本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > ごみ・環境 > 環境 >ぼかしの作り方(生ごみ減量化対策)
トップページ > 各課のご案内 > 市民生活部 > 環境課 > 環境 >ぼかしの作り方(生ごみ減量化対策)

ぼかしの作り方(生ごみ減量化対策)

登録日:2020年12月24日

ぼかしとは

市では生ごみ減量化、資源化のため、生ごみ減量化器具(コンポスター)の無償貸与を行っているところですが、コンポスターの使用において困ることが、腐敗臭、虫の発生、生ごみがうまく発酵しないことなどです。

ぼかしとは、米ぬかに糖蜜や微生物を加え、醗酵乾燥させたもので、生ごみに振りかけることで、臭いや、虫の発生を抑えるとともに、発酵を促進する効果があります。

ぼかしの作り方

ぼかしは、材料を揃えていただければ、作ることができます。作り方を掲載しますので、是非、ご家庭でお作りいただき、生ごみの減量化、資源化にご協力ください。

材料

  • 米ぬか 5升(約2.7kg)
  • 糖蜜 30g
  • EM菌 30g
  • お湯 600CC(41℃~42℃。塩素を抜くために3日ほど汲み置きしておいてください。)

作り方

  1. 米ぬか5升を大きめの容器に入れます。 

    米ぬか

  2. 溶液を作ります。

  •  EM菌と糖蜜を30gずつ軽量カップに入れます。 

         EM菌と糖蜜 

  • 糖蜜を41℃~42℃に温めたお湯で指を使ってかき混ぜます。

         糖蜜をかき混ぜる

  • 残りのお湯とEM菌を入れて混ぜれば溶液の完成です。 

         溶液の完成

 3. 米ぬかに溶液を入れて混ぜます。

  • 全体に空気が入るようにして混ぜてください。(30分ほど混ぜてください。)

         かくはん

        注:ダマはなくなるように手をすり合わせながら混ぜてください。

 4. ダマがほとんどなくなれば、ビニール袋に入れて密閉します。

         ビニール袋に入れて密閉

       袋に詰めたら直射日光が足らないところに保管しておきます。(段ボールなどの箱に入れておくとよいです。)

 5.  2~3週間くらいで、白斑点が出てきたら、ぼかし作り成功になります。日陰に広げて乾燥させてください。 

        白斑点

        乾燥

      ブルーシートに新聞紙を敷いて乾燥させると取り扱いが楽です。

 6. 乾燥したらペットボトルやビニール袋に入れて保存します。これで完成です。

       ペットボトルに入れて保存

ぼかしの使い方

  1. コンポスターに入れた生ごみ1kgに対し、ぼかしを10~20gふりかけます。洗剤用のスプーンが10gとされています。また、夏場や魚、肉類など分解しにくいものの時には、ぼかしを多めに入れてください。
  2. ふりかけ終わったら、上から押さえつけて、空気を抜き、ふたをします。
  3. 糠漬けのような発酵臭がすれば、成功になります。長期保存する場合は、乾燥させれば堆肥の完成です。

ぼかし作り講習会について

市では、生ごみ減量化対策事業の一環として、ぼかし作り講習会を例年6月頃と9月頃に開催しています。開催する際には、広報とみおか、市ホームページなどで、掲載いたしますので、ご確認ください。

このページのお問い合わせ先

市民生活部 環境課(清掃センター内)
電話番号:0274-62-2823
FAX番号:0274-62-2339

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?