本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > くらし > 相談 > その他相談 >新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金
トップページ > 各課のご案内 > 健康福祉部 > 福祉課 > お知らせ >新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

更新日:2022年8月9日

新型コロナウイルス感染症の影響により、生活に困窮する世帯に対して緊急小口資金等の特例貸付などの支援を行ってきたところですが、感染症が長期化する中、既に総合支援資金の再貸付が終了するなど、特例貸付を利用できない状況にある世帯の就労による自立を図る支援として、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

支給対象者

以下のいずれにも該当する者(世帯)

  1. 社会福祉協議会が実施する総合支援資金の再貸付を終了した世帯又は再貸付申請を行ったが不決定となった世帯(令和4年1月以降は、緊急小口資金及び総合支援資金(初回)を借り終わった一定の困窮世帯も対象となります。)
  2. 申請日の属する月において、申請者の属する世帯の生計を主として維持している者
  3. 収入要件が、次の(1)・(2)の合算額を超えないこと(月額)
    (1)市町村民税均等割非課税額となる収入の1/12(単身世帯:78,000円、2人世帯:115,000円、3人世帯:140,000円、4人世帯:175,000円)
    (2)生活保護の住宅扶助基準額(単身世帯:30,700円、2人世帯:37,000円、3人世帯:39,900円、4人世帯:39,900円)
  4. 預貯金及び現金の合計額が上記(1)の6倍以下(ただし100万円以下) であること

求職要件

ハローワークで求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に以下の求職活動を全て行うこと、または生活保護の申請中であること

  • 月1回以上自立相談支援機関(富岡市社会福祉協議会)の面接等の支援を受ける
  • 月2回以上ハローワークで職業相談等を受ける
  • 原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける

支給額(月額)

  • 単身世帯:6万円
  • 2人世帯:8万円
  • 3人以上世帯:10万円 

支給期間

3カ月

申請期限

令和4年9月30日(金曜日)まで 

関連情報

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」について(厚生労働省生活支援特設ホームページ)

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金相談コールセンター(厚生労働省)
電話番号:0120-46-8030
受付時間:午前9時から午後5時まで(土・日曜日、祝日を除く)

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 福祉課 社会福祉係
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-64-1294

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?