本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 観光・イベント > イベント >世界遺産登録5周年記念「シルク博 in 富岡」の開催について
トップページ > イベントカレンダー >世界遺産登録5周年記念「シルク博 in 富岡」の開催について
トップページ > 各課のご案内 > 世界遺産観光部 > 富岡製糸場課 > お知らせ >世界遺産登録5周年記念「シルク博 in 富岡」の開催について

世界遺産登録5周年記念「シルク博 in 富岡」を開催します!

登録日:2019年8月22日

世界遺産登録5周年記念「シルク博 in 富岡」の開催について

 「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録5周年を記念して、世界遺産の価値を正しく理解してもらい、構成資産の保存・活用推進と更なる知名度向上を図るため、「次世代につなぐ世界遺産」をテーマとして、「シルク博 in 富岡」を開催いたします。

日時

2019年10月26日(土曜日)
午前10時から午後4時まで

会場

富岡製糸場、しるくる広場(庁舎前庭)

内容

(1)開会式(午後1時から午後1時25分まで、首長館)

 主催者挨拶、来賓挨拶


(2)シルクカントリーシンポジウム(午後1時30分から午後4時まで、首長館)

司会:青木玲子氏

  • 基調講演(午後1時30分から午後2時30分まで
    講師:岡田保良氏(日本イコモス国内委員会委員長、国士舘大教授)
    演題:「世界遺産の持続可能な保全・活用に向けて」
           
    ~休憩~
    パネルディスカッション(午後2時40分から午後4時まで)
    テーマ「絹文化を未来に伝えるために」
    パネリスト:岡田保良氏(基調講演者)小池利佳氏(赤煉瓦ネットワーク運営委員)                  
          髙林千幸氏(岡谷蚕糸博物館長)
    中野紘子氏(座繰り染織家)
    コーディネーター:藤井浩氏(上毛新聞社顧問論説委員)
募集について

募集期間:9月2日(月曜日)から10月9日(水曜日)まで
定員:先着150名
応募方法:(1)郵便番号、(2)住所、(3)氏名、(4)電話番号、(5)応募人数をご記入の上、Eメール、ファクス、はがきのいずれかの方法で下記の応募先へ。
注:応募は一人一回までで、1回の応募につき2人まで申し込めます。
応募先:〒371-8666 上毛新聞社事業局「(1)シルクシンポ」係へ。FAXは027-254-9906、Eメールはkinunokuni@raijin.com

(3)シルクカントリーイベント(午前10時から午前11時30分まで、東置繭所)

・「知ってワクワク!シルクのお話」
 MC:アンカンミンカン川島&岩瀬ガッツ(富岡市出身)
 (ア)高校生の「シルク」や「ボランティア」に関する活動発表
    注:
富岡高校、藤岡北高校、下仁田高校が参加予定
 (イ)トークショー「おしえて!髙林先生」
    講師:髙林千幸氏(岡谷蚕糸博物館館長)

募集について

募集期間:9月2日(月曜日)から10月9日(水曜日)まで
定員:先着150名
応募方法:(1)郵便番号、(2)住所、(3)氏名、(4)電話番号、(5)応募人数をご記入の上、Eメール、ファクス、はがきのいずれかの方法で下記の応募先へ。
注:応募は一人一回までで、1回の応募につき2人まで申し込めます。
応募先:〒371-8666 上毛新聞社事業局 「(2)シルクのお話」係へ。FAXは027-254-9906、Eメールはkinunokuni@raijin.com

主催

群馬県、富岡市、伊勢崎市、藤岡市、下仁田町、群馬歴史文化遺産発掘・活用・発信実行委員会、シルクカントリー群馬プロジェクト実行委員会、シルクカントリーぐんま連絡協議会、富岡製糸場世界遺産伝道師協会、フィールドミュージアム「21世紀のシルクカントリー群馬」推進委員会、上毛新聞

その他

しるくる広場では「シルクマルシェ」、銀座通りやまちなかエリアでは「ろじくる」を同時開催いたします。また、クイズラリー「世界遺産カードを探せ!」などを予定しています。

このページのお問い合わせ先

世界遺産観光部 富岡製糸場課
電話番号:0274-64-0005
FAX番号:0274-64-3181

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?