メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント 

登録日:2020年7月1日

新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い、「3密(密集・密接・密閉)」を避けるなどの「新しい生活様式」が求められています。本格的な夏の暑さに備え、暑さを避ける、水分をとるなどの「熱中症予防」を両立させましょう。

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に(589KB)(PDF文書)

熱中症とは

暑いところで大量の汗をかくことにより、からだの水分や塩分(ナトリウム)のバランスが崩れ、体温の調整がうまくいかなくなることで起こります。

熱中症の症状

めまい、頭痛、だるさ、吐き気、けいれん、意識障害(返事がおかしい・意識がない)などです。

予防行動のポイント

1.熱中症を防ぐため、状況により「マスク」をはずしましょう

  • 気温、湿度が高いときのマスク着用は要注意!
  • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう
  • マスクを着用している時は、からだに強い負担のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとったうえで、マスクをはずして休憩をとりましょう

注意!! マスク着用により、熱中症のリスクが高まります

マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調節がしづらくなってしまいます。

注意!! 2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!

  • 小さなお子さんがマスクをすると、呼吸がしにくくなったり、熱中症になったりする可能性があり危険です。
  • 顔色、呼吸状態、窒息、表情の変化に気づきにくいので、2歳未満の子どものマスクの着用はやめましょう。

2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!(2.7MB)(PDF文書)

2.暑さを避けましょう

  • エアコンを利用するなど、部屋の温度を調整
  • 感染予防のため、換気扇や窓を開けることによって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調節
  • 暑い日や時間帯は無理をしない
  • 涼しい服装にする
  • 日傘や帽子を着用
  • 急に暑くなった日などは特に注意する

3.こまめに水分補給しましょう

  • のどが渇く前にこまめに水分補給
  • 1日あたり1.2リットルを目安に水分をとる
  • 大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

4.日頃から健康管理をしましょう

  • 日頃から体温測定、健康チェック
  • 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅静養

5.暑さに備えた体づくりをしましょう

  • 暑くなり始めの時期から適度に運動を
  • バランスの良い食事と良質な睡眠を
  • 無理のない範囲で、こまめに水分補給を
  • 「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動を

特に、高齢者・子ども・障がいのある人は、熱中症になりやすいので、こまめな温度管理や水分補給を心がけ、周囲の人からも積極的に声をかけましょう! 
 
参考:令和2年度の熱中症予防行動(環境省・厚生労働省) 

熱中症が疑われたら

涼しい場所で横にして休ませる

木かげや冷房の効いた室内などの涼しい場所に移動し、衣服をゆるめ横にして休ませましょう。

からだを冷やす

保冷剤や冷たいタオルなどで、首のまわり、わきの下、脚のつけ根などを冷やしましょう。

水分と塩分を補給する

水分と同時に塩分も補給しましょう。ジュースなどは避け、スポーツ飲料や塩水(水500ccに対して塩小さじ1杯程度)などで補給しましょう。

粗塩をなめたり、梅干しを食べたりするのも効果的です。

医療機関へ搬送

吐(は)き気で「飲み物が飲めない」場合や、「体温上昇」などが見られる場合は、すぐに医療機関を受診してください。
受診までの間も、体を冷やすこと、(飲めれば)水分と塩分を与えることを続けましょう。

このようなときは、救急車を!

「もうろうとしている」、「呼びかけても返事がない」などの「意識障害」が認められるときには、直ちに救急車を呼んで救急病院へ運ぶ必要があります。

みんなで声をかけあいましょう

*夏季のイベントにおける熱中症対策について*

夏季に開催させる人が多く集まるイベントなどにおいては、熱中症が発生するリスクがあります。熱中症による被害をできる限り軽減し、イベントを安全に実施するための対策について、「夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン2020」で解説しています。イベントを開催する際にはご確認ください。

「夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン2020」(42MB)(PDF文書)

関連情報

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969