本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 防犯・交通安全 > 交通安全 >高齢者安全運転支援装置設置費補助金制度について
トップページ > 各課のご案内 > 総務部 > 危機管理課 > 安全・安心 >高齢者安全運転支援装置設置費補助金制度について

高齢者安全運転支援装置設置費補助金制度について

更新日:2021年4月1日

全国的に高齢ドライバーのアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が多発しています。高齢者の交通事故防止、事故時における被害の軽減を図るため、安全運転支援装置の設置費用の一部を補助します。制度の詳細については「ダウンロード」から補助金要綱をご確認ください。

注:購入前に申請が必要です。すでに設置済のもの、申請前に購入したものは対象外です。

安全運転支援装置とは

ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際、加速を抑えて被害の軽減を支援するものです。(急加速抑制装置を有するもの)

補助対象者

以下の項目すべてに該当する人が対象です

  • 満65歳以上である
  • 富岡市に住民登録がある
  • 補助対象者が車検証の所有者及び使用者と同一である
  • 市税を滞納していない
  • サポカー補助金など、他の補助金の交付を受けていない

補助金額

装置の購入及び設置費用の3分の2以内(上限50,000円)
注:補助対象者1人につき1台まで

補助金の申請から交付までの流れ

1.購入を決めたら、危機管理課へ申請書を提出します

提出書類

2.交付決定通知書が郵送で届きます

3.設置前に車の写真を撮ります

4.購入及び設置をします

注:群馬県内に事業所や店舗がある事業者から購入してください

5.設置後の車の写真を撮ります

6.設置が出来たら、危機管理課へ報告書を提出します

提出書類

  1. 高齢者安全運転支援装置設置費補助金実績報告書(様式第6号)(71KB)(PDF文書)
  2. 請求書(62KB)(PDF文書)
  3. 領収書の写し
  4. 設置前と設置後の写真

5.指定口座に振り込まれます

注意

  • 偽り、その他不正な手段により補助金の交付を受けたときは、補助金の全額または一部の返還を命ずることがあります。
  • 補助金を受けて設置した支援装置は、1年以上使用してください。
  • 安全運転支援装置の使用に伴い発生した事故や車両の故障などについて、市はその責任を一切負いません。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

総務部 危機管理課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?