メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

富岡市特定子ども・子育て支援施設の施設一覧

更新日:2021年4月1日

特定子ども・子育て支援施設の届出のある保育施設を利用した場合、利用者の申請により施設利用料(限度額あり)が無償となります。

対象施設

特定子ども・子育て支援施設の届出のある幼稚園、保育所、認定こども園、認可外保育施設等

特定子ども・子育て支援施設とは

「保育の必要性がある」小学校就学前子どもで、教育・保育給付認定の1号・2号・3号の認定を受けていない子どもを受け入れ、施設利用料の無償制度(施設等利用給付)が受けられる施設のことです。

注:3号認定は、保育の必要性以外にも住民税非課税世帯の子どもが対象です。

施設利用料が無償(限度額あり)となる対象と範囲

(1)幼稚園の預かり保育(在園児を対象)

「保育の必要性の認定」を受けた場合、月額11,300円までの範囲で無償化。

(2)認可外保育施設等(一時預かり事業・病児保育事業及びファミリーサポートセンター事業を対象)

  • 3歳から5歳児:「保育の必要性の認定」を受けた場合、月額37,000円までの範囲を無償化します。
  • 0歳から2歳児:「保育の必要性があると認定された住民税非課税世帯」を対象として、月額42,000円までの範囲を無償化します。

富岡市特定子ども・子育て支援施設の届出をした保育施設一覧

各施設での料金や利用等の詳細は、独自で設定しているため各施設へ直接お問い合わせください。

特定子ども・子育て支援施設を利用して利用料の無償化制度を受けるためには、保育認定を受ける必要があります。(こども課へ申請し、認定をされると無償の対象となります。)

施設等利用給付に係る認定の申請書

申請書の受付窓口は、こども課(行政棟1階3番窓口)です。

特定子ども・子育て支援施設を利用する前に、該当する申請書及び保育所等利用申込み等の不実施に係る理由書の提出が必要です。

原則、「利用したい月の前月20日まで」が認定申請書の提出期限となります。

(1)教育・保育給付認定を受けておらず、幼稚園(未移行)や特別支援学校幼稚部(預かり保育を利用しない)施設への保育を利用する方

(2)教育・保育給付認定を受けておらず、幼稚園・認定こども園・特別支援学校(預かり保育を利用する)・認可外保育施設・一時保育事業・病児保育事業・子育て援助活動支援事業を利用する方 

注:この申請は、該当する添付書類が必要となります。申請書の内容を確認の上、必要な書類をご用意ください。

(3)教育・保育給付認定の1号を受けていて、幼稚園・認定こども園・特別支援学校の預かり保育を利用する方

(4)保育所等利用申込み等の不実施に係る理由書(施設等利用給付を申請する方は、理由書の提出が必要です)

給付について

利用料は保護者が施設に一度お支払いただき、支払った利用料を保護者が市に直接請求します。市は、提出された書類を審査した後、申請者の口座に振り込みます。支給月は、年4回(6月・9月・11月・3月)の支払いとなります。

無償化制度(認定・申請等)の詳細は、こども課幼児教育保育係へお問い合わせください。

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 こども課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357