本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 防犯・交通安全 > 交通安全 >群馬県交通安全条例の一部改正
トップページ > 各課のご案内 > 総務部 > 危機管理課 > お知らせ >群馬県交通安全条例の一部改正

群馬県交通安全条例の一部改正について

登録日:2021年2月9日

平成26年12月22日に群馬県交通安全条例が制定されてから、全国や群馬県の交通情勢は変化を続けています。自転車の関係する人身事故は群馬県では年間2,000件以上発生しており、その中には重傷を負ったり、亡くなられている方もいます。現在の交通情勢に対応するとともに、万が一の交通事故発生に備え、交通安全条例が一部改正されます。

施行日

令和3年4月1日施行

改正内容

自転車保険の加入「義務化」

  • 自転車保険の加入が「努力義務」から「義務」に変わりました。
  • 自転車を利用するときは、自転車保険に加入しなければなりません。
  • 未成年が利用する場合は、保護者が加入しなければなりません。

自転車用ヘルメットの着用「努力義務化」

  • これまで条例では、ヘルメット着用に関する規定はありませんでしたが、改正により、自転車利用者は乗車用ヘルメットを着用するよう努めなければならないことになりました。また、自転車利用者は、自転車に取り付けられた幼児用乗車装置に小学校就学前の者を乗車させるときは、乗車用ヘルメットを着用させるよう努めなければなりません。

詳しくはこちら

群馬県交通安全条例の一部改正について(群馬県ホームページ)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページのお問い合わせ先

総務部 危機管理課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?