に向けた検証を行います。

期間:2019年5月27日から2019年10月31日まで
 

今後の展望

富岡市では、今回の実証実験により得られたデータと知見を踏まえて、富岡市の業務におけるRPAツールの効果検証を行い、RPAのさらなる活用について検討していきます。

NTT東日本では、今回の実証実験から自治体業務でのRPA導入に関する知見を得ることにより、今後、他の自治体業務への提案など、全社的な事業への波及を目指します。 

本件に関する問い合わせ 

富岡市

企画財務部 企画課 電話番号:0274-62-1511
午前8時30分から午後5時15分まで
土・日曜日、祝日を除く

NTT 東日本 群馬支店

企画総務部 総務・広報担当 電話番号:027-326-0131
午前9時から午後5時30分まで
土・日曜日、祝日を除く

このページのお問い合わせ先

企画財務部 企画課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?