本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 産業・ビジネス > 農林業 >鏑川河川敷におけるCSF(豚熱)経口ワクチンの散布(埋設)について
トップページ > 各課のご案内 > 経済産業部 > 農林課 > お知らせ >鏑川河川敷におけるCSF(豚熱)経口ワクチンの散布(埋設)について

鏑川河川敷におけるCSF(豚熱)経口ワクチンの散布(埋設)について

登録日:2020年2月27日

1 概要

 CSFとは、豚とイノシシのみが感染する家畜伝染病です。本県におけるCSFの発生防止を目的として、本ウイルスを媒介する野生イノシシに対し、CSF経口ワクチンの野外散布(埋設)を実施します。なお、散布(埋設)するワクチンは、食品安全委員会で安全と評価された成分からできています。 

2 ワクチンの散布(埋設)及び回収

  • 鏑川河川敷において、約1平方キロメートルにつき20個のワクチンを散布(埋設)します。
  • イノシシが食べ残したワクチンは、一部、摂食率などの調査のため回収します。 

3 スケジュール

時期 実施内容
令和2年3月4日(水曜日)
注:予備日3月6日(金曜日)
ワクチン散布(埋設)(1回目)
令和2年3月26日(木曜日)
注:予備日3月23日(月曜日)、30日(月曜日)、31日(火曜日)
ワクチン散布(埋設)(2回目)

注:ワクチン散布(埋設)日程は、天候等により変更する可能性があります。 

4 地域住民の皆様へのお願い

  • もし落ちている経口ワクチンを発見した場合には、下記まで連絡ください。
  • 散布(埋設)した場所には印をつけます。野生イノシシが来るため、近付かないで下さい。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

経済産業部 農林課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?