メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

幼児教育・保育の無償化制度について

登録日:2019年8月13日

令和元年10月から、幼児教育・保育の利用者負担額が無償化されます。

幼児教育・保育無償化制度(内閣府)

1.対象範囲

幼稚園、保育所、認定こども園等 

2.該当する児童

以下に該当する児童が対象となります。

(1) 3~5歳児全ての子ども

利用者負担額を無償化。

(2) 0~2歳児

上記の施設を利用する住民税非課税世帯を対象として無償化。

注:原則、小学校就学前の3年間を無償化。ただし、幼稚園については、学校教育法の規定により、満3歳から無償化。

注:保護者より実費で徴収している費用(通園送迎費、食材料費(主食+副食)、行事費など)はこれまでどおり保護者の負担となります。

ただし、年収360万円未満相当世帯の子どもと第3子以降の施設同時入所の子どもについては、副食(おかず・おやつ等)の費用は免除されます。

(3) 幼稚園の預かり保育

「保育の必要性の認定」を受けた場合、月額11,300円までの範囲で無償化。

(4) 認可外保育施設等(一時預かり事業・病児保育事業及びファミリーサポート・センター事業を対象)

  • 3~5歳児:「保育の必要性の認定」を受けた場合、月額37,000円までの範囲を無償化。
  • 0~2歳児:「保育の必要性があると認定された住民税非課税世帯」を対象として、月額42,000円までの範囲を無償化。 

○詳しくは、富岡市役所こども課まで、お問い合わせください。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 こども課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357