メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

「熱中症警戒アラート」について 

登録日:2021年5月21日

熱中症警戒アラートとは

環境省と気象庁は、熱中症予防対策に資する効果的な情報発信として、全国を対象に「熱中症警戒アラート」の運用を開始しました。
熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけ、 熱中症予防行動をとっていただくよう促すための情報です。

アラートの発表について

1 発表単位 

全国を58に分けた府県予報区等を単位として発表されます(北海道、鹿児島県、沖縄県については、より細かい発表区分があります)。

2 発表基準 

発表対象地域内の暑さ指数(WBGT)算出地点のいずれかで、日最高暑さ指数33以上と予測された場合に発表されます。

3 発表のタイミング

1日2回、前日の午後5時と、当日午前5時に最新の予測値をもとに発表されます。

4 情報提供機関

毎年4月第4水曜日から10月第4水曜日まで

5 その他

  • 発表の後に、天候が変わっても、発表の追加や取り消しはありません。
  • 発表内容には、暑さ指数の予測値や予想最高気温の値だけでなく、具体的に取るべき熱中症予防行動も含まれています。

【暑さ指数(WBGT)について】

暑さ指数とは、気温、湿度、輻射熱(日差しを浴びたときに受ける熱や地面、建物、人体から出ている熱)の3つを取り入れた温度の指標です。
暑さ指数が28を超えると熱中症にかかる人が急増します。暑さ指数の「日常生活に関する指針」や「運動に関する指針」では、暑さ指数28以上で「厳重警戒」、31以上で「危険」です。

 全国の暑さ指数(環境省)

 暑さ指数に応じた注意事項等(43KB)(PDF文書) 

 アラート発表時の熱中症予防行動の例 

  •   不要不急の外出は避け、昼夜を問わずエアコン等を使用しましょう。
  •   家族や身の回りの人同士で、熱中症に気をつける様に声をかけあいましょう。
  •     特に、高齢者、子ども、障害者等に対して声かけをしましょう。
  •     身の回りの暑さ指数(WBGT)を確認し、行動の目安にしましょう。
  •     エアコン等が設置されていない屋内外での運動は、原則中止または延期しましょう。
  •     のどが渇く前にこまめに水分補給するなど、ふだん以上の熱中症予防を実践しましょう。

 熱中症警戒アラートが発表されたら(環境省) 

熱中症警戒アラートの発表状況を知るには

熱中症警戒アラートの発表状況については、気象庁の発表する様々な気象情報と同様に、ニュースや天気予報等の多くの手段で知ることができます。環境省や気象庁のサイトで、最新の状況を確認してください。
熱中症警戒アラートのメール配信サービスや、環境省公式アカウントによるLINE通知などもあります。

気象庁/熱中症から身を守るために

  気象庁熱中症警戒アラート

環境省熱中症予防情報サイト

    熱中症警戒アラートの発表状況

    熱中症警戒アラートのメール配信サービス

    LINEアプリを活用した熱中症警戒アラート

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課(保健センター)
電話番号:0274-64-1901
FAX番号:0274-64-1969