本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 観光・イベント > イベント > オリンピック・パラリンピック関連 >共生社会ホストタウンに登録決定
トップページ > 観光・イベント > スポーツ >共生社会ホストタウンに登録決定
トップページ > 観光・イベント > スポーツ > スポーツイベント > オリンピック・パラリンピック関連 >共生社会ホストタウンに登録決定
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 企画課 > お知らせ >共生社会ホストタウンに登録決定
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 企画課 > オリンピック・パラリンピック関連 >共生社会ホストタウンに登録決定

共生社会ホストタウンに登録決定

登録日:2019年10月11日

令和元年10月11日に内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局より、富岡市が共生社会ホストタウンとして登録されました。                                                 2020年東京パラリンピックにおいて、パラリンピアンとの交流を契機として、共生社会の実現を推進します!!

共生社会ホストタウンとは

パラリンピアンとの交流をきっかけに、共生社会の実現に向けた取組を推進するホストタウン。「心のバリアフリー、ユニバーサルデザインの街づくりの取組の継続的・加速的な実施」、「東京大会の事後交流も含めた幅広い形での相手国・地域のパラリンピアンと市民との交流」を行います。 令和元年10月11日現在、全国での登録件数は37件となっています。  

内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部

内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局 「共生社会ホストタウン実施要領」

富岡市 活動計画(333KB)(PDF文書)

登録相手国  

フランス共和国

富岡市は、平成27年(2015年)11月4日に、フランス共和国のブール・ド・ペアージュ市(オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ州ドローム県)と友好都市協定を締結しました。ブール・ド・ペアージュ市は、富岡製糸場の建設を主導したフランス人技術者であるポール・ブリュナの生誕地であり、富岡製糸場との深いつながりが縁で交流がはじまりました。これにより、相互交流が始まりましたが、東京オリンピック・パラリンピックを契機にして、文化・教育・芸術・経済など幅広い分野における交流を通じて、さらなる発展とお互いの理解・連携を深めていきます。 

共生社会ホストタウン活動計画

 ユニバーサルデザインの街づくり 

  • 公共施設の改修に合わせたユニバーサルデザイン化推進 
  • 富岡製糸場や市内観光施設のバリアフリー化の推進
  • 観光施設、民間施設等のバリアフリー情報発信、ユニバーサルツーリズムの推進
  • 民間施設への折り畳み式スロープ、筆談ボードの導入支援 
  • 市民や企業、障害当事者等との街歩き/バリアフリー点検
  • 公共施設、観光地、商店街等のバリアフリーマップの整備 

心のバリアフリー 

  • 小・中学校でのパラリンピアンによる体験型授業の実施 
  • 共生社会、心のバリアフリーをテーマにした講演会の開催
  • ユニバーサルマナーに関する講演会の開催
  • 市民・子供等を対象としたパラスポーツ体験会の開催 
  • 手話言語条例の理解、普及の促進
  • 手話奉仕員養成講座の継続的な開催により、手話ができる市民の育成

パラリンピアンとの交流

  • 過去大会に出場した日本人パラリンピアンによる講演会や学校訪問 
  • 日本人パラリンピアンによるパラスポーツ体験会
  • フランス共和国のパラリンピアンと市民、児童生徒との交流、日本文化体験

各事業については、今後、詳細な内容が決定次第お知らせします。

このページのお問い合わせ先

企画財務部 企画課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?