本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 観光・イベント > スポーツ > 施設管理 >公共施設ネーミングライツパートナー制度について
トップページ > 産業・ビジネス > 商業振興 > お知らせ >公共施設ネーミングライツパートナー制度について
トップページ > 産業・ビジネス > 工業振興 > お知らせ >公共施設ネーミングライツパートナー制度について
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 財産活用推進課 > お知らせ >公共施設ネーミングライツパートナー制度について
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > 財産活用推進課 > ネーミングライツ >公共施設ネーミングライツパートナー制度について

公共施設ネーミングライツパートナー制度について

登録日:2021年1月22日

市有施設の良好な運営につなげるため、ネーミングライツパートナー制度を導入しました。

♦ネーミングライツとは♦

公共施設等に企業名や商品名等を冠した愛称を付ける権利のこと。

この権利を得た民間企業等をパートナーと呼び、パートナーは対価として金銭(ネーミングライツ料)を納める仕組み。

 

制度導入の趣旨

ネーミングライツを活用し、新たな財源の確保により、公共施設の良好な運営につなげるとともに、パートナーと協働して付加価値を高め、サービスの質を向上させることを目的としています。

 

対象施設

No 施設名  所在 パートナー 期間 ネーミングライツ料(年額)
1 市民体育館 富岡市上黒岩1377-1
(もみじ平総合運動公園)

株式会社ヨコオ

令和3年4月1日~令和6年3月31日

各施設50万円
(合計150万)

2 市陸上競技場
3 市民球場

ネーミングライツ料の使途

パートナー様からお支払いいただくネーミングライツ料は、施設の良好な管理に役立てていきます。

 

今後もネーミングライツ制度を利用し、良好な施設運営を進めてまいります。

このページのお問い合わせ先

企画財務部 財産活用推進課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?