本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 住まい・生活 > 動物・ペット >飼い主のいない猫(野良猫)対策について
トップページ > くらし > ごみ・環境 > 環境 >飼い主のいない猫(野良猫)対策について
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 環境課 > お知らせ >飼い主のいない猫(野良猫)対策について

飼い主のいない猫(野良猫)対策について

登録日:2020年7月14日

野良猫被害で困っている方へ

野良猫に対しては原則的に、群馬県動物愛護センターを含む公的機関による駆除や、捕獲を行っていません。そのため、ご自身で野良猫対策をしていただかなくてはなりません。被害を少しでも軽減できる様に、効果があるとされている一例をご紹介いたしますので、ご参考ください。

注:法律で猫への虐待は禁止されています(5年以下の懲役又は500万円以下の罰金)。

1.餌となるものを家の周りに置かない

  • 家庭ゴミを適正に管理する
  • 飼い猫の餌を屋外に置いたままにしない

2.猫が好んで寄り付くような場所を作らない

  • 倉庫、物置などの扉をきちんと閉め、隙間には網を張る

3.猫が敷地内に侵入しないようにする

  • 市販の猫忌避剤や、猫よけ用超音波発生装置などを設置する
  • 砂利や尖った小石などをまく
  • 柑橘類の皮、唐辛子、コーヒーかす、食用酢など猫が嫌がる臭いがするものをまく

注:猫によっては効果がないものもあります。ご了承ください。

無責任な餌やりはしてはいけません

無責任に餌を与えた野良猫が、近所で糞尿をしたり、ゴミを漁ったりして迷惑に思っている方もいます。また、餌を置いたままにすれば、周辺から野良猫が集まり、さらに子猫が生まれてしまいます。望まれない命をこれ以上増やさないためにも、無責任な餌やりはやめましょう。

野良猫を可哀想だと思っていただけるのであれば、餌やりだけでなく、以下のことを行っていただくようお願いします。

1.不妊・去勢手術

これ以上不幸な野良猫が増えない様に不妊・去勢手術をしましょう。

市では、猫の不妊・去勢手術を実施した方に費用の一部を補助しています。

詳しくは「猫の不妊・去勢手術費の一部を補助します」をご覧ください。

2.餌やりと衛生管理の徹底

餌は毎日決められた場所で決められた時間に与え、それ以外の時間では餌を片付けてください。また、猫用トイレを設置したり、こまめな清掃を心掛け、悪臭などの防止に努めましょう。

猫捕獲器の貸出について

市では猫捕獲器を貸出しています。ご希望の方は、事前にお問い合わせください。

注:ご希望通りにお貸しできないこともありますので、ご了承ください。
注:猫の駆除などを目的とした貸出しではありません。

TNR活動について

市ではボランティア団体(NPO法人群馬わんにゃんネットワーク)と協力しながら、野良猫が多い地域を中心に不妊・去勢手術を含むTNR活動を行っています。TNRとは、Trap(捕獲する)、Neuter(不妊・去勢手術をする)、Return(元の場所に戻す)の頭文字をとったもので、野良猫は捕獲後、手術をしたら殺処分せず、元に地域に戻します。手術済みの猫はおとなしくなり、糞尿の臭いも抑えられます。動物愛護の精神に則り一代限りの生命を全うして貰いたいので、地域住民の皆さんにはご理解とご協力をお願いいたします。

活動の詳細については「さくらねこ無料不妊・去勢手術助成事業を市内一部地域で実施」をご覧ください。

このページのお問い合わせ先

市民生活部 環境課(清掃センター内)
電話番号:0274-62-2823
FAX番号:0274-62-2339

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?