本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 >毎日必要な感染予防の基本について(検温・手洗い・咳エチケットなど)
トップページ > くらし > 健康・医療 > 感染症予防 >毎日必要な感染予防の基本について(検温・手洗い・咳エチケットなど)
トップページ > 各課のご案内 > 健康福祉部 > 健康推進課 > 感染症・予防 >毎日必要な感染予防の基本について(検温・手洗い・咳エチケットなど)

毎日必要な感染予防の基本について(検温・手洗い・咳エチケットなど)

登録日:2020年4月30日

新型コロナウイルス感染者が、市でも確認されています。
市民の皆さまには、検温や手洗い、咳エチケットなどの予防対策をあらためてお願いするとともに、正確な情報に基づく冷静なご対応をお願いいたします。

検温・行動記録

毎日、体温を計測したり、体調を記録したりすることで、体調不良に早く気づくことができます。また、発熱などで医療機関を受診する場合は、一緒に記録表を持っていきましょう。

体温・行動記録表(15KB)(excel文書)

医療機関へ相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状がみられ、受診を考えている場合は、まずかかりつけ医に必ず電話で相談しましょう。

自分や家族が新型コロナウイルス感染症にかかったかもしれないと思ったら(相談窓口・相談方法)

手洗い

目に見えない病原体(ウイルス)が、直接または間接的(ウイルスがついている物をさわるなど)に手指につき、口などから体内に入ることで感染をおこします。病原体を手指から落とすには、流水・石けんで十分に洗うことが大切です。

 

手指消毒

基本は、流水・石けんを用いた手洗いをしますが、手指消毒は感染予防の効果があります。手洗いができない場合等に、高濃度アルコール(70%以上)手指消毒薬の使用をおすすめします。手が荒れる等、アルコールが合わない人もいますので、ご注意ください。

 

咳エチケット

咳エチケットとは、感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、そでを使って、口や鼻をおさえることです。咳・くしゃみの後には、手洗いもしくは手指消毒をしましょう。特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。

 

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?