本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 >新型コロナウイルスワクチンの住民接種について
トップページ > くらし > 健康・医療 > 健診と予防接種 >新型コロナウイルスワクチンの住民接種について
トップページ > くらし > 健康・医療 > 感染症予防 >新型コロナウイルスワクチンの住民接種について

新型コロナウイルスワクチンの住民接種について

更新日:2021年6月8日

4月20日(火曜日)から、65歳以上の人の新型コロナウイルスワクチン接種の予約受付を電話及びスマートフォンのアプリ「LINE」により開始いたしました。

詳しい状況については、新型コロナウイルスワクチン接種に関するQ&A(内部リンク)をご確認ください。

接種の目的

新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重傷者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延の防止を図ります。

接種が受けられる時期

接種を行う期間は、令和3年2月17日から令和4年2月末までの予定です。年代等で分けて、接種券の送付・予約の開始をします。

接種の流れ

  1. 市から接種券(クーポン券、シール)などが郵送される。
  2. 医療機関や接種会場・日時の予約をする。(完全予約制、接種券と同封された案内をご覧ください。)
  3. 予約当日、接種券・身分証明書(健康保険証・運転免許証など)・予診票を持参の上、接種を受ける。

 

予約申込み方法

電話予約の場合

コロナワクチン接種相談・予約センターに電話し、予約をしてください。なお、受付開始直後は、回線がかなり混み合うことが予想されます。しばらく時間を空けてかけ直すか、LINE予約のご利用をご検討ください。

電話番号:0120-500-662  注:電話のかけ間違いにご注意ください。

受付日時:平日の月曜日から金曜日まで  午前9時から午後5時まで

LINE予約の場合

スマートフォンで、「富岡市」の公式アカウントを友だち追加(登録)して、予約をしてください。詳細は次のリンク先でご確認ください。

スマートフォン(LINE)による新型コロナウイルスワクチン接種の予約方法について(内部リンク)

接種が受けられる場所

なお、接種は原則として、住民票のある自治体で受けることとなっています。

しかし、医療機関への入院や施設への入所など、やむを得ない場合は、他の自治体で接種を受けられます。詳細については、入院や入所をしている医療機関・施設、現在お住いの自治体にお問い合わせください。

集団接種(保健センター)日程(6月8日現在)

注:現在、予約の受付は終了しています。

日にち 受付時間 人数
6月19日(土曜日)

午前9時30分から11時30分まで


午後1時30分から3時30分まで

各50人
(1日100人)
6月20日(日曜日)
6月21日(月曜日)
7月10日(土曜日)
7月11日(日曜日)
7月12日(月曜日)

接種費用

無料

接種回数と接種間隔

接種回数

2回接種(予定)

接種間隔

ファイザー社のワクチン

通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。
1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

ファイザー社のワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

接種の対象や、受ける際の接種順位

 新型コロナワクチンの接種対象は16歳以上の人です。大量のワクチンは徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っています。現時点では、次のような順でワクチンを受けていただく見込みです。

  1. 医療従事者など(接種開始しています)
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた人)(接種開始しています)
  3. 高齢者施設入所者等および従事者(接種開始しています)
  4. 基礎疾患を有する人
  5. 年度年齢60歳~64歳
  6. 年度年齢50代
  7. 保育施設・小中学校等の従事者
  8. 年度年齢40代
  9. 年度年齢40歳未満 

詳しくは、新型コロナワクチン接種状況および今後のスケジュールについて(内部リンク)をご確認ください。

基礎疾患を有する人の対応(2021年6月1日時点)

現在、接種券の先行配付の希望を受付けています。

詳しくは、新型コロナワクチン接種 基礎疾患のある人へ接種券を先行配付します(内部リンク)をご確認ください。

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける人の同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける人には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。

職場や周りの人などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

ワクチン接種を受けた後も、感染予防の継続にご協力ください

新型コロナウイルスワクチンは感染症の発症を予防できるとされていますが、他の人への感染をどの程度予防できるかはまだわかっていません。そのため、ワクチン接種を受けた人もまだの人も、引き続き感染予防対策を行っていただきますようお願いします。

具体的には、「3密(密集・密接・密閉)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、きわめて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金などの給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。現在の救済制度の内容については、下記をご確認ください。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)

各機関の問い合わせ窓口

富岡市保健センター

接種券の送付などに関する問い合わせ(ここでは接種の予約は受付けません)

電話番号

0274-64-1901

受付時間

午前8時30分から午後5時15分まで(平日)

 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号

0120-761-770

受付時間

午前9時から午後9時まで(平日、土日・祝日)

ファイザー新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル

ファイザー社のワクチンに係る個別具体的な問い合わせ

電話番号

0120-146-744

受付時間

午前9時から午後8時まで(平日、土曜)

ぐんまコロナワクチンダイヤル

ワクチン接種後の副反応に係る相談など、医学的知見が必要となる専門的な内容の問い合わせ

電話番号

0570-783-910

受付時間

24時間(土日・祝日も対応)

関連情報

新型コロナワクチン接種 基礎疾患のある人へ接種券を発送します(内部リンク)

新型コロナワクチン接種状況および今後のスケジュールについて(内部リンク)

スマートフォン(LINE)による新型コロナウイルスワクチン接種の予約方法について(内部リンク)

新型コロナウイルスワクチン接種に関するQ&A(内部リンク)

新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

新型コロナワクチンについて(首相官邸ホームページ)

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?